「自社の経営状況では、銀行からの借入は難しい」

「金利よりも借りやすくてスピードに優れたローンを利用したい」

銀行融資や低金利のビジネスローンは、申込者の信用状況や借入状況次第で、審査落ちしてしまうケースが少なくありません。

今回は審査に不安を抱える事業者の方に向けて、「審査が甘い」ローン商品について解説します。

「ローンの審査において、金融機関はどんな要素で融資可否を判断しているのか」「審査が甘いビジネスローンの特徴とはなにか」といった基本的な疑問を掘り下げていきますので、借入を検討されている方はぜひご参考になさってください。

ローンの審査は何を見るのか

銀行やノンバンクに借入を申し込むと必ず審査が実施されますが、この審査は何のために行われているかご存知でしょうか?

金融機関は「貸し倒れ率」を見極めるためにローンの審査をしています。貸し倒れ率とは、借主がローンを返せなくなる確率のことです。

あえて簡単な言い方をすれば、公務員や上場企業の会社員など、収入が安定していると考えられる人は銀行のビジネスローンなど厳しい審査に通りやく、個人事業主やフリーランスの方はどうしても収入が不安定になりがちため、厳しい審査は通りにくくなります。

この貸し倒れ率はローンの金利にも影響を与えます。金融機関にとって、ローンの金利は貸し倒れに対するリスクヘッジとしての機能があります。

貸し倒れ率が低いと判断された人は、金利の低いローンで借りることができますが、貸し倒れ率が高いと判断された人は、金利の高いローンで借りざるを得なくなります。

一般的に「金利の低いローンは審査も厳しい」と言われるように、銀行や信用金庫など金利の低いローン商品は貸し倒れ率が高い顧客を対象としていないため、ノンバンクのローン商品と比べて審査が厳しめです。

逆に言えば、貸し倒れ率が高いと判断された人でも、金利の高いローン商品であれば借りられる可能性があります。

「審査が甘い」「審査に通りやすい」ビジネスローンの特徴

ローンの金利=貸し倒れのリスクヘッジということを踏まえ、「審査が甘い」「審査に通りやすい」ビジネスローンの特徴をご紹介します。

ノンバンクのビジネスローン

ビジネスローンを扱っている金融機関を「審査が甘い」順に並び替えると、以下のようになります。

金融機関で見る審査の難易度

審査が甘い

中小の消費者金融会社(いわゆる街金)

大手の消費者金融会社

信販会社

地方銀行・ネット銀行・信用金庫

メガバンク

審査が厳しい

銀行や信用金庫が取り扱うビジネスローンは、原則として申し込みをする金融機関で預金口座を開設していることや、税理士等からの紹介があること(メガバンクの場合)が条件となります。

そのような厳しい条件を課したうえで、メガバンクは優良顧客と認めた相手にしか融資をしないため、起業したてや資金繰りに悩む事業者では審査に通らないことがほとんどです。

一方、信販会社や消費者金融会社などのノンバンクは、銀行や信用金庫で借りられなかった事業者が次に融資を申し込むケースが多いため、審査のハードルは下がっています。

よって、銀行よりもノンバンクのほうが「審査が甘い」と言うことができます。

証書貸付型のビジネスローン

ビジネスローンを含むローン商品には、「ローンカード型(当座貸越)」と「フリーローン型(証書貸付)」の2種類があります。

ローンカードとフリーローンの違い

ローンカード型(当座貸越)・・・決められた限度額の範囲内で何度でも繰り返し借入・返済できるローン

フリーローン型(証書貸付)・・・契約時に一括で借り入れ、後は返済するだけのローン

お金を貸す側の金融機関の立場で考えると、貸し倒れリスクが高いのは、限度額の範囲内で何度でも繰り返し借入・返済ができるローンカード型です。

したがって、同じ借入希望額で申し込むのであれば、ローンカード型よりもフリーローン型のほうが「審査が甘い」と言えます。

担保を必要とするビジネスローン

担保を必要とする有担保ビジネスローンと、担保が不要の無担保ビジネスローンでは、有担保のほうが「審査が甘い」と言えます。

代表的な担保は土地や建物などの不動産です。金融機関側は不動産を担保にとることで、万が一貸し倒れになっても、担保を売却して返済分にあてることができます。

なお、有担保ローンは不動産担保ローンのほかにも、動産担保ローンや売掛債権担保ローン、手形貸付などが挙げられます。

土地や建物を保有していない事業者の方でも、これら有担保ローンに申し込むことで借り入れできる場合があります。

審査が甘いビジネスローン7選

中堅~中小規模のノンバンクが取り扱うビジネスローンは、比較的「審査が甘い」ローン商品です。

ここでは、小規模事業者への融資実績が豊富で信頼性も高い、ノンバンクのビジネスローンをご紹介します。

ダイレクトワンの自営業者サポートローン

借入条件 20歳以上の個人事業者で、ダイレクトワンの基準を満たす方
金利 年7.5%~18.0%
借入限度額 1万円~300万円
融資スピード 要確認
担保・保証人 不要
貸付方式 カードローン型

ダイレクトワンは静岡県の地銀であるスルガ銀行のグループ会社です。

個人向けのカードローンや教育ローンなどのローン商品があるなかで、自営業者の急な資金需要や設備修理費用、運転資金などスピーディに対応にする自営業者サポートローンを取り扱っています。

確定申告を1期以上終えている自営業者の方は、担保・保証人が不要で利用できます。

提出資料として事業計画書を挙げており、しっかりとした返済原資や返済プランがあれば融資を受けられる可能性があります。

ビジネスパートナーのスモールビジネスローン

借入条件 法人または個人事業主
金利 年9.98% 〜 18.0%
借入限度額 50万円 〜 500万円
融資スピード 最短5日
担保・保証人 原則不要(但し、法人の場合は代表者の連帯保証が必要)
貸付方式 カードローン型

ビジネスパートナーは、事業資金の融資を専門に取り扱うリース事業者、割賦販売業者です。

同社のスモールビジネスローンは法人・個人事業主を対象とした事業用カードローンであり、金利9.98%〜18.0%、最大500万円まで借入ができます。

担保・保証人は原則として不要ですが、法人の場合は代表者の連帯保証が必要です。

融資実行までは最短で5日かかるため、申込みから1週間ほどを見ておきましょう。

エスワイシーの無担保ビジネスローン

借入条件 法人
金利 年7.50%~15.0%
借入限度額 50万円~5,000万円
融資スピード 最短2日
担保・保証人 原則不要
貸付方式 フリーローン型

エスワイシーは、年間相談・申込み件数9,500件の豊富な実績と最短2日で融資実行のスピーディーな対応で高い支持を得ている事業者向けローンサービス業者です。

まとまった資金が必要な事業者への提案力に優れており、赤字決算や税金・社会保険料滞納中でも相談可というところからも、審査の柔軟さがうかがえます。

さらに、同社は売掛債権担保ローンや手形割引といった商品も取り扱っています。たとえ無担保ローンで借りられなかった場合でも、他の方法で借りられる可能性もあります。

Carentのキャレントスーパーローン

借入条件 法人のみ
金利 【100万円未満】13.00%~18.00%
【100万円以上】7.80%~15.00%
融資額 1万円~500万円
融資スピード 最短即日
担保・保証人 不要
貸付方式 フリーローン

Carentの「キャレントスーパーローン」は、原則として担保・保証人が不要のビジネスローンです。インターネット申込で来店も不要、14時までに手続きが完了すれば最短即日で借りることができます。

1万円から500万円までの少額融資を得意としていますが、100万円以上のまとまった融資では金利が7.80%~15.00%と、100万円未満の金利より5%前後引き下げられます。

ホームページには借入可否や借入可能額の無料診断がありますので、利用前にチェックしておくと良いでしょう。

オージェイの無担保融資

借入条件 法人または個人事業主
金利 年10.00%~18.00%
借入限度額 30万円~2,000万円
融資スピード 最短即日
担保・保証人 原則不要(法人の場合代表者の保証が必要)
貸付方式 フリーローン型

オージェイは個人向け、法人向け融資のほか、手形割引融資・不動産担保融資・動産担保融資・ファクタリングといったさまざまな金融商品を提供しています。同社の無担保融資は申込者の信用だけで即日融資が可能です。

ただし、審査の結果により担保や第三者の保証人が必要となる場合があります。担保に入れられるのは不動産ほのか、動産や売掛債権などです。

無担保融資で借りられない場合は、これら担保融資のほか、回収前の売掛債権を活用したファクタリングを提案される場合があります。

湊屋商事の無担保ビジネスローン

借入条件 20歳~69歳までの、安定した収入のある方
金利 年10.00%~18.00%
借入限度額 50万円~2,000万円
融資スピード 最短1営業日以内
担保・保証人 原則不要(法人の場合代表者保証有)
場合によっては次のような担保要
(第三者の連帯保証人・債権譲渡担保)
貸付方式 フリーローン型

湊屋商事は創業依頼50年にわたり、中小企業や個人事業主の資金調達をサポートしてきた老舗の金融サービス業者です。

同社のビジネスローンは1件あたりの平均融資金額が350万円、1件あたりの平均契約期間は1年間と、短期借入に向いています。対面契約が必要となりますが、首都圏エリアの事業者の方であれば1営業日以内の融資も可能です。

無担保ローンの審査に通らなかった場合でも、同社の診療報酬債権担保ローンや不動産担保ローンであれば利用できる可能性があります。

クレイリッシュの無担保融資

借入条件 法人または個人事業主
金利 年12.00%~15.00%
借入限度額 100万円~1,000万円
融資スピード およそ2日
担保・保証人 原則担保不要、法人の場合は代表者の保証が必要
貸付方式 フリーローン型

クレイリッシュは埼玉県に拠点に、関東7都県と福島県の事業者の資金調達をサポートしています。

同社が取り扱う無担保融資では、担保・保証人不要(法人は代表者の保証要)で100万円以上のまとまった資金調達が可能です。申込みできるのは営業エリア内の事業者で、融資実行まではおよそ2日程度かかります。

提出書類として決算書や申告書が必要となりますが、設立・開業後、間もない事業者でも収入を証明できる書類があれば審査を受けられます。

栄光商事のビジネスローン

借入条件 神奈川県海老名市近郊の法人または個人事業者
金利 年12.0%〜18.0%(実質金利)
借入限度額 50万円〜300万円
融資スピード 24時間以内に融資可能か回答
担保・保証人 最短30分
貸付方式 カードローン型

栄光商事は神奈川県海老名市を拠点として、関西~東北までの幅広いエリアの事業者をサポートしています。

同社のビジネスローンは原則として無担保・無保証(法人の場合、代表者の保証要)で、申し込みから24時間以内に融資可能か回答がもらえます。

万が一、ビジネスローンの審査に通らなかった場合でも、同社の不動産担保融資や売掛債権担保融資といった担保ローンであれば借りられる可能性があります。

ビジネスローンの審査に通らなかったときの対処法

「審査が甘い」ビジネスローンでも、借入状況や信用状況によっては断られる場合があります。

ビジネスローンの審査に通らなかったときの対処法として、以下のような方法も試してみましょう。

知人や親族からお金を借りる

どうしても資金が必要な事情を知人や親族に説明すれば、お金を借りられる場合があります。

金融機関からの借入と違い、申込みや審査といった手続きが不要です。場合によっては低金利もしくは無金利でまとまったお金が借りることもできます。

ただし、知人や親族とのお金の貸し借りは人間関係のトラブルに発展するリスクがあります。

後々のトラブルを回避するためにも、必ず借用書を作成して借入額や金利、返済期日などを明確にしておきましょう。

法人カードのキャッシングでお金を借りる

ビジネスローンの審査に落ちた方でも、法人向けクレジットカードの審査であれば通る可能性があります。

クレジットカードのキャッシングはカードローンタイプのビジネスローンとほぼ同じ商品です。保証人なし、無担保、いつでも借入・返済可能なので、いざというときの資金ニーズに役に立ちます。

ただし、キャッシング機能付きの法人カードのほとんどが個人事業主向けであり、法人経営者がキャッシング利用できるカードは限られます。

ファクタリングを利用する

ファクタリングとは、入金前の請求書(売掛債権)をファクタリング会社が買い取り、所定の手数料を差し引いた買取代金を振り込むサービスです。

ビジネスローンや売掛債権担保ローンの審査と異なり、ファクタリングの審査では申込者の信用状況や借入状況よりも売掛先(取引先企業)の信用力が重視されます。

自社とファクタリング会社の2社間で契約を結ぶ「2社間ファクタリング」なら、売掛先に知られることもありません。

ビジネスローンの審査に落ちてしまっても、入金前の請求書があれば、ファクタリングでの資金調達をおすすめします。

審査が甘いビジネスローンに関するQ&A

審査が甘いビジネスローンに関して、よくある質問とその回答をQ&Aにまとめました。

Q.審査が甘い中小の消費者金融会社は、信頼してお金を借りることができますか?
A.信頼できる会社かどうかを判断するには、ホームページの「会社情報」から会社所在地、連絡先、貸金業登録番号などを確認しましょう。会社所在地が架空、電話番号が携帯電話の番号、貸金業登録番号がないといった金融業者は、闇金業者である可能性があります。また、「信用ブラックでも借りられる」「債務超過でもOK」といった、明らかに貸金業法や出資法に違反するような貸付を行っている金融業者からは、絶対に借りないようにしましょう。
Q.ビジネスローンでお金を借りると、銀行の融資は受けにくくなりますか?
A.ビジネスローンの中でも金利の高いノンバンクから借入中の場合は、銀行の融資が受けにくくなります。なぜなら、銀行の融資担当者は、「金利の高いローンを利用せざるを得ない=銀行など低金利のローンが借りられないくらい、経営状況が芳しくない」と判断するからです。直近ではノンバンクから借りざるを得ないものの、将来的に銀行融資を検討している場合は、まずノンバンクのローンを完済して、資金繰りを立て直してから銀行の融資に申し込むようにしましょう。

「審査が甘い」ビジネスローンは短期返済が原則

ノンバンクのビジネスローンは、銀行のローンよりも「審査が甘い」「融資までがスピーディー」といったメリットがある一方で、金利の高さがリスクとなります。

どうしても資金が必要な状況であっても、無計画に金利の高いローンで借りてしまうと、月々の返済負担が重くのしかかり、結果的に資金繰りの悪化を招いてしまいます。

したがって、ノンバンクのビジネスローンは、返済原資と返済計画を明確にして、1年以内の短期返済を前提に借りることをおすすめします。

「なるべく金利の高いローンは避けたい」「将来的に銀行融資を受けたいので融資枠を温存したい」といった場合は、ファクタリングの利用を検討してみましょう。

2社間ファクタリングであれば、売掛先に知られることなく、最短即日で資金調達も可能です。