• ベストファクター代表班目社長に取材させていただきました。

    ファクタリングというサービスを利用するとき、信頼できるファクタリング会社を選ぶことはとくに重要です。

    各社のホームページでは、ファクタリングを含めた提供しているサービスやこれまでの取引実績などは見ることができても、そこに存在する「会社(集団)」や「人」にフォーカスした内容はなかなか表に出てきません。

    当サイトではその「会社」や「人」に関する情報にこそ価値があると考え、ファクタリング会社の経営者・責任者の方を対象にインタビューを実施しました。

    今回は「ベストファクター」の運営会社である株式会社アレシアの代表取締役、班目裕樹さんをお迎えしています。

    ベストファクターは東京都新宿区に本社を構え、2017年創業と業界では比較的後発ながら、着実に実績を積み重ねてきているファクタリング会社です。

    班目さんには、ファクタリングという事業に対する思いや、社内の雰囲気、営業方針、仕事で大切にしていることを伺いました。

  • (ファクタリングという)事業について

    ファクタリングの利用傾向として、事業の投資機会やオフバランスなど、必要に応じて選択することでビジネスの起爆剤となることがあります。一方で、支払い資金や納税資金などの必要に迫られて利用される方も少なくありません。

    ここではファクタリングという事業について、ファクタリングサービスを提供する側の人たちが、どのような思いで仕事に従事しているかを尋ねました。

    ー御社にとって、ファクタリングとはどのような仕事ですか?

    班目:ファクタリングの利点である早期の資金調達に限らず、プラスアルファで「いざというときに頼れるパートナーがいるという安心感」を提供する仕事だと自負しています。

    班目:弊社をご利用いただいているお客様は中小企業や個人事業主など、小規模事業者の方が大半で、ご相談内容のほとんどが資金調達やキャッシュフローに関することです。さらに、「売掛先や取引銀行には一切知られたくない」「信用情報にキズをつけたくない」「少額でも低手数料で対応して欲しい」など、訳アリのご要望をよくいただきます。

    ーほとんどのお客様が複雑な経営状況を抱えているのですね。

    班目:そうです。弊社では「お客様の経営パートナーとして認められるような支援」を掲げており、可能な限りお客様のご要望に対応できるよう努めております。たとえば、「売掛先や取引銀行には一切知られたくない」というお客様に対しては、債権譲渡登記を省略した2社間ファクタリングをご提案させていただいています。

    ーお客様の相談にはどのような対応を心がけておいでですか?

    班目:日本におけるファクタリングは、まだまだなじみの薄いサービスだと思います。弊社のお客様はファクタリングという言葉は知っていても、どのようなサービスかを把握されている方は少数派です。そのような海の物とも山の物ともつかぬサービスに、一縷の望みをかけてご相談くださるお客様だからこそ、ファクタリングを安心してご利用いただき、経営課題を解決に導く道筋を示すことが弊社の使命と捉えています。

    ーまさに「経営パートナー」といった心強い存在ですね。

  • ②社内の雰囲気や仕事内容について

    社員・同僚にどのような方がいて、どのような社内の雰囲気の中で仕事をされているかお伺いします。

    ー社内にはどんなスタッフの方がいますか?

    班目:弊社のスタッフの多くは、他業種・異業種からの未経験入社です。たとえば、前職が飲食店のフロアマネージャーだったり、中堅電機メーカーのSEだったりと、職種のバリエーションは豊かです。家電量販店の売り場の営業職として働いていた経験のあるスタッフは、新規ご契約のお客様と面談後に食事に行くような、短時間で心理的距離を縮めるスキルに長けています。

    ー金融関連の仕事の経験者ばかりというわけではなないのですね。

    班目:ええ。そのような経験もスキルも異なるスタッフたちが、それぞれの強みと弱みを掛け合わせ、目標に対して一丸となって取り組む雰囲気が醸成されていると自負しています。

    班目:弊社にはさまざまな業種のお客様がご相談に来られるため、他業種・異業種からファクタリング業界に来た人材のほうが、経営者の方の熱意や人柄に共感できる、企業の成長を支えるやりがいを感じられると考えています。

  • ③御社について

    会社の風土や人材などにより、ファクタリング会社にはそれぞれの歴史・変遷があります。この質問では、他社と差別化できることや、とくに力を入れていることについて伺いました。

    ー御社の強みは何ですか?

    班目:弊社の強みは平均買取率92.2%(申込みに対して)という数字にも表れているように、審査の柔軟性です。

    班目:ファクタリングを利用されるお客様の大半が、赤字や税金滞納などで銀行から融資が受けられず、それでも何とか資金調達ができないかとファクタリングに望みを託されます。弊社はスタッフ全員が「企業の成長を支える」という信念を持って働いていますので、今はキャッシュフローが逼迫していても、ファクタリングと財務コンサルで経営改善の兆しありと判断できれば、基本的にはGOサインを出しています。

    ー財務コンサルも提供されているのですね。

    班目:はい。お客様と二人三脚で企業を成長させていくためには、1回きりの買取で終わりというわけにはいきません。お客様のキャッシュフローが改善するまで、経営課題の解決方法を提案したり、改善までの具体的な道筋を示したりするなどの働きかけを積極的に行っています。

  • ④班目社長について

    経営者・責任者の思いがビジネスにおいて重要視されることがあります。以下インタビューは、回答者が考えるファクタリングというサービスの社会的な意義や貢献へのスタンス、ファクタリングという職務や業種を選んだ思いを伺っています。

    ーなぜファクタリングを職(業)として選ばれたのですか?

    班目:ファクタリングを融資と並ぶくらい、事業者の方の資金調達手段として普及させたいという思いからです。ベストファクターを立ち上げる前、素早い資金調達やキャッシュフローの改善が成功していれば、生き残っていたかもしれない会社を多く見てきました。

    ーたしかに、ファクタリングという資金調達手段を知らない経営者の方は多いようですね。

    班目:あるアンケート調査によると、日本の経営者のうち「ファクタリング」という言葉の意味すら知らない方が6割近くいらっしゃいます。金融機関から融資を断られた場合、真っ先に考えるべき手段と言っても過言ではないのに、その手段を知らないまま倒産や廃業に追い込まれる方が多いのです。

    班目:ファクタリングというサービスを知っていれば、もしかすると会社をピンチから救えたかもしれません。苦しい状況に置かれている会社を1社でも多く救いたいという思いから、ファクタリングを業として選びました。

    ー事業を開始して、そして今、ファクタリングに対する思い、気持ちの変化などありましたか?

    班目:開業当初は自社のサービスに自信があり、また会社を大きくしていきたいという思いもあり、ご相談いただくお客様に対しては、強引な勧誘とまではいかないまでも、一方的にファクタリングのメリットだけを説明していたように思います。

    班目:しかし、メリットだけ伝えて「ファクタリングを利用してください」では、ただの押し売りと同じです。

    班目:お客様はファクタリングというよくわからないサービスに対して、大事な取引先の関係にキズはつかないか、手数料を支払ってよいものか、不安を抱えていらっしゃいます。私を含めたファクタリング会社のスタッフは、そんなお客様の不安に真摯に向き合い、信頼を勝ち取るところからスタートしなければなりません。

    班目:ファクタリングのメリットやデメリットはもちろん、ファクタリングを利用した後のビジョンまで示してからお客様にご判断いただく、経験を積むことによってそんな姿勢に変わっていったように思います。

    ーやはりお客様への説明は徹底されていますね。では、一番記憶に残っているお客様(案件)を教えていただけますか?

    班目:アパレル店を経営されているお客様で、100万円以下の小口の案件が記憶に残っています。ファクタリング会社にとって小口案件というのは、大口案件とかかる手間は同じでも、得られる利益は少なめです。そういったことから、小口案件は断られるケースや、利用条件で撥ねられるケースが少なくありません。

    ー「買取額100万円以上」といった条件のあるファクタリング会社も少なくない聞きます。

    班目:そうです。しかし、小口案件で相談に来られるお客様は、金融機関からの融資は期待できず、また経営もギリギリ。少額の売掛債権でも現金に変えてキャッシュフローに補填しないと、経営が立ち行かないというケースも多々あります。

    班目:弊社にご相談いただいたアパレル店の方は、とにかく服が好き、店員が好きという方でした。そんな方がお店を救いたいと相談に来られたら、その思いに応えたいというのが人情というか、ファクタリング会社のあるべき姿ではないでしょうか?

    ーそのとおりですね。

    班目:小口案件はスタッフの労力やかけた時間に対して、ファクタリング会社が得られる収益は少ないかもしれません。それでも、お客様の仕事や従業員に対する真摯な思いに触れれば、できる限りの手助けをする、提案をする、それがファクタリング会社の使命だと思っています。

    ー最後に、ファクタリングを検討されている方にメッセージをお願いします!

    班目:ファクタリングのご利用を検討されているお客様のなかには、いますぐ現金が必要という方も少なくないかと思います。お急ぎであっても、必ずファクタリングのメリットとデメリットを比較して、検討に検討を重ねたうえで、計画的にご利用されることをおすすめします。

    班目:弊社ではお客様と綿密に面談を行い、ご納得いただいたうえで契約へと進みますが、お客様にとって今回の取引は負担が大きすぎると判断した場合は、無理に契約せず他のスキームを提案することもあります。

    班目:ファクタリング会社を選ぶときは、ぜひ気になるところをスタッフに気兼ねなくご質問ください。そのうえで、ファクタリングが会社にとって最善の方法であるか、相手は会社のことを親身になって考えてくれているか、ご判断いただきたいと思います。

    ー本日はインタビューにお答えいただき、ありがとうございました!