ファクタリングという資金調達方法が注目されています。

中小企業者が有する売掛債権や動産を担保とした融資の拡大を通じて、中小企業の資金調達の円滑化を図ることが期待されている。

引用:中小企業における資金調達の課題(参議院経済調査)

2007年の経済産業調査委員会はこのように述べています。

つまり、国も不動産担保に依存した融資ではなく、売掛債権などの動産を活用した新しい資金調達方法の拡大に期待しているのです。

そして、売掛債権を活用した資金調達方法として真っ先に挙げることができるのが、ファクタリングです。

「ファクタリングって聞いたことがあるけどよく分からない」「怪しい金融商品ではないの?」など、ファクタリングは融資と比較してまだまだ認知不足で仕組みがよく分からないという人も多いのが事実です。

そこで今回はファクタリングの仕組みをどこよりも分かりやすく解説します。

これから先、資金調達方法の有力な手段として幅広く活用される可能性があるファクタリングの仕組みについて理解しておきましょう。

ただし、ファクタリングには、「早期資金化」という特徴だけでなく「回収リスクの排除」「売掛先の与信で資金調達可能」というメリットもあります。

ファクタリングの仕組みについて詳しく見ていきましょう。

ファクタリングの仕組み

ファクタリング説明図

ファクタリングの仕組みを簡単に言えば「まだ入金になっていない売掛金などの売掛債権をファクター(ファクタリング業者)へ売却して、早期に資金化する」というものです。

ただし、ファクタリングには、「早期資金化」という特徴だけでなく「回収リスクの排除」「売掛先の与信で資金調達可能」というメリットもあります。

ファクタリングの仕組みについて詳しく見ていきましょう。

手数料を払って債権を売却する

ファクタリングはファクターと呼ばれる売掛債権を買い取る業者へ手数料を支払って売掛債権を売却する方法です。

売掛金期日前に資金化可能

ファクタリングを行うことによって、売掛金の期日前でも売掛金を現金に変えることができます。

売掛金は期日になれば支払いを受けることができる権利というだけで、期日になるまでは資金化不可能な活用できない資産です。

受取手形であれば手形割引という方法で銀行から借入をすることもできますし、裏書譲渡によって支払手段として利用することもできますが、売掛金は期日になるまで支払手段としては利用できません。

ファクタリングを利用することによって、売掛金が支払手段として活用することができるのです。

しかも、ファクターの中には申込日当日に現金化に応じてくれる業者も存在するので、「今日、どうしても資金が必要」というような緊急時にもファクタリングは活用できます。

債権売却後には回収リスクがなくなる

もう1つのファクタリングの大きなメリットが「ファクタリングによって売掛債権の回収リスクも売却できる」という点です。

ファクタリングは原則的にノンリコースで行われます。

ノンリコースとは「売掛先の倒産などによって売掛債権がデフォルト(期日通りに代金が支払われない)しても、その責任は納入企業(ファクタリングを行う企業)に及ばない」ということです。

つまり、ファクタリングによって売却した売掛債権がデフォルトしても損失を被るのは自社ではなくファクターになるということです。

この点が借入とファクタリングの最も大きく異なる点と言えるでしょう。

もしも「この取引先は期日通りに支払ってくれるか心配」という売掛金があれば、ファクタリングによって売却することで、自社は回収リスクから解放されることになるのです。

海のものとも山のものとも分からない新規取引先の売掛債権はファクタリングすることで安心できます。

ファクターは期日になったら資金を回収する

ファクタリングによって売却した売掛債権の支払期日になったらファクターは資金を回収します。

回収方法は2社間ファクタリングと3社間ファクタリングによって異なります。

この点にはついては次章で詳しく解説していきます。

2社間ファタリングと3社間ファクタリングの違い

手数料の違い

ファクタリングには2つの形があります。

  • 2社間ファクタリング
  • 3社間ファクタリング

両者の違いを知っておかないと

「売掛先に秘密にする」

「即日資金が欲しい」

「どの程度の手数料を負担できるのか」

など、企業にとって重要な事項を決定することができません。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いをよく理解して、最適な形のファクタリングを実行できるようになりましょう。

2社間ファクタリングの4つの特徴

2社間ファクタリングは「売掛金の期日になったら売掛先は通常通り納入企業(自社)へ支払いを行い、納入企業がファクターへ送金する」というファクタリングです。

2社間ファクタリングには以下の特徴があります。

  • 資金が自社を経由するため手数料が高い
  • 債権譲渡登記が必要になる
  • 売掛先の同意が必要ないので売掛先に秘密でファクタリングできる
  • 最短即日資金化が可能

資金が自社を経由するということはファクターにとっては「納入企業が資金を持ち逃げしたり、使い込んでしまう」リスクがあるためその分リスクプレミアムとして設定される手数料は高くなります。

また、2社間ファクタリングは納入企業がすでに売却済の売掛債権を他者へ二重譲渡してしまうのを防ぐため「この債権はすでに自社へ譲渡されたものだ」と主張するための債権譲渡登記という登記をする必要があり、この登記費用に10万円程度かかります。

ファクタリングの手数料には登記費用も含まれているという理由もあり、2社間ファクタリングの手数料は高くなります

その分、売掛先に秘密でファクタリングすることができ、売掛先の同意を得る必要がないので最短即日で資金化することが可能です。

3社間ファクタリングの4つの特徴

3社間ファクタリングは「売掛金期日になったら売掛先が直接ファクターへ支払い行う」というファクタリングです。

3社間ファクタリングの特徴として以下の点をあげることができます。

  • 自社に資金が経由しないので手数料が低い
  • 債権譲渡登記は不要
  • 売掛先の同意が必須なので売掛先にファクタリングの事実を知られてしまう
  • 売掛先の同意を得る手続きに時間がかかるので資金化までに1週間程度の時間がかかる

3社間ファクタリングは売掛先の同意が必要になるので、債権譲渡登記は不要で納入企業の資金の流用や持ち逃げのリスクもありません。

そのため手数料は低くなります

しかし、売掛先へファクタリングをすることを知られてしまうので「資金繰りが苦しい」などと思われてしまい、取引に悪影響する可能性はあります。

また、詳しくは後述しますが、3社間ファクタリングは2社間ファクタリングのようにすぐに資金を用意することは不可能です。

2社間ファクタリング 3社間ファクタリング
売掛先の同意 不要 必要
債権譲渡登記 必要 不要
手数料 10%〜20%程度 5%〜10%程度
資金化 最短即日 1週間〜10日程度

ファクタリングの流れ

ファクタリングの仕組みを確認したところで、2社間、3社間ファクタリングの売掛金発生からファクターか資金を回収するまでの一連の流れを確認しておきましょう。

2社間ファクタリングの流れは以下の通りです。

2社間ファクタリング

  1. 売上が完了し売掛金発生
  2. ファクターとファクタリング契約
  3. ファクターから早期売掛金支払いを受ける
  4. 売掛先企業から納入企業(自社)へ期日通り売掛金が支払われる
  5. 納入企業がファクターへ売掛金支払い

1~3までの手続きで、早い業者は申込日当日に対応することができるので、2社間ファクタリングであれば、最短即日で資金化が可能です。

3社間ファクタリングの流れは以下の通りです。

3社間ファクタリング

  1. 売上が完了し売掛金発生
  2. 売掛先企業からファクタリング契約の受諾を得る
  3. ファクターとファクタリング契約
  4. 売掛先企業へ請求金額を確認する
  5. ファクターへ請求金額を通知する
  6. ファクターと売掛先企業が請求金額を最終的に確認する
  7. ファクターから早期売掛金支払いを受ける
  8. 売掛先企業からファクターへ期日通り売掛金が支払われる

3社間ファクタリングでは、まず、自社が売掛先企業へ「債権を売却する」ことに対する受諾を得て、その後、ファクターと売掛先企業が請求金額などの確認を行うため、これらの手続きに合計で1週間程度の時間が必要になってしまいます。

支払期日になると、売掛先企業が直接ファクターへ支払いを行うので自社は何もしなくてよいですが、入金になるまでには手間と時間がかかってしまうという点がデメリットです。

ファクタリングの審査の仕組み

3社間ファクタリングの審査

ファクタリングは中小企業へ審査という面でもメリットをもたらします。

通常、銀行融資では自社に信用があるか有力な担保があるなどの金融機関にとってプラスの事情がない限りは資金調達を行うことができません。

そのため、業況が不安定で有力な担保を持っていない中小企業は借入での資金調達が難しいという問題点がありました。

しかし、ファクタリングは中小企業の資金調達の借入での難しさを解決することができるのです。

ファクタリングの審査の仕組みについて詳しく見ていきましょう。

ファクターが売掛先企業を審査

ファクターはファクタリングの申し込みがあると、売掛先企業を審査します。

審査で重要になるのは「代金を回収できるかどうか」です。

ファクタリングにおいては「売掛金を売掛先が期日通りに支払うことができるかどうか」です。

そのため、ファクタリングでは売掛先の与信が最重要になります。

申し込みがあると、ファクターは帝国データバンクのデータなどから売掛先企業の情報を取得し、売掛先企業が支払いに問題ないかどうかをチェックして問題がなければ高い確率で審査に通過することができます。

自社ではなく、売掛先の信用で資金調達することができるのがファクタリングのメリットです。

業況が大きく悪化した時などは銀行融資の審査に通過することは難しくなります。

それは銀行融資の審査では自社の業況をチェックするからです。

しかし、ファクタリングは自社に信用がない状況下でも、売掛先の信用で資金調達ができるので「銀行融資が出ない時の資金調達手段」として活用することもできるのです。

審査における自社の与信のウェイトは低い

2社間ファクタリングでは自社も審査の対象にはなります。

しかし、融資の審査ほど自社の与信は高いウェイトではありません

基本的には「過去にファクターとトラブルを起こしていない」「ファクタリングをしても資金ショートの可能性が高い」といういずれかの条件を満たしていなければ審査に通過することは可能です。

また、自社に資金が経由しない3社間ファクタリングであれば自社はほとんど審査されることはありません

繰り返しになりますが、ファクタリングであれば自社ではなく売掛先の与信で資金調達が可能です。

「どこからもお金を借りることができず、倒産するしかない」などと言う場合にはファクタリングに申し込んでみることで資金繰りに目処が立つ可能性があります。

3社間ファクタリングで売掛先の同意が得られない場合はどうすればよいでしょう?
同意がないままでは3社間ファクタリングは不可能です。ファクターによっては納入企業と一緒に同意取得を手伝ってくれることもあります。どうしても同意を得られない場合には2社間ファクタリングを利用するしかありません。
2社間ファクタリングで支払期日に遅れた場合はどうすればよいですか?
すぐにファクターへ連絡してください。1日程度であれば待ってくれる可能性があります。しかし、連絡もしないまま期日に遅れると、ファクターから売掛先に督促が行われることもあります。売掛先からの信頼はガタ落ちになるので、期日に遅れてしまう場合には必ず連絡を入れてすぐに送金するようにしてください。
3社間ファクタリングをスピーディーに行う方法を教えてください。
売掛先の同意を早く取得することです。売掛先に事前に話をしておき、スムーズに同意を取得することによって数日程度で資金化できることもあります。ファクタリングに対して理解がある取引先の売掛債権を持っている場合には、早期に同意取得ができる可能性があります。

まとめ

ファクタリングの仕組みをまとめると以下のようになります。

  • 売掛債権をファクターに売却して支払期日前に資金化できる
  • 2社間と3社間の違いは「自社が払うか売掛先が払うか」の違い
  • 2社間は手数料が高いが資金化が早く売掛先に秘密にできる
  • 3社間は手数料は低いが資金化に時間がかかり売掛先の同意が必要
  • 売掛先の信用があれば自社に信用がなくても資金調達可能

ファクタリングは手数料が借入よりは高くなることが一般的ですので、あまりにも多用すると収益を圧迫します。

しかし、緊急で資金が必要な時や銀行からお金を借りることができない場合には企業にとって確実にプラスになる場面もあります。

資金調達の1つの手段」として頭には入れておいた方がよいでしょう。