売掛金を売却して早期に資金化する方法と言えば、ファクタリングが有名です。

しかし、ファクタリングは期日をすぎた売掛債権を売却することができないとご存知でしょうか?

取引先の中には期日をすぎても入金をしない会社も存在します。

そのような売掛債権を資金化するにはファクタリングではなくサービサーを利用する必要があります。

売掛債権の回収にはファクタリングだけでなくサービサーも利用することによって、正常な売掛金から不良債権まで様々な売掛債権を現金に換える手段を確保することができます。

企業経営を円滑にしていくためにはファクタリングとサービサーの違いや活用法をよく理解しておく必要があります。

ファクタリングとサービサー、それぞれのメリットと特徴になどについて詳しく解説していきます。

売掛金を売却する2つの方法

売掛金を売却するには以下の2つの方法があります。

  • ファクタリング
  • サービサー

それぞれの方法は買取債権が全く異なり、運営する業者も異なります。

まずはファクタリングとサービサーのそれぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

ファクタリングとは

ファクタリングとは

ファクタリングとは、ファクタリング会社に売掛債権を売却して早期資金化と回収リスクの排除を行うことです。

ファクタリングには以下の特徴があります。

  • 売却する債権は正常な債権のみ
  • 早期資金化が主な目的
  • 売掛債権の回収リスクも売却可能
  • ファクタリング会社に登録や許認可は必要ない

ファクタリングは期日に遅れていない正常な売掛債権を期日前に売却して、早期に資金化をする資金調達の手段として利用されるものです。

そのため、ファクタリングでは不良債権を売却することはできません。

また、ファクターには登録や許認可もないので、どんな業者も参入することができ、中には異常な手数料を設定する悪徳業者も混じっています。

サービサーとは

サービサーとは

サービサーとは、債権回収行者で、ファクタリングとは異なり、特定金銭債権(不良債権など)の回収を専門に行う会社です。

特定金銭債権とは「債権管理回収業に関する特別措置法(サービサー法)」で規定されている以下の債権です。

  • 銀行等の金融機関・貸金業者が有する(有していた)貸付債権等
  • リース・クレジット債権等
  • 特定目的会社(SPC)が流動化対象資産として有する金銭債権等
  • 法的倒産手続中の者が有する金銭債権等
  • 保証会社・金融機関等が有する求償債権等
  • その他、政令指定で定める特定金銭債権

これ以外の債権をサービサーは回収することはできないので、ファクタリングのように企業が保有している正常な売掛債権をサービサーは回収することはできません。

取引先が法的倒産手続中になったら回収を依頼することが可能になります。

また、サービサーは法務大臣の許可が必要な業種です。

法務大臣の許可を得て営業するためには以下の基準を満たす必要があります。

  • 資本金5億円以上の株式会社であること
  • 常務に従事する取締役の1名以上に弁護士が含まれていること
  • 暴力団員等の関与がないこと

サービサーは債権回収という点ではファクタリングと同じですが、業務の内容が法律によって明文化され、営業するためにも厳しい基準をクリアした上で法務大臣の許可が必要になります。

ファクタリングとサービサーの違い

売掛金の買取を行う2つの業者

ファクタリングとサービサーは「売掛金を現金にする」という点は同じですが、そのほかの点は大きく異なると言えます。

ファクタリングとサービサーには主に以下の4つの違いがあります。

  • 買い取る債権の違い
  • 会社経営への効果の違い
  • 手数料の違い
  • 営業許可の違い

ファクタリングとサービサー4つの違いについて詳しく解説していきます。

買い取る債権の違い

ファクタリングとサービサーでは売却できる債権が全く異なります。

  • ファクタリング:正常な債権
  • サービサー:不良債権

ファクタリングは正常な債権しか買い取りませんし、サービサーは不良債権しか買い取りません。

期日前であればファクタリング、期日後であればサービサーでないと売却できません。

ファクタリングとサービサーは、期日前か期日後かによって買い取ることができるかどうかに大きな違いが生じます。

会社経営への効果の違い

売掛金を売却する行為は同じでも、ファクタリングとサービサーでは、会社経営にもたらす効果は大きく異なります。

  • ファクタリング:資金調達のため
  • サービサー:不良債権回収のため

ファクタリングは期日まで待つことができれば満額入金になるものをわざわざ手数料を払って売却するのですから、目的は資金調達のために行われます。

一方、サービサーは自力で取り返すことが難しい不良債権を回収のプロに回収を依頼する目的で行われます。

資金調達のため、というよりも不良債権処理の目的で回収を依頼したり、格安で売却してしまうことが一般的です。

手数料の違い

ファクタリングとサービサーでは手数料も異なります。

ファクタリングの手数料は2社間ファクタリングで10%〜20%程度、3社間ファクタリングで3%〜10%程度とおよその手数料は決まっています。

一方、不良債権の回収であるサービサーの手数料に相場はなく、売掛先が完全に回収不能になっている場合には、サービサーに依頼する側の取り分はほとんどなく、二束三文で売却するというケースは非常に多くあります。

また、一度売却や回収委託契約を締結した後に、売掛先の業況によっては追加で手数料の支払いを求められることもあります。

手数料はあくまでもリスクに応じて決定しますが、サービサーが回収する売掛金は不良債権ですので、手数料は非常に高額になってしまうのが一般的です。

営業許可の違い

ファクタリングとサービサーでは営業許可にも大きな違いがあります。

  • ファクタリング:営業許可不要(どんな業者でも営業できる)
  • サービサー:営業許可必要

ファクタリングには許可も登録も必要ありません。

そのため、どんな業者でも営業することができ、残念ながらファクターの中には悪徳業者も混じっています。

一方、サービサーにはそのような業者が混じっている心配はありません。

サービサーは法務大臣の許可が必要で、さらに弁護士が役員にならないと許可を得ることができません。

要するにサービサーは非常に厳しい基準をクリアしたかなり固い会社です。

ファクタリングとサービサーでは営業許可の有無という点でも違いがあります。

ファクタリングを選ぶメリット

ファクタリング4つのメリット

ファクタリングを選ぶメリットには以下の3つがあります。

  • 即日資金化ができる
  • 期日前の売掛債権を資金化できる
  • 売掛先に秘密で資金化できる

期日前に売掛金を早く資金化したい時にはサービサーではなくファクタリング一択になります。

また、売掛先に秘密で資金化できるというのもファクタリングのメリットです。

ファクタリングを選ぶことで得られる3つのメリットについて詳しく解説していきます。

即日資金化ができる

ファクタリングの最大のメリットは資金繰りへの効果が非常に大きいという点でしょう。

2社間ファクタリングであれば、最短即日で資金化することができるのは大きなメリットです。

銀行からの事業資金融資は早くても1週間程度の時間がかかってしまいますが、ファクタリングであれば最短即日ですので、事業者が「急いで資金が必要」となった場合の資金調達にファクタリングは最適です。

不良債権回収を行うサービサーは、資金化までに相当な時間がかかってしまうので。サービサーに回収を依頼しても資金繰りには寄与しません。

期日前の売掛債権を資金化できる

期日前の売掛債権を資金化することができるのはファクタリングだけです。

サービサーは期日後の売掛金しか売却できませんし、その他に売掛債権を売却する方法はありません。

期日を待たずに正常な売掛金を売却して早期資金化ができるというのは、一見当たり前のようにも見えますが、ファクタリングだけのメリットです。

売掛先に秘密で資金化できる

2社間ファクタリングであれば売掛先に秘密で売掛債権を売却することができます。

売掛先にファクタリングをしたことがバレてしまうと「資金繰りが苦しい会社」などと判断されてしまい、取引先との関係に亀裂が生じることもあります。

しかし、2社間ファクタリングであれば取引先に秘密でファクタリングすることができるのでこのような心配はありません。

取引先に秘密で取引先の売掛債権を資金化することができるのは、ファクタリングの大きなメリットと言えるでしょう。

サービサーを選ぶメリット

サービサーを選ぶメリット

サービサーにはファクタリングにはない以下の3つのメリットがあります。

  • 期日遅れの売掛債権を売却できる
  • 不良債権の回収事務をアウトソーシングできる
  • 国に認められた安心できる業者が業務運営をしている

不良債権化した債権回収を任せることができると同時に、業者はファクターよりもサービサーの方が安心であることが多いというのもサービサーの大きなメリットです。

ファクタリングではなくサービサーを選ぶ3つのメリットについて詳しく解説していきます。

期日遅れの売掛債権を売却できる

サービサーは期日に遅れ不良債権化した債権回収を専門に行う業者です。

そのため、期日に遅れた売掛債権はサービサーに回収を依頼することで回収可能になる可能性があります。

ファクタリングは期日に遅れた売掛債権の買取は行いません。

期日に遅れた売掛債権を回収することができるのはサービサーだけですので、「期日に遅れた売掛金を回収したい」と考えた場合にはファクタリングではなくサービサーに依頼しましょう。

ファクタリングでは回収できない不良債権の回収をすることができるのはサービサーの大きなメリットです。

不良債権の回収事務をアウトソーシングできる

サービサーに依頼することによって、不良債権の回収事務をアウトソーシングすることができます。

不良債権の回収は大きな手間と負担になるので、この作業を任せることができるのは大きな強みです。

自社で不良債権の回収をしようとしたは以下のような膨大な作業が必要になってしまいます。

  1. 売掛先になんども督促する
  2. 弁護士と相談して回収方法を検討する
  3. 支払督促や少額訴訟を起こす

ここまで行っても、回収できないことは少なくありません。

サービサーに依頼することによって、このような手間とコストをかけることなく不良債権回収することができます。

不良債権の回収は非営利業務の最たるものと言えるかもしれませんが、このような後ろ向きな業務をサービサーに任せることによって会社は営利部門に注力することができるようになります。

国に認められた安心できる業者が業務運営をしている

サービサーが業務を営むには国の許可が必要です。

資本金5億円以上、役員には弁護士が1人以上などの相当厳しい基準をクリアしないとサービサーの許可を得ることは不可能です。

つまり、サービサーとして国の許可を得て営業している業者は安全な業者です。

ファクタリングが登録も許可も必要なく営業することができることと比較すると、サービサーの方が安心感は圧倒的です。

「債権回収」という一見暴力団が得意とする業務を営んでいるサービサーですが、国の許可を得た業者は非常に安心な業者です。

取引をする際に安心感があるという点もファクタリングと比較した場合のサービサーのメリットです。

売掛金の売却に関してよくある質問

期日前の売掛金をサービサーに売却することは不可能ですか?
サービサーの業務内容は債権管理回収業に関する特別措置法という法律によって詳細が明確に決められています。
その中でサービサーが回収できる債権は特定金銭債権だけとされています。
期日が到来していない正常な債権は特定金銭債権ではないので、サービサーが買取をすることは不可能です。
法務大臣の許可を受けていないのにサービサーと名乗っている業者は安全でしょうか?
サービサーは許可制ですので、法務大臣の許可を得ずにサービサーと名乗っている業者は暴力団の可能性が非常に高いと言えます。
サービサーの一覧は法務省のホームページ「債権管理回収業の営業を許可した株式会社一覧」で確認することができます。
ここに掲載されていない業者は暴力団の可能性が高いので絶対に取引をしてはいけません。
ファクタリングで期日を過ぎた債権を買い取ってもらうことは絶対に不可能でしょうか?
原則的には不可能です。
ファクタリングはあくまでも正常な売掛債権を期日前に資金化するものだからです。
しかし、売掛先が優良企業で、相手が支払いを忘れているだけというようなケースでは買い取ってもらうことができる可能性はあります。
対応はファクターによって異なるのでまずは相談してみることをおすすめします。
個人の債権でもサービサーは買い取ってくれますか?
対応は業者次第でしょう。
業者によっては個人間のお金の貸し借りによって生じた債権でも買い取ってくれることもあります。
しかし、個人の貸し借りは金額が少ないことが一般的ですので、買い取ってもらえたとして相当な安値で買い叩かれることは必至です。
あまり意味はないでしょうが、買取を希望する人はまずはサービサーに相談してみましょう。
サービサーは非対面で契約することはできますか?
原則不可能です。
契約時には必ず面談が必要になるものと考えておきましょう。
サービサーによって対応は異なりますが、金額が大きければ出張買取にも応じてくれますので、まずは電話で相談してみましょう。
サービサーに提出する書類を教えてください。
審査時や契約時に必要になる書類はサービサーによって異なりますが、代表者の本人確認書類や商業登記簿謄本、法人・個人の印鑑証明書などの書類は最低限必要になります。
この他、売掛債権の存在を証明するための請求書の提出なども必要です。
詳しくはサービサーへ確認してみましょう。

まとめ

ファクタリングとサービサー、双方とも売掛金を売却して現金化することができるものですが、中身は大きく異なります。

サービサーは期日を過ぎた特定金銭債権専門で、ファクタリングは正常な債権専門です。

どのような債権を売却したいのかによって、ファクタリングを利用するのかサービサーを利用するのかは大きく異なります。

両者の違いをよく理解して、最適な手段で売掛金を売却するようにしましょう。