「今日中に税金を支払わないと滞納になってしまう……」

「明日までに準備金を揃えておかないと、大型受注に対応できない!」

中小企業の経営者や個人事業主は、常に資金繰りに頭を悩ませるものです。

ときには、24時間以内に資金を調達しないといけない状況になることもあるでしょう。

今日中に資金が必要になったとき、ぜひ検討したいのが債権譲渡のファクタリングです。

ファクタリングは融資と違い、赤字決算や税金滞納であっても、回収前の売掛債権があれば、最短即日でまとまった資金を調達することができます。

今回は「今日中に資金が必要!」という経営者の方に、ファクタリングで最短即日の資金調達を実現するポイントや、即日資金化の注意点を解説します。

ファクタリングは条件付きで今日中に資金調達可

ファクタリング説明図

一般的な商取引(掛取引、信用取引)では、先に商品・サービスを納入し、「月末締めの翌月末払い」や「月末締めの翌々月末払い」で代金を受け取る仕組みとなっています。

このときに発生する「後から代金を請求できる権利」を、売掛債権と言いいます。

ファクタリングは、回収前の売掛債権をファクタリング会社が買い取り、期日前に資金化するサービスです。

通常であれば1~2ヶ月先に入金される売掛金ですが、ファクタリングを利用すれば、今日中に資金化ができます。

ただし、ファクタリングで今日中の資金化を実現するには、いくつかの条件をクリアする必要があります。

ファクタリングで今日中の資金化を実現するコツ

ファクタリングで今日中の資金化を実現するコツ

ファクタリングで申し込みをしたその日のうちに現金を受け取るには、以下の条件をクリアすることが重要です。

  • 2社間ファクタリングを選ぶ
  • 即日資金化の実績がある業者を選ぶ
  • 必要書類を揃えておく
  • 非対面のファクタリング会社を選ぶ
  • 信用力の高い売掛先の債権を譲渡する

2社間ファクタリングを選ぶ

ファクタリングは、契約主体の異なる「3社間ファクタリング」と「2社間ファクタリング」の2種類に分けられます。

2種類のファクタリング契約

3社間ファクタリング・・・利用者ファクタリング会社売掛先の3社間で契約を結ぶファクタリング

2社間ファクタリング・・・利用者ファクタリング会社の2社間で契約を結ぶファクタリング

今日中に現金を受け取るには、2社間ファクタリングを選択することが最低条件です。

 

2社間ファクタリングは利用者とファクタリング会社の2社間の取引で、売掛先(取引先)は一切関与しません。

売掛先に債権譲渡の事実を通知し、同意を得るプロセスが省略されるため、利用者とファクタリング会社の間で契約が締結されれば、ただちに売掛債権を資金化することができます。

即日資金化の実績がある業者を選ぶ

ファクタリング会社の中には、即日の資金化が可能なところもあれば、入金までに1週間ほどの時間がかかるところもあります。

たとえば、メガバンク系列のファクタリング会社は、日々多数の企業からファクタリングの依頼があり、審査もプロパー融資並み厳格さであるため、即日資金化はきわめて難しくなります。

一方で、独立系ファクタリング会社は、一刻も早い資金調達を必要とする中小企業や個人事業主をメインの顧客としているため、即日資金化の実績が豊富です。

今日中の資金調達を望むのであれば、独立系ファクタリング会社に申し込みましょう。

必要書類を揃えておく

ファクタリングの申し込み、契約にはいくつかの書類が必要となります。

なかには市町村役場や法務局で発行してもらう書類もあるため、あらかじめ取得しておくようにしましょう。

ファクタリングに必要な書類は、以下のとおりです。

申し込み時
  • 本人確認書類(免許証・パスポートなど)
  • 入金履歴を確認できる通帳(WEB通帳含む)
  • 請求書・見積書など売掛債権を証明する書類
契約時
  • 納税証明書
  • 印鑑証明書
  • 登記簿謄本など

必要書類はファクタリング会社によって異なるため、申し込みの前に確認しておきましょう。

また、どうしても揃えられない書類があれば、事前にファクタリング会社に相談することで、融通を利かせてもらえる場合があります。

非対面のファクタリング会社を選ぶ

ファクタリング契約の際に、来社や面談が必要な場合があります。

自社の近隣にファクタリング会社があればまだしも、遠方の場合は移動だけで貴重な時間を使うことになります。

最短即日かつ対面契約の手間を省くのであれば、オンライン完結型、あるいは郵送に対応した非対面のファクタリング会社を選びましょう。

非対面の場合は、債権の買取金額アップや手数料の交渉こそできませんが、いつでも・どこでも申し込みができ、今日中に資金化できる確率も高くなります。

信用力の高い売掛先の債権を譲渡する

売掛先の信用力は、ファクタリングの買取可否と買取額を大きく左右する要素です。

たとえば、売掛先が上場企業であったり、国の機関であったりした場合、倒産による貸し倒れリスクがきわめて低いため、ファクタリング会社も債権を安心して買い取ることができます。

一方で、信用力に乏しい売掛先の債権は、買取自体を断られる可能性があるため、今日中の資金化が難しくなります。

今日中に売掛債権を資金化するなら、経営状態が良く、信用力の高い売掛先の債権を売却しましょう。

ファクタリングで即日資金化の注意点

ファクタリングで今日中の資金調達を実現するにあたって、以下の点に注意が必要です。

即日資金化を売りにした悪質業者の存在

2社間ファクタリングのデメリット

ファクタリング会社の中には、「即日資金化」をうたって偽装ファクタリングを行う悪質な業者も存在します。

偽装ファクタリングとは、売掛債権を買い取ってあたかもファクタリング契約を結んだように見せかけ、その実態は業者側が何のリスクも追わない高利の貸付です。

悪質な業者は早急な資金繰りに追われる事業者をターゲットとしているため、くれぐれも安易に契約しないよう注意しましょう。

2社間ファクタリングは手数料が高め

今日中の資金調達を実現するなら、2社間ファクタリングの利用がマストです。

ただし、2社間ファクタリングは買取額面に対して10~20%が手数料の相場となっており、調達コストは比較的高めです。

ファクタリングの手数料率の許容範囲は、売却する売掛債権の粗利益率や営業利益率が判断基準となります。

もしファクタリングの手数料が、譲渡する売掛債権の粗利益率と同じか、あるいはそれを上回る場合、儲けのほとんどを手数料に持っていかれるため、利用者はファクタリングに依存する体質かつ業績悪化から抜け出せなくなってしまいます。

今日中の資金化に関するQ&A

ファクタリングで今日中に資金化するにあたって、抑えておきたいポイントをQ&Aにまとめました。

Q.2社間ファクタリングで手数料を抑えるためのポイントを教えて下さい。
A.請求書や見積書を提出すること、売掛先との良好で継続的な取引を証明することを前提として、時間に余裕があればファクタリング会社の担当者と手数料の交渉を試みましょう。ファクタリング会社の中には経営者の人柄を重視するところもあり、ファクタリングで調達した資金を使って経営改善や事業再生について具体的に説明できれば、手数料を下げてもらえる可能性があります。
Q.債務超過や税金の滞納等があっても、今日中に資金化はできますか?
A.債務超過や税金滞納は、売掛債権の買取可否や手数料、資金化スピードを左右する要素ではありません。ファクタリングの審査では、売掛先の信用力や入金日までの日数のほうを重視します。
Q.1,000万円を超える売掛債権も、今日中に資金化が可能ですか?
A.ファクタリング会社には、即日の資金化が可能な限度額が決まっています。たとえば、資本金1,000万円のファクタリング会社に「1億円の売掛債権を最短即日で資金化してほしい」と依頼するのは無理があります。ファクタリング会社にそれだけの準備金が無いからです。銀行系列ではない中小のファクタリング会社は、1,000万円までの売掛債権であれば即日資金化が可能ですが、念のため、申し込み予定のファクタリング会社に確認しましょう。

今日中に資金が必要なときも業者選びは慎重に

ファクタリングで売掛債権を活用して、今日中に資金調達を実現するポイントは以下のとおりです。

  • 2社間ファクタリングを選ぶ
  • 即日資金化の実績がある業者を選ぶ
  • 必要書類を揃えておく
  • 非対面のファクタリング会社を選ぶ
  • 信用力の高い売掛先の債権を譲渡する

5つのポイントを押さえた上で、優良なファクタリング会社を選べば、最短即日かつ無理のない手数料で資金調達ができるでしょう。

ファクタリングを利用するにあたって最も注意すべきは、資金繰り悪化の焦りから、悪質な業者と取引をしてしまうことです。

実際に、偽装ファクタリングによる被害は跡を絶たず、金融庁も注意を呼びかけています。

今日中に資金調達が必要な場面でも、安心して取引ができる優良ファクタリング業者を選びましょう。