過去に長期間の延滞や債務整理などを行なったことがある人は、信用情報機関(JICC・CIC・KSC)にその情報が登録されます。この事を「ブラックリストに載る」「個人信用情報ブラック」などと言われます。

一般的に「個人信用情報がブラックだとどこからも資金調達することができない」と思われています。

「このままだと闇金に手を出すしかないかも」とあまりにも追い詰められている人も多いのではないでしょうか?

しかし、信用情報ブラックでも資金調達できる方法は存在します。

闇金に手を出す前に(どんなに追い込まれても手を出してはいけませんが)ブラックでも資金調達できる方法を試してみましょう。

この記事では、信用情報ブラックでも資金調達できる方法を紹介していきます。

個人でも法人でも利用できる調達方法ですので、資金繰りに追い込まれている方は必見です。

ブラックは信用情報をチェックするローンを借りられない

ブラックは信用情報をチェックするローンを借りられない

一般的に信用情報ブラックだとお金を借りることが難しくなります。

信用情報は「個人」信用情報と言いますので、審査の際に個人信用情報をチェックするローンは審査に通過することが難しいと言えます。

個人信用情報をチェックするローンとしては以下のようなものがあります。

  • 全ての個人ローン
  • 個人事業主のビジネスローン
  • 一部の法人ビジネスローン

これらのローンは具体的にどんなローンが該当するのかなど、詳しく解説していきます。

全ての個人ローン

個人が借りる以下のようなローンは基本的に全て信用情報ブラックでは借りることができません。

  • カードローン
  • フリーローン
  • マイカーローン
  • 住宅ローン
  • リフォームローン
  • 教育ローン

これはどこから借りるのかということはほぼ無関係です。

最も審査が厳しい銀行はもちろん、消費者金融や信販会社でも信用情報ブラックでは借入はほぼ不可能だと考えておいた方がよいでしょう。

闇金以外の全ての金融機関は個人信用情報機関へ加盟しており、審査の際には個人信用情報を必ず確認するからです。

稀に中小の消費者金融は個人信用情報がブラックでも融資に応じてくれる場合がありますが、基本的にはどの金融機関も個人信用情報ブラックだと借りることはできないと考えて間違いありません。

個人事業主のビジネスローン

個人事業主が消費者金融や銀行などから借りるビジネスローンも信用情報ブラックでは借りることができません。

ビジネスローンは審査が早いかわりに、個人信用情報を確認しています。

個人信用情報は改ざん不可能な情報であるため、ビジネスローンは素早く精度の高い審査を行うことができるのです。

いかに確定申告の内容が良好で、十分な所得を生み出すことができている人でも、ビジネスローンは信用情報ブラックではまず借りることは難しいでしょう。

一部の法人ビジネスローン

消費者金融は法人に対してもビジネスローンを提供しています。

これらのビジネスローンも、法人の代表者が信用情報ブラックの場合には借りることが基本的にできません

法人へのローンは原則的に法人代表者が連帯保証人になる必要がありますが、連帯保証人の信用情報をビジネスローンでは調べています。

ここで、代表者の信用情報がブラックの場合には、借入をすることが難しくなってしまうのです。

信用情報は個人の情報の与信に関する情報の蓄積です。

そのため、審査の際に個人信用情報をチェックするローンでは、ブラックの場合に借りることがかなり厳しくなってしまうものと考えておきましょう。

個人が信用情報ブラックで資金調達する方法

残念ながら信用情報ブラックの個人が個人向けのローンを借りる方法はありません。

銀行や消費者金融や信販会社など、個人向けローンの取り扱いを行うあらゆる金融機関は個人信用情報機関へ加盟しており、審査では必ず個人信用情報をチェックしているからです。

そして、多くの場合、個人信用情報に金融事故情報や異動情報が記録されている人は審査に通過することはできません。

「ブラックOK」などと謳って融資を募っている会社もありますが、このような会社は闇金ですので取引をしてはなりません。

つまり、信用情報がブラックの人はお金を借りる手段がないのです。

しかし、資金調達そのものが不可能なわけではありません。

あくまでも借入という手段がないだけで、給料ファクタリングという方法であればブラックの人でも資金調達することができます。

給料ファクタリング

個人がブラックでも資金調達できる可能性が高い方法として、給料ファクタリングという方法があります。

ファクタリングとは売掛債権の売却です。

そして、個人はすでに働いた分で未払いの給料に関しては「勤務先に対する売掛債権」を持っているという状態になります。

つまり、給料ファクタリングとは、「未払いの給料債権を売却すること」です。

たった数日〜数週間の給料を給料ファクタリングによって前借りするだけですが、給料の10%〜20%程度が手数料として必要になります。

手数料負担は確実に借入よりも高くなってしまいますが、信用情報ブラックの人でも借入よりも高い確率で資金調達することができる方法であることは間違いありません。

多用することはおすすめできませんが、どうしてもお金に困って「闇金から借りる他ない」という状態であれば、闇金に手を出すよりは給料ファクタリンを利用した方が安心です。

緊急時の資金調達手段として、頭には入れておいて損はないでしょう。

代表者がブラックの法人が事業資金を調達する3つの方法

代表者がブラックの法人が事業資金を調達する3つの方法

信用情報ブラックの人やブラックの人が代表者を務める法人でも借入を行う方法も資金調達を行う方法も存在します。

事業資金というのはあくまでも企業の業績に対して融資を行うため、以下の融資は個人事業主本人や法人代表者の個人信用情報を確認していません。

  • 銀行の事業資金
  • 日本政策金融公庫

そして、個人と同じくファクタリングであれば、個人信用情報に問題があっても資金調達することができます。

銀行の事業資金は信用情報をチェックしない

銀行の事業資金は個人事業主に対しても法人に対しても、基本的に信用情報はチェックしません。

銀行の事業資金はあくまでも「事業内容に対して融資するもの」という原則があるからです。

銀行の事業資金の審査の対象になるのは、決算書や確定申告書であって、個人信用情報から「返済に問題がない人かどうか」ということは審査していません

銀行の事業資金には、銀行が保証会社や保証協会をつけずに融資を行う「プロパー融資」と保証協会の保証をつけて行う「信用保証協会付融資」の2つがメインですが、どちらも個人信用情報はチェックしていないので、業況に問題がなければ信用情報ブラックでも借りることができます

日本政策金融公庫の審査は信用情報をチェックしない

日本政策金融公庫の融資も銀行の事業資金融資と同様です。

個人信用情報はチェックせず、決算書や確定申告書の内容から審査を行うので、決算書の内容や確定申告書の内容に問題がなければ審査に通過できます。

このように、金利が低く、時間をかけて審査を行う事業資金融資では個人信用情報という商売とは無関係な情報をチェックすることはありません。

ブラックでも業況がよければ借りることができます。

ただし、現実問題として、商売の業況が良い事業主が個人信用情報がブラックというケースはほとんどなく、多くの経営者が事業の内容が悪いから個人ローンに手を出し、結果として信用情報がブラックになってしまうのです。

では、信用情報がブラックで、さらに業況まで悪い事業主は資金調達する手段はないのでしょうか?

ファクタリングはブラックでも審査に通る

信用情報ブラックでも、決算書や確定申告書の内容が悪くても資金調達することができる方法としてファクタリングがあります。

ファクタリングとは、企業が保有する売掛債権を売却する方法です。

詳しくは後述しますが、ファクタリング審査では自社の与信はほとんど審査されないので、決算書や確定申告書の内容が悪くても信用情報ブラックでも審査に通過でき、資金調達することができる可能性があります。

むしろ、ファクタリング審査は信用情報のチェックを行いません

やはり借入よりは手数料負担が高くなってしまいますが、最短即日で資金化できますし、闇金などに手を出すよりも、よほどファクタリングの方が安全です。

緊急時の資金調達手段として頭には入れておいた方がよいでしょう。

ファクタリングはブラックでも資金調達可能

ファクタリング説明図

ファクタリングはブラックでも資金調達することができます。

ファクタリングは審査の対象が融資とは異なるためです。

融資であれば借主本人を審査対象としますが、ファクタリングは売掛先の審査のウェイトが圧倒的に高くなります。

そのため個人信用情報がブラックでも資金調達することができる可能性が高いのです。

ファクタリングの審査基準について詳しく解説していきましょう。

ファクタリングの審査対象は売掛先

3社間ファクタリングの審査

ファクタリングの審査対象は売掛先企業です。

ファクタリングはファクターに対して売掛債権を売却しますので、ファクターにとっての債務者は売掛先企業です。

もしも売掛先企業が期日通りに売掛債権の代金を支払うことができなければ、ファクターは回収不能になり損失を被ることになってしまいます。

このため、ファクタリングでは売掛先に信用があれば審査通過できますし、売掛先に信用がなければ、審査に通過することはできません

つまり、売掛先企業に信用があれば、自社の業況が悪くても資金調達できる可能性があるということです。

ファクタリングが信用情報ブラックでも、決算書や確定申告書の内容が悪くても資金調達できる最大の理由は、ファクタリングの審査対象は融資とは全く異なるという点にあります。

事業の売掛金なら販売先企業が審査される

売掛金を対象としたファクタリングの審査対象は、売掛先です。

事業の売掛金をファクタリングするのであれば、審査対象は販売先企業です。

販売先企業が上場企業などの優良企業だった場合や、公共工事などを請け負い販売先が官公庁だった場合には、デフォルトする可能性が非常に低いと判断されます。

販売先企業が優良企業であれば、ファクタリングによる資金調達が成功する可能性は高いでしょう。

給料ファクタリングなら勤務先が審査される

給料を対象としたファクタリングの審査対象は、勤務先企業です。

勤務先が問題なく給料を払うだろうと判断されれば、毎月最低限入金になっている安定収入の部分に関してはファクタリングに応じてもらえる可能性が高くなります

逆に、以下のようなケースではファクタリングに応じてもらえる可能性は低くなってしまうでしょう。

  • 勤務先が赤字や債務超過
  • 給料が現金払い
  • 収入があまりにも不安定

このようなケースでは、「給料日になっても支払いがされないかもしれない」もしくは「先月と同じ程度の給料が支払われないかもしれない」と判断されてしまうので、審査に落ちてしまうこともあります。

2社間ファクタリングなら売掛先に知られる心配なし

2社間ファクタリング

ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがあります。

このうち、2社間ファクタリングは売掛先の同意が不要で、売掛債権の期日になると売掛先は自社へ支払いを行い、自社がファクターに対して送金を行うファクタリングです。

つまり、2社間ファクタリングは売掛先に秘密で取引することができます

給料ファクタリングも売掛金を対象とするファクタリングも2社間契約でのファクタリングが可能です。

信用情報ブラックでも資金調達できるファクタリングですが、ほとんどの人が取引先や勤務先へファクタリングをしたことを知られるのは嫌なものです。

2社間ファクタリングは3社間ファクタリングよりも手数料は高くなりますが、売掛先や勤務先に秘密で資金調達することができます。

「ブラックでも融資可能」と広告している業者からお金を借りることは正解ですか?
「ブラックでも融資可能」と広告している業者は闇金です。絶対にお金を借りてはいけません。
ブラックでも個人間融資掲示板でお金を借りることができると聞きました。
個人間融資掲示板は、「お金を借りたい」という個人と「お金を貸したい」という個人がマッチングするサイトです。うまくお金を貸してくれる人と出会うことができればブラックでも借りることができますが、「お金を貸す」と書き込んでいるほとんどが闇金です。やはり個人間融資掲示板でもお金を借りない方がよいでしょう。
ファクタリングで資金調達したことによってさらに信用情報が悪化することが心配です。
ファクタリングで調達した内容は個人信用情報には一切記録されません。今後住宅ローン借入などを控えている人も、ファクタリングを利用しても一切審査には影響ありません。

まとめ

信用情報ブラックの場合には、個人であれば全てのローン、事業資金であればビジネスローンで資金調達が不可能になります。

信用情報がブラックの状態でお金を借りることができる方法はファクタリングが主な方法と言えるでしょう。

ファクタリングであれば、自社や自分ではなく売掛先の信用が重視されるので、自社や自分に信用がなくても審査に通過できる可能性があるのです。

ファクタリングの手数料は高いため、あまりにも多用することはおすすめできません。

しかし、切羽詰まって闇金に手を出してしまうよりは間違いなくメリットがありますので、資金調達の1つの手段として頭には入れて置いた方がよいでしょう。

参考資料