ビジネスで急に資金が必要になったとき、頼りになるのがビジネスローンです。

銀行や公的金融機関からの融資と比較して審査基準が緩く、融資実行までの期間も短いため、中小企業や個人事業主の一刻を争う資金調達に向いています。

ただし、ビジネスローンの審査は比較的やさしいと言っても、借りられるかどうかは審査を受けてみないとわかりません。

今回は借入の確実性が高いビジネスローンや、困ったときに利用したい資金調達方法について詳しく解説していきます。

ビジネスローンとは

ビジネスローンとは、おもに銀行やクレジットカード会社、消費者金融会社が提供するローン商品のひとつです。

銀行のプロパー融資や公的金融期間の融資制度に比べて融資実行までの期間が短く、審査も比較的易しいという特徴があります。また、担保や保証人を必要としないこともビジネスローンの大きな特徴です。

自社が以下のケースに当てはまる場合は、ビジネスローンを検討してみると良いでしょう。

  • 銀行のプロパー融資を断られた
  • 数日以内にまとまった資金が必要
  • 数十万円〜百数万円の資金が必要
  • 担保・保証人不要でお金を借りたい

ただし、ビジネスローンの金利は年5%~18%とローン商品の中でも高めに設定されています。返したそばからまた借りるを何度も繰り返すのではなく、なるべく短期間での返済を心がけましょう。

「必ず借りれる」ビジネスローンは無い

結論から言うと、申込者の信用状況や借入状況を無視して「必ず借りれる」ビジネスローンはありません。

ビジネスローンに限らず、ローン商品は事前に審査があり、申込者の信用状況や借入状況が調査されます。

たとえば、以下のいずれかに当てはまる場合はローンを断られる可能性があります。

  • 信用情報に返済事故履歴がある
  • 経営者個人の信用情報に返済事故履歴がある
  • 過去に破産・不渡りを起こしたことがある
  • 税金や社会保険料を滞納している
  • 債務超過である
  • 赤字決算である

上記に当てはまる事業者は、金融機関から「貸し倒れのリスクが高い」と判断されてしまいます。

それでも「必ず借りれる」をうたうビジネスローンは闇金や高利貸しの可能性もあるため、絶対に利用しないようにしましょう。

審査に通りやすいビジネスローンはある

ビジネスローンは銀行、信販会社、消費者金融会社などさまざまな金融機関が提供しています。

いずれの金融機関のビジネスローンも、申し込んでみないことには借りられるかどうかはわかりませんが、「審査の難易度」という観点で見ると、以下のような順位付けができます。

審査の難易度

審査に通りやすい

中小の消費者金融会社(いわゆる街金)

大手の消費者金融会社

信販会社

地方銀行・ネット銀行・信用金庫

メガバンク

審査に通るのが難しい

信用情報に返済事故履歴があったり、債務超過だったりした場合は、いずれの金融機関のビジネスローンに申し込んでも審査に通過する見込みはほとんどありません。

ただし、メガバンクのビジネスローンに断られた方が大手消費者金融会社のビジネスローンの審査に通過する可能性はあります。

自社の信用状況や借入状況を踏まえ、審査に通りやすいビジネスローンを探す方法をご紹介します。

金利が高いビジネスローンは比較的借りやすい

ローン商品の金利は、貸主の金融機関が負うリスクに応じて設定されています。金融機関が負うリスクとは、貸したお金が返済されない貸し倒れリスクのことです。

銀行のプロパー融資は金利が年2%~3%と非常に低めですが、リスクヘッジとして担保や連帯保証人が求められることがあります。

一方のビジネスローンは金利が年5%~18%と高めの設定であるため、担保や保証人を求めなくても金利でカバーできるように設計されています。

つまり、信用状況や借入状況から貸し倒れリスクが高いと判断された申込者でも、上限金利が高いローン商品であれば審査に通過できる可能性があるのです。

ノンバンクのビジネスローンは利用条件が比較的緩い

クレジットカード会社、消費者金融会社などノンバンクのビジネスローンは、銀行のビジネスローンに比べ、利用条件が比較的緩いという特徴があります。

大手消費者金融会社アイフルビジネス・ファイナンスの事業者ローンと、ジャパンネット銀行のビジネスローン(法人向け)の利用条件と商品概要を比較してみましょう。

アイフル
事業者ローン
ジャパンネット銀行
ビジネスローン(法人向け)
利用条件 法人または個人事業主
※申込時年齢 満20歳〜満69歳まで
業歴2年以上、または決算を2期終了している
申込時、代表者の年齢が満20歳以上満69歳以下である
利用限度額 50万円〜1,000万円 10万円から500万円まで
金利 3.1%〜18.0% 4.8%~13.8%
契約期間 元利均等返済:最長5年(60回以内)
元金一括返済:最長1年(12回以内)
1年(自動更新)
※5年ごとに再契約が必要

ジャパンネット銀行のビジネスローンは業歴2年以上、または決算2期以上終了が条件となっているため、創業間もない事業者では申込みができません。一方、アイフルの事業者ローンは業歴にかかわらず、年齢制限のみが利用条件となっています。

また、銀行のビジネスローンは、その銀行に預金口座を持っていることや、営業エリア内に事業所もしくは自宅があることが利用条件として設定されているケースが多いです。

以上のことから、ノンバンクのビジネスローンは利用条件が緩く、銀行と比べて借りやすいと考えられます。

ビジネスローン以外の「借りやすい」資金調達方法

ビジネスローン以外にも、以下のような資金調達方法があります。

  • 家族・知人から借りる
  • ファクタリング
  • クレジットカードのキャッシング
  • 有休資産の売却

なかでも「ファクタリング」は資金調達の確実性が高く、とくに資金繰りに悩む中小企業・個人事業主の方におすすめです。

ファクタリングは入金前の売掛金(請求書)を早期に現金化するサービスで、信用度の高い法人向けの売掛金があれば利用できます。

また、ビジネスローンのように申込者の信用を担保にお金を借りるのではなく、債権(売掛金)の売買であるため、信用状況や借入状況はファクタリングの審査に影響しません。

売掛先(取引先、クライアント)にファクタリングの利用を知られたくない、最短即日で資金を調達したい方には、2社間ファクタリングがおすすめです。

困ったときの資金調達方法に関するQ&A

ビジネスローンをはじめとして、中小企業や個人事業主の資金調達に関するQ&Aをまとめました。

Q.ノンバンクのビジネスローンを利用すると、取引銀行から融資を受けにくくなると聞いたのですが?
A.ノンバンクのビジネスローンを借りていることは、「銀行からも借りられないほど(金利の高いノンバンクに頼らざるを得ないほど)資金繰りが厳しい」とみなされます。決算書の借入内訳にはノンバンクのビジネスローンからの借り入れが記載されているため、銀行がこれに気づくと融資が受けにくくなる可能性があります。
Q.最短即日で借りられるビジネスローンはありますか?
A.消費者金融会社のカードローン型ビジネスローンは、申し込みをしたその日のうちに指定の銀行口座に借入金が振り込まれます。なお「カードローン型」もしくは「当座貸越」とは、個人向けのカードローンのように繰り返し借入・返済ができるタイプのローン商品です。初回に借入金を一括で借りるタイプのローン商品は「一括借入型」もしくは「証書貸付」と呼ばれています。
Q.経営者個人のカードローンで借りたお金を事業資金にあてることはできますか?
A.個人向けのカードローンは事業性資金に使うことができません。利用規約に反する使い方をしたことが金融機関に知られると、取引停止や一括返済のペナルティーを受ける可能性があります。ただし、個人事業主向けや法人役員向けのカードローンの中には、プライベートと事業性資金の両方に使えるものもあります。

資金繰り改善が目的ならファクタリングがおすすめ

「必ず借りられるビジネスローンはあるか」をテーマに、ビジネスローンによる資金調達やそれ以外の方法について解説しました。

ビジネスローンは銀行のプロパー融資や公的金融機関の融資制度よりも審査が緩く、融資実行までのスピードも早いため、「今すぐまとまったお金が必要」というケースで役に立つ資金調達方法です。

ただし、「売上入金日までのつなぎ資金が必要」「毎回売上の入金が遅くて資金繰りが苦しくなる」といった経営課題を抱えている事業者の方には、ファクタリングの利用をおすすめします。

ファクタリングは入金前の売掛金(請求書)を活用した資金調達方法です。支払サイトの長い売掛金も最短即日で現金化して資金繰りの改善を図ることができます。

当サイトでは優良なファクタリング会社の口コミ評価を掲載、随時更新していますので、ぜひファクタリング会社選びのご参考になさってください。