岩手県で早期にまとまった事業資金を調達するなら、売掛債権売買のファクタリングをおすすめします。

ファクタリングは、入金待ちの状態の売上(売掛債権)をファクタリング会社が買い取り、支払期日前に資金化するサービスです。

銀行融資やビジネスローンといった融資は異なり、審査では取引先と売掛債権の信用力が重視されます。

したがって、返済能力や信用情報に不安のある会社、創業間もない会社でも、信頼性の高い取引先の売掛債権があれば資金調達が可能です。

今回は、岩手県の中小企業、個人事業主の方に利用をおすすめするファクタリング会社をご紹介します。

記事の後半ではファクタリング会社の選び方のポイントについても解説しています。

「ファクタリングを利用すると売掛先に知られてしまうのでは?」「ファクタリングの手数料っていくら?」といったファクタリングの基礎知識については、以下の記事をご参考ください。

岩手県のおすすめファクタリング会社一覧はこちら

岩手県のファクタリング事情

岩手財務事務局の2020年4月の報告によると、「県内経済は、新型コロナウイルス感染症の影響により、経済活動が抑制されるなか、足下で大きく下押しされており、厳しい状況にある」とされています。

また、4月から6月期の企業の景況判断BSI(Business Survey Index)は、全産業で「下降」超幅が拡大しており、業種別では製造業、非製造業ともに「下降」、つまり、見通しが暗いと判断する企業が多いことを示しています。

前年の消費税増税の影響も大きく、さらに新型コロナウイルス感染症の影響で大打撃を受けている事業者は少なくありません。

国や自治体も各種助成金や持続化給付金等の対策を講じているなか、「借りない」資金調達方法であるファクタリングは、岩手県にて今後さらなる高い需要が見込まれます。

岩手県の事業者の方がファクタリングを利用する場合、どのような会社を選べば良いのでしょうか?

当サイトが独自に選んだ、おすすめのファクタリング会社(対面式、非対面式)をご紹介します。

岩手県のおすすめファクタリング会社|対面式編

ファクタリングの契約を結ぶ際に、経営者とファクタリング会社の担当者が来社or訪問にて面談を行う方式を「対面式」と呼んでいます。

本業で忙しい経営者にとっては、面談の時間を確保するのが難しい場合もありますが、面談で利用金額や手数料について交渉したうえで、より有利な条件でファクタリングが利用できる可能性があります。

さらに、ファクタリング会社の担当者は、経営者の人柄や事業の将来性を重視するため、良きビジネスパートナーとしての関係が構築できます。

ここでは、岩手県の事業者の方におすすめする対面式のファクタリング会社をご紹介します。

ビートレーディング

取扱いサービス 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング、診療・介護債権買取、Beトレペイメント
ファクタリング手数料 【2社間】5%~

【3社間】2%~

入金スピード 最短即日(2社間)
買取限度額 10万~7億円(過去の実績から)
所在地 宮城県仙台市青葉区本町1-12-7 三共仙台ビル3階(仙台支店)

ビートレーディングは全国4拠点に店舗を構え、契約数・申込金額ともに業界トップクラスの大手ファクタリング会社です。

中小企業、個人事業主向けの2社間ファクタリングの実績が豊富にあり、業界最安水準の手数料で、最短即日の資金調達ができます。

秘密厳守を徹底していますので、取引先(売掛先)はもちろんのこと、取引金融機関等の第三者への情報流出には細心の注意を払って取引を進めてくれることでしょう。

さらに、同社は手数料良し、スタッフの対応良し、取引実績良しと、トータルでバランスが取れており、初めてファクタリングを利用する方も安心して利用できます。

同社で最短即日の資金調達を希望するなら、仙台からスタッフが来社する時間を考慮して、あらかじめ提出書類を揃えたうえで、当日の午前中には申し込みをしておくようにしましょう。

アクセルファクター

取扱いサービス 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング、医療報酬債権買取
ファクタリング手数料 【2社間】5%~

【3社間】2%~

入金スピード 最短即日
買取限度額 最大1億円
所在地 宮城県仙台市青葉区本町一丁目12-12GMビルディング3階(仙台営業所)

アクセルファクターは東京・仙台に拠点を置き、中小企業などの法人、個人事業主から絶大なる支持を得ているファクタリング会社です。

同社のファクタリングは、2社間で5%~、3社間で2%~という業界最安水準の手数料、数千円から最大1億円までを即日現金化できる柔軟性と資本力を兼ね備えています。

また、申し込みの約半数以上が即日での対応というスピード感も、同社の強みとなっています。

基本的には対面式のファクタリングであるものの、緊急性の高い利用と判断した場合、オンラインで取引を完結させることも可能です。

日経フィナンシャルトライ

取扱いサービス 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング、医療報酬債権買取
ファクタリング手数料 2~8%
入金スピード 最短即日(当日12時までの申し込み要)
買取限度額 50万~2億円(即日は5,000万円まで)
所在地 宮城県仙台市太白区八木山本町1-5-1-206号(仙台支店)

日経フィナンシャルトライは、「年商5,000万円以上の法人」を対象に、買取債権額5,000万円までなら最短即日、業界最安水準の手数料2~8%でファクタリングを提供しています。

対面式のファクタリング会社の中では数少ない「出張費無料」であり、利用者の負担は極力抑えられています。

同社の利用条件は多くの中小企業にとってハードルの高いものですが、裏を返せば、それだけ信頼性の高いサービスを提供しているということに他なりません。

東京などの首都圏まで足を運ぶ時間はないが、面談でじっくりと取引の交渉を行いたいという経営者の方におすすめです。

岩手県のおすすめファクタリング会社|非対面式編

本業が忙しくて面談の時間を確保できない、なるべく資金調達のコストを抑えたいという場合は、非対面で契約ができるファクタリング会社がおすすめです。

非対面式は申し込みから契約まで、すべてオンラインで完結するため、手数料が対面式よりも抑えられており、2社間であればほぼ確実に、最短即日で資金調達ができます。

ここでは、岩手県の事業者の方におすすめの非対面式ファクタリング会社をご紹介します。

OLTA(オルタ)

取扱いサービス 2社間ファクタリング
ファクタリング手数料 2〜9%
入金スピード 最短即日
買取限度額 無制限
URL https://www.olta.co.jp/

OLTAは創業2017年と比較的新規の参入ながら、独自のオンライン完結型「クラウドファクタリング」により、不動の地位を築き上げたファクタリング会社です。

一般的な2社間ファクタリングは手数料相場が10~20%と高めに設定されているのがデメリットですが、同社のクラウドファクタリングは2社間契約であるにも関わらず、2~9%と非常に低い手数料で提供されています。

申し込みから入金までがオンラインで完結するため、資金調達までのスピードも損なわれません。

ただし、揃えるべき提出書類が他社より多めですので、調達スピードを重視するなら早めの準備が必要です。

株式会社ウィット

取扱いサービス 2社間ファクタリング
ファクタリング手数料 5%~
入金スピード 最短即日
買取限度額 30万~500万円
URL https://witservice.co.jp/index.html

ウィットは、中小企業や個人事業主を対象に、500万円以下の小口専門ファクタリングで知られる会社です。

同社の2社間ファクタリングは、非常に小回りの効くサービスで、売上入金までのつなぎ資金を必要とする事業者から高い支持を得ています。

さらに、同社が提供する財務コンサルティングサービスは、幅広い人脈を通じた資金調達の提案、資金繰りの安定化から経営改善の実行まで、長期にわたって利用者をサポートしています。

日本中小企業金融サポート機構

取扱いサービス 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング、医療報酬債権買取
ファクタリング手数料 要確認
入金スピード 2日~
買取限度額 要確認
URL https://www.chushokigyo-support.or.jp/lp02/

日本中小企業金融サポート機構は、非営利の一般社団法人で、来店や訪問の必要がない「郵送ファクタリング」を提供しています。

本社は東京にあるため、岩手からの往復の郵送で2日ほどかかりますが、「オンライン型では不安」「パソコンを使うのが苦手」という経営者でも、必要書類を郵送するだけで取引が完結します。

手数料については、同社公式ホームページの手数料無料査定をご利用ください。

融資orファクタリングはどちらがお得?

岩手県で事業を行われている経営者の方の中は、取引銀行から融資を受けている方も多いでしょう。

岩手県内の4割以上の企業がメインバンクとしている岩手銀行は、担保・保証人不要の「クイック-α〈ビジネス〉」や、申し込み要件を大幅に緩和した「いわぎんSライン」など、中小企業や個人事業主を対象とした金融商品を提供しています。

ただし、すでに他社からの借入があったり、赤字決算や税金滞納中など不利な条件があったりすると、どれだけ利用しやすい融資であっても利用することが難しくなります。

「銀行やノンバンクからはお金が借りられない」という場合は、最短即日の資金調達が可能なファクタリングを検討しましょう。

ファクタリングは融資とは異なる「借りない」資金調達方法ですので、銀行等から融資を断られていても利用でき、なおかつ信用情報には一切影響がありません。

ただし、銀行融資やビジネスローンに比べ、ファクタリングの手数料の高さはデメリットになります。

即日で資金調達ができる2社間ファクタリングは、債権額面の10~20%が手数料の相場で、銀行融資やビジネスローンの金利に比べると遥かに高コストです。

なるべく手数料をかけたくない場合は、スピードを損なわず手数料が10%以下に抑えられる非対面式の2社間ファクタリングを選びましょう

あるいは、即日の資金化は難しくなりますが、売掛先の同意を得て3社間ファクタリングを契約すれば、手数料が2~9%に抑えられます。

融資とファクタリング、2つの資金調達方法について、自社の経営状況を判断した上で、調達コストの安さで選ぶなら銀行、スピードと手軽さで選ぶならファクタリングというように、うまく使い分けることが大切です。

岩手県のファクタリングに関するQ&A

岩手県のファクタリングに関して、よくある質問とその回答をQ&A形式でまとめました。

Q.ファクタリング会社が買い取る「債権」とはどのような債権ですか?
A.ファクタリング会社が買い取る債権とは、支払期日が確定していて、なおかつ回収前の「確定債権」です。すでに決済期日が超過している「不良債権」は買取対象となりません。また、個人事業主あての売掛債権は買取対象とならないファクタリング会社がほとんどです。 
Q.取引先が倒産した場合、買い取ってもらった債権はどうなりますか?
A.ファクタリングは償還請求権がないノンリコース契約です。万が一、売掛金が支払われる前に取引先が倒産しても、利用者の方が保証する義務は一切ありません。ただし、相場通りの手数料を設定しておきながら、「償還請求権あり」の契約を持ちかけられた場合は、偽装ファクタリングの可能性があるため、注意が必要です。
Q.岩手銀行の「ABL」でも売掛債権を資金化できますか?
A.ABL(動産・売掛債権担保融資)とは、不動産以外の売掛債権や在庫、設備等を担保とした融資です。あくまでも融資商品であるため、審査時には利用者の返済能力や信用情報が重視されます。

岩手県で「借りない」資金調達ならファクタリングを

ファクタリングは、売掛債権を売買する取引であり、銀行融資やビジネスローンのように、負債を増やす(借金を増やす)ことなく、最短即日の資金調達が可能です。

買取債権の額面に対して2~20%の手数料こそかかりますが、長期に渡る金利負担に悩まされることなく、早期に資金繰り改善に取り組むことができます。

ファクタリングを利用するにあたっては、手数料やスピードも大切ですが、何より「自社に合ったファクタリング会社選び」が最重要です。

対面式による交渉の余地や、非対面式による圧倒的な手軽さとスピード、さらに、ファクタリング会社によっては得意とする業種も異なるため、さまざまな観点から自社のベストパートナーとなり得るファクタリング会社を選びましょう。