ファクタリングは売掛債権を早期資金化することができる企業の資金調達方法の1つです。

しかし、ファクタリングだけが企業にとっての資金調達ではありません。

ファクタリングの他にも企業の資金調達方法はいくつもあり、必ずしもファクタリングが最良の資金調達方法といういうわけではありません。

ファクタリングと他の資金調達方法との違いをしっかりと理解することで、企業にとっては低いコストで適切なタイミングで資金調達を行うことができるようになるのです。

ファクタリングと他の資金調達方法との違いについて詳しく解説していきます。

様々な資金調達方法を理解して、適切なタイミングでファクタリングを利用することができるようになりましょう。

記事の目次 非表示

ファクタリング以外の資金調達方法

ファクタリング以外の資金調達方法

企業の資金調達方法は様々です。

  • 銀行融資
  • 日本政策金融公庫の融資
  • ノンバンクのビジネスローン
  • 役員借入

主な資金調達方法でもこれだけの手段がありますが、それぞれの特徴について詳細に理解をしておくことが大切です。

ファクタリングの他の資金調達方法についてまずは詳しく見ていきましょう。

銀行融資

銀行から事業資金の融資を受けて資金調達する方法です。

銀行へ決算書を提出して審査を受けて審査に通過した場合のみ融資を受けることができます。

金利は2%前後の低金利で借りることができ、高くても5%程度と低いコストで資金を調達することができます。

中小企業は信用保証協会の保証をつけて融資を受けるのが一般的です。

審査には銀行との面談が必須で、融資を受けるまでには2週間程度の時間がかかるものと考えておきましょう。

日本政策金融公庫の融資

政府系の金融機関である日本政策金融公庫から事業資金融資を受ける方法です。

審査基準やプロセスなどは銀行の事業資金融資と変わらず、金利も2%〜3%程度の低利で借りることができます。

銀行や信用金庫が信用保証協会の保証をつけて融資するのに対して、日本政策金融公庫の融資は保証をつけないプロパー融資で行うので、銀行や信用金庫の融資とは別枠で借りることが可能です。

つまり、銀行や信用保証協会から「これ以上は融資できない」と融資を断られてしまっても日本政策金融公庫であれば借りることができる可能性があります。

ノンバンクのビジネスローン

消費者金融などのノンバンクが扱うビジネスローンで事業資金の融資を受ける方法です。

非対面で契約まで行うことができ、ビジネスローンの中には即日融資に対応しているところもあります。

銀行や日本政策金融公庫よりもかなり審査基準は緩いので、銀行や日本政策金融公庫の審査に落ちても借りることができる可能性がありますが、金利は利息制限法の法定上限金利ギリギリの15%〜18%程度となっています。

ノンバンクは銀行のように資金力がないので、いくら多くても1,000万円までしか借りることが不可能です。

役員借入

会社の代表者などの役員個人から会社に必要なお金を借り入れる方法です。

役員個人から借りるので、審査なし、低金利で借りることが可能で、役員に預金さえあればすぐにお金を借りることが可能です。

ただし、役員個人にお金がなければ借りることは不可能な方法です。

会社が役員個人からお金を借りる場合には金利を設定する必要はありません。

資金調達方法 金利 面談 融資までの時間
銀行融資 2%〜5%程度 必要 2週間程度
日本政策金融公庫 2%〜3%程度 必要 2週間程度
ビジネスローン 15%〜18%程度 不要 最短即日
役員借入金 なし なし 即日

ファクタリングと銀行融資の違い

ファクタリングと銀行融資の違い

ファクタリングと銀行融資は大きく異なるものです。

  • 審査基準
  • 資金調達のスピード
  • 自社の与信ウェイト
  • 決算書上の表示
  • 資金調達コスト

など、あらゆる面で異なり、共通しているのは「外部からの資金調達方法」という点だけと言っても過言ではないでしょう。

ファクタリングと銀行融資の違いについて詳しく見ていきましょう。

審査はファクタリングの方が緩い

銀行融資の審査基準とファクタリングの審査基準は180度異なります。

  • 銀行融資:自社の業況や資金繰りが審査対象
  • ファクタリング:売掛先の業況が審査対象

銀行融資は自社の利益から返済するものです。

そのため、利益が出ると見込まれないと審査に通過することはできません。

一方、ファクタリングは売掛先が売掛債権を返済することによって返済するので、売掛先の業況が審査では最も重視されます。

銀行融資の審査は厳しいので、融資をした後に利益が出ると見込まれる場合でないと審査に通過することができず、赤字が続いている場合や債務超過では審査に通過することは難しくなります。

ファクタリングは赤字や債務超過でも、売掛先の業況に問題がなければ資金調達可能です。

資金化までのスピードはファクタリングの方が早い

銀行融資とファクタリングは資金化までのスピードにも大きな違いがあります。

  • 銀行融資:早くても1週間、平均的には2週間程度
  • ファクタリング:最短即日資金化、遅くても数日では資金化可能

銀行は、面談、決算書を分析する審査、融資案件の審査、信用保証協会の審査など、審査のプロセスがいくつもあるので、資金化までに早くても1週間はかかってしまいます

一方、ファクタリングは審査もそれほど複雑ではないので、2社間ファクタリングであれば即日資金化に対応しているファクターも多数存在します。

自社の与信のウェイトは銀行融資の方が高い

自社の審査のウェイトも銀行融資とファクタリングでは大きく異なります。

  • 銀行融資:自社の与信のウェイトが最重要
  • ファクタリング:売掛先の与信のウェイトが最重要

銀行融資では自社の与信のウェイトが最も高くなります。

いくら自社が優良企業の売掛債権を持っていても、自社の業況が悪ければ審査に通過することはできません

一方、ファクタリングは優良企業の売掛債権さえ持っていれば自社の業況が悪くても審査に通過できる可能性があります。

自社の与信が審査でどの程度のウェイトを占めるのかという点では銀行融資とファクタリングは真逆の関係にあると言えるでしょう。

決算書上の表示の違い

銀行融資は借入金として貸借対照表に表示されます。

一方、ファクタリングは売掛債権という資産を売却して現預金という資産に振り替わるだけですので負債が増えることはなく、貸借対照表の総額は変わりません。

貸借対照表が大きくならないので、ファクタリングはバランスシートのオフバランス化に寄与することができます。

資金調達コストは銀行の方が低い

銀行融資とファクタリングは資金調達コストも大きく異なります。

  • 銀行融資:金利2%〜4%程度
  • ファクタリング:2社間ファクタリング20%程度、3社間ファクタリング5%程度

1,000万円調達するのに、銀行融資であれば20万円〜40万円の利息負担で済みますが、ファクタリングは2社間の場合には200万円もの手数料が発生してしまうこともあります。

資金調達コストで言えば、圧倒的にファクタリングの方が高くなってしまいます。

銀行融資 ファクタリング
審査基準 自社の決算を厳しくチェック 売掛先の業況をチェク
資金調達スピード 早くて1週間、平均的には2週間 2社間ファクタリングは最短即日
自社の与信ウェイト 非常に高い 低い
決算書の表示 借入金 なし
資金調達コスト 2%〜5%程度 2社間:20%程度
3社間:5%程度

ファクタリングと日本政策金融公庫融資の違い

ファクタリングと日本政策金融公庫融資にも大きな違いがあります。

日本政策金融公庫の融資は銀行融資と共通点が多いので、日本政策金融公庫融資とファクタリングの違いは、銀行融資とファクタリングの違いと類似しています。

日本政策金融公庫融資と、ファクタリングの違いについて詳しく解説していきます。

審査基準はファクタリングの方が緩い

日本政策金融公庫の審査基準は銀行融資とほぼ同じです。

  • 日本政策金融公庫:自社の業況や資金繰りが審査対象
  • ファクタリング:売掛先の業況が審査対象

日本政策金融公庫の審査も、審査の対象となるのは自社の業況や資金繰りで、難易度も銀行融資とほぼ同じです。

赤字が続いている場合や債務超過の場合には審査に通過することはできません

資金化までのスピードはファクタリングの方が早い

日本政策金融公庫の融資は銀行融資よりもさらに時間がかかることがあります。

  • 日本政策金融公庫:2週間程度、1ヶ月近くかかることもある
  • ファクタリング:最短即日資金化、遅くても数日では資金化可能

日本政策金融公庫の審査の際には必ず面談が必要になりますが、近くに日本政策金融公庫の支店がない場合には、数時間かけて面談に行かなければならずこれだけで時間がかかってしまいます。

審査プロセスも、決算書から企業の審査→案件の審査と丁寧に行うので時間がかかり、早くて2週間、時間かかる時には1ヶ月程度の時間がかかります

自社の与信のウェイトはファクタリングの方が低い

自社の与信のウェイトは日本政策金融公庫とファクタリングは正反対です。

  • 日本政策金融公庫:自社の与信のウェイトが最重要
  • ファクタリング:売掛先の与信のウェイトが最重要

やはり日本政策金融公庫も自社の与信ウェイトが最も重要で、いくら有力な売掛債権などを持っていても、収益やキャッシュフローから返済できないと判断されてしまえば審査に通過することはできません。

決算書上の表示の違い

日本政策金融公庫から資金調達した場合、決算書上は「借入金」として負債の部に表示されます。

その分、負債は増えてしまいますし、貸借対照表の総額は借入後の方が大きくなってしまいます

資金調達コストは日本政策金融公庫の方が低い

日本政策金融公庫の金利も低金利ですので、ファクタリングとは資金調達コストが大きく異なるものになります。

  • 日本政策金融公庫:金利2%〜4%程度
  • ファクタリング:2社間ファクタリング20%程度、3社間ファクタリング5%程度

日本政策金融公庫の金利は銀行と変わらないので、2社間ファクタリングと比較すると同じ資金を調達する場合のコスト負担はファクタリングの方が大きくなってしまいます。

日本政策金融公庫 ファクタリング
審査基準 自社の決算を厳しくチェック 売掛先の業況をチェク
資金調達スピード 平均的には2週間、1ヶ月程度かかることもある 2社間ファクタリングは最短即日
自社の与信ウェイト 非常に高い 低い
決算書の表示 借入金 なし
資金調達コスト 2%〜4%程度 2社間:20%程度
3社間:5%程度

ファクタリングとビジネスローンとの違い

ノンバンクのビジネスローンとファクタリングも異なる点が多数あります。

ノンバンクのビジネスローンと2社間ファクタリングは資金調達コストが高いという点では共通していますが、その他の部分では相違点の方が多いと言えます。

ビジネスローンとファクタリングの違いはどのような点にあるのでしょうか?

審査基準はどちらも緩い

ビジネスローンの審査基準は銀行や日本政策金融公庫と比較すれば非常に緩いものになっています。

赤字や債務超過でも借りることができる可能性があります

また、融資後に経営が悪化することが分かっていたとしても、不動産などの有力な資産があり「回収可能」と判断されれば審査に通過できる可能性もあります。

ただし、赤字や債務超過な上に有力な資産がない場合には審査に落ちることあります。

また、個人事業主本人や法人代表者の個人信用情報が審査で重視されるので、代表者個人がブラックの場合にも審査に通過することはほとんどのビジネスローンで不可能です。

ファクタリングは、有力な売掛債権さえ持っていれば赤字や債務超過や代表者がブラックでも審査に通過できる可能性があります。

赤字や債務超過でも資金調達することができるという可能性があるという点では共通していますが、ファクタリングの方が会社の業況や代表者の個人信用情報とは無関係に審査が行われるという点に特徴があります。

資金化はどちらも最短即日

資金化までのスピードはビジネスローンとファクタリングでは大きな違いはありません。

  • ビジネスローン:最短即日融資、遅くとも数日中には融資可能
  • ファクタリング:最短即日資金化、遅くとも数日中には資金化可能

ビジネスローンは非対面で契約まで完了することができ、審査のプロセスもそれほど複雑ではないので即日融資を受けることも可能です。

ファクタリングも即日資金化可能ですので、資金化までのスピードに大きな違いはないと言えるでしょう。

自社の与信のウェイトはファクタリングの方が低い

ファクタリングとビジネスローンでは自社の与信ウェイトも異なります。

  • ビジネスローン:自社の与信を重視して審査を行う
  • ファクタリング:自社の与信よりも売掛先の与信が最優先

ビジネスローンは売掛債権も含めた会社の資産状況の審査されますが、やはり自社の利益の中から返済可能かどうかということが重点的に審査されます。

ファクタリングは売掛先の与信が重点的に審査されるので、自社の与信のウェイトはビジネスローンの方が高いと言えます。

自社の業況が悪い時に、より資金調達の可能性が高いのはファクタリングの方ということができます。

決算書上の表示の違い

決算書ではビジネスローンは「借入金」と表示され、ファクタリングでは何も表示されません。

借入金には明細書がついているので、明細書から「どこからお金を借りた」ということを知られてしまいます。

つまり、決算書から「ビジネスローンを借りている」ということを対外的に知られてしまうことになるのです。

銀行などは「ノンバンクからお金を借りているということは資金繰りが相当悪化しているに違いない」とネガティブな判断を下すので、ビジネスローンを借りると銀行などからの対外的な評価が下落してしまう可能性があります

一方、ファクタリングは貸借対照表には表示されないので、銀行などに対して外部から資金調達をしたことを隠すことができます。

資金調達コストは同じくらい

ビジネスローンとファクタリングでは資金調達コストはそこまでは大きくは変わりません。

  • ビジネスローンの金利:15%〜18%
  • ファクタリング手数料:2社間ファクタリング20%程度、3社間ファクタリング5%程度

2社間であればファクタリングの方が高くなりますが、3社間ファクタリングであれば資金調達コストであればビジネスローンよりも低いコストで資金調達可能です。

どちらも銀行融資や日本政策金融公庫と比較して高い調達コストを強いられると言えるでしょう。

ビジネスローン ファクタリング
審査基準 自社の決算・資産・代表者個人信用情報 売掛先の業況をチェク
資金調達スピード 最短即日融資 2社間ファクタリングは最短即日
自社の与信ウェイト 高い 低い
決算書の表示 借入金 なし
資金調達コスト 15%〜18%程度 2社間:20%程度
3社間:5%程度

ファクタリングと役員借入との違い

役員借入とファクタリングは相違点ばかりと言えます。

役員借入は借入というだけで、実際には審査なしで資金調達することができますし、資金調達コストもかかりません。

ただし、資金化までのスピードなどについては共通している点もあります。

役員借入とファクタリングの違いはどのような点にあるのか、詳しく見ていきましょう。

役員借入金は審査なし

役員借入金には基本的に審査などありません。

会社の資金繰りが窮地のタイミングで経営者の個人資産を会社に貸し出すという形で資金調達するので、審査なしで資金調達が可能です。

審査が行われるファクタリングよりも簡単に資金調達できます。

資金化まではどちらも最短即日

資金化までのスピードは役員借入金もファクタリングも最短即日です。

役員借入金は役員の口座から銀行へお金を移すだけですし、ファクタリングも2社間ファクタリングであれば即日で資金調達することが可能です。

自社の与信のウェイトはファクタリングの方が高い

役員借入金は審査がないので自社の業況がいかに悪くても役員が了承さえすれば資金化可能です。

ファクタリングの審査ウェイトは自社よりも売掛先の方が高いですが、2社間ファクタリングの場合には自社の与信も多少は重視されるので、あまりにも業績が悪いと審査に通過することはできません。

決算書上の表示の違い

役員借入金は決算書には「役員借入金」と表示されます。

ただし、中小企業の場合には会社の財産の役員個人の財産は同一視されますので、銀行などは役員借入金のことを自己資本と同一視して評価するので、役員借入金があることによって、銀行などの外部の人から会社がネガティブに評価されることはありません。

役員借入金に資金調達コストはない

役員からお金を借りた場合には利息の支払いについては法律で特に定められていないことから、多くの会社は無利息で役員からお金を借りています。

  • 役員借入金:無利息
  • ファクタリング手数料:2社間ファクタリング20%程度、3社間ファクタリング5%程度

役員借入金は資金調達コストがかかりません。

経営者などに個人資産があるのであれば高いコストをかけてファクタリングするよりも、役員借入金によって資金調達した方がよいでしょう。

役員借入金 ファクタリング
審査基準 なし 売掛先の業況をチェク
資金調達スピード 即日・随時 2社間ファクタリングは最短即日
自社の与信ウェイト なし 低い
決算書の表示 役員借入金
(資本金と同一視される)
なし
資金調達コスト なし 2社間:20%程度
3社間:5%程度

ファクタリングは回収コストを排除できる!

ここまで見るとファクタリングには「資金化が早い」「回収リスクがない」という点以外にはメリットがあまりないように思えます。

しかし、ファクタリングには売掛債権の回収リスクがないというメリットがあります。

ファクタリングでは、売却した売掛債権の回収リスクもファクターに譲渡できます。

つまり、もしも売掛先が倒産して売掛債権が回収不能になってもそのリスクはファクターが負ってくれるのです。

この点がファクタリングと他の資金調達方法との最も大きな違いです。

売掛先の支払いに不安がある時には、ファクタリングをすることによって早期資金調達ができるだけでなく、売掛債権の回収リスクまでファクターに譲渡してしまうことができます。

この点では、ファクタリングと他の資金調達方法では活用できる場面が大きく異なると言えるでしょう。

ファクタリングと他の資金調達法についてのよくある質問

どの資金調達方法を最初に選ぶべきでしょうか?
「いつまでに資金が必要なのか」という視点で最初は考えましょう。
すぐに資金が必要なのであればビジネスローンかファクタリングでないと資金が必要なタイミングに間に合いません。
時間的に余裕があるのであれば、銀行融資か日本政策金融公庫を選択するのがよいでしょう。
ファクタリングのメリットは「早期資金化」「売掛先の与信で調達可能」などの他にもありますか?
早期資金化と回収リスクの排除などの他にもファクタリングにはメリットがあります。ファクタリングは売掛金の管理業務をアウトソーシングできますし、売掛先の与信管理もファクターのプロ目線の審査を受けることができます。ファクタリングはこれらのバック業務オフィスの効率化を図ることができます。
ファクタリングとビジネスローンの使い分けを教えてください。
ファクタリングは一括返済、ビジネスローンは分割返済ですので、毎月少しずつ返済したいという人はビジネスローン、短期間だけお金を調達して、すぐに返済できるという人はファクタリングがおすすめです。
銀行や日本政策金融公庫の融資で即日資金調達できるものはありますか?
基本的にはありません。銀行にも金利が高いビジネスローンがあり、この商品であれば即日で資金調達することができる場合もありますが、審査に時間がかかってしまうこともあるので、基本的には銀行などに即日資金調達を期待するのは難しいと考えた方がよいでしょう。

まとめ

ファクタリング以外の主な資金調達の方法としては

  • 銀行融資
  • 日本政策金融公庫
  • ノンバンクのビジネスローン
  • 役員借入金

の4つの方法をあげることができます。

役員個人にお金があるのであれば役員借入金を利用した方が低コストで審査なしでスピーディーに資金調達をすることができるので、役員借入金を利用した方がよいでしょう、

ファクタリングは他の資金調達方法よりも自社の与信のウェイトが低いので、自社の業況が悪い場合に最も資金調達できる可能性が高い方法です。

ただし、手数料が高いので、最初は金利の低い銀行融資や日本政策金融公庫などを利用し、ファクタリングは銀行などの審査に通過できない場合や、どうしても急いでお金が必要な場面に利用するのがおすすめです。

それぞれの資金調達方法の特性や違いを理解して、賢く資金調達ができるようになりましょう。