ファクタリング会社の老舗であり、3社間ファクタリング専門の信頼できるファクタリング会社としてワダツミの名前を挙げる人は多数存在します。

ワダツミは多くのファクタリング実績がありますが、「本当に安心できる会社かどうか分からない」と不安を感じている人も少なくないのではないでしょうか?

ファクタリングには法律の詳細なルールがないので、その会社が本当に信頼できる会社かどうかを客観的に知るためには口コミを参考にするのがベストです。

この記事はワダツミの口コミから入金までの流れや、審査難易度やメリット・デメリットについて解説していきます。

「これからワダツミを利用しよう」と検討している人は申込前にぜひ参考にしてください。

ワダツミの基本情報

ワダツミ

企業 独立系
種類 3社間
資金化までの期間 最短3営業日
最小利用可能額 5万円
最大利用可能額 10億円
手数料 1%〜3%
赤字決算 対応可能
償還請求権 なし
個人事業主
担保・保証人 不要

ワダツミは3社間ファクタリング専用のファクタリング会社です。

3社間ファクタリング専用ですので、手数料が非常に低いなどの特徴があります。

口コミから分かるワダツミの仕組みや資金化までの流れ

ワダツミの申し込みから資金化までの流れはおおよそ以下のようになっています。

  1. 電話・FAX・メールフォームから申し込み
  2. 一次審査
  3. 売掛先と最終確認
  4. 契約
  5. ファクタリング実行

ワダツミは3社間ファクタリングでありながら手続きがスムーズなファクタリング会社です。

ワダツミの申し込みから資金化までの流れを口コミを参照し、分かりやすく解説していきます。

電話・FAX・メールフォームから申し込み

ワダツミへの申し込みは電話・FAX・メールフォームなどから行うことは基本になっています。

申込先は以下の通りです。

電話番号 03-6261-6937
FAX番号 03-6261-6894
メールフォーム https://wadatsumi.co.jp/form/

メールフォームであれば24時間365日申し込みを行うことができます。

また、この他ワダツミは店頭でも申し込みの受付を行なっています。

詳しくは後述しますが、ワダツミは金融機関と提携しているほどの優良企業ですので、多くの人がファクタリング会社に抱いている「怖そう」という雰囲気は全くありません。

どちらかと言えば金融機関のような雰囲気でしょう。

ちなみに窓口は9時〜17時まで営業しています。

一次審査

ワダツミへ申し込みを行うと、一次審査が行われます。

一次審査では自社の審査と売掛先の審査を行い、この審査は基本的には当日中には終了することが多いようです。

審査では決算内容や売掛債権の確認のために以下の書類が必要になります。

漏れのないように用意しておきましょう。

  • 決算書コピー(税務申告済の押印のあるもの)、試算表
  • 過去・直近の取引・入金が確認できる書類
  • 取引先との基本契約書
  • 成因資料(発注書・納品書・請求書)

売掛先と最終確認

3社間ファクタリングでは、売掛先の同意を得なければファクタリングをすることができません

売掛先に対し「売掛債権をワダツミに売却し、売掛債権の期日にワダツミへ代金を支払う」という旨について説明し、売掛先がファクタリングに対して同意した場合のみファクタリングをすることができます。

ワダツミの場合には、この手続きが非常に早いという特徴があります。

契約

審査に通過し、売掛先の同意を得ることができたら、ワダツミと契約することになります。

ワダツミは原則として契約手続は対面でなければなりません。

ワダツミへ訪問するか、ワダツミの担当者が自社へ出張して契約手続を行います。

ファクタリング実行

契約が完了すると、ファクタリングが実行され、手数料が控除された金額が自社の銀行口座へ入金になります。

ワダツミはここまで最短3営業日で完了し、3社間ファクタリングとすれば異例の速さで資金化することが可能になっています。

口コミから分かるワダツミの審査

ワダツミを利用するには審査に通過しなければなりません。

3社間ファクタリングについて「時間がかかり」「審査基準が厳しい」と考えている人も多いようですが、ワダツミは審査スピードが早いなどの以下の特徴があります。

  • 最短3営業日で資金化できる
  • 自社に信用がなくても審査に通過できる
  • 売掛先の与信が重要

ワダツミの審査の3つのポイントについて詳しく解説していきます。

最短3営業日で資金化できる

ワダツミは3社間ファクタリングでありながら最短3営業日で資金化することができます。

ワダツミの資金化の速さについては以下のような口コミがあります。

相談から三日後に入金、というのは銀行融資からは考えられないスピードですね。 調達した資金で税金を支払い、証明書を提出。その後は銀行から事業資金を融資してもらえました。

参考:ファクタリング会社の口コミ

この口コミでは税金を滞納している企業が、税金支払資金をワダツミのファクタリングで調達し、税金滞納を解消してから銀行融資を受けることができたというものです。

銀行融資は税金を滞納していると審査に通過することは不可能ですが、ワダツミのファクタリングは審査通過可能です。

税金滞納時にもスピーディーに審査回答を得ることができるのがワダツミの特徴です。

自社に信用がなくても審査に通過できる

ワダツミは3社間ファクタリングで、売掛債権期日になると売掛先がワダツミに対して支払いを行います。

自社は支払いに一切関与しないので、自社に信用がなくても審査に通過することができます。

そのため、「銀行融資に落ちてしまってもワダツミの審査に通り資金調達することができた」という口コミがワダツミには多数あります。

赤字や債務超過などの理由で銀行から融資を断られたとしても、ワダツミに相談することで資金調達することができるかもしれません。

売掛先の与信が重要

自社の信用が重視されないワダツミのファクタリングでは、売掛先の与信が最重要になります。

売掛債権期日にワダツミに対して支払いを行うのは売掛先ですので、売掛先の与信さえしっかりとしていれば審査に通過することができる可能性が非常に高いと言えます。

売掛先の業況が問題ない場合や、官公庁や大手企業だった場合には高い確率で審査に通過することができます。

ワダツミの3社間ファクタリングでは売掛債権代金が一度も自社を経由しないので、完全に売掛先の信用で資金調達の審査を受けることができるという特徴があります。

資金が自社を経由する2社間ファクタリングよりも自社の与信に対するウェイトは低くなるでしょう。

口コミから分かるワダツミの5つのメリット

ワダツミはファクタリング会社でありながら、金融機関とも連携した安心できる企業です。

独立系のファクタリング会社ですが、銀行系ファクタリング会社に近い存在だと言うことができるでしょう。

口コミから分かったワダツミのメリットとしては以下の5点をあげることができます。

  • 手数料が非常に安い
  • 金融機関と連携していて安心
  • 売掛先との交渉にワダツミも参加してくれる
  • 3社間でありながら入金が早い
  • 担当者の知識が深く対応が丁寧

ワダツミの5つのメリットについて詳しく解説していきます。

手数料が非常に安い

ワダツミの非常に大きなメリットが手数料が非常に低いという点です。

ワダツミが公表している手数料は1%〜3%であり、通常のファクタリングの相場よりもかなり低い点が特徴です。

  • 2社間ファクタリング:10%〜20%
  • 3社間ファクタリング:3%〜10%

ファクタリング手数料の相場は上記のようになっているため、いかにワダツミの手数料が低いかお分かりいただけるのではないでしょうか?

「できる限り低いコストで資金調達をしたい」という人はワダツミでファクタリングに申し込むのがよいでしょう。

金融機関と連携していて安心

ワダツミは西武信用金庫と連携して、ベンチャー企業の資金繰り支援を行なっています。

ファクタリング会社というとダークなイメージがありますが、コンプライアンス重視の金融機関と連携して資金繰り支援を行なっているという点から、ワダツミは優良な企業であると言えるでしょう。

「ファクタリング会社は怖い」「ヤミ金と同じようなイメージがある」という人は、いまだに少なくありません。

ワダツミであれば金融機関と連携している優良ファクタリング会社ですので、「安心できる業者と取引したい」という人も安心して取引することができます。

売掛先との交渉にワダツミも参加してくれる

ワダツミは売掛先との交渉に参加して、売掛先がファクタリングに対して同意するようにサポートしてくれます。

売掛先がファクタリングについて理解していないと、ファクタリングへの同意を取得することは簡単ではありません。

ワダツミは金融や財務のプロがファクタリングについてしっかりと売掛先に説明してくれるので「自分だけの交渉では売掛先から同意を得られる自信がない」という人でも安心です。

売掛先から同意を得ることに不安を感じている人はワダツミへ相談しましょう。

3社間でありながら入金が早い

先ほどの口コミでも分かるように、ワダツミは3社間ファクタリングでありながら、最短3営業日で入金に対応しています。

通常の3社間ファクタリングでは1週間程度の時間がかかってしまうことが一般的ですので、ワダツミが最短3営業日の入金に対応しているのは、非常に対応が早いということができます。

「できる限り低い手数料で早く資金が欲しい」という人はワダツミがおすすめです。

担当者の知識が深く対応が丁寧

ワダツミは金融機関と連携しているくらいですので、金融や資金繰りのプロが集まっています。

担当者の対応と知識の深さについては以下のような評価する口コミが多くなっています。

法人を専門としていて安心感があったことと、少額にも対応しているとのことで相談しました。迅速な対応でスムーズに審査を通過し、早々に売掛金を資金化することができました。おかげ様で取引先にも迷惑をかけることなく、取引を完了することができました。ワダツミさんにはすごく感謝しています。

参考:ファクタリング会社の口コミ

ワダツミの担当者の対応には、安心感を感じる顧客が多いようです。

ファクタリング会社の担当者の中には少しグレーな雰囲気がある人も多いという中にあって、ワダツミは安心して取引をすることができます。

この点も金融機関と連携していて安心なワダツミの大きなメリットだと言えるでしょう。

口コミから分かるワダツミの3つのデメリット

手数料が安く安心して取引ができるファクターであるワダツミですが、デメリットがないわけではありません。

特にワダツミは3社間ファクタリングしか取り扱いがないという点から生じるデメリットが3点あります。

  • 売掛先にファクタリングを知られてしまう
  • 売掛先が拒否した場合にはファクタリング不可能
  • 即日資金化は不可能

口コミから分かるワダツミの3つのデメリットについて詳しく解説していきます。

売掛先にファクタリングを知られてしまう

ワダツミは3社間ファクタリング専門ですので、どうしてもファクタリングを行なった事実は売掛先に知られてしまいます。

売掛先にファクタリングを知られてしまうことによって「資金繰りが苦しいのか」などと取引先から自社をネガティブに評価されてしまうことがあります。

2社間ファクタリングとは異なり、売掛先に秘密にできないというのは3社間ファクタリング専門のワダツミのデメリットです。

売掛先が拒否した場合にはファクタリング不可能

また、ワダツミに申し込んだことがある人の中には「売掛先が同意してくれなかったのでファクタリングできなかった」という人も少なくありません。

2社間ファクタリングであれば、審査通過=資金化となりますが、3社間ファクタリングの場合には審査に通過したとしても売掛先が同意してくれなければ資金化することはできません。

この点も3社間ファクタリング専門のワダツミのデメリットです。

即日資金化は不可能

ワダツミは即日資金化することは不可能です。

3社間ファクタリング専門のワダツミでは、どうしても売掛先の同意を得る時間と、売掛先とワダツミが契約する時間が必要になるので、いくら早くても3営業日の時間がかかってしまいます。

また、資金化までには3営業日よりも長い時間がかかることもあり、以下の口コミのように5日もかかってしまうこともあるようです。

なるべく急ぎで資金を用意する必要があり、銀行融資だと通るかどうか不安だったのでワダツミのファクタリングを利用することにしました。 提出書類の説明などこまめに連絡して頂けたり、色々とサポートしてくれたので安心して利用できました。 一方で入金スピードに関しては少し遅めな印象で、申し込みから入金まで5日ほど掛かったので、そこは利用していて気になりました。

参考:ファクタリング会社の口コミ

対応は丁寧ですが、資金化まではゆっくりという印象を持っている人も多いようです。

ワダツミは3社間ファクタリングの中では素早い資金化に対応しているものの、それでも2社間ファクタリングの即日対応に比較すると速度は劣ると言わざるを得ません。

「今日、明日にも資金が必要」という場合にはワダツミのファクタリングでは間に合わないでしょう。

ワダツミについてよくある質問

個人事業主でも3社間ファクタリングは利用できますか?
ワダツミは個人事業主でも3社間ファクタリングを利用することができます。
ただし、ワダツミにファクタリングすることができる債権は法人に対するものだけですので、個人に対する債権しか持っていない人はファクタリングによってワダツミから資金調達することはできません。
ワダツミでは2社間ファクタリングは取り扱っていませんか?
取り扱っていません。
ワダツミは銀行系ファクタリング会社と同様に、買取ファクタリングは3社間のみです。
そのため、手数料が非常に低く設定されています。
資金化までの時間を早める方法を教えてください
必要書類をもれなく完璧に用意しておくこと、売掛先の同意を早く得ることの2点です。
特に売掛先の同意取得に時間がかかってしまうというパターンが少なくありません。
複数の売掛債権を持っているのであれば、社長がファクタリングに対して理解がある売掛先への売掛債権か、懇意にしておりなんでも話すことができる関係性の会社に対する売掛債権をファクタリングするなど、スムーズに同意を得やすい売掛債権をあらかじめピックアップしておきましょう。

まとめ

ワダツミは3社間ファクタリング専門のファクタリング会社として以下のような特徴があります。

  • 安心
  • 手数料が低い
  • 対応が丁寧

信用金庫とも業務提携しているほどの安心感のある会社であることや、1%〜3%という非常に安価な手数料を設定していることがメリットとして挙げられますが、3社間ファクタリング専門ですのでどうしても即日資金化は不可能ですし、ファクタリングを取引先に知られてしまいます。

メリットとデメリットをよく理解して、手数料が非常に低いワダツミのファクタリングを上手に活用するようにしましょう。