「今日、手形の期日なのにお金がない」「取引先からの今日の入金を当てにしていたのに入金が遅れると連絡が入った」このような時には、即日資金調達をする必要が出てきます。

そんな時に活用できるのがファクタリングです。

ファクタリングは即日資金化に対応しており、申込日当日に資金調達することも可能です。

しかし全てのファクタリング会社が即日対応できるわけではありません。

即日対応可能なファクタリング会社と、ファクタリングで即日資金調達するポイントについて詳しく解説していきます。

即日でファクタリングを利用するための4つのポイント

  • できる限り早く申し込む
  • 必要書類を完璧に揃え、迅速に提出
  • 契約書類に漏れがないかを確認
  • 契約手続の時間の確保

できる限り早く申し込む

ファクタリングを即日で利用するためには、即日で審査に通過しなければなりません。

そのため、できる限り早く申し込みをするようにしましょう。

ファクタリング会社が審査に十分な時間を確保することができるように、当日の10時くらいまでには申し込みを完了させておくことが重要です。

不安な場合には複数社に申し込んでもよいでしょう。

必要書類を完璧に揃え、迅速に提出

ファクタリングの審査には決算書・確定申告書などの書類が必ず必要で、ファクタリング会社によっては事業計画書の記入が必要な場合があります。

これらの審査に必要な書類はあらかじめ完璧に用意しておき、申し込み後速やかに提出することができるようにしておきましょう。

書類に不備があると審査が進まないので、当日中に審査回答を得ることが難しくなってしまいます。

契約書類に漏れがないかを確認

契約手続きに必要な書類に漏れがないかどうかを確認することも重要です。

ファクタリング契約に必要な書類には以下のような書類があります。

  • 商業登記簿謄本
  • 法人と代表者の印鑑証明書
  • 法人と代表者の実印
  • 代表者の住民票

これらの書類や役所に行って取得しなければならないので、審査通過後に速やかに取得するか、あらかじめ取得しておくようにしましょう。

不備があった場合には契約することができないので、事前に必要書類を確認しておくことも忘れないようにしてください。

契約手続の時間の確保

店舗型のファクタリング会社の場合には、契約手続のためにファクタリング会社の事務所へ来店しなければなりません。

即日でファクタリングで資金調達するためには、即日で契約手続きを終える必要があります。

そのため、審査通過後にファクタリング会社へ訪問する時間を確保しましょう。

ファクタリング会社の営業時間やファクタリング会社の事務所への移動時間なども考えて、当日中に契約手続のために訪問できるように時間を確保しておきましょう。

なお自宅や会社で契約を完結することができるクラウド型のファクタリング会社であれば、訪問しなくても契約手続を終えることが可能です。

ファクタリングで即日資金調達する際の事前確認

ファクタリングでより確実に即日資金調達をしたいのであれば事前に以下の4点について必ず確認しておくようにしてください。

  • 2社間ファクタリング対応か?
  • ファクタリング会社の審査時間
  • ファクタリング会社との契約方法
  • 必要書類

これらの確認をしておかないと、申込後にいくら待っても当日中に審査結果がこないということにもなりかねません。

ファクタリングで即日資金調達するために事前に確認すべきことについて詳しく解説していきます。

2社間ファクタリング対応か?

申し込もうとしているファクタリング会社が2社間ファクタリングに対応しているかどうかはしっかりと確認する必要があります。

2社間ファクタリングでなければ即日資金化をすることはできないためです。

ファクタリング会社の中には3社間ファクタリングしか取り扱っていない会社も存在するので注意しましょう。

ファクタリング会社の審査時間

ファクタリング会社の審査時間にも注意が必要です。

ファクタリング会社の審査時間は会社によってまちまちです。

規模の大きなファクタリング会社は最短即日で対応していますが、規模が小さな会社や地方に所在する会社などは審査に時間がかかってしまうことがあります。

即日で審査回答を得られるかどうかもファクタリング会社を選ぶ上では非常に重要です。

審査時間が早いファクタリング会社をしっかりと選択してください。

ファクタリング会社との契約方法

ファクタリング会社との契約方法も非常に重要です。

対面契約しか契約方法がない場合は、近くにファクタリング会社のオフィスがあり、審査通過後すぐに契約手続に訪問できなければ即日資金化することはできません。

クラウド型のファクタリング会社など非対面で契約できるファクタリング会社であれば審査通過後、すぐに契約することが可能です。

審査通過後に当日中に契約することができるかどうかを確認して、ファクタリング会社を選択するようにしましょう。

必要書類

必要書類についても事前に確認するようにしましょう。

ファクタリング契約のためには商業登記簿謄本などの取得が必要です。

事前に公的機関から取得しなければならないので、前もって必要書類を確認し、漏れのないように書類を揃えておきましょう。

書類が揃わない場合には即日資金化は非常に難しくなってしまいます。

すぐに審査に通過できる売掛債権とは?

ファクタリングで審査されるのは売却する売掛債権の信用やリスクです。

売掛債権によって「審査に通過しやすい債権」がありますし、審査に通過しやすい債権ほど審査時間が短くなり、より即日資金調達しやすいでしょう。

すぐに審査に通過できる売掛債権は以下のようなポイントを押さえている債権です。

大手企業・優良企業の売掛債権

大手企業や優良企業の売掛債権は未払いのリスクが非常に低いと言えます。

優良企業の売掛債権をファクタリングする場合には比較的すぐに審査に通過できます。

ファクタリング会社にとってリスクが低いので、慎重に時間をかけて審査する必要がないためです。

同じように、公的機関が売掛先になっている売掛債権も時間をかけずにすぐに審査に通過できるでしょう。

期日が短い売掛債権

期日までの期間が短い売掛債権も比較的すぐに審査通過できる売掛債権です。

期日の短い売掛債権の方がファクタリング会社にとってリスクが低いので審査も早く終えることができます。

数ヶ月も先の期日の債権は「期日までに業況が悪化し、デフォルトしてしまうかもしれない」と懸念され審査に通過できないこともありますが、期日の短い売掛債権はファクタリング会社にとってリスクが低いので審査に通過しやすく、早く審査が終了します。

即日でファクタリングで資金調達したいのであれば期日が短い売掛債権をファクタリングした方がよいでしょう。

即日資金調達可能なファクタリング会社10選

ファクタリング会社は無数に存在しますが、その中でも即日資金調達に対応し、利用者かも評価が高いファクタリング会社は以下の10社です。

即日ファクタリングのためには「即日の審査回答」そして「即日での契約手続の完結」という2つの条件が、必要になりますが、以下の10社はいずれもこれらの条件が揃っており、高い確率で即日資金調達することができる会社です。

  • OLTA
  • ビートレーディング
  • ベストファクター
  • PMG
  • アクセルファクター
  • フリーナンス
  • anew
  • トップマネジメント
  • 三共サービス
  • ウィット

即日資金調達可能なファクタリング会社の手数料やその他の特徴について徹底解説していきます。

OLTA

olta(オルタ)

手数料 2〜9%
資金化までのスピード 最短即日
2社間or3社間 2社間
対象者 法人・個人事業主

クラウドファクタリング会社として圧倒的なシェアを誇るOLTAは24時間以内に資金化することが可能です。

コンピューターが審査を行い、契約もWEB上で完結することができるので、急いでいる時も自宅や会社にいながら、ファクタリングで即日資金調達をすることができます。

手数料が2%〜9%と低いのもOLTAの大きな魅力です。

ビートレーディング

ビートレーディング

手数料 2社間:5〜20%
3社間:2〜20%
資金化までのスピード 最短即日
2社間or3社間 2社間・3社間
対象者 法人・個人事業主

店舗型のファクタリング会社として最も人気のあるファクタリング会社の1つがビートレーディングです。

審査時間が早いので、即日審査回答を得ることが可能です。

ただし、契約には面談が必要ですので、ビートレーディングの事務所に当日訪問することができる人でないと、ビートレーディングで即日資金調達することは難しいでしょう。

店舗型のファクタリング会社であるため手数料はどうしてもOLTAなどのクラウド型のファクタリング会社よりも高くなってしまう傾向があります。

その一方で、ビートレーディングの顧客対応には高い評価があり、ファクタリングとは無関係の資金繰りの相談まで乗ってくれるようです。

「初めてのファクタリングで不安」という人は時間に余裕を持ってビートレーディングへ相談するとよいでしょう。

ベストファクター

ベストファクター

手数料

2社間:5〜20%
3社間:2%〜

資金化までのスピード 最短即日
2社間or3社間 2社間・3社間
対象者 法人・個人事業主

ベストファクターも店舗型のファクタリング会社としては非常に評価の高いファクタリング会社です。

審査時間が早いため、即日審査回答を得ることも可能です。

ただし契約には来店が必要になるので、当日中にベストファクターのオフィスへ訪問することができない場合には即日資金化することができません。

時間に余裕を持ってベストファクターへ申し込むようにしましょう。

やはり手数料は高いですが、担当者の知識が深い点や顧客対応の満足度は高い会社です。

初めてのファクタリング利用に非常に向いている会社だと言えます。

PMG

PMG(Proffesional Management Group)

手数料 3〜8%
資金化までのスピード 最短即日
2社間or3社間 2社間・3社間
対象者 法人・個人事業主

PMGもファクタリング会社の中では長い伝統を誇る優良な店舗型ファクタリング会社です。

PMGのメリットは何と言っても手数料の低さです。

店舗型のファクタリング会社でありながら上限手数料8%は他社と比較しても圧倒的に低いと言えるでしょう。

さらにPMGはコロナ対策への一環から、顧客との面談をZOOMなどのオンラインで行なっています。

これによって非対面の契約が可能となり、高い確率で即日資金化することができるでしょう。

またPMGはゼネラルリサーチの企業イメージ調査で、顧客満足度・顧客対応スピード・スタッフ対応の3つで1位を獲得している企業です。

「ファクタリング会社って怖い」というマイナスイメージを持った人はまだまだ多いですが、そのような人でもPMGであれば安心して利用することができるでしょう。

PMGは低い手数料で即日資金調達することができる安心のファクタリング会社だといえます。

アクセルファクター

アクセルファクター(accelfactor)

手数料 2社間:2%〜
3社間:5%〜
資金化までのスピード 最短即日
2社間or3社間 2社間・3社間
対象者 法人・個人事業主

アクセルファクターは事業者に対して財務的なアドバイスを送っている専門性の高いファクタリング会社です。

審査の過程で「財務コンサルティング」を受けることができ、アクセルファクターの財務のプロフェッショナルが自社の決算書の問題点や課題について分析し、適切な指導を行なってくれます。

上限手数料がないので初回は20%近くの高めの手数料が設定される可能性はあるでしょうが、取引を行なって安心できるファクタリング会社であることは間違いありません。

またアクセルファクターの対応はとにかく早いので、審査回答については高い確率で当日中に行われるでしょう。

ただし、契約には面談が必須なので当日中にアクセルファクターの事務所へ訪問することができる人でないと即日資金調達は難しいでしょう。

フリーナンス

freenance(フリーナンス)

手数料 3〜10%
資金化までのスピード 最短即日
2社間or3社間 2社間
対象者 法人・個人事業主

フリーナンスは大手インターネット会社で、数々の金融サービスを提供しているGMOグループが提供しているファクタリングサービスです。

フリーナンスのファクタリングはフリーナンスで決済用の口座を取得している人でないと申し込みを行うことができません。

そして、ファクタリングできる売掛債権はフリーナンスの決済用口座を入金口座として指定しているものだけです。

フリーナンス利用者であれば上限10%の非常に低い手数料で、完全非対面で即日資金調達できます。

フリーナンスの決済用口座を保有するだけで、フリーランス専用保険に加入することもできるので、すぐにファクタリングを利用する必要がない人でも、とりあえず口座を作成しておいて損はないでしょう。

anew

anew(アニュー)

手数料 2〜9%
資金化までのスピード 最短即日
2社間or3社間 2社間
対象者 法人

anewはクラウドファクタリングのOLTAと新生銀行が始めた新たなファクタリングサービスです。

基本的には審査はOLTAがこれまで蓄積してきたシステムで審査を行い、新生銀行が出資したお金から買取を行うという仕組みになっています。

そのため、手数料等はOLTAと同じで、契約も非対面。資金化も24時間以内で可能です。

ただし、OLTAが法人にも個人事業主に対応していることに対して、anewは法人限定のサービスという点で違いがあります。

anewは新生銀行がバックについた非常に信頼できるサービスですので、やはり安心感は抜群です。

これまで銀行系は3社間ファクタリングしか取り扱ってきませんでしたが、anewは銀行系でありながら2社間ファクタリング限定というところが画期的だと言えるでしょう。

安心できるファクタリング会社で早く・低い手数料でファクタリングをしたいという法人はanewはかなりおすすめのファクタリング会社です。

トップマネジメント

トップマネジメント

手数料 2社間:4〜13%
3社間:1〜4%
資金化までのスピード 最短即日
2社間or3社間 2社間・3社間
対象者 法人・個人事業主

トップマネジメントは補助金・助成金の申請をファクタリングを同時に行うことでファクタリング手数料の割引を受けることができる「ゼロファク」が有名なファクタリング会社です。

補助金申請を行う会社で東京商工会議所の会員でもあるので安心して取引できる会社であることは間違いありません。

また、2社間ファクタリングの手数料上限は13%と表記されており、店舗型のファクタリング会社としては非常に低いと言えるでしょう。

ただし契約には面談が必要になるので、即日資金調達することができるのは、即日でトップマネジメントのオフィスに訪問することができる企業だけです。

数日の余裕があれば出張も行なってくれますし、出張の交通費をキャッシュバックしてくれるので、できるばトップマネジメントは時間的な余裕をもって利用したいファクタリング会社だと言えるでしょう。

三共サービス

三共サービス

手数料 2社間:5〜30%
3社間:2%〜
資金化までのスピード 最短即日
2社間or3社間 2社間・3社間
対象者 法人・個人事業主

三共サービスは手数料が非常に低いことで有名な店舗型のファクタリング会社です。

上限は明示されていませんが、多くの企業が10%以下の手数料でファクタリングを利用することができています。

また、契約も非対面で行うことが可能になっているため、即日で審査に通過することができれば高い確率で即日資金調達することができるでしょう。

また、三共サービスは他社から乗り換えることでさらに手数料の割引を受けることができます。

「他社のファクタリング会社の対応に不満」という人は三共サービスのファクタリングを利用するとよいでしょう。

手数料が低い分、審査は厳しめですので三共サービスから即日ファクタリングをしたい場合には、できる限り優良企業の売掛債権をファクタリングするようにしてください。

ウィット

株式会社ウィット

手数料 5〜20%
資金化までのスピード 最短即日
2社間or3社間 2社間
対象者 法人・個人事業主

ウィットは500万円以下の小口のファクタリングに特化したファクタリング会社です。

そのため「数十万円の売掛債権をファクタリングしたい」という場合にも、ウィットのファクタリングは活用することができます。

契約も非対面で行うことができるので、小口の売掛債権であれば即日資金調達することができる可能性が高いでしょう。

ただしウィットは手数料上限が20%と高いので、初回は20%程度の非常に高い手数料が設定されてしまうこともあります。

思った以上の高いコストが生じてしまう可能性がある点には注意するようにしましょう。

即日ファクタリングについてよくある質問

即日OKのファクタリングは必ず即日資金化可能ですか?
必ずというわけではありません。リスクが高い売掛債権をファクタリングする場合には時間がかかりますし、申込が殺到している時にも審査に時間がかかります。
必ず即日で資金化できるわけではないので、できる限り早めに申込を行うことをおすすめします。
審査に時間がかかってしまうのはどんなケースでしょうか?
審査に時間がかかるのは、リスクの高い売掛先の場合や、期限が長い場合、さらには申込が殺到しているタイミングです。
特に、月末、月初は申込が増える傾向があるので、繁忙期を避けて申込をした方がより確実に即日資金調達することができるでしょう。
3社間ファクタリングで即日資金化できない理由を教えてください
3社間ファクタリングは売掛先の同意が必要で、ファクタリング会社と売掛先企業が契約を締結しなければならないためです。
売掛先がすぐに同意してくれたとしても、ファクタリング会社と売掛先企業との書類のやり取りで数日は必要になってきまうので、いくら早くても3営業日は必要になります。
長い場合は2週間以上の時間がかかってしまうことも覚悟しておきましょう。

まとめ

多くのファクタリング会社が即日の資金化に対応しています。

ただし、即日対応のファクタリング会社も、必ずしも即日資金化できるわけではありません。

以下のポイントを抑えて、できる限り早く資金化できるよう努めましょう。

  • できる限り優良先の売掛債権をファクタリングする
  • 期日の短い売掛債権をファクタリングする
  • 即日契約できるファクタリング会社を選ぶ
  • 必要書類は事前に揃えておく

これらのポイントを押さえた上で即日対応のファクタリング会社へ申し込みをしてみましょう。