おすすめのファクタリング会社を紹介していきます。

ファクタリング会社は無数に存在し、ファクターの中には悪徳業者も相当数混じっています。

そのため、ファクタリングの利用を検討している人の中には、「どこのファクターに申し込んだらいいか分からない」「安心できる業者がないから怖い」と考えている人も多いのではないでしょうか?

無数に存在するファクタリング会社ですが、口コミが良好な優良ファクターは数多く存在します。

優良業者を把握し、安心できる業者と素早く売掛債権の資金化を行うようにしましょう。

ファクタリング会社には3つの種類がある

ファクタリング会社の系統3分類

一口に「ファクタリング会社」と言っても、ファクタリング会社には以下の3つの種類が存在します。

  • 銀行系ファクタリング会社
  • ノンバンク系ファクタリング会社
  • 独立系ファクタリング会社

それぞれのファクタリング会社の特徴についてまずは理解しておきましょう。

銀行系ファクタリング会社

銀行系ファクタリング会社とは、みずほやMUFGなどの大手銀行傘下の会社が運営しているファクターのことです。

メガバンクだけでなく、地銀もファクタリング会社を運営しているケースもあり、銀行や銀行の持ち株会社が運営しているファクターを銀行系ファクタリング会社と分類します。

メリット・デメリットは以下の通りです。

銀行系ファクタリング会社のメリット

銀行系ファクターのメリットとして、以下の3点をあげることができます。

  • 手数料が低い
  • 安心して取引できる
  • 取り扱うファクタリングの種類が多い

銀行が運営しているので手数料はファクターの中では最も低くなっています。

また、悪徳業者が多数混在しているファクタリング業界ですが、銀行系ファクターは銀行が運営しているため、悪徳業者の可能性はゼロです。

そのため安心して取引することができるという特徴もあります。

さらに、銀行系ファクタリング会社は売掛債権を期日前に資金化する、買取ファクタリングだけでなく、保証ファクタリングや国際ファクタリングも取り扱っています。

取り扱うファクタリングの種類が多いという点も、銀行系ファクターのメリットです。

銀行系ファクタリング会社のデメリット

銀行系ファクターには以下のようなデメリットもあります。

  • 小規模事業者には敷居が高い
  • 審査が厳しい
  • 2社間ファクタリングの取り扱いがない

銀行系ファクターは基本的には中規模以上の企業を相手にしており、小規模企業が100万円程度のファクタリングを申し込んでも相手にしてもらうことは難しいでしょう。

また、審査が厳しいので小規模事業者の売掛債権の買取を依頼しても断られてしまう可能性が十分にあります。

銀行系ファクターはコンプライアンス重視です。

一部で「実質的な貸付では?」と批判のあるファクタリングに対して、利息制限法を超える手数料を設定することはありません。

つまり、手数料が非常に低いため、高いリスクをとることができず、リスクの高い2社間ファクタリングの取り扱いを行なっていません。

買取ファクタリングは必ず3社間ファクタリングになるので、取引先に秘密にすることは不可能です。

ノンバンク系ファクタリング会社

ノンバンク系ファクタリング会社とは、銀行ではない大手企業が運営するファクタリング会社です。

流通会社、消費者金融、証券会社など、様々な会社がファクタリング会社を運営しており、これらの会社はノンバンク系ファクタリング会社に分類されます。

ノンバンク系ファクタリング会社のメリットとデメリットについて解説していきます。

ノンバンク系ファクタリング会社のメリット

ノンバンク系ファクタリング会社のメリットは以下の2つです。

  • 独立系より手数料が低め
  • 悪徳業者が存在しないので安心

ノンバンク系のファクターは独立系のファクターよりも手数料が低めに設定されていることが一般的です。

銀行系と独立系の中間程度の手数料設定となっています。

また、運営している親会社が大手消費者金融や流通会社ですので、悪徳業者の心配がなく、安心して取引をすることができます。

ノンバンク系ファクタリング会社のデメリット

ノンバンク系ファクタリング会社のデメリットは「特別の特化した点が少ないこと」をあげることができるでしょう。

審査難易度も手数料も銀行と独立系の中間に位置するノンバンク系のファクタリングは中途半端と言えば中途半端です。

あまり活用できる場面が少ないという点はデメリットと言えるかもしれません。

独立系ファクタリング会社

独立系ファクタリング会社とは、銀行やその他の企業が運営しているわけではないファクタリング会社です。

ファクタリング業務だけを専門に行なっている会社ともいうことができ、多種多様な会社が存在します。

独立系ファクタリング会社のメリットとデメリットは以下の通りです。

独立系ファクタリング会社のメリット

独立系ファクタリング会社のメリットは以下の3点です。

  • 最短即日で資金化可能
  • 2社間ファクタリングで売掛先に秘密にできる
  • 審査が甘い

銀行系もノンバンク系も原則として2社間ファクタリングの取り扱いは行なっていません。

しかし、独立系だけは2社間ファクタリングの取り扱いをしているため、売掛先に秘密で取引することができ、最短即日で資金調達可能です。

また、独立系のファクターは銀行系やノンバンク系と比較して審査が甘いので、銀行融資はもちろん、銀行系やノンバンク系ファクターの審査に通過することができない会社でも審査に通過することができる場合もあります。

独立系ファクタリング会社のデメリット

独立系ファクタリング会社には以下の2つのデメリットがあります。

  • 手数料が高い
  • 悪徳業者も多い

独立系のファクターは銀行系やノンバンク系と比較して審査が甘い分手数料も高く設定されていることが一般的です。

2社間ファクタリング10%〜20%3社間ファクタリング2%〜10%程度が手数料相場となっており、独立系ファクターは他のファクターと比較して資金調達コストが最も高くなっています。

また、独立系ファクターはグレーな企業が運営しているケースが少なくありません。

中には闇金がファクタリング会社に偽装しているケースもあり、このような業者と取引してしまうと相場よりも非常に高い手数料を設定されたり、ファクタリングと言いながらも高金利の貸付を強要されるなどの被害にあう可能性があります。

独立系ファクターはこのような被害が実際に多いため、しっかりと業者選びを行なった上で取引をするようにしましょう。

安全な業者のポイント

安全な業者のポイント

ファクタリングは国は都道府県への登録が不要で、業務の内容を取り決めた詳細な法律がありません。

そのためファクタリング会社の中には法外な手数料を設定するなどの悪徳業者が多数存在します。

悪徳業者を避けて安全な業者と取引するためには以下のポイントが重要です。

  • 契約書を締結している
  • 手数料がリスクの範囲内
  • 遅延損害金などを設定していない
  • 償還請求権なし

安全な業者を選ぶための4つのポイントについて詳しく解説していきます。

契約書を締結している

悪徳業者に騙されないために

契約時に契約書を締結する業者と取引するようにしましょう。

悪徳業者は契約書を作成しないことが一般的てす。

悪徳業者は、様々な名目で追加の手数料などを要求しますが、契約書を締結してしまうと、このような費用を要求することができなくなってしまうためです。

面倒でも契約書を締結する業者だけと取引するようにしましょう。

手数料がリスクの範囲内

手数料の違い

ファクタリングの手数料が売掛債権のデフォルトリスクに見合ったものであるという点も重要です。

ファクタリングの手数料は売掛債権が貸し倒れた場合のリスクを補填するものです。

そのため、本来であれば売掛先のデフォルトリスクが低ければ手数料も低くなって然るべきです。

ところが、悪徳業者はデフォルトの可能性が非常に低い公共団体や上場企業の売掛債権のファクタリングにも高い手数料を設定します。

デフォルトのリスクがない優良な売掛債権であるにも関わらず、高い手数料が設定された場合にも悪徳業者の可能性が高いと考えた方がよいでしょう。

複数の業者から見積もりをとり、手数料がリスクに見合ったものかどうかということを確認することも大切です。

遅延損害金などを設定していない

ファクタリングの契約に遅延損害金などを設定しているケースも悪徳業者である可能性が高いでしょう。

ファクタリングの手数料はファクタリングがデフォルトした場合のリスクプレミアムとして設定します。

デフォルトのリスクの中には当然ながら支払期日に遅れるリスクも含まれているはずです。

そのため、そもそもファクタリングの手数料の中には期日に遅れるリスクプレミアムも含まれており、手数料とは別に遅延損害金を設定するということは、期日に遅れた場合の手数料を二重に設定するということです。

遅延損害金などの費用をファクタリングの手数料とは別に設定する業者とも取引はしない方がよいでしょう。

償還請求権なし

実質的な融資と判断されれば利息制限法が適用される

償還請求権がないということも、悪徳業者を見極める基本的な方法です。

償還請求権とは、売掛債権がデフォルトした場合にファクターが自社へ支払いを請求する権利です。

ファクタリングとは、売掛債権の回収リスクもファクターへ売却するものですので、償還請求権なしが当然です。

つまり、ファクタリング後に売掛先が倒産して売掛債権がデフォルトしたとしても自社には何も責任は及びません。

しかし、悪徳業者は償還請求権ありに設定しているので、もしも売掛債権がデフォルトした場合には自社がその損失の責任を負うことになります。

これは実質的な貸付と同じです。

ファクタリング」と名乗って、高い手数料を設定しているのであれば、償還請求権なしでなければなりません。

償還請求権があるのに利息制限法を超える手数料を設定している業者は間違いなく悪徳業者です。

絶対に取引しないようにしましょう。

銀行系ファクタリング会社おすすめ3選

銀行系ファクターのおすすめ業者としては以下の3社が存在します。

  • 三菱UFJファクター
  • SMBCファイナンス
  • みずほファクター

おすすめの銀行系ファクターの概要ついて詳しく解説していきます。

三菱UFJファクター

三菱UfJファクターはメガバンクの三菱UFJ銀行関連のファクタリング会社です。

主な概要は以下の通りです。

手数料 非公開
入金スピード 2週間〜1ヶ月程度
取り扱いファクタリング 3社間ファクタリング・国際ファクタリング・保証ファクタリング

MUFGグループの大手ファクターである三菱UFJファクターは手数料は審査によって決定します。

1%を切る手数料が設定されることが一般的で、基本的には非常に低くなります。

ただし、その分審査は厳しくなると考えておきましょう。

また、買取ファクタリングだけでなく、国際ファクタリングや保証ファクタリングの取り扱いがあるのも大きな特徴です。

 

SMBCファイナンス

SMBCファイナンスの概要は以下の通りです。

手数料 非公開
入金スピード 2週間〜1ヶ月程度
取り扱いファクタリング 手形買取・保証ファクタリング

三井住友銀行グループのSMBCファイナンスが取り扱うのは、手形の買取です。

買い取るのは手形だけで、他のファクターのように請求書を買い取ってくれるわけではないという点に注意が必要です。

三菱UFJファクターと同じく、手数料は低いですが審査は厳しい傾向にあります。

みずほファクター

みずほファクターの概要は以下の通りです。

手数料 非公開
入金スピード 2週間〜1ヶ月程度
取り扱いファクタリング 3社間ファクタリング・国際ファクタリング・保証ファクタリング

みずほ銀行を中心としたみずほグループのファクタリング会社がみずほファクターです。

みずほファクターは、買取ファクタリングは他の銀行系と同じく3社間ファクタリングのみの取り扱うとなり、保証ファクタリングや国際ファクタリングも取り扱っています。

やはろ、審査は厳しく、手数料は低いというのが特徴で、中小事業者が「急いでお金が必要」というタイミングには利用することが難しいでしょう。

ノンバンク系おすすめファクタリング会社3選

ノンバンク系のおすすめのファクターとしては以下の3つのファクターがあります。

  • オリックス
  • ビジネクスト
  • 三田証券

ノンバンク系のおすすめファクターの特徴・口コミについて詳しく解説していきます。

オリックス

大手リース会社であるオリックスはファクタリングサービスも行なっています。

主な概要は以下の通りです。

手数料 非公開
入金スピード 2週間〜1ヶ月程度
取り扱いファクタリング 3社間ファクタリング・保証ファクタリング・診療報酬ファクタリング

3社間ファクタリング の他、手形買取、保証ファクタリングなどの取り扱いがあります。

また、診療報酬や介護報酬専門のファクタリング サービスも取り扱っているため、医療機関や介護施設も利用することができます。

銀行系の審査に通過することができない場合に、申し込みを行うことで審査に通過できる可能性があります。

ビジネクスト

アイフル系のビジネスローン専門のノンバンクであるビジネクストはファクタリング サービスを展開しています。

主な特徴は以下の通りです。

手数料 月率2.0%以下
入金スピード 数日程度
取り扱いファクタリング 2社間ファクタリング

ビジネクストは独立系ではないファクターとしては珍しく、2社間ファクタリングの取り扱うを行なっています。

手数料が低いのが特徴で、月率2%以下という低い水準になっています。

 

期限1ヶ月のファクタリングであれば、2%しか手数料は取られないので、独立系ファクターよりも手数料は非常に低いと言えるでしょう。

ただし、その分審査は厳しくなるものと考えられます。

資金化までの日数に関してはホームページには特に記載はありませんが、口コミなどから参照する限りは数日程度では入金になると考えられます。

三田証券

三田証券はファクタリングを取り扱う、珍しいファクターだといえます。

三田証券のファクタリングの概要は以下の通りです。

手数料 非公開
入金スピード 1週間程度
取り扱いファクタリング 診療報酬・介護報酬ファクタリング

三田証券が取り扱うのは、診療報酬・介護報酬ファクタリングのみです。

一般の買取ファクタリングは取り扱っていないので、医療介護事業者の方しか利用することは不可能です。

売掛債権が診療報酬や介護報酬といった、デフォルトのリスクがない債権ですので手数料は低くなることが一般的です。

独立系対面型おすすめファクタリング会社

独立系ファクターは対面型と非対面型に分かれます。

ほとんどの独立系ファクターは対面型ですが、おすすめできるファクターとしては以下の5社が存在します。

  • ビートレーディング
  • ベストファクター
  • えんナビ
  • ワダツミ
  • アクセルファクター

独立系の対面型ファクター5社の概要や口コミについて詳しくご紹介していきます。

ビートレーディング

ビートレーディングは対面型のファクターとして、口コミや評価が高いファクターです。

主な概要は以下の通りです。

手数料 2%〜18%程度
入金スピード 最短即日
取り扱いファクタリング 2社間ファクタリング・3社間ファクタリング

対面型ですので、手数料は10%以上が設定されることが一般的です。

ただし、ベストファクターは担当者の対応の評価が非常に高く、ファクタリング以外の資金繰りの相談にも乗ってくれると評判です。

遠方であっても出張してもらえるため、近くに事務所がない人でもわざわざ遠方の事務所まで出向くことなくファクタリングすることができます。

診療報酬債権を現金化。
担当者が来てくれたので審査が早い。
また何かあれば依頼しようと思った。

参考:Google|ビートレーディング の口コミ

 

銀行の融資が見送られたので依頼してみました。
あまり期待してなかったんですが、思ってた以上の金額を融資してくれました。

参考:Google|ビートレーディング の口コミ

ビートレーディング は担当者の対応の良さなどから、リピーターが非常に多いファクターです。

担当者が来社してくれ、高額の資金援助に応じてくれるという口コミがあるので、高額の資金を希望する場合には利用を検討するとよいでしょう。

ベストファクター

ベストファクターも、ビートレーディング と同じく評価の高い店頭型のファクターです。

主な特徴は以下の通りです。

手数料 2%〜18%程度
入金スピード 最短即日
取り扱いファクタリング 2社間ファクタリング・3社間ファクタリング

ベストファクターも担当者の対応の評価が非常に高いファクターです。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングで、申込企業のニーズにあった最適なファクタリングサービスを提案してくれます。

契約には面談が必須ですので、近くに店舗がない事業者は即日資金化が、難しいかもしれません。

ファクタリングを利用したのはこれが初めてですので他と比較はできませんが、問題なく売掛金を現金化することができました。審査自体はネットで完結。書類は郵送ではなく、専用フォームへのアップロードです。この辺はスムーズで良いですね。当初は「決算書はなくても大丈夫」と電話で担当の方から言われましたが、最終的には提出するように言われました。赤字決算だったので仕方ないと思います。むしろ赤字決算にも関わらず審査を通してもらえて、大変助かりました。

参考:ファクタリング会社の口コミ|ベストファクターレビュー

このように、ベストファクターは担当者の知識が深く、対応が親切などの口コミが多数あります。

「初めてのファクタリングが不安」という人はベストファクターを選択するのがよいでしょう。

えんナビ

えんナビは即日資金化に非常に強いファクターです。

主な特徴は以下の通りです。

手数料 5%〜
入金スピード 最短即日
取り扱いファクタリング 2社間ファクタリング

手数料は5%〜となっています。

実際に他社よりも低い手数料が適用されたという人は多数存在します。

また、えんナビ最大の特徴は、土日祝日も即日資金化することができるという点です。

多くのファクターが平日しか営業していない中、えんナビは土日も対応しているので、土日でお金が必要な場合にはえんナビに申込を検討してみましょう。

 

以前何度か他社でファクタリングを利用しましたが、毎回手数料の高さに不満を感じていました。そのため手数料が安いという口コミを正直あまり期待はしてなかったのですが、えんナビの手数料は初回にもかかわらず以前利用した他社の半分近い手数料でしたのでかなり満足しました。

参考:ファクタリング会社の口コミ

場合によっては他社の半分程度の手数料でファクタリングできている事例もあるようです。

できる限り低い手数料で最速で資金が必要という人はえんナビでのファクタリングを検討するとよいかもしれません。

ワダツミ

ワダツミは3社間ファクタリング 専用のファクタリングサービスです。

2社間ファクタリングが圧倒的多数を占める独立系ファクタリング会社の中にあって、ワダツミは3社間専用という点が大きな特徴となっています。

ワダツミの概要は以下の通りです。

手数料 1%~
入金スピード 最短3日
取り扱いファクタリング 3社間ファクタリング・在庫買取・手形買取

3社間ファクタリングなので手数料は非常に低く、1%〜の非常に低利となっています。

金融機関とも連携するなど、安心できるワダツミは口コミも以下のように評価の高いものとなっています。

相談から三日後に入金、というのは銀行融資からは考えられないスピードですね。 調達した資金で税金を支払い、証明書を提出。その後は銀行から事業資金を融資してもらえました。

参考:ファクタリング会社の口コミ

3社間ファクタリングでありながら、最短3日で実際に振込が行われたということが口コミからも分かります。

低い手数料で3社間ファクタリングを希望するのであれば、ワダツミへ申し込みをするようにしましょう。

アクセルファクター

スピードや対応の良さでは定評があるファクターがアクセルファクターです。

主な概要は以下のようになっています。

手数料 2%~20%
入金スピード 最短即日
取り扱いファクタリング 2社間ファクタリング・3社間ファクタリング

手数料は若干高めに設定されることが多いようですが、担当者の対応がよく、最短即日で資金化することができると、口コミの評価も高いファクターです。

他のファクタリング会社に資料を送ったっきり連絡が来ず、急ぎで資金が必要だった為入金までのスピードが速そうなこちらの会社さんにも問合せしてみました。
迅速に対応していただき大変助かりました。
親身になって話を聞いてくださり、自社の利益ばかり考えてる他社のファクタリング会社とは違うと思いました。

参考:Google|アクセルファクターの口コミ

 

他社からの乗り換えでしたが、問合せから資金調達までに1日もかからず、月末でしたが、とにかく最速で対応して頂けました。
今回とても親身になって頂き、アクセルさんの提案なども参考させて頂き、資金繰りは調整できました。
最初からアクセルファクターさんにお願いしておくべきでした。
ファクタリングからは抜け出せましたが、また困った際は相談させて下さい。

参考:Google|アクセルファクターの口コミ

このように、資金化までの速度や対応の良さにアクセルファクターは定評があります。

独立系非対面型おすすめファクタリング会社

最近は、ファクターの中にも非対面で契約することができる会社も増えてきました。

非対面でWEB完結の契約をすることができるファクターとしては以下の3社をあげることができます。

  • OLTA
  • FREENANCE
  • yup

独立系のWEB完結型のファクターの特徴や口コミ・評判について紹介していきます。

OLTA

OLTAはクラウドファクタリングサービスとして日本で最も有名なファクターです。

主な特徴は以下の通りです。

手数料 2%〜9%
入金スピード 最短24時間
取り扱いファクタリング 2社間ファクタリング

OLTAは請求書をアップロードすることで審査を受けることができ、契約もネット上で完結します。

非対面で最短24時間で資金調達することができるので、近くにファクターの事務所がなく、急ぎで資金調達したい場合には重宝するファクターです。

手数料も低く、資金調達まで時間もかからないので、多くの中小事業者から利用されています。

電話対応も良く、すぐに入金いただけた。素晴らしいサービス。

参考:Google|OLTAの口コミ

 

個人事業主向けのクラウドファクタリング会社(OLTAと他ファクタリング会社)、二社を利用した後の感想としては、オルタの方が手数料と使いやすさの両面で優れていると思います。同じ取引先の売掛債権を二社に持っていったところ、他社は買取上限額がやや厳しめですし、手数料も高め。請求書に記載されている口座も他社では専用口座を用意する必要がありましたが、オルタでは指定されることはなかったです。

参考:ファクタリング会社の口コミ

FREENANCE

FREENANCEは大手インターネット会社であるGMOが提供しているファクタリングサービスで、主な概要は以下の通りです。

手数料 3%〜10%
入金スピード 最短即日
取り扱いファクタリング 2社間ファクタリング

FREENANCEのファクタリングを利用するには、FREENANCEの口座を作成する必要があります。

作成する口座の名義は、個人事業主でも屋号やペンネーム名義とすることができます。

さらに、無料でフリーランス専用の保険に加入することも可能で、ファクタリングよりも保険の方がフリーランスには人気になっています。

ファクタリングも最短即日資金化、最低手数料3%と非常に低い相場となっているため、フリーランスにはメリットのあるファクタリングサービスということができるでしょう。

FREENANCEはファクタリングの評判よりも「保険に加入できるのが助かる」「屋号で口座を作れるのはアツい」などの保険や専用口座に対して評価する口コミの方が多くなっています。

yup

yupもオンライン上で全て完結するクラウド型のファクタリングサービスで、主な特徴は以下の通りです。

手数料 一律10%
入金スピード 最短即日
取り扱いファクタリング 2社間ファクタリング

一律10%という分かりやすい手数料が魅力という点と、提携しているセブン銀行口座で24時間365日買取代金を振込しているという点にメリットがあります。

請求書をアップロードすることによって簡単に見積もりを取ることができるので、「気軽にファクタリングを利用したい」という人が利用しやすいファクタリングサービスと言えるでしょう。

yupはまだ口コミがほとんどありません。

しかし、セブン銀行という大手企業と連携していること、一律10%という良心的な手数料であることなどから、安心して取引をすることができるファクターであるということだけは間違いないでしょう。

まとめ

ファクタリング会社には「銀行系ファクター」「ノンバンク系ファクター」「独立系ファクター」の3つの形態のファクタリング会社が存在します。

銀行系ファクターは審査が厳しいが手数料が低い、独立系ファクターは審査は緩いが手数料は比較的高め、ノンバンク系はその中間というのが特徴です。

それぞれのファクターは一長一短で、自社に最適な特徴を持っているファクターを選択するのがベストです。

ファクタリング会社には悪徳業者も混じっているので、優良業者としての特徴をしっかりと具備しているファクターを選択するようにしましょう。