一般的に「ファクタリング」というときは、企業が保有する売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらい、早期に資金化するサービスを指します。

このファクタリングを「買取ファクタリング」といい、資金調達や資産のオフバランス化の目的で利用されるサービスです。

一方で、買取ファクタリングとは異なる目的で利用される「保証ファクタリング」というサービスもあります。

今回は保証ファクタリングというサービスの基礎知識や、利用会社にもたらされるメリット・デメリットについて詳しく解説します。

保証ファクタリングとは

保証ファクタリングとは?

保証ファクタリングとは、企業が保有する売掛債権を保証会社が保証し、取引先の与信管理をサポートするサービスです。

利用会社は提携保証会社に保証料を支払うことにより、万が一、取引先の倒産や経営破綻などが原因で債権が回収不能となった場合、保証会社が保証限度額の範囲内で保証します。

保証が発生する「保証履行事由」は、おおむね以下のとおりです。

  • 取引先の破産手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始、民事再生手続開始の申立またはその他法的倒産手続の申立
  • 手形交換所の取引停止処分
  • 手形または小切手の不渡り
  • 任意整理着手の公表
  • 営業の全部の廃止、本店事務所の閉鎖(移転除く)

さらに、保証ファクタリングでは、取引先に対して取引開始時の企業審査、および定期的な与信管理が行われます。

貸し倒れリスク対策」と「与信管理の外注化」を並行して進めたい企業は、保証ファクタリングを検討すると良いでしょう。

保証型と買取型の違い

一般的なファクタリングは「買取型」に分類されます。企業が保有する売掛債権をファクタリング会社が買い取り、期日前に資金化するサービスで、主に早期の資金調達資産のオフバランス化の目的に利用されます。一方で、保証型は売掛債権を買い取るのではなく、信用力に不安のある企業の債権に保険をかけるサービスです。主に貸し倒れリスクの回避与信審査の外注化の目的で利用されます。

保証ファクタリングの仕組み

保証ファクタリングの流れ

  1. 利用会社と保証会社が基本契約を結ぶ
  2. 保証会社が利用会社の取引先を審査して、保証限度額を決定する
  3. 保証会社と利用会社で取引先別に個別保証契約を結ぶ
  4. 保証が開始され、利用会社は保証料を支払う

取引先の信用力の調査は、個別保証契約が結ばれた後も定期的に行われます。取引先に対して、利用会社が売掛債権に保証をかけている事実は通知されません。

保証ファクタリングのメリット

保証ファクタリングの利用会社は、以下のメリットが得られます。

貸し倒れリスクを回避できる

利用会社は保証料を支払う代わりに、万が一、取引先が倒産して売掛債権が貸し倒れとなっても、保証限度額の範囲内であれば、売掛金を100パーセント保証されるため、債権の保全ができます。

たとえば、利益率5%の取引先が倒産して売掛債権の500万円が損失となる場合、同じ利益を挙げるためには1億円の売上が必要となり、会社にとっては大きな負担です。保証ファクタリングを利用することにより、保証料の支払いが発生しますが、万が一の場合に保証料の支払いコストだけで、売掛債権500万円の損失を補填することができます。

新規開拓の不安を払拭できる

「新規の販売先を紹介してもらったが取引しても大丈夫か?」

「新規取引先の財務状況がわからず不安……」

新規の取引先と取引を開始するにあたって、納入企業が商品やサービスを納入した後、取引先から代金を回収できるかどうかは確実ではありません。

新規開拓には、どうしても不確実性リスクの不安がつきまといます。

保証ファクタリングを利用すれば、利用会社に代わって保証会社が企業審査を行います。

企業審査を行うコストが省けるだけでなく、保証会社が提供する審査結果をもとに、取引開始の是非を判断することもできます。

与信管理をアウトソーシングできる

与信管理とは、取引先の信用力や返済能力を予測・分析することです。

企業は複数の取引先の与信管理を定期的に行い、取引の継続や取引額の増減を判断します。

しかし、中小零細企業では、取引先の与信管理にあてる余裕がなく、債権の回収業務も大きな負担となっていることが少なくありません。

保証ファクタリングを利用すれば、与信管理を保証会社に外注(アウトソーシング)できるため、余剰のリソースを本業に注力することができます。

また、企業審査や与信管理は、取引先に知られることなく進められます。

保証ファクタリングのデメリット

保証ファクタリング2つのデメリット

保証ファクタリングには以下のようなデメリットもあります。

取引先によっては保証料が高くなる

一般的に保証ファクタリングの保証料率は、保証する金額の3~8%程度で設定されています。

保証料率は取引先の信用状況や債権の回収リスクに応じて設定され、保証会社による企業審査で取引先の財務状況の悪化が発覚すれば、保証料は高くなってしまいます。

信用状況によっては保証を断られることもある

保証ファクタリングは、必ずしも全ての取引先の売掛債権を保証してもらえるわけではありません。

企業審査によって取引先の返済能力や信用状況が著しく悪化していると判断されれば、保証を受けられない可能性もあります。

また、利用会社と保証会社の間で個別保証契約を結んだ後も、取引先の信用調査は引き続き行われます。

ここで取引先の信用状況が悪化している判断されれば、保証会社からの保証を断られてしまうケースもあります

保証ファクタリングを取り扱っている金融機関

保証ファクタリングを取り扱っている金融機関は、銀行のグループ・系列の保証会社、ファクタリング会社、あるいはリース会社系列の保証会社などです。

出光クレジット

1取引先あたりの保証限度額 10万円以上
保証料率 要確認
保証期間 要確認

出光クレジットは「出光カード」などで知られる、出光系の総合フィナンシャル企業です。

クレジットカード事業や融資事業、決済代行事業のほか、保証事業の一環として保証ファクタリングを提供しています。

同社の保証ファクタリングは1取引先あたり10万円以上、保証限度額の範囲内で100パーセント売掛金を保証します。

また、取引先の信用状況が変化した際には、アラーム情報として利用会社に報告されます。

みずほファクター

1取引先あたりの保証限度額 200万円以上
保証料率 要確認
保証期間 任意

みずほファクターは、みずほフィナンシャルグループのファクターです。「回収保証」というサービス名で売掛債権の保証業務を取り扱っています。

同社の保証ファクタリングには包括保証と個別保証があり、個別保証は販売先5社以上、保証限度額は1社あたり200万円以上です。

メガバンクのグループ会社ということで審査は厳しめですが、信用力や保証力は申し分ありません。

三菱UFJファクター

1取引先あたりの保証限度額 要確認
保証料率 要確認
保証期間 要確認

三菱UFJファクターは、三菱UFJ銀行系列のファクタリング会社です。

同社の保証ファクタリングは「根保証」という商品名で、売上債権の保証や販売先の与信管理を提供しています。

業種を問わず多くの事業者の導入事例があり、新規取引先の開拓や与信管理体制の強化に活用されています。

保証ファクタリングに関するQ&A

保証ファクタリングに関して、よくある質問とその回答をQ&Aにまとめました。

Q.保証の対象になる債権の種類を教えて下さい。
A.営業活動で発生した受取手形、売掛金、電子記録債権などが対象です。リース債権、貸付債権、債権発生から回収まで1年以上の債権、不良債権は対象となりません。
Q.保証ファクタリングの審査にはどれくらいの時間がかかりますか?
A.1週間ほどを見ておきましょう。ただし、銀行系ファクターは審査結果が出るまでに1週間以上かかる場合があります。
Q.取引先が倒産したら、すぐに保証は履行されますか?
A.倒産の事実や債権の存在を確認する手続きが発生するため、履行まで3~7日ほど見ておいたほうが良いでしょう。
Q.個人事業主でも保証ファクタリングを利用できますか?
A.個人事業主の利用をNGとしている保証会社はありませんが、基本的に取引額の大きい債権が保証対象となっているため、取引の売掛債権が少額の事業者は相手にしてもらえない可能性があります。

保証ファクタリングで貸し倒れリスクの対策を

保証ファクタリングは、取引先の倒産や経営不振で売掛金を回収できない「貸し倒れリスク」を回避するために、売掛債権に保険をかけるサービスです。

また、保証会社は取引先の企業審査や与信管理も代行してくれるため、利用会社は与信管理業務を外注化でき、リソースを本業に注力することができます。

資金調達方法として活用される買取ファクタリングとは全く異なるサービスですが、貸し倒れリスクを回避したい、与信管理のコストを削減したいという事業者は、保証ファクタリングの利用を検討してみましょう。