銀行融資などの外部からの資金調達の支援を受けることができる「資金繰りコンサル」。優良なコンサルに相談することになって、確かに融資を受けやすくなりますし、企業の財務状態の改善を図ることも可能です。

しかし、コンサルは数多く存在するので「どこへ相談に行ったらいいか分からない」という人も多いのではないでしょうか?

この記事では、評価の高い優良資金繰りコンサルを紹介します。

また、資金繰りや財務改善のコンサルティングは認定支援機関へ相談することによって無料で受けることも可能ですし、ファクタリング会社もコンサル受けることが可能です。

資金繰りの相談ができるコンサルタントを具体的にご紹介していきます。

資金繰りコンサル会社のサービスについて知りたい方はこちらを確認してください。

民間コンサル会社7選

民間の資金繰りコンサルティング会社で評価が高いのは以下の7社です。

  • アセントリード株式会社
  • 株式会社ライズフロー
  • 有限会社 竹橋経営コンサルティング
  • 株式会社スペースワン
  • サクセスクルー株式会社
  • 株式会社ジクージン
  • 株式会社 MMコンサルティング

これらのコンサルは安心して相談ができ、十分な実績があるだけでなく料金的にも良心的な価格でコンサルを行なってくれます。

それぞれのコンサルの特徴などについて詳しく見ていきましょう。

アセントリード株式会社

大阪に本社を置くアセントリード株式会社は資金調達を踏まえた企業の財務支援を最も得意としています。

具体的に資金繰りが苦しい会社に対して以下のような支援を行なっています。

  • 関係先との交渉支援
  • 銀行返済のリスケジュール交渉支援
  • 取引先との交渉支援
  • 税務署・年金事務所等公的機関との交渉支援
  • 資金調達支援
  • 資金繰り良化策の検討・実行支援
  • 業績回復の方策検討・実行支援

資金繰りコンサルの中には、単に銀行から融資を引き出しやすい書類の作成だけに留まることも少なくありません。

しかしアセントリード株式会社は銀行との交渉だけでなく、税務署や取引先とまで交渉してくれるので、企業の資金繰りを劇的に改善することができます。

さらに、将来のビジョンを加味した経営計画の策定も行なってくれるので、資金繰りが苦しい企業はもちろん、そうでない企業でも相談することができます。

株式会社ライズフロー

株式会社ライズフローは元銀行員が設立したコンサルティング会社です。

これまでに融資実績が1,000件以上あるので、豊富な融資経験から企業に最適な資金調達の方法を提案してくれます。

また、単に融資を受けるだけでなく事業が軌道に乗るまでの徹底的なサポートをするための強化プログラムの策定など、経営全般にわたる、心強いコンサルティングを受けることができます。

株式会社ライズフローも資金調達コンサルというよりも、起業経営全般へのコンサルティングを得意とした会社です。

有限会社 竹橋経営コンサルティング

竹橋経営コンサルティングの大きな特徴は「借りない資金調達」を目指したコンサルティングを行なっているという点でしょう。

借りない資金調達とは、借入金の返済や減額などによって毎月の返済額を軽減して、企業の手元に残るお金を増やすということです。

つまり借入のサポートというよりも、財務体質の改善を得意とするコンサルだといえます。

「借入金が多くて毎月資金繰りに困窮している」という企業は竹橋経営コンサルティングへ相談することによって、借入金がスリムになり、結果として借りなくても資金繰りが円滑になるかもしれません。

株式会社スペースワン

株式会社スペースワンは資金繰りだけでなく、中小企業の財務・労務・法務に対するサポートを受けることができるコンサルティング会社です。

資金調達のサポートだけでなく、企業全般に対するサポートを受けることができます。

そのため、必要に応じて弁護士や会計士などの専門家と連携するサービスを展開しています。

顧問契約料も公開しており、年商3億円未満であれば5万円~20万円/月と比較的安価な価格設定になっているのも大きな魅力だと言えるでしょう。

サクセスクルー株式会社

サクセスクルー株式会社も資金調達だけをメインに行うわけでなく、企業の財務体質の改善サポートそのものを得意とした企業のトータルコンサルティングを得意としているコンサルティング会社です。

コンサルティングの内容は「利益を上げつつ余裕のある資金繰り環境を目指す」というものであり、まさに企業の財務体質の改善と収益構造の改善を行なってくれます。

また、専門的なコンサルだけでなく、コストダウンや経理の代行なども行なってくれるので、資金繰り・税務改善・収支改善・経営効率化など、あらゆる相談ができるコンサルだと言えるでしょう。

株式会社ジクージン

株式会社ジクージンは横浜に本社を構えるコンサルです。

資金繰りと経営改善の双方に力を入れており、く支出と収入のバランス図るための経営改善や財務体質の改善などのサポートを行なった上で、必要であるならば資金調達のサポートを行なってくれます。

一般的な資金調達コンサルのように「融資が出れば終わり」というわけではなく、企業経営が根本的に上向くように、長期的なサポートを行なってくれます。

株式会社 MMコンサルティング

MMコンサルティングはすでに営業している企業の資金調達や税務改善に対するサポートだけでなく、起業支援を積極的に行なっているコンサルティング会社です。

起業関連の資金調達に対して豊富なノウハウを持っており、何も営業実績のない起業家に必要な資金調達のサポートを得意としています。

また、債務超過など経営状態が悪化した企業の支援にも力を入れており、財務体質・収支構造の変革によって融資に頼らずに事業再生を行うことも得意としています。

起業家の方や経営が悪化した企業経営者の方は相談してみるとよいでしょう。

無料でコンサルを受けることができる支援機関

認定支援機関という国の認定を受けている支援機関の中には無料で資金繰りや財務改善のコンサルティングを受けることができる所も存在します。

  • メイン銀行や信用金庫
  • 顧問税理士や会計事務所

メインバンクや顧問税理士などへ相談することで、無料で資金調達の支援や財務改善のアドバイスなどを受けることが可能です。

無料でコンサルを受けることができる、これらの機関はどんな相談ができるのか、具体的に見ていきましょう。

銀行や信用金庫

メインバンクとして取引を行なっている銀行や信用金庫であれば、コンサルに近いサポートを無料で受けることができます。

メインバンクに対しては、毎年決算書を提出しているので、メインバンクは最低でも年に1回の頻度で決算書の分析を行なっています。

ここから、企業の収益性や安全性についての客観的な分析結果を知ることができ、改善のための様々なサポートを受けることができます

また、経営が傾いた場合などは、経営再建計画の策定なども行なってくれる場合もあるので、順調な時も業況が悪化した時にもコンサルティングを受けることができます。

ただし、メインバンクのサポートは、あくまでも財務内容改善に対する提言に留まるのが一般的です。

民間のコンサルティング会社のように、取引先や税務署との交渉、販路拡大のサポートなど、直接的なサポートを受けることはできないという点には注意しましょう。

顧問税理士や会計士

顧問税理士や会計士も決算書を作成する段階で、「企業の財務体質や収益構造の中でどこに問題がある」というアドバイスを受けることができます。

また、多くの税理士が「体質改善のためにどうすればいいのか」というアドバイスも行なってくれます。

また、メインバンクであれば資金調達は銀行融資しか紹介されませんが、税理士は補助金・助成金などの情報も豊富に持っているので、補助金・助成金での資金調達サポートも行なってくれるので、税理士や会計士の方が幅広い選択肢から資金調達できるでしょう。

さらに税理士の中には取引先や金融機関や税務署と交渉を行なってくれることもあるので、金融機関よりもさらに踏み込んだサポートを受けることができるケースも多いでしょう。

認定支援機関へ相談を

コンサルティングを依頼する会社を探していのであれば、国が認定支援機関として認定を受けている事業者へ相談するのがよいでしょう。

認定支援機関とは中小企業・小規模事業者が安心して経営相談等が受けられるために、専門知識や、実務経験が一定レベル以上の者に対し、国が認定する公的な支援機関です。 具体的には、商工会や商工会議所など中小企業支援者のほか、金融機関、税理士、公認会計士、弁護士等が主な認定支援機関として認定されています。

参考:ラサポ|認定支援機関とは?

認定支援機関は無料で相談に乗ってくれるケースが多いので、いきなり有料のプロのコンサルへ相談するよりも、料金的には安価です。

ただし、これらの支援機関は財務改善や資金調達のアドバイスは行なってくれるものの、金融機関との交渉や、販路の開拓など、民間のコンサルが行うような踏み込んだサポートを受けることまではできません。

「とりあえず安心できる相談先がほしい」というようなケースで活用するとよいでしょう。

相談先に迷ったら

国の認定を受けた認定支援機関なら安心して安価で相談をすることが可能

ファクタリング会社でもコンサルを受けられる

あまりイメージがないかもしれませんが、売掛債権を売却して早期資金化することができるファクタリングを取り扱っているファクタリング会社でもコンサルティングを受けることが可能です。

有名なファクタリング会社は以下の3社になります。

  • ビートレーディング
  • PMG
  • トップマネジメント

これらのファクタリング会社の中には補助金の申請まで行なってくれる会社もあるので、実はかなり本格的なコンサルを受けることが可能です。

コンサルを受けることができるファクリング会社の特徴を詳しく解説していきます。

ビートレーディング

ビートレーディング

店舗型のファクタリング会社大手のビートレーディングはコンサルティング事業も積極的に行なっています。

ファクタリング取引を利用している顧客に対しては無料で財務改善の指導や、資金繰り改善の相談に乗ってくれるので、単に売掛債権の買取業務を行なっているだけではありません。

顧客の中には「資金繰りの相談のために来店する」という人もいるほどですので、ビートレーディングはコンサルティング能力や対応のよさに定評があります。

「ファクタリングを定期的に利用する」という事業者の方は、ビートレーディングを利用すればコンサルティングを無料で受けることができます。

PMG

PMG(Proffesional Management Group)

老舗のファクタリング会社であるPMGもファクタリングだけでなくコンサルティングにも力を入れています。

PMGはゼネラルリサーチという企業イメージ調査で、顧客対応、スピード、スタッフ対応の3つの分野で三冠を獲得している会社で、顧客からの評判が非常に高いファクタリング会社です。

対応のよさだけでなく、コンサルティング能力も優秀で、多様な資金調達手段の中からベストな方法を提案し、さらに金融機関との交渉も行なってくれます。

資金調達だけでなく、リスケジュールや税金の延納など税務署との交渉もPMGは得意としています。

ファクタリングを利用している顧客は、一部無料でコンサルティングを受けることもできます。

そもそもPMGはファクタリングの手数料が3%〜8%と非常に低いので、安価な手数料でファクタリングをしながらコンサルティングまで受けることができる非常にメリットの大きなファクタリング会社だと言えるでしょう。

トップマネジメント

トップマネジメント

トップマネジメントは補助金の獲得と同時にファクタリングをすることによってファクタリング手数料が下がる「ゼロファク」というファクタリングサービスが有名です。

つまり、トップマネジメントはゼロファクによって補助金申請も代行してくれるので、本来であればコンサルが行う補助金申請手続を行うことができます。

この他にも審査の過程で財務分析を受けることができたりと、ファクタリング会社でありながらコンサル的な要素が非常に強いファクタリング会社だといえます。

東京商工会議所会員の安心できる企業ですので、優良なファクタリング会社と取引したいと考える人はトップマネジメントでファクタリングをしながらコンサルを受けるのも1つの方法でしょう。

資金繰りコンサル選びの注意点

資金繰りコンサルを選ぶ際には以下の3つの点に注意してください。

  • 料金体系
  • 口コミ
  • 電話での印象

料金や口コミはもちろん、自分の持った最初の印象も重要です。

資金繰りコンサルを選ぶ際の注意点を詳しく解説していきます。

月額料金か成功報酬か

資金繰りコンサルは料金体型がまちまちです。

財務的なコンサルを全般に行う会社は、月額料金で5万円〜30万円(年商3億円未満の場合)程度が必要になることが一般的です。

一方、成功報酬の場合には、例えば資金調達額の5%などと決まっています。

どちらの料金体系の方がメリットがあるのかということは、企業はコンサルに求めるものによって異なります。

単に融資を受けやすくしたいというだけであれば成功報酬の方がよいでしょうし、資金繰りを根本的に改善したいという場合には月額料金の方がよいでしょう。

自社にとって最適な料金体系を採用しているコンサルと契約するようにしましょう。

インターネットで口コミを確認する

資金繰りコンサルの数は数多くあり、コンサルの中には「コンサルタント」と名乗っているだけで、コンサルタントとして芳しい実績を出すことができずに費用だけがかかってしまうような能力の低い人も存在するのも事実です。

そのため、実際にコンサルと契約する前にはインターネットで口コミを確認し、これまでどのような実績を上げているか、実際に利用した人はどんな評価をしたのかということを調べた上で契約するようにしてください。

電話でのコンサルに対する第一印象

電話などでコンサルタントと連絡をとった時の、そのコンサルタントに対する印象も非常に重要です。

コンサルタントとは二人三脚で会社の課題を解決していかなければなりませんし、あまり人に知られたくない会社の恥部を知られることになってしまうので、コンサルとの相性も非常に重要になります。

電話などのファーストコンタクトで「苦手だな」とか「感じ悪い」と感じた人とは付き合わない方が無難です。

第一印象を大切にして、人間的に長く付き合うことができるコンサルと契約するようにしましょう。

まとめ

資金繰りコンサルに依頼することによって、資金調達が容易になるだけでなく、企業の財務体質や収益構造自体も改善することができます。

民間のコンサルで評判が高いのが以下の7社です。

  • アセントリード株式会社
  • 株式会社ライズフロー
  • 有限会社 竹橋経営コンサルティング
  • 株式会社スペースワン
  • サクセスクルー株式会社
  • 株式会社ジクージン
  • 株式会社 MMコンサルティング

この他にも認定支援機関としての認定を受けた金融機関や税理士事務所などでは無料でコンサルティングを受けることができる場合もあります。

また、取引しているファクタリング会社が大手の店舗型であれば、ファクタリング会社でも無料で専門的な資金繰りコンサルティングを受けることができるので、まずはこれらの相談先の中から、自社にとっても最も気軽に相談することができる機関へ相談するとよいでしょう。