「新型コロナの影響で売上が減少して資金不足に悩んでいる」

「リモートワーク対応のための補助金が入金されるまで、つなぎ資金が必要」

このような一刻を争う資金ニーズには、ファクタリングの利用をおすすめします。

ファクタリングは入金前の売掛債権(請求書)を早期に現金化して、事業の運転資金やつなぎ資金にあてることができるサービスです。

今回は、山梨県の中小企業、個人事業主の方に利用をおすすめするファクタリング会社をご紹介します。

「ファクタリングの手数料の相場を知りたい」「融資と使い分けるコツは?」といったファクタリングの基礎知識については、以下の記事もご参考になさってください。

山梨県のおすすめファクタリング会社一覧はこちら

山梨県のファクタリング事情

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、営業自粛や事業縮小で売上が減少したり、感染防止対策やテレワーク準備などの追加費用が発生したりして、資金不足を感じている事業者の方も多いのではないでしょうか?

国や自治体は持続化給付金、各種助成金・補助金などさまざまな支援制度を打ち出していますが、申請してから支給されるまでには2週間から1ヶ月、長ければ半年~1年ほどの期間を要します。

また、一度は利用できた支援制度が、ふたたび利用できるとも限りません。

そこで、中小企業や個人事業主の方のつなぎ資金や資金繰り改善の一手として、入金前の請求書を最短即日で現金化するファクタリングの利用をおすすめします。

ファクタリングは信用情報や返済能力にかかわらず、入金前の請求書をファクタリング会社が買い取り、所定の手数料を差し引いた買取代金を振り込む(先払い)サービスです。

金融機関からの借入が難しい場合でも、ファクタリングなら最短即日で運転資金に使える現金を手にすることができます。

では、山梨県の事業者の方がファクタリングを利用する場合、どのような会社を選べば良いのでしょうか?

自社に合ったファクタリング会社の選び方や、参考となるおすすめのファクタリング会社をご紹介します。

山梨県でファクタリング会社を選ぶときのポイント

ファクタリングの取引は大きく分けて「2社間取引」と「3社間取引」に分けられます。

2社間取引は債権譲渡契約を結ぶにあたり、売掛先(取引先企業、クライアント)の同意が不要です。さらに最短即日の資金化が可能なため、売掛先からの信用不安を招きたくない場合や、一刻も早い資金調達を希望する場合に向いています。

一方の3社間取引は債権譲渡の契約を結ぶにあたり、売掛先の同意が必要です。最短即日の資金化は難しいものの、2社間取引に比べて手数料が大幅に抑えられます。

以上を踏まえ、ファクタリング会社を選ぶ際に着目すべきポイントをまとめました。

  • ファクタリング手数料
  • 入金までのスピード
  • 経営支援の内容
  • ファクタリング会社の信頼性

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

ファクタリングの手数料

ファクタリングの手数料はファクタリング会社のリスクに応じて決められます。

売掛先の信用力が高いほど、また自社が売掛先と長年にわたって良好な取引関係にあるほど、倒産等による回収不能リスク(デフォルトリスク)は低いとファクタリング会社が判断するため、手数料も低めに設定されます。

さらに、「取引は3社間か2社間か」「手続きは対面か非対面か」も手数料が変動する要素となります。

3社間取引と2社間取引の手数料相場は、以下のとおりです。

  • 2社間取引・・・(債権の買取額面に対して)5~20%
  • 3社間取引・・・(債権の買取額面に対して)2~9%

3社間取引では、売掛先の同意を得たうえで債権譲渡契約が結ばれ、債権回収は自社に代わってファクタリング会社が行います。

一方の2社間取引は、自社とファクタリング会社の合意があれば、売掛先の同意なし、債権譲渡登記も不要で債権売買契約を結ぶことができます。

ただし、債権回収は通常どおり自社が行い、回収した資金は他の用途に使わず、ただちにファクタリング会社に支払わなければなりません。

このように3社間取引と2社間取引とでは、3社間取引のほうがファクタリング会社のリスクが低いため、手数料が抑えられているのです。

さらに、ファクタリング会社によっては契約を結ぶ前に面談が必須(初回のみ)のところと、面談が不要なところがあります。

面談が不要ですべての手続きがオンラインで完結する非対面のファクタリング会社であれば、2社間取引でも10%以下の手数料でファクタリングが利用できます。

なぜなら、ファクタリング会社側の出張や面談に要するコストがカットされるため、2社間取引であっても3社間並みに低い手数料を実現できるのです。

入金までのスピード

2社間取引は売掛先の承諾が不要なため、ファクタリング会社の審査に通過すればただちに請求書を現金化できます。

ただし、2社間取引でも面談が必要となる場合は、それだけ時間と手間がかかります。あらかじめ提出書類を揃えておき、当日の午前中までには申し込みを済ませておきましょう。

非対面式は紙の書類提出が不要(画像データ送信でOK)、面談も不要なため、対面式よりも素早く請求書を現金化できます。

経営支援の内容

ファクタリング会社の中には、自社の経営課題に即した経営支援を実施しているところもあります。

たとえば、経営改善計画策定や実行のサポート、銀行リスケ交渉、バックオフィス業務代行などが経営支援の例として挙げられます。

そのようなファクタリング会社を選べば、資金調達のみならず、自社の資金繰りの課題を根本的に解決、本業の立て直しを図ることができます。

信頼性は実績や口コミ評判で確認する

事業者にとって大切な請求書を売却するにあたっては、手数料の安さや入金スピードだけで選ぶのではなく、信頼できるファクタリング会社を選ぶことも重要です。

ファクタリング会社の信頼性を確認するには、公式サイトの実績や利用者の口コミ評判が参考になるでしょう。

さらには直接問い合わせてスタッフの対応で判断することも大切です。

山梨県のおすすめファクタリング会社

山梨県内にはファクタリング会社の店舗がありません。

山梨県内の事業者の方がファクタリングを利用するにあたっては、全国対応のファクタリング会社に出張してもらうか、オンラインで手続きが完結するファクタリングサービスを利用するかの二択となります。

資金調達のスピード、手数料の安さ、実績・信頼性で選んだおすすめのファクタリング会社をご紹介します。

OLTA(オルタ)

olta(オルタ)

契約方式 非対面
取り扱いサービス 2社間ファクタリング
ファクタリング手数料 2%~9%
入金スピード 最短即日
買い取り限度額 無制限(最大1,000万円がめやす)
URL URL https://www.olta.co.jp/

OLTAは法人・個人事業主のすべての方にオンライン完結型のクラウドファクタリングサービスを提供しています。

公式ページから見積もりを依頼すれば、24時間以内に審査結果がメールで送られてきます。契約完了後、即日または翌日までには、指定の口座で買取代金の入金が確認できるでしょう。

さらに、2社間取引でありながら業界最安水準の2~9%の手数料でファクタリングサービスを利用することができます。債権譲渡にあたって登記も不要なため、第三者に利用事実が知られる心配がありません。

OLTAでクラウドファクタリングを利用するにあたっては、会員登録が必要となることに留意しておきましょう。

ビートレーディング

ビートレーディング

契約方式 対面・初回要面談
取り扱いサービス 2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
診療・介護報酬債権ファクタリング
Beペイメント
経営コンサルティング
ファクタリング手数料 【2社間】5%~20%
【3社間】2%~
入金スピード 最短即日
買い取り限度額 10万円~7億円(過去の実績から)
最寄りの店舗 東京都港区芝大門1-2-18 Noyoriビル3F

ビートレーディングは基本的に買取金額に制限を設けておらず、過去には10万円〜7億円までの買取実績があります。

売掛先が法人であればファクタリングサービスが利用でき、業種に関わらず法人から個人事業主まで幅広く債権買取に対応しています。

さらに、最短12時間で資金調達が可能というスピード重視のサービスなので、急いで資金調達を行わなければならないという状況でも安心して利用できます。

山梨県の事業者の方が同社で最短即日のファクタリングを希望する場合は、出張と面談にかかる時間を考慮して、あらかじめ必要書類を揃えておいたうえで、なるべく当日の午前中までに申し込みを済ませておきましょう。

日本中小企業金融サポート機構

契約方式 非対面
取り扱いサービス 2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
ファクタリング手数料 1.5%~10.0%
入金スピード 最短即日
買い取り限度額 要確認
URL https://www.chushokigyo-support.or.jp/lp04/0b/

日本中小企業金融サポート機構のファクタリングは、すべての手続きがオンラインで完結するため、時間的にも金銭的にも負担が少なく、全国から気軽に利用することができます。

さらに、一般社団法人で非営利、およびオンライン型という特性から、1.5%~10.0%という手数料の低さにも注目です。

ファクタリング以外にも幅広い資金調達サポートに加え、アドバイザリー業務やコンサルティング業務も行っています。

資金調達に加え、自社の経営課題の改善を目指せるのは、同機構を利用する大きなアドバンテージとなるでしょう。

ベストファクター

契約方式 対面・初回要面談
取り扱いサービス 2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
診療・介護報酬債権ファクタリング
財務コンサルティング
ファクタリング手数料 2%~
入金スピード 最短即日
買い取り限度額 25万円~2,500万円(過去の実績から)
最寄りの店舗 東京都新宿区山吹町261 トリオタワーノース4F

ベストファクターは2社間・3社間の両方を取り扱っていますが、自社サービスについて「2社間ファクタリングに特化」としており、その理由に2%~20%という手数料を挙げています。

同社のファクタリングは法人と個人事業主のどちらであっても申し込みができ、起業して間もない事業者でも利用可能です。

さらに、ファクタリング利用者に対しては、経営課題の解決をサポートする財務コンサルティングを提供しています。

審査時に来店は不要ですが、契約段階では面談が必要になります。全国出張対応しているので、山梨県の事業者の方も事業所にいながらファクタリングが利用できます。

アクセルファクター

契約方式 対面・初回要面談
取り扱いサービス 2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
ファクタリング手数料 2%~
入金スピード 最短即日
買い取り限度額 最大1億円
最寄りの店舗 東京都新宿区高田馬場2-14-9 アティレビル6F

アクセルファクターは顧客のそれぞれの事情や債権の性質に配慮したきめ細かいファクタリングサービスを提供しています。

同社のファクタリングは「依頼の約半数以上が即日での対応」という圧倒的なスピードが特徴です。

従来のファクタリングは書類提出一つとっても時間を要するものでしたが、同社はエビデンスを極力簡素化、あらゆるシーンに対応できる柔軟性を強みとしています。

たとえば運送業の「契約書は無いが伝票で対応して欲しい」という要望にも、専門の担当者から柔軟に対応してもらうことができ、小規模事業者から支持されています。

山梨県のファクタリングに関するQ&A

山梨県のファクタリングに関して、よくある質問とその回答をQ&A形式でまとめました。

Q.銀行リスケ中で税金も滞納していますが、ファクタリングは利用可能ですか?
A.ファクタリングは自社の信用情報や返済能力よりも、売掛先の信用力が重視されます。良好な取引履歴を重ねている企業の売掛債権(請求書)があれば、銀行リスケ中や税金滞納中でもファクタリングが利用可能です。
Q.つなぎ資金の調達はファクタリングとビジネスローンのどちらを検討すべきでしょうか?
A.どちらもスピードに優れた資金調達方法ですが、調達コストの高さや現在の自社の経営状況から判断すべきです。ビジネスローンは通常の銀行融資と比べて金利が高いため、返済原資(返済金のあて)があることや、短期返済の計画が立てたうえで利用しましょう。ファクタリングはビジネスローンの金利よりも調達コストが高いため、借入枠がいっぱいで融資を受けられないときや、売上入金の遅さが自社の資金繰り悪化を招いているときの資金調達におすすめです。
Q.ファクタリングが自己資本比率を上げることにつながる理由を教えて下さい。
A.ファクタリングで売掛債権(=流動資産)を現金化することは、貸借対照表(バランスシート)に記載されている資産の一部を「資産の部」から外すことを意味します。これを資産のオフバランス化と言います。総資産額を減らすことが自己資本比率を上げることにつながるため、銀行からの企業評価が向上して融資の審査で有利になります。社の資金繰り悪化を招いているときの資金調達におすすめです。

山梨県で早期の資金調達は「ファクタリング」がおすすめ

今回は山梨県の中小企業、個人事業主の方を対象に、ファクタリング会社の選び方、およびおすすめのファクタリング会社をご紹介しました。

本記事の内容を参考に、自社の資金ニーズや経営課題の解決にもっとも即したファクタリング会社を選びましょう。

また、ここでは紹介しきれなかった他の優良ファクタリング会社は、以下の記事をご参照ください。

優良ファクタリング会社はこちら