SFIリーシングの口コミ・評判|審査・必要書類と手数料

口コミスコア

3.7

東京都千代田区一ツ橋2丁目1番1号 如水会ビル

SFIリーシングは東京都千代田区に拠点を構える総合リース業およびファクタリング会社です。売掛債権の個別買取りと一括買取りサービスを提供しています。

買取金額
300〜3,000万円
最低
300万円
最高
3000万円
手数料
-
2社間
-
3社間
-
SERVICE INFORMATION

対応している債権の種類

  • でんさい割引
  • 給料前払い
  • POファイナンス
  • 請求書買取
  • 注文書買取
  • 電子記録債権
  • 介護報酬債権譲渡
  • 将来債権譲渡
  • 不良債権買取
  • 診療報酬債権

対応している契約方法

  • 2社間契約 取引先への通知:不要
    入金スピード:早い
  • 3社間契約 取引先への通知:必要
    手数料:低い

必要書類

記載なし

その他の詳細条件

  • 赤字決算
  • 初回特典あり
  • 個人事業主
  • 登記不要
  • 確定申告なし
  • 税金滞納
  • 差し押さえ中
  • 現金取引
  • 他社登記中
  • 二重譲渡OK
  • 即日買取
  • 出張契約
  • 郵送契約
  • オンライン契約

貸金業登録番号

-

所在地

東京都千代田区一ツ橋2丁目1番1号 如水会ビル

営業時間

9:30〜17:30

休業曜日

土・日・祝日

Reputation research

SFIリーシングの会社情報

SFIリーシング株式会社は東京都千代田区に本社を構えるリース会社です。ソニー製品を中心に放送映像機器のリース業務を行っており、社員数は比較的少ないながらも最大数百億円までのリースを扱っています。主要取引先にはソニーグループやテレビ朝日、映像編集を行うIMAGICAなどが挙げられ、放送・映像業界をメインに規模の大きな事業を展開しています。

SFIリーシングはソニーの100%出資によって1976年に設立されました。当時の社名はソニーファイナンス・インターナショナルで、リース及び金融・保険事業を扱っていました。SFIリーシングが誕生したのは2010年になります。リース部門が独立する形で新会社が設立され、現在では三井住友ファイナンス&リースとソニーの共同出資による合弁会社として事業を行っています。

会社設立の経緯から、リースで培ってきた専門性だけでなく金融知識の豊富さもSFIリーシングの強みに挙げられます。リース以外にも保険代理業やファクタリング事業を行っており、強みである金融ノウハウを活かしたサービスを提供しています。
リースでは特にソニー製品の取り扱いサービスが充実しており、メンテナンスから保険までを一つにまとめた特別パッケージが用意されています。

SFIリーシングのファクタリングの特徴

売掛債権の個別買取ファクタリング「Acro One(アクロワン)」と、一括買取ファクタリング「Acro Plus(アクロプラス)」を利用することができます。

アクロワンは、売掛先から債権譲渡の許可が必要な3社間ファクタリングです。2社間は扱っていません。
買取可能金額は300万円~3000万円までです。ただし、利用するには1社当たりの売掛金が300万円以上である必要があります。
そうした制限はあるものの、最長180日までの売掛債権が買取対象です。このため支払いサイトが長い傾向にある建設業などからも利用しやすいファクタリングになっています。
また、アクロワンでは留保金(ファクタリング会社への預かり金)は設定されていません。手数料を除いた額をまとめて資金化することができます。

アクロプラスは納入企業、支払い企業、SFIリーシングが3社間契約を結んで継続的にファクタリングを行うサービスです。
利用に際しては売掛先が3社以上で、かつ1ヶ月当たりの買取額が5000万円以上であることが条件です。また売掛債権は継続的に発生する物である必要があります。
しかし売掛先1社に対しては30万円から利用ができるなど、小口取引にも対応しています。契約途中でも新規の売掛先を1社から追加できるため、柔軟な運用が可能です。

どちらのファクタリングも法人企業間(B to B)での取引に対応しています。官公庁や個人事業主に対する債権は扱っていません。
手数料は売掛先の状況や買取額、支払いサイトなどを総合的に見て最終的に決定されます。審査に必要な時間は2日~1週間程度となっています。
請求から入金までをSFIリーシングが一手に引き受けるため、キャッシュフローの改善だけなく事務作業の軽減といったメリットも見込めます。

USER REVIEW

会社規模:小
その他サービス業

“SFIリーシング”ファクタリング会社の口コミ情報

この口コミのURLをコピー

共有

口コミスコア

4

柔軟に運用できる

アクロプラスというプランで継続的に売掛金の一括買取を依頼しています。利用するに当たって一定の条件は課せられているものの、1社あたり30万円から申し込めることに加え、契約期間中でも売掛先を追加できるなど、長期契約を前提としつつも柔軟性のあるプランだと思います。特にうちの業界は競合他社が多く新規の取引先が多い傾向にあるので、こうした使い勝手の良さは助かります。

2020/08/24

会社規模:小
製造業

“SFIリーシング”ファクタリング会社の口コミ情報

この口コミのURLをコピー

共有

口コミスコア

3.8

十分な金額を資金化できる

留保金が発生しない点は他社にはないメリットだと感じました。別のファクタリング会社に見積もりを依頼したのですが、換金可能なのは債権全体の80%までと告げられました。3社間ファクタリングだったので手数料も低めで満足しています。特に昨今は新型コロナの影響で少しでも出費を抑えたいのが本音ですから、低コストで十分な資金を調達できるのはありがたいです。審査では取引先の規模や経営状態、債権内容を精査されましたが、公平な審査を行って頂き感謝しています。

2020/07/19

会社規模:小
建設業

“SFIリーシング”ファクタリング会社の口コミ情報

この口コミのURLをコピー

共有

口コミスコア

3.3

対象債権は企業間取引のみ

売却可能なのはBtoB債権のみで、国や地方自治体が取引相手の場合は扱いを断られてしまうようです。理由を伺うと、長期の支払いサイトがネックとのこと。確かに公共工事では完工後の検査に時間が掛かり入金も遅れがちなので、仕方ないとは思います。今回は民間請負工事で発生した債権を買い取ってもらいました。当社では民間の受注割合は4割程度なのですが、ある程度少額から申し込めたので、一定の資金を調達することはできました。

2020/05/11
TOTAL SCORE

3.7

3件の口コミより算出

審査の通りやすさ

4

入金までのスピード

3.3

スタッフの対応

3.7

手数料など条件の満足度

3.7

SFIリーシングの評判リサーチ by運営事務局

  • SFIリーシングの会社情報

    SFIリーシング株式会社は東京都千代田区に本社を構えるリース会社です。ソニー製品を中心に放送映像機器のリース業務を行っており、社員数は比較的少ないながらも最大数百億円までのリースを扱っています。主要取引先にはソニーグループやテレビ朝日、映像編集を行うIMAGICAなどが挙げられ、放送・映像業界をメインに規模の大きな事業を展開しています。

    SFIリーシングはソニーの100%出資によって1976年に設立されました。当時の社名はソニーファイナンス・インターナショナルで、リース及び金融・保険事業を扱っていました。SFIリーシングが誕生したのは2010年になります。リース部門が独立する形で新会社が設立され、現在では三井住友ファイナンス&リースとソニーの共同出資による合弁会社として事業を行っています。

    会社設立の経緯から、リースで培ってきた専門性だけでなく金融知識の豊富さもSFIリーシングの強みに挙げられます。リース以外にも保険代理業やファクタリング事業を行っており、強みである金融ノウハウを活かしたサービスを提供しています。
    リースでは特にソニー製品の取り扱いサービスが充実しており、メンテナンスから保険までを一つにまとめた特別パッケージが用意されています。

    SFIリーシングのファクタリングの特徴

    売掛債権の個別買取ファクタリング「Acro One(アクロワン)」と、一括買取ファクタリング「Acro Plus(アクロプラス)」を利用することができます。

    アクロワンは、売掛先から債権譲渡の許可が必要な3社間ファクタリングです。2社間は扱っていません。
    買取可能金額は300万円~3000万円までです。ただし、利用するには1社当たりの売掛金が300万円以上である必要があります。
    そうした制限はあるものの、最長180日までの売掛債権が買取対象です。このため支払いサイトが長い傾向にある建設業などからも利用しやすいファクタリングになっています。
    また、アクロワンでは留保金(ファクタリング会社への預かり金)は設定されていません。手数料を除いた額をまとめて資金化することができます。

    アクロプラスは納入企業、支払い企業、SFIリーシングが3社間契約を結んで継続的にファクタリングを行うサービスです。
    利用に際しては売掛先が3社以上で、かつ1ヶ月当たりの買取額が5000万円以上であることが条件です。また売掛債権は継続的に発生する物である必要があります。
    しかし売掛先1社に対しては30万円から利用ができるなど、小口取引にも対応しています。契約途中でも新規の売掛先を1社から追加できるため、柔軟な運用が可能です。

    どちらのファクタリングも法人企業間(B to B)での取引に対応しています。官公庁や個人事業主に対する債権は扱っていません。
    手数料は売掛先の状況や買取額、支払いサイトなどを総合的に見て最終的に決定されます。審査に必要な時間は2日~1週間程度となっています。
    請求から入金までをSFIリーシングが一手に引き受けるため、キャッシュフローの改善だけなく事務作業の軽減といったメリットも見込めます。

見積もり比較で手数料が安くなる

複数のサービスから、最適なファクタリング会社が見つかります

見積もり比較で手数料が安くなる

無料一括見積もりをはじめる

見積もり比較で手数料が安くなる

条件を指定して検索

閉じる

債権の種類

⚠債権の種類について

契約方法

2社間・3社間契約の違いとは? »

その他の条件

または

もどる