「必ず借りれるローンはないか?」と審査に自信がない人は多くの人が考えているのではないでしょうか?

ビジネスローンは銀行融資に落ちた人が申し込むことが多いので「審査に落ちるわけには行かない」と精勤的に追い込まれてしまっている人も少なくありません。

しかし、必ず借りれるというフレーズで広告を打っている業者には十分な注意が必要です。

結論的に言えば、必ず借りれるローンは存在しませんし、必ず借りれると謳っている商品の多くが闇金だと考えた方がよいでしょう。

しかし、ブラックでも借りることができる可能性があるビジネスローンであれば存在します。

必ず借りれるビジネスローンの危険性と、ブラックでも借りることができるビジネスローンについて詳しく解説していきます。

ブラックでもビジネスローンは借りられる?

必ず借りれるビジネスローンは存在しませんが、ブラックでも借りれるビジネスローンは存在します。

ただし、「ビジネスローンが何を基準に審査をしているか」ということが非常に重要で、個人信用情報から審査をしているビジネスローンはブラックの人が借りることは難しくなります。

ブラックでも借りることができるビジネスローンの特徴についてまずは解説していきます。

ブラックとは?

ブラックとは個人信用情報に以下の情報が記録されている人を指します。

  • 自己破産
  • 個人再生
  • 債務整理
  • 長期延滞
  • 強制解約
  • 代位弁済

過去に長期間返済を延滞したり、法的な手段を使って借金は清算した場合に5年〜10年間個人信用情報に記録される情報です。

これらの情報が個人信用情報に記録されている人は「今回の借入でも返済に大きく遅れるかもしれない」と判断されて、審査に通過することが難しくなってしまいます。

個人信用情報とは主に、クレジットカード、住宅ローン、個人向けカードローンなどの個人向けの融資商品の審査の際に照会される情報です。

審査の際に個人信用情報がブラックであることが分かると審査通過は非常に厳しくなると理解しておきましょう。

個人事業主専用のローンでは借入が難しい

個人信用情報は主に個人向けの融資審査の際に利用されるものですが、ビジネスローン審査では個人信用情報は審査されるのでしょうか?

ビジネスローンでも、個人事業主専用のローンでは主に信用情報をメインに審査を行なっています。

例えば以下のようなビジネスローンは個人事業主専用ですので、信用情報を確認しているものと考えられます。

  • オリックスクレジット:オリックスVIPローンカードBUSINESS
  • プロミス:自営者カードローン
  • アコム:ビジネスサポートカードローン

上記3つの商品は、個人事業主専用のビジネスローンの代表格とも言える存在です。

これらのローンは個人事業主の個人信用情報を確認して審査をしているので、信用情報がブラックの場合には審査に通過することができません。

信用情報に自信がない方は個人事業主専用のビジネスローンは避けた方がよいでしょう。

法人も取り扱うビジネスローンはブラックでも借りることができる可能性

一方、法人に対しても融資を行なっているビジネスローンは代表者の信用情報がブラックでも借りれらる可能性があります。

法人には信用情報など存在しないので、法人に対して融資をしているビジネスローンは決算書から審査をしています。

このようなビジネスローンは個人事業主に対しても確定申告書から審査を行うので、個人信用情報から顧客の信頼を審査することはありません。

法人に対しても融資をしているビジネスローンは、顧客の決算状況から審査をするというノウハウを持っているので、ブラックでも審査に通過できる場合がありますし、場合によってはブラックということすら知られることなく借りられる可能性もあります。

銀行の事業資金融資はブラックでも借りられることも

銀行の事業資金融資は個人信用情報を確認していません。

個人信用情報はあくまでも個人向け融資の際に個人の信用を確認するもので、事業資金融資は事業の業況を審査するものだからです。

銀行は審査とは無関係な情報を取得することを絶対にしませんが、事業資金融資の際に個人信用情報は「審査とは無関係な情報」と判断されます。

そのため、信用保証協会の保証付融資などの際には、銀行へブラックかどうかということすら知られることもありません。

業況がしっかりとしていれば銀行融資は代表者がブラックでも借りることができます

ブラックでも資金調達する方法

ブラックの人が事業資金を調達することができる方法として、以下の3つの方法があります。

  • 決算書から審査をするビジネスローン
  • 銀行の事業資金融資
  • トランザクションレンディング
  • ファクタリング

ブラックの人でも資金調達することができる4つの手段を解説していきます。

決算書から審査をするビジネスローン

決算書や確定申告書の事業の業況から審査をするビジネスローンはブラックでも借りることができる可能性があります。

事業の内容から「この会社は返済することができるかどうか」ということを厳格に審査するので、代表者がブラックかどうかは返済能力と無関係だからです。

ビジネスローンの中には決算書の提出すら不要というものもありますが、このようなローンは確実に個人信用情報を確認するためブラックではまず審査に通過できません。

銀行の事業資金融資

銀行の事業資金融資は個人信用情報を確認していません

そのため、代表者個人がブラックだったとしても会社の決算書が良好であればお金を借りることができる可能性は非常に高いと言えます。

トランザクションレンディング

Amazonや楽天が行なっている出品者向けのビジネスローンをトランザクションレンディングと言いますが、これらのローンもブラックでも借りることができる可能性があります。

トランザクションレンディングの審査は、AmazonならAmazonマーケットプレイス内部での取引履歴から当該事業者の信用を判断して融資を行います

個人信用情報はもちろん、決算書すら不要というケースが多いので代表者個人がブラックかどうかなど審査では一切確認していません。

個人的にはブラックでもAmazonや楽天で売上が高いショップを持っているという場合にはトランザクションレンディングで借りることができる可能性が高いでしょう。

ファクタリング

ファクタリングもブラックでも資金調達することが可能です。

ファクタリングとは売掛債権の売却で、審査されるのは自社ではなく売掛先企業です。

自社が保有している売掛金の売掛先企業が「支払能力に問題がない」と判断されれば審査に通過して、売掛債権をすぐに現金化することができます。

代表者個人の信用情報はもちろん自社の業況すら審査対象にならないので、代表者がブラックの場合だけでなく自社が赤字や債務超過で外部からの借入が難しい時でも審査に通過できる可能性があります。

ブラックの場合にはファクタリングでも資金調達することができます。

ブラックでも審査に通りやすいビジネスローン

ブラックの人でも審査に通りやすいビジネスローンとして、以下の2つのローンを挙げることができます。

  • アイフルビジネスファイナンス
  • ビジネスパートナー

この2つのビジネスローンは個人信用情報だけでなく、決算書から審査を行うため、他のビジネスローンよりもブラックの人が審査に通りやすい傾向があるようです。

ブラックでも審査に通過することができる傾向がある2つのローンについて詳しく解説していきます。

アイフルビジネスファイナンス

アイフルビジネスファイナンスは法人に対しても融資を行う、ビジネスローン大手のノンバンクです。

アイフルビジネスファイナンスのビジネスローンは法人に対しては決算書から、個人事業主に対しては確定申告書から厳格に審査を行っています。

そのため決算内容さえしっかりとしていれば個人信用情報とは無関係に融資を受けることができる可能性があります。

ブラックでも必ず借りれるというわけではありませんが、個人事業主専用のビジネスローンよりも確実に借入できる可能性は高いでしょう。

ビジネスパートナー

ビジネスパートナーもアイフルビジネスファイナンスと同じように、法人に対しても融資を行うノンバンクです。

やはり審査は決算書や確定申告書から行うので、個人信用情報がブラックでも審査に通過できる可能性があります。

ビジネスパートナーもアイフルビジネスファイナンスと同じように決算書類で審査をする会社ですので、必ずではないもののブラックでも審査に通過できる可能性はあります。

必ず借りれるビジネスローンは存在しない

必ず借りれるビジネスローンは存在しません。

審査をするのは法律上の義務ですし、「必ず借りれる」と謳っている時点で違法であるため「必ず借りれる」という言葉を見たら、闇金だと考えた方がよいでしょう。

必ず借りれるビジネスローンの違法性と危険性についてまずは理解しておきましょう。

審査をするのは法律上の義務

ビジネスローンで審査を行うのは法律上の義務です。

貸金業法第13条には以下のように記載されています。

貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入又は収益その他の資力、信用、借入れの状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査しなければならない。

参考:貸金業法第13条

このように、貸金業者は「収入や信用や返済計画などから審査をすること」は法律によって定められている義務であるといえます。

また、貸金業法第13条の2には以下のように記載されています。

貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合において、前条第一項の規定による調査により、当該貸付けの契約が個人過剰貸付契約その他顧客等の返済能力を超える貸付けの契約と認められるときは、当該貸付けの契約を締結してはならない。

参考:貸金業法第13条の2

返済能力を超える貸付について「してはならない」と明記されています。

貸金業法には「審査の義務」と「返済能力を超える貸付の禁止」が定められているため、審査もしていないのに最初から「必ず借りれる」などと謳っているビジネスローンは、この時点で違法性が高いと判断できます。

「必ず借りれる」の広告は法律違反

そもそも「必ず借りれる」と広告を打って、顧客を勧誘する行為自体が貸金業法違反になります。

貸金業法第16条2には広告の禁止行為として以下のように明記されています。

借入れが容易であることを過度に強調することにより、資金需要者等の借入意欲をそそるような表示又は説明

参考:貸金業法第16条2

「必ず借りれる」と広告することは、ほぼ確実に「借入れが用意であることを過度に強調すること」に該当すると考えられます。

「必ず借りれる」「審査なし」「ブラックOK」などと広告しているローンは、この文言そのものに違法性がある業者です。

必ず借りれるビジネスローンは闇金

審査をすることは法律上の義務で、「必ず借りれる」と広告することは貸金業法の誇大広告の禁止に該当する違法行為です。

このような違法行為を行なっている業者はほぼ間違いなく闇金だと考えた方がよいでしょう。

優良企業は絶対に「必ず借りれる」などと広告することはあり得ません。

「必ず借りれる」「審査なし」などの広告を見たら闇金だと判断して、絶対に取引をしないようにしてください。

まとめ

必ず借りれるビジネスローンは存在しません。

必ず借りれるとか、審査なしと広告している時点でその業者は違法な闇金ですのでどんなに困っていても絶対に手を出さないようにしてください。

必ず借りれるビジネスローンは存在しませんが、ブラックでも借りることができるローンは存在します。

個人信用情報ではなく、決算書や確定申告書から審査をしてくれるビジネスローンを探すか、ファクタリングなどで資金調達を検討しましょう。