介護事業者の方の資金調達に役立つサービスに、「介護報酬ファクタリング」があります。

介護報酬ファクタリングとは、簡単に言うと通常2ヶ月ほどかかる介護報酬の支払いを、最短5日に短縮できるサービスです。

以下に挙げるお悩みを持つ介護事業者の方は、介護報酬ファクタリングが解決の糸口となるでしょう。

  • 介護報酬ファクタリングで資金調達をする方法を知りたい
  • 介護事業を立ち上げたばかりで、資金回収までのキャッシュフローに不安がある
  • 事業所を増やす資金を調達したい
  • 設立したばかりという理由で、金融機関から融資を断られた
  • 借金以外の資金調達方法がない

今回は介護報酬ファクタリングの仕組みやメリット・デメリット、おすすめのファクタリング会社について解説します。

 

記事の目次 表示

介護報酬ファクタリングは「介護報酬の早払い」

介護報酬ファクタリングとは、介護事業者が国民健康保険団体連合会(以下、国保連)に対して請求する介護報酬(介護給付費)を、ファクタリング会社が早払いするサービスです。

介護事業者は介護サービスにかかった費用の1割を利用者に請求し、サービスを提供した翌月の10日前後までに、残りの9割(介護報酬債権といいます)を国保連に請求します。

国保連の審査に通過すると、請求の約50日後に介護報酬が支払われます。

このように、介護報酬はサービス提供から約2ヶ月後に支払われることが資金繰りを圧迫する原因です。創業間もない介護事業者や、キャッシュフローが厳しい介護事業者にとっては、資金を受け取ることができずに厳しい経営を迫られることになります。

介護報酬ファクタリングを利用すれば、約2ヶ月先の介護報酬の受け取りを最短5日程度に短縮、よりスムーズにキャッシュフローを回すことができます。

ただし、介護報酬ファクタリングを利用するにあたっては、報酬額の1.0%~の手数料がかかります。

一般的なファクタリングの手数料よりも低く設定されていますが、本来の介護報酬の満額を受け取ることはできないということに留意しておく必要があります。

介護報酬ファクタリングの仕組み

介護報酬ファクタリングには、売掛債権を買い取るファクタリングと同じように、3社間取引と2社間取引があります。

3社間介護報酬ファクタリングの仕組み

 

通常、介護報酬ファクタリングは介護事業者・国保連・ファクタリング会社の3社間で行われます。

3社間契約の流れ

  1. 介護事業者がファクタリング会社と債権譲渡契約を結ぶ
  2. ファクタリング会社が譲渡債権に75~95%の「掛け目」を乗じた金額を早払い
  3. 介護報酬債権を譲渡したことが国保連に通知される
  4. 介護事業者が通常どおり介護報酬を国保連に請求する
  5. 国保連がファクタリング会社に介護報酬を支払う
  6. ファクタリング会社が介護事業者に残額を支払う

介護報酬債権ファクタリングの3社間契約では、譲渡した債権に75%~95%の「掛け目」を乗じた金額が早払いされます。

国保連の審査の結果次第では、介護報酬が請求額の全額支払われないケースもあります。そのため、ファクタリング会社は介護報酬が全額支払われないリスクに備え、介護事業者に早払いする金額に掛け目を設定しているのです。

万が一、介護サービスの内容が国保連の審査に通らなかった場合、返戻となるケースもあります。

2社間介護報酬ファクタリングの仕組み

ファクタリング会社によっては、国保連を介さず、介護事業者・ファクタリング会社の2社間で債権譲渡契約を結ぶこともできます。

3社間契約の流れ

  1. 介護事業者がファクタリング会社と債権譲渡契約を結ぶ
  2. ファクタリング会社が介護報酬を早払い
  3. 介護事業者が通常どおり介護報酬を国保連に請求する
  4. 国保連がファクタリング会社に介護報酬を支払う
  5. 介護事業者が譲渡した介護報酬をファクタリング会社に支払う

2社間契約は3社間契約と異なり、国保連の承諾を得る必要がないため、最短即日の資金調達が可能です。

こちらは売掛債権のファクタリングと同様に、ファクタリング会社が負うリスクに応じた掛け目と手数料が設定されます。介護事業者は介護報酬を回収後、ただちにファクタリング会社に支払う必要があります。

万が一、介護サービスの内容が国保連の審査にとおらなかった場合、返戻となるケースもあります。

介護報酬ファクタリングを提供するファクタリング会社の違い

介護報酬ファクタリングを提供するファクタリング会社には、以下の2つのタイプがあります。

  • 介護報酬ファクタリングを専門的に取り扱う業者
  • 介護報酬ファクタリングも取り扱う一般的なファクタリング会社

介護報酬ファクタリングを専門的に取り扱う業者は、基本的に介護・福祉サービスを提供する事業者、あるいは医療機関・調剤薬局などを対象顧客としています。

一方で、2社間ファクタリングや3社間ファクタリングなど、一般的な売掛債権の早期資金化サービス「買取ファクタリング」を提供するファクタリング会社の中にも、介護報酬ファクタリングを取り扱っているところがあります。

どちらの業者も介護報酬の早払いサービスを提供している点では同じですが、契約期間や手数料などサービス内容が異なります。

介護報酬ファクタリング専門業者と一般的なファクタリング会社、双方の介護報酬ファクタリングサービスの違いを以下の表にまとめました。

依頼先 介護報酬ファクタリング専門業者 一般的なファクタリング会社
契約期間 1年~2年(原則2年) なし(単発利用OK)
手数料 譲渡額の0.25%~5.0%
(1回・1ヶ月あたり)
【3社間】1.0%~9.0%
【2社間】10.0%~20.0%
入金までの日数 5日~2週間 【3社間】1~2週間
【2社間】最短1日
早払い対象となる報酬額の割合 75%~95% 70%~100%

介護報酬の早払いを検討するときは、どちらのファクタリング会社に依頼するか、契約期間や手数料などから選びましょう。

介護報酬ファクタリングの契約期間

介護報酬ファクタリングは原則として、1~2年の契約期間が設けられています。

契約期間中は毎月の介護報酬を最短5日の早払いで受け取ることができますが、そのたびに所定の手数料分が差し引かれます。さらに、契約から6ヶ月以内の途中解約には違約金がかかる場合もあります。

一方で、介護報酬ファクタリングを取り扱う一般的なファクタリング会社では、1回あたりの手数料が高くなる代わりに、契約期間のない単発利用ができます。

長期にわたってキャッシュフローを円滑に回したい場合は契約期間のあるファクタリングサービスを、とにかく単発でつなぎ資金が必要になった場合は契約期間のない単発利用OKのファクタリングサービスを選びましょう。

介護報酬ファクタリングの手数料

介護報酬ファクタリングに申し込むと、ファクタリング会社による審査が行われ、早払い可否と手数料が決まります。早払い手数料は上表にまとめたように、介護報酬ファクタリング専門業者と一般的なファクタリング会社で異なります。

前者は契約期間1~2年という縛りがあるうえで、譲渡額の0.25%~5.0%です。また早払いの手数料以外にも、事務手数料や印紙代、債権譲渡通知書発送代といったコストがかかります。

後者は契約期間がなく単発利用OKですが、1回あたりの手数料が3社間で1.0%~9.0%、2社間で10.0%~20.0%と高めに設定されています。

早払い対象となる報酬額の割合

介護報酬ファクタリング専門業者では、原則として介護報酬請求額の70%~90%が早払いの対象となり、残りは実際に介護報酬が支払われたときに払い戻されます。

なぜなら、返戻や保留によって国保連に「請求した金額」と「実際の入金額」に差額が生じる場合があるからです。

一般的なファクタリング会社であれば、最初から報酬額の100%が早払いの対象となります。

ただし、返戻や保留の場合に備え、手数料は専門業者よりも高めに設定されています。

介護報酬ファクタリングの申し込みに必要な書類

介護報酬ファクタリングへの申し込みには、以下の書類の提出が求められます。

法人 ・履歴事項全部証明書の写し
・法人印鑑証明書写し
・介護報酬の支払いを確認できる通帳コピー(過去3ヶ月分)
・過去3ヶ月~6ヶ月の支払額決定通知書写し
・許認可証の写し
・事業所パンフレット写し(WebURLでも可)
・直近の法人税・消費税の納税通知書その3
・直近2ヶ月分の社会保険料の納入が確認できる資料
個人事業者 ・本人確認書類の写し(免許証、パスポート等)
・印鑑証明書写し
・介護報酬の支払いを確認できる通帳コピー(過去3ヶ月分)
・過去3ヶ月~6ヶ月分の支払額決定通知書写し
・許認可証の写し
・事業所パンフレット写し(WebURLでも可)
・納税通知書その3
・直近2ヶ月の社会保険料の納入が確認できる資料

早払いを依頼するファクタリング会社によって、提出を求められる資料が異なる場合があります。資金調達を急ぐ場合はあらかじめ必要書類について問い合わせ、申し込みの前に揃えておきましょう。

介護報酬ファクタリングのメリット

介護報酬ファクタリングを利用することで、介護事業者の方が得られるメリットには以下のようなものが挙げられます。

介護報酬の入金が約1.5ヶ月早くなる

通常では介護サービス提供から約2ヶ月かかる介護報酬の受け取りが、介護報酬ファクタリングを利用することで約1.5ヶ月早くなります。

たとえば、3月1日~3月31日の介護報酬を翌4月10日に国保連に請求すると、支払いは翌月の5月末日となります。

そこで、3月分の介護報酬の早払いをファクタリング会社に依頼すると、請求から入金までの期間が約5~10日間短縮されます。

早期に介護報酬を受け取ることで、キャッシュフローの改善や借入に頼らない経営の立て直しが図れます。

担保や連帯保証人が不要

介護報酬ファクタリングは、一般的なファクタリングと同じく、担保や連帯保証人が不要です。

通常、銀行から融資を受ける場合は、プロパー融資が受けられるほどの優良企業でもない限り、担保や連帯保証人を求められます。

しかし、ファクタリングは融資ではなく債権売買ですので、担保や連帯保証人を求められることはありません。

介護報酬ファクタリングに申し込んだのに、担保や連帯保証人を求められた場合は、悪質な業者を疑いましょう。

審査に通過しやすい

介護報酬ファクタリングの審査は銀行融資の審査に比べ、はるかに通過しやすくなっています。

銀行融資の審査は申込者の信用状況や借入状況が重視されますが、介護報酬ファクタリングの審査では、支払機関である国保連から期日どおりに介護報酬が支払われるかどうかが重視されます。

国の機関である国保連は、一般の企業と違って倒産や廃業のリスクが極めて低く、介護報酬の支払いが遅れることもありません。

したがって、ファクタリング会社が早払いした代金を回収できないリスク(債務不履行リスク)が極めて低いと考えられ、審査の可決率が高くなるのです。

介護報酬ファクタリングのデメリット

介護報酬ファクタリングには以下のようなデメリットもあります。利用前に自社が抱える経営課題を解決できるかどうか、メリットとデメリットを比較検討しましょう。

介護報酬の満額を受け取ることができない

介護報酬ファクタリングを利用すると、本来であれば受け取れる介護報酬の金額よりも少なくなります。

専門業者を利用した場合でも、早払いの手数料が譲渡額の0.25%~5.0%かかるのに加え、事務手数料や印紙代、債権譲渡通知郵送費などがかかります。

さらに、早払い対象となる報酬額の割合が70%~90%の範囲で決められており、残りは国保連から介護報酬が支払われたときに、ファクタリング会社から介護事業者に払い戻されます。

一般的なファクタリングよりもはるかに低い手数料で利用できますが、手元に残せるキャッシュの金額に影響するため、早払いを依頼するファクタリング会社は慎重に選ぶ必要があります。

早払いに依存してしまうおそれがある

介護報酬ファクタリングは、通常であれば約2ヶ月かかる介護報酬の支払いを、約1.5ヶ月早めることができます。

しかし、介護報酬ファクタリングで早期にまとまった資金が手元に入ってくると、その便利さに依存してしまうおそれがあります。

1回あたりの手数料はきわめて低いものの、1年~2年と積み重なれば大きな損失となります。

介護報酬ファクタリングでキャッシュフローが改善できたら、なるべく早くファクタリングから脱却するよう準備を進めましょう。

介護報酬の早払いにおすすめのファクタリング会社

介護報酬の早払いを検討するにあたり、おすすめのファクタリング会社をご紹介します。

シーエスプランニング|「終われる」介護報酬ファクタリングの提供

契約方式 対面・初回要面談
取り扱いサービス 介護報酬ファクタリング
診療報酬ファクタリング
調剤報酬ファクタリング
ファクタリング手数料 1.00%~3.24%
保証料 0.30%~2.00%
(保証委託契約が必要になった場合)
入金スピード 最短5営業日
買い取り限度額 100万円~1億円まで
URL https://www.csplanning.tokyo/care_reward.html

シーエスプランニングは診療・介護・調剤報酬ファクタリングを取り扱う専門業者です。

「終われるファクタリング」を掲げるように、ただ介護報酬の早払いサービスを提供するだけでなく、キャッシュフローの改善と経営の立て直しを視野に入れたプランを提案しています。

専門のスタッフが契約中にいくら費用が発生し、キャッシュフローがどの程度改善するのか、具体的なシミュレーションをもって解説してくれるため、費用対効果を客観的に考えることができます。

ゴールが見えるファクタリグサービスだからこそ、早払いへの依存リスクを抑え、計画的な利用が可能となっています。

エヌエスパートナーズ|譲渡額の0.25%~1.0%の手数料で長期契約

 

契約方式 対面・初回要面談
取り扱いサービス 介護報酬ファクタリング
診療報酬ファクタリング
調剤報酬ファクタリング
ファクタリング手数料 0.25%~1.0%
入金スピード 問い合わせから2~3週間程度
買い取り限度額 上限なし
URL https://nspkk.com/service/kaigo/

エヌエスパートナーズは東証一部上場のノーリツ鋼機のグループ会社であり、前身の会社を含めファクタリング業界で12年の実績がある老舗です。

医療機関や介護事業所の経営にも精通しており、これまで多数の事業者の事業再生を成功させてきています。

同社のファクタリングサービスは利用者の要望をヒヤリング、運営状況を熟慮した上で個別に決定しています。他社と比べて柔軟な手数料率設定、買取金額設定が高い評価があります。

リコーリース|一部上場企業リコー株式会社のグループ会社

契約方式 対面・初回要面談
取り扱いサービス 介護報酬ファクタリング
診療報酬ファクタリング
調剤報酬ファクタリング
ファクタリング手数料 要問い合わせ
入金スピード 最短5営業日
買い取り限度額 要問い合わせ
URL https://www.r-lease.co.jp/kaigo/

リコーリースは一部上場企業リコー株式会社のグループ会社です。

同社の介護報酬ファクタリングは新設法人、新規事業者でも申し込みが可能で、キャッシュフローの改善はもちろん、増店の際の設備資金としても利用できます。

さらに、同社はファクタリング以外に、融資・集金代行・保険・複写機リース・福祉車両リース・リハビリ機器リースなどの事業も取り扱っています。

ファクタリングで資金確保しつつ、同社に一本化することで管理業務の削減・効率化にも役立ちます。

ベストファクター|2社間契約の介護報酬ファクタリングが利用可

ベストファクター

契約方式 対面・初回要面談
取り扱いサービス 2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
診療・介護報酬債権ファクタリング
財務コンサルティング
ファクタリング手数料 2%~
入金スピード 最短即日
買い取り限度額 25万円~2,500万円(過去の実績から)
URL https://bestfactor.jp/

ベストファクターは全国対応で法人・個人を問わず、スピード対応かつ業界最安水準の手数料で信頼できるファクタリングサービスを提供しています。

2社間・3社間契約の介護報酬ファクタリングを取り扱っており、債権報酬請求額の100%を最短即日で資金化できます。

また、介護報酬ファクタリング専門業者は「介護報酬請求額100万円以上から」という条件が付いていますが、同社のサービスは100万円以下の少額利用も可能です。

ビートレーディング|ファクタリング業界のリーディングカンパニー

ビートレーディング

契約方式 対面・初回要面談
取り扱いサービス 2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
診療・介護報酬債権ファクタリング
Beペイメント
経営コンサルティング
ファクタリング手数料 【2社間】5%~20%
【3社間】2%~
入金スピード 2~4日後
買い取り限度額 10万円~7億円(過去の実績から)
URL https://betrading.jp/

ビートレーディングはファクタリング業界のリーディングカンパニー的な存在です。

一般的なファクタリングに加えて介護報酬ファクタリングの取り扱いがあり、請求額の100%を申込みの2~4日後には資金化できます。

また、ファクタリング利用期間中は新たな資金調達方法の提案やキャッシュフロー改善プランなど、さまざまなアフターフォローを無償で受けられます。

契約を結ぶにあたっては面談が必要となりますが、担当者が全国に4ヶ所ある店舗から出張対応しています。

介護報酬ファクタリングに関するQ&A

介護報酬ファクタリングについて、よくある質問とその回答をQ&Aにまとめました。

Q.介護報酬ファクタリングで早払いされる金額が、請求額の100%ではないのはなぜですか?
A.国保連に請求した介護報酬が、返戻・保留などで「請求額」と「実際の入金額」で差額が生じる場合があるからです。ファクタリング会社はこの差額が生じることを見据えて、請求金額の70%~90%を早払い、残りを国保連から介護報酬が支払われたあとに払い戻します。
>>「早払いの割合」について詳しく見る
Q.契約期間の途中で介護報酬ファクタリングの解約はできますか?
A.できますが、期間によっては違約金がかかる場合があります。一般的な介護報酬ファクタリングの契約期間は1年~2年で、契約から半年以内の解約は違約金がかかります。なお、一般的なファクタリング会社の介護報酬ファクタリングは契約期間が設けられておらず、単発利用も可能です。
>>「介護報酬ファクタリングの契約期間」について詳しく見る
Q.介護報酬ファクタリングの手数料はどれくらいかかりますか?
A.介護報酬ファクタリング専門業者の場合は1回あたり譲渡額の0.25%~5.0%、一般的なファクタリング会社の場合は3社間契約で2%~9%、2社間契約で10%~20%が目安となります。ただし、申込者の取引状況や取り扱い事業所数により変動します。

介護報酬ファクタリングは「どこに依頼するか」が大事

介護報酬ファクタリングの仕組みやメリット・デメリット、おすすめのファクタリング会社について解説しました。

通常2ヶ月かかる介護報酬の支払いを最短5日に短縮できる介護報酬ファクタリングは、「どのファクタリング会社に依頼するか」により、手数料や契約期間などが異なります。

調達コストを抑え、長期にわたって早払いを利用したい方は、介護報酬ファクタリングの専門業者がおすすめです。

一方で、手数料は高めになるものの、契約期間がなく単発で利用したい方は、介護報酬ファクタリングも取り扱う一般のファクタリング会社を選びましょう。

いずれにしても、手数料や契約条件など、自社の資金ニーズに合ったサービスを提供してくれる依頼先を選ぶことが大切です。