事業を営んでいて「今日中に資金調達しないとやばい」という経験をお持ちの人も多いのではないでしょうか?

「取引先から予定されていた入金が遅れると連絡が入った」「用意しておいたお金が従業員に持ち逃げされてしまい支払いができない」などの理由で、突然お金が必要になる場面は少なくありません。

しかし、そのような時に手形の期日であれば手形は不渡りになって企業は倒産してしまいます。

また「従業員に給料を払うことができない」、「取引先への支払いができない」などの事情があれば事業の継続は困難です。

今日中に資金調達する方法は3つだけ存在します。

今回紹介する方法であれば、今日中に必要な資金を借りることができる可能性があります。

今お金が必要ではない人でも、資金調達方法を理解しておくことで、いざという時にも役立ちます。

いざという時に備えて今日中に資金調達する方法を頭に入れておきましょう。

今日中に事業資金調達できる3つの方法

今日中に事業資金調達できる3つの方法

今日中に事業資金調達ができるのは以下の3つの方法だけです。

  1. ビジネスローン
  2. カードローン
  3. ファクタリング

まずは、それぞれの資金調達方法の概要を解説していきます。

①ビジネスローン

ビジネスローンとは消費者金融などのノンバンクが提供する事業資金です。

基本的には非対面で借りることができ、申込日その日に融資を受けることができる即日融資に対応しているものも多いので、今日中に資金調達することができます。

注意しなければならないのは、法人ではなく個人事業主に対してのみ融資を行なっている商品が多いという点です。

個人事業主は個人信用情報のチェックができるので、スピーディーな審査が可能になるためです。

法人に対して即日融資を対応しているのは「ビジネクスト」など限られた会社しかないので、申込先をよく考えてから申し込みを行うようにしてください。

②カードローン

消費者金融のカードローンなども即日融資対応です。

しかし、消費者金融のカードローンは借りたお金を事業資金に使うことができないので使い道には十分な注意が必要になります。

③ファクタリング

法人が最も確実に今日中に資金調達することができる方法がファクタリングです。

ビジネスローンは法人に対する即日融資を行なっているところが少なく、カードローンは事業資金に利用することができないためです。

ファクタリングであれば法人でも即日資金調達することができます。

ファクタリングは借入ではなく売掛金などの売掛債権の売却です。

そのため、売掛金を持っていなければ資金調達することができません。

売掛金さえあれば自社に信用がなく、どこからもお金を借りることができない事業者の方でもファクタリングであれば今日中に資金調達することができる可能性があります。

ビジネスローンで今日中に資金調達

ビジネスローンで今日中に資金調達

ビジネスローンで資金調達する方法にはメリットとデメリットなど以下の特徴があります。

  • 業況が審査される
  • 借入限度額は500万円くらい
  • 金利は高い
  • 税金を滞納していても借りられる
  • 総量規制対象外

今回紹介する方法としては、最も簡単に借りることができる王道の方法と言えますが、自社の経営状態があまりにも悪いと借りることができない可能性があります。

申し込む前に特徴を理解しておきましょう。

業況が審査される

ビジネスローンは自社の業況が審査において重要になります。

銀行の事業資金よりもビジネスローンの審査は甘いですが、それでも経営状態がボロボロで「絶対に返済は難しい」と思われる企業に対しては融資を行いません。

借入限度額は500万円くらい

ビジネスローンは高額融資には対応していません。

原則的に無担保で融資を行うため、銀行から借りることが難しい業況がそれほど良好ではない企業に対して高額融資をすることが難しいからです。

基本的には500万円程度が融資限度額となっており、多いところでも1,000万円が限度です。

担保を提供することで数千万円程度の高額融資を受けることができる可能性もありますが、ビジネスローンを借りなければならないほど資金繰りに困っている会社が数千万円もの担保を用意することは現実的とは言えません。

ビジネスローンで今日中に資金調達できる金額は数百万円程度が限度であると理解しておきましょう。

金利は高い

ビジネスローンの金利は100万円未満で18%、100万円超で15%と、利息制限法ギリギリの高金利が適用されるものと理解しておきましょう。

ビジネスローンのビジネスモデルは基本的に銀行から借りることが難しいリスクの高い事業者に対して高金利で融資を行う、ハイリスクハイリターンだからです。

銀行の事業資金融資が2%前後の金利で借りることができることと比較すると、ビジネスローンは大きな利息負担になってしまいます。

今日中の資金調達に対応しているビジネスローンは銀行融資が降りてくるまでの短期間だけ利用して、長期間恒常的に利用することはおすすめできません。

税金を滞納していても借りられる

銀行や日本政策金融公庫の融資は税金を滞納していた場合には借りることはできません。

日本政策金融公庫は税金を原資に融資をしていますし、銀行の事業資金融資も税金で運用される信用保証協会の保証をつけて融資されることが一般的だからです。

これらの融資では審査の際に納税証明書の提出が必須になります。

事業者は税金を滞納するとお金を借りる手段が著しく狭くなってしまうのですが、ビジネスローンであれば税金を滞納していても借りることができます

総量規制対象外

消費者金融が融資を行うビジネスローンですが、総量規制の対象外となっています。

総量規制は消費者を過剰融資から守るための法律上のルールです。

しかし事業者は消費者ではないので総量規制の対象外です。

主に個人事業主に対して個人名で融資を行なっているビジネスローンですが、総量規制対象外ですので個人事業主でも年収の3分の1を超える金額を借りることも可能です。

個人事業主は節税のために年収を低く申告していることが多いですが、ビジネスローンであれば申告所得の低い個人事業主でも必要資金を借りることができる可能性があります。

カードローンで今日中に資金調達

カードローンで今日中に資金調達

今日中に資金調達できる方法として誰もが頭に浮かぶのが消費者金融のカードローンではないでしょうか?

しかし、消費者金融カードローンは借入金を事業資金に流用することができないなどのいくつかの注意点があります。

注意点や特徴をしっかりと理解しておきましょう。

  • 事業内容とは無関係に借りられる
  • 事業資金には使えないので注意
  • 総量規制対象になり少額しか借りられない
  • 無利息期間がある

何も考えずに借りたお金を事業目的に使ってしまうと、大きなペナルティが課される可能性もあります。

消費者金融カードローンの特徴や注意点について詳しく見ていきましょう。

事業内容とは無関係に借りられる

カードローンは事業資金ではないので、事業の内容は審査されません

たとえ会社が大赤字でも、個人としてしっかりと給料を受け取っている人であれば問題なく審査に通過できる可能性があります。

事業資金には使えないので注意

カードローンは基本的に事業に必要なお金を借りることができません。

借りたお金を何に使ってもよいカードローンですが、唯一事業資金にだけは利用することができないためです。

事業資金に使ったことがバレてしまうと融資金の一括返済を迫られる可能性が非常に高くなるので十分に注意が必要です。

このため、カードローンで今日中に資金調達する場合には「自分の生活費を事業の支払いに回す」→「カードローンで借りたお金を生活費に回す」というように資金を回して行かなければなりません。

総量規制対象。少額しか借りられない

個人の消費資金であるカードローンは総量規制対象です。

このため、それほど高額を借りることは難しいでしょう。

個人事業主は節税のために年収を低く申告していることが多いですが、このような場合には数十万円程度の少額しか借りることができない可能性が高いと言えます。

「今日中に資金調達しなければならないお金はいくらなのか」を事前に検討し、その金額が年収の3分の1を超えているようであれば、カードローンでは資金調達できません。

他の方法で今日中に資金調達できる方法にシフトしましょう。

無利息期間がある

アコムやプロミスやアイフルなどのカードローンには無利息期間があります

「今日中にお金が必要」という人は数日程度資金が間に合えばいいというケースが多いので、無利息期間があるカードローンを借りることで利息負担0円で今日中に必要資金を調達することができる可能性があります。

カードローンは使いすぎは厳禁ですが、上手に活用することで最小のコストで必要資金を調達することができる方法です。

ファクタリングで今日中に資金調達

ファクタリングで今日中に資金調達

最近話題の即日資金調達方法がファクタリングです。

ファクタリング最大の特徴が自社ではなく売掛先の業況が審査されるので自社に信用がなくても資金調達可能という点です。

そして、前述したように法人が最も確実に今日中に資金調達することができる方法でもあります。

しかし、大前提として売掛金を持っていないと取引することができません。

主な特徴や注意点は以下の通りです。

  • 審査されるのは売掛先の業況
  • 即日対応は2者間のみ
  • 取引先に秘密で資金調達可能
  • 売掛金を持っていないと利用できない
  • 手数料は最も高い
  • 個人事業主は利用できない
  • 悪徳業者には注意が必要

優良企業の売掛金を持っていれば今日中に資金調達することができますが、悪徳業者にも注意が必要になります。

ファクタリングで今日中に資金調達をする前に知っておくべき点について解説します。

審査されるのは売掛先の業況

ファクタリングで審査されるのは売掛先企業の業況です。

売掛金の売却であるファクタリングでは、ファクタリング会社に資金を支払うのは自社ではなく、ファクタリング会社であるためです。

このため、銀行はおろかビジネスローンの審査にすら通過することができない企業でも、ファクタリングであれば資金調達することができる可能性があります。

ただし、自社の業況を全く審査しないのかと言えば、そのようなことはありません。

売掛先から振り込まれた売掛金代金を自社が持ち逃げしないように、自社の業況についても一応審査を受けることになり、ここで「ファクタリングしても今日明日には倒産する可能性が高い」などと判断された場合には審査に落ちてしまうこともあります。

いずれにせよ、自社に対する審査は融資よりも緩く行われる傾向があります。

即日対応は2社間のみ

ファクタリングには取引先の同意が不要な2社間ファクタリングと、取引先の同意が必要になる3社間ファクタリングがありますが、即日融資に対応しているのは2社間ファクタリングだけです。

取引先への同意が必要になる3社間ファクタリングでは、取引先の同意を得るのに1週間程度の時間がかかってしまうので、今日中に資金調達することは不可能だからです。

即日資金調達をしたいのであれば、2社間ファクタリングを取り扱っているファクタリング会社へ申し込みをするようにしましょう。

取引先に秘密で資金調達可能

2社間ファクタリングでは、売掛先に秘密で今日中に資金調達することができます。

2社間ファクタリングは売掛金の期日に自社に対して売掛先が代金を支払い、自社が代金をファクタリング会社へ送金する形だからです。

ファクタリングを利用していることが売掛先に知られると「資金繰りに困っている危ない企業」などと取引先にネガティブに判断され、取引先との取引に悪影響を及ぼしてしまうこともあります。

しかし2社間ファクタリングではこのような心配ありません。

売掛金を持っていないと利用できない

ファクタリングは法人でも今日中に資金調達ができる有力な方法ですが、そもそも売掛金を持っていないと資金調達は不可能です。

ファクタリングは借入ではなく売掛金の売却ですので、そもそも売却できるものを持っていないと利用することは不可能だからです。

そして、売却できるのはファクタリング会社が「回収可能」と判断した売掛金だけですので、業況が悪い会社の売掛金や長期間未払いになっている不良債券などは売却不可能です。

手数料は最も高い

2社間ファクタリングは紹介した3つの資金調達方法の中では最も手数料が高くなります。

借入ではなく売却ですので、売掛債権の回収リスクも売却ことによるリスクプレミアムとして利息制限法を超える手数料が適用されることが多いためです。

2社間ファクタリングの手数料相場は10%〜20%と高額で、場合によっては20%以上の高い手数料が適用されることもあります。

法人が最も確実に今日中に資金調達することができる方法ですが、恒常的に利用すると確実に収益を圧迫してしまうということは理解しておかなければなりません。

個人事業主は利用できない

個人事業主は2社間ファクタリングを利用することはできません

2社間ファクタリングは債権譲渡登記という登記を行う必要があります。

債権譲渡登記は法人しか登記を行うことはできません。

このため、基本的に個人事業主は2社間ファクタリングを利用することはできません。

個人事業主が今日中に資金調達するとしたらビジネスローンの利用を検討した方が現実的です。

悪徳業者には注意が必要

2社間ファクタリングは高額な手数料を要求する悪徳業者に注意が必要です。

ファクタリングは行政への登録や許認可が不要で手数料の上限を定めた法律もありません。

そのため、どんな業者も参入でき、手数料も自由に設定することができてしまうのです。

中には闇金のような反社会的勢力が業者として混じっている場合もあります

悪徳業者は30%程度の手数料を要求してくることもありますので、初めて取引をする時には複数の業者から見積もりをとるようにしてください。

カードローンは事業資金には利用できませんか?
カードローンは何に利用しても自由ですが、唯一事業資金だけには利用することができません。事業資金への利用がバレると一括返済を迫られるリスクがあるので十分注意しましょう。
銀行からの借入で今日中に資金調達する方法はありますか?
銀行に事前に極度枠を作成しておくことせ今日中に資金調達することができます。極度枠とは「〇〇万円までなら借りることができる」という枠のことで、あらかじめ極度枠の審査に通過しておけば、即日資金調達が可能です。極度枠を作成していない場合には銀行からの即日資金調達は不可能です。
ビジネスローンのデメリットを教えてください。
銀行などの外部のステークホルダーからの評価が下落するという点です。ビジネスローンを借りると決算書に記録されるので、決算書を見たステークホルダーはノンバンクから資金を借りたということが分かってしまいます。ノンバンクからの借入がある企業は評価が下がる傾向があります。

まとめ

事業資金を今日中に調達することができる方法は以下の3つです。

  • ビジネスローン
  • カードローン
  • 2社間ファクタリング

カードローンは事業資金には利用することができないため、現実的には事業資金を今日中に調達する方法はビジネスローンと2社間ファクタリングにのみになります。

このうち、ビジネスローンは法人には非対応のことが多く、2社間ファクタリングは個人事業主が利用することは難しくなります。

法人は2社間ファクタリング個人事業主はビジネスローンで、今日中に資金調達を行うようにしましょう。