売掛金の買取サービスを利用すれば、即日で数十万円〜数百万円を調達することができます。

「銀行融資には時間がかかるけど、すぐにお金が必要」と困っている方も売掛金買取サービスであれば資金調達が間に合う可能性があります。

しかし、即日資金調達するためには買取サービスを利用する際の注意点を理解しておかないと、必要なタイミングに資金が間に合わないことや、膨大な金銭的な損をしてしまうこと、取引先からの信頼を失ってしまう可能性もあります。

売掛金の買取サービスで即日資金化する際の注意点について解説します。

銀行融資が間に合わない時にも買取サービスで資金調達ができるようになりましょう。

売掛金の買取を行う2つの業者

売掛金の買取を行う2つの業者

売掛金の買取をしてくれる業者には「サービサー」と「ファクタリング会社」という2つの業者が存在します。

「どちらも買取してくれるという点では同じでは?」と思ってしまいますが、2つの業者が買い取る売掛金は全くの別物で、基本的即日資金化したい時にはファクタリング会社一択になります。

サービサーとファクタリング会社の違い、どの会社がどんな債権を買い取るのかについて説明していきます。

サービサー

サービサーとは債権回収会社のことで、法務省の管轄のもと特定金銭債権だけを回収することことができる業者です。

特定金銭債権とは主に不良債権のことで、サービサーは企業などが抱える不良債権を買い取ることで、経済を円滑化する役割を国の許可を取って行う業種です。

サービサーは法務省の許可がない限り営むことはできません。

このため、サービサーは国に認められた安心した業者ということができます。

ファクタリング会社

サービサーが安心できる業者だからと言って、「売掛金は安心できる業者であるサービサーに買い取ってもらおう」と考えても、サービサーには普通の売掛金を買い取ってもらうことはできません。

サービサーが買い取るのは不良債権などの特定金銭債権だけだからです。

普通の売掛金の買取を行ってくれるのはファクタリング会社だけです。

むしろ、ファクタリング会社はリスクの高い不良債権の買取には応じてくれない可能性が高いと考えた方がよいでしょう。

  • サービサーが買い取るのは、すでに支払い期日の過ぎた不良債権等の特定金銭債権
  • ファクタリング会社が買い取るのは、まだ支払日の到来しない売掛金(債権)

企業が売掛金の買取サービスを利用して資金調達をしようと考えた時には、ファクタリング一択の選択になります。

ここからはファクタリング会社を利用して資金調達する注意点を解説していきます。

売掛金の買取を利用する際の4つの注意点

売掛金の買取を利用する際の4つの注意点

売掛金の買取を利用する前には以下のような点を事前に熟慮してからファクタリング会社を選択する必要があります。

  • いつまでに現金が必要か
  • 取引先にバレてもよいか
  • 高額な手数料を負担できるか
  • 悪徳業者ではないか

急いでお金が必要な時ほど、ネットで検索して一番上に出てきた「即日買取可能」などの文言に乗せられて、安易に買取業者を選択してしまうことが多いですが、熟慮せずファクタリングを決めてしまうと後から後悔することにもなりかねません。

買取業者を選択するにあたって注意すべき4つのポイントを理解しておきましょう。

いつまでに現金が必要か?

売掛金買取サービスを利用するに当たって、最初に明確にしなければならないことは「いつまでに資金が必要なのか」ということです。

売掛金の買取サービスは業者によって現金化するまでの時間が大きく異なり、即日資金化してくれる業者もあれば、資金化までに1週間程度の時間がかかる業者もあるからです。

また、ファクタリングの形によっても資金化までの時間は異なります。

  • 2社間ファクタリング:資金化までの時間が早く最短即日も可能
  • 3社間ファクタリング:資金化までに時間がかかり1週間以上の時間がかかることもある

資金が必要になるタイミングまでに時間がかかるのであれば、手数料の低い3社間ファクタリングを選択できますし、銀行融資という選択肢もあります。

時間がないのであれば最短即日に対応している2社間ファクタリングを扱う業者に申し込みをしなければなりません。

売掛金買取サービスに申し込む前に「いつまでに資金が必要なのか」を明確にして、必要なタイミングに資金が間に合う業者を選択するようにしましょう。

取引先にバレてもよいか?

売掛金買取サービスの形によって、売掛先にバレる場合とバレない場合があります。

  • 2社間ファクタリング:売掛先に秘密にできるが、手数料は高い
  • 3社間ファクタリング:売掛先の同意が必要になり売掛先に知られるが、手数料は低い

このように、取引先にバレてもよいかどうかで選択すべきファクタリングの形は変わり、手数料も異なります。

企業の中には取引先が売掛金買取サービスを利用していることを知ると「業況が悪いかもしれない」と判断して取引を停止されることもあります。

取引先企業との関係性を考慮して、2社間、3社間どちらの売掛金買取サービスを利用するのか明確にしておきましょう。

どの程度の手数料を負担できるか?

ファクタリングには手数料が発生します。

2社間ファクタリングであれば手数料は高くなり、3社間は2社間よりも手数料が低くなります。

それぞれメリットとデメリットはありますが、売掛金の期日を待って売掛先から入金される金額よりも売掛金買取サービスを利用した方が入金額は確実に少なくなります。

見積もりを取れば手数料を知ることができるので、「手数料を負担することができるかどうか」を熟慮して、売掛金買取サービスの利用を検討しましょう。

悪徳業者ではないか?

取引しようとしている業者が悪徳業者ではない健全な業者かどうかを確認することも大切です。

どんな業者でも参入することができる売掛金買取サービスは悪徳業者も相当混じっているためです。

悪徳業者は30%を超えるような高額な手数料を設定するのは当たり前で、中には売掛金の買取サービスのようなフリをして闇金であることも珍しくありません。

急いで資金が必要な時ほど、悪徳業者の誘いに乗ってしまうことがあります。

名前の聞いたことがない業者と取引をする前には必ず複数の業者から同一債権の買取の見積もりを取り、手数料が異常に高い業者とは取引をしないようにして下さい。

売掛金の買取でいくら資金調達できる?

売掛金の買取でいくら資金調達できる?

売掛金の買取サービスを利用することでどのくらいの現金を調達することができるのでしょうか?

買取金額は売掛金−手数料で決定します。

手数料は審査によって変動しますが、基本的には2社間では手数料が高く、3社間では手数料が低くなります。

売掛金の手数料相場と自社への入金額について詳しく見ていきましょう。

2社間は売掛債権の80%程度

2社間ファクタリングで売掛金の買取サービスを利用する場合には10%〜20%程度の手数料が発生します。

2社間ファクタリングは、売掛金期日に売掛先企業が自社に代金を振り込み、自社がファクタリング会社に代金を支払う方法です。

取引先に秘密にできる分、自社が代金を持ち逃げするリスクがあるので手数料は高くなります。

100万円を売掛金買取サービスで売却した場合には80万円程度が入金になると考えておきましょう。

取引先に秘密にすることができ、即日資金化が可能ですが、入金額は少なくなり大きな手数料負担を覚悟しなければなりません。

3社間は売掛債権の90%以上

3社間ファクタリングは売掛金代金の90%程度が入金になると考えておきましょう。

3社間ファクタリングの手数料相場は5%〜10%程度と2社間と比較して安価で、場合によってはさらに低い2%程度の手数料が設定されることもあります。

3社間ファクタリングは売掛先が期日になると直接ファクタリング会社へ入金を行うので手数料は非常に低くなります。

できる限り多くの入金が必要という場合には、3社間ファクタリングを扱う売掛金買取サービスを利用しましょう。

売掛金を即日買取する2つのポイント

売掛金を即日買取する2つのポイント

売掛金の即日買取を希望するのであれば、審査が早く終了するように、こちら側も配慮する点があります。

それが

  • 申込事項は正確に申告する
  • リスクの低い債権から売却する

という2点です。

「即日買取」と表記している業者でも審査に時間がかかってしまえば即日買取に応じてもらうことはできません。

上記2つのポイントを抑えておくことで審査が早く終了することが多いので、しっかりとポイントを理解しておきましょう。

申込事項は正確に申告する

売掛金買取サービスを即日資金化をしたいのであれば、審査がスムーズに進むように配慮する必要があります。

申込事項に間違いや虚偽があると審査に時間がかかってしまうので申込内容は正確に申告する必要があります。

社名や住所を正確に申告することはもちろん、決算内容なども正しく申告する必要があります。

そのため、事前に手元に決算書類を用意して、正確な数字を申告するようにして下さい。

申込内容に不備があると、審査は最初からやり直しになりますし、虚偽申込と判断されると審査落ちになります。

スムーズに審査を進めるためには正確に申告するようにして下さい。

リスクの低い債権を売却する

売掛金買取サービスの審査をスムーズに終えるためにはリスクの低い債権から資金化することも重要です。

リスクの低い債権は審査に時間がかからないので、ファクタリング会社がすぐに資金化に応じて、即日資金化することができる可能性が高いのです。

リスクの低い債権とは以下のような債権です。

期間の短い売掛金

支払期日までの期間の短い売掛金は期間の長い売掛金よりもファクタリング会社にとってはリスクが低い債権です。

期間が長ければ長いほど期日までに売掛先企業の業況が悪化する可能性が長いと言えます。

また、売掛金の支払期間が長いということは、売掛先企業も資金力が弱いため長い期間を設定している可能性も高いと判断できます。

複数の売掛金を所有しているのであれば期間の短い売掛金から先にファクタリングした方がスムーズに審査を終えられるでしょう。

大手企業の売掛金

大手企業や官公庁など、一般的に考えて「まずデフォルトはしないだろう」と考えられる売掛金を売掛先買取サービスに出せば、審査はスムーズに進みます。

ファクタリング審査で重視されるのは売掛先企業の業況ですか、大手企業や官公庁の審査は「問題ないだろう」という判断が速やかに行われ、審査はすぐに完了するためです。

即日資金化を希望するのであれば、できるだけ規模が大きく信頼できる売掛先の売掛金からファクタリングすることで、即日で審査に通過でき、買い取ってもらうことができる可能性が高くなるでしょう。

悪徳業者に買い取らせないための4つのポイント

悪徳業者に買い取らせないための4つのポイント

ファクタリングには国や地方自治体への登録が許認可といった参入障壁がないので、悪徳業者が多く存在します。

急いでお金が必要な時ほど悪徳業者の「即日買取」という甘い言葉に乗せられてしまう可能性がありますが、悪徳業者と取引してしまうと高額な手数料を負担しなければならないばかりか、結果的に闇金からお金を借りてしまっているという事態にもなりかねません。

悪徳業者の買取サービスを利用しないための以下の3つの注意点を必ず理解しておくようにしてください。

  • 契約書があるファクターと取引する
  • 複数業者から相見積をとる
  • 手数料以外の費用を要求する業者は悪徳業者
  • 借入なのか買取なのかを明確にする

悪徳業者を回避する4つのポイントについて詳しく解説します。

契約書があるファクターと取引する

ファクタリングは法律のルールが特に存在しないため、契約書の内容が非常に重要になります。

しかし、悪徳業者は法外な手数料を設定したり、一括での支払いをしないなどの行為をするため、わざわざこのような内容の契約書を作成しません。

つまり、契約書を作成しない業者は悪徳業者の可能性が非常に高いと言えます。

審査に通過した後、契約書を締結せず、売掛金の買取に入ろうとする業者とは取引をしないようにしましょう。

また契約書がある場合も、契約書の内容をよく読むようにしてください。

複数業者から相見積をとる

見積もりを取った結果、20%を超えるなどのあまりにも高額な手数料が提示された場合には悪徳業者の可能性が高いと言えます。

このような時は同じ売掛金で別の売掛金買取サービスの見積もりを取るようにしてください。

別の会社で取得した見積もりでの手数料が安い場合には、最初に取った業者は悪徳業者である可能性が高い言えますので、そのような業者と取引をすべきではありません。

不安な場合には最初から複数の業者の見積もりを取るとよいでしょう。

手数料以外の費用を要求する業者は悪徳業者

ファクタリングには消費税などは発生しません。

ファクタリングは消費税が発生しない非課税取引です。

しかし悪徳業者は不要な費用を上乗せして利益をあげるために消費税など本来必要のない費用を請求してくることが多いのです。

優良業者であれば消費税などを上乗せすることはまずありません。

売掛金買取サービスを利用するにあたって必要になる費用は手数料だけですので、手数料以外のコストを要求する業者は悪徳業者です。

絶対に消費税などのコストを要求する業者とは取引しないようにしましょう。

借入なのか買取なのかを明確にする

悪徳業者の中にはファクタリングと称して高額な手数料を設定しながら、実は貸付契約を締結させて悪質な督促を行う闇金も存在します。

どのような形であれ闇金からお金を借りてしまったら悪質で脅迫的な取り立てに苦しむことになってしまいます。

このため、事前に買取なのか借入なのかを明確にする必要があります。

借入であれば利息制限法を守った金利設定をしなければなりませんし、そもそも貸付を行うためには貸金業者としての登録が必要になります。

国や都道府県に登録をせずに、貸付行為を行う業者は闇金です。

ファクタリング」と名乗ってお金を貸し付ける闇金には十分に注意してください。

売掛債権にはどのようなものがありますか?
売掛金や受取手形などが該当します。
請求書を無くしてしまいました。ファクタリングできますか?
請求書を再発行すればファクタリングできます。くれぐれも架空請求書を作らないようにしてください。
売掛金を利用した銀行融資はありますか?
売掛債権を担保にしたABLという融資制度があります。審査に時間はかかりますが、金利が低いのがメリットです。ファクタリングの利用と併せて検討するとよいでしょう。

まとめ

売掛金買取サービスを利用して資金化するためにはファクタリング会社を利用しましょう。

売掛金を買い取ってもらう前には以下のことを事前に明確化しておくことが大切です。

  • いつまでに資金が必要なのか
  • 手数料はどの程度負担できるのか
  • 取引先に秘密にするかバレても問題ないかどうか
  • 取引を希望する業者が悪徳業者か否か

これらを事前に決めておくことで、どの業者に売掛金の買取を依頼すべきなのかは異なります。

自社に最も合った形で売掛金の買取をしてもらえるよう、自社の希望と売掛金買取会社の特徴がマッチできる業者を選択しましょう。

また、悪徳業者にはくれぐれも注意してください。