「1ヶ月後の売上入金日までに、事業資金が底を尽きそう……」

「テレワーク導入にかかる費用を補助金でカバーしたい」

このような状況において、自社の資金だけではまかない切れない場合、外部から「つなぎ資金」を調達する必要があります。

つなぎ資金とは、一時的に事業資金が必要となったときの補填として調達するお金のことです。

今回は、つなぎ資金として活用できる4つの調達方法のメリット・デメリットを徹底解説し、さらには、各サービスのおすすめの優良業者をご紹介します。

記事の目次 表示

つなぎ資金を利用すべきタイミング

つなぎ資金を利用すべきタイミング

つなぎ資金は、以下に挙げる「今後確実な入金が予定されているが、一時的に資金不足である」タイミングで利用されます。

  • 次の売上入金までの事業資金が必要
  • 銀行融資の融資実行までの事業資金が必要
  • 補助金・助成金の対象事業を行う運転資金が必要

いずれも、入金があるまで自己資金でまかなうことができれば、外部からの資金調達は不要です。

しかし、資金不足の状態が続けば、自社の資金繰りが悪化して、手元に資金が入ってくるまでに倒産を迎えてしまうリスクもあります。

入金があるまでの資金不足を、外部からの資金投入で食い止めるのが、つなぎ資金の目的なのです。

つなぎ資金4つの調達方法

つなぎ資金4つの調達方法

つなぎ資金は「突発的に必要となる資金」という性質上、迅速に調達できて、短期間で返済の目処が立つサービスを選ばなければなりません。

資金ショートも時間の問題という状況にあっては、即日~1週間以内で資金調達できるサービスが望ましいでしょう。

つなぎ資金調達におすすめできるサービスは、以下の4つです。

  • ビジネスローン
  • 不動産担保ローン
  • 手形割引
  • ファクタリング(2社間取引)

つなぎ資金は、将来的に売上等が入金されることが分かっているため、金融機関側としても比較的融通しやすい資金だと言えます。

一方で、資金調達までのスピードが早いサービスは、金利・手数料が高いという性質があるため、返済期間が長引けば、それだけ負担が大きくなります。

したがって、返済原資や返済計画について、より明確にしておく必要があります。

ビジネスローン

ビジネスローンは10万円~1,000万円程度の比較的小口の資金を、スピーディーに借り入れできるローンサービスです。

最初に一括で借りて後は返すだけの「事業融資型(証書貸付)」と、個人向けカードローンのように利用枠内で何度でも出し入れできる「カードローン型(極度貸付)」の2つのタイプに分けられます。

事業融資型は事業拡大や設備投資など「攻め」の資金調達に、カードローン型はつなぎ資金のような「守り」の資金調達に向いています。

ビジネスローンのメリット

ビジネスローンのメリット

  • 最短即日で借り入れできる
  • 比較的審査に通りやすい
  • 担保・保証人が不要

ビジネスローンはいわゆるメガバンクや地方銀行も取り扱っていますが、ノンバンク(信販会社、消費者金融会社など)であれば、中小企業や個人事業主が利用しやすく、即日融資も可能です。

銀行や公的金融機関の融資は、実際に資金を受け取るまでに1ヶ月程度の期間を要します。

対して、ノンバンクのビジネスローンであれば、最短で申し込み当日、遅くとも1週間以内には現金を調達することができます。

さらに、将来的には売上や補助金等の入金が予定されているため、審査に通りやすいうというメリットもあります。

最短即日の調達が可能で、担保・保証人が不要なビジネスローンは、まさにつなぎ資金に最適な資金調達方法と言えるでしょう。

ビジネスローンのデメリット

ビジネスローンのデメリット

  • 金利が高め
  • 銀行や公的金融機関の融資よりも借入可能額が少ない
  • 銀行融資の審査に影響がある

ビジネスローンには「金利が高め」で「借入可能額が少なめ」というデメリットがあります。

銀行や公的金融機関の事業融資であれば、年利5%以下の低金利かつ高額な資金を借入できます。

一方、ビジネスローンは年利15~18%、借入可能額1,000万円までのサービスが多く、小口利用の短期返済が前提となっています。

ビジネスローンは、事業拡大や設備投資といった高額な資金を確保したいようなケースでは不向きなため、あくまでも一時的な資金不足を補うためのつなぎ資金として利用すべきなのです。

また、ビジネスローンを借りたことで、将来的に銀行融資の審査に影響があることにも注意しなければなりません。

銀行は、「高金利のビジネスローンを借りなければならないほど、経営状況が芳しくない」と判断するからです。

したがって、将来のマネープランまで見据えて、ビジネスローンを借りるかどうかを慎重に判断しましょう。

不動産担保ローン

不動産担保ローンは、銀行やノンバンクが取り扱っており、不動産の調査・鑑定というプロセスが必要なため、融資までに時間がかかり、つなぎ資金には不向きというイメージがあります。

しかし、不動産担保ローンを専門に扱う貸金業者に依頼すれば、短時間での資金調達が可能です。

ここでは、つなぎ資金の調達に、不動産担保ローン専門業者を利用することのメリット・デメリットについて取り上げます。

不動産担保ローンのメリット

不動産担保ローンのメリット

  • 高額融資に期待できる
  • ビジネスローンよりも低金利
  • 最短3日で融資可能
  • 担保があるので審査に通りやすい

無担保融資よりも低金利かつ高額融資が可能というのが不動産担保ローンの強みですが、専門業者であれば、銀行やノンバンクの同サービスよりも格段にスピーディーな融資が可能です。

さらに、信用情報に不安があり、無担保融資では借り入れが難しい場合でも、担保価値が高ければ、融資が受けやすくなっています。

担保に入れられる不動産を所有している事業者の方は、法人向けつなぎ融資の実績が豊富な不動産担保ローンの専門業者の利用を検討されると良いでしょう。

不動産担保ローンのデメリット

不動産担保ローンのデメリット

  • 不動産鑑定費用や登記費用などの手数料がかかる
  • 返済不能になると不動産が売却される

不動産担保ローンでは、不動産を担保とするにあたり、「不動産鑑定費用」や「登記費用」、「印紙代」といった手数料が発生するため、借入金額によっては数十万円かかります。

したがって、年率は5%前後と一見すると低金利に思えても、手数料を含めた実質年率は10%を超える場合もあります。

また、不動産担保ローンは返済不能になると、担保に入れた不動産が処分されてしまいますが、つなぎ資金としての使途で、なおかつ売上等が入金されるまでに完済できるような返済計画が立てられていれば、大きな懸念材料とはならないでしょう。

手形割引

企業間取引において、手形で決済をされている事業者の方は、緊急性の高いつなぎ資金の調達に手形割引が利用できます。

手形割引とは、手形に記載されている決済日前に、銀行や手形割引業者に満期日までの金利と手数料(取立料等)を支払って買い取ってもらうサービスです。

たとえば、満期日まで60日の手形100万円を割引率5%、取立料880円で買い取ってもらう場合、現金化できる金額は、

100万円 - (100万円×5%×60日)÷365日 - 800円 = 990,901円(うち差引額9,099円)

となります。

ここでは、手形割引業者を利用する場合のメリット・デメリットについて解説します。

手形割引のメリット

手形割引のメリット

  • 割引依頼人の信用状況が審査に影響しない
  • 最短即日~3日で現金化できる
  • 手形の割引率がビジネスローンの金利より低い場合がある

銀行の手形割引の審査では、割引依頼人・手形振出人(発行元の企業)の両方の信用状況が審査されます。

一方、手形割引業者は割引依頼人ではなく、手形振出人の信用状況を審査するため、銀行では手形割引の審査に通らなかった場合でも、手形割引業者であれば割引が可能な場合もあります。

また、銀行に比べると、割引の手続きが簡単に済むため、最短即日で手形を現金化することもできます。

手形割引業者の割引率は、手形の銘柄や依頼する業者にもよりますが、6~15%とビジネスローンで調達するよりも低くなる場合もあります。

手形割引のデメリット

手形割引のデメリット

  • 手形が不渡りになると依頼人に買い戻し義務が発生する
  • 手形を必要な金額だけ分割して割引できない

万が一、支払い期日前に手形振出人の会社が倒産等で不渡りとなり、手形割引業者が資金の回収不能となると、依頼人に対し、買い戻し請求されます。これを遡求権や償還請求権といいます。

また、手形は分割して現金化することができません。

たとえば、A社あての300万円の手形を保有しており、B社に200万円の支払いが必要な場合、A社あての手形300万円を現金化して、その中からB社への200万円を支払うことになります。

ファクタリング(2社間取引)

ファクタリングは、企業が保有する決済前の売掛債権をファクタリング会社が買い取り、最短即日で現金化するサービスです。

ファクタリングには売掛先(取引先、クライアント)の同意が不要で、自社とファクタリング会社の2社間で取引する2社間ファクタリングと、売掛先の同意が必須で、自社・ファクタリング会社・売掛先の3社間で取引する3社間ファクタリングがあります。

ここでは、緊急性の高いつなぎ資金の調達に向いている、2社間ファクタリングについて解説します。

ファクタリング(2社間取引)のメリット

ファクタリング(2社間取引)のメリット

  • 最短即日でつなぎ資金の調達が可能
  • 信用力のある売掛債権があれば融資よりも審査に通りやすい
  • 償還請求権がない

2社間ファクタリングは売掛先の同意が不要なため、ファクタリング会社の審査に通過後、すぐに買い取りが成立します。

とくに「オンライン型ファクタリング」であれば、すべての手続きがオンラインで完結、来店不要・面談も不要で、申し込みをしたその日のうちに資金化も可能です。

さらに、ファクタリングは融資とは異なる債権売買取引であるため、利用者の信用情報よりも、売掛先や売掛債権の信用状況が重視されます。

「銀行融資を断られた」「ビジネスローンも借りられない」といった状況でも、信用力のある売掛債権があれば、ファクタリングで資金調達ができます。

3つめのメリットとして、手形割引とは異なり、ファクタリングには償還請求権がないことが挙げられます。

ファクタリング会社に売掛債権を売却後、売掛先が倒産等により債務不履行(デフォルト)となっても、利用者に買い戻しの義務はなく、ファクタリング会社がリスクを負います。

この「償還請求権がない」という性質から、ファクタリングは売掛債権の回収不能のリスクヘッジとしても利用されています。

ファクタリング(2社間取引)のデメリット

ファクタリング(2社間取引)のデメリット

  • ビジネスローンに比べて手数料が高い
  • 信頼性に乏しいファクタリング会社もある

最短即日で資金調達が可能、償還請求権もないというメリットがあるファクタリングには、ビジネスローンと比べて手数料が高いというデメリットがあります。

ファクタリングの手数料は、2社間取引で債権買取額面の10~20%、3社間取引で2~9%が相場です。

たとえば、売上の入金日が1ヶ月後として、100万円を年率10%のビジネスローンで借りる場合と、手数料10%の2社間ファクタリングで100万円を調達する場合で考えてみましょう。

ビジネスローンで100万円・年率10%・1ヶ月(30日)の返済期間で借りるとすると、発生する金利は8,219円(=100万円×0.1÷365日×30日)です。

一方、ファクタリング手数料10%で100万円を調達するには、111万1,112円以上の売掛債権を売却する必要があり、ファクタリング会社に支払う手数料は11万1,112円です。

両者の調達コストを比較すると、実に10万円以上の差額となるため、ファクタリングの利用は慎重に検討しなければなりません。

さらに、ファクタリングは貸金業登録のように、開業するために必要な免許や資格がなく、違法なファクタリングを行う悪質業者、ヤミ金業者も存在しています。

ファクタリング業者を選ぶときは、手数料やスピードだけでなく、取引実績や口コミ評判なども確認するようにしましょう。

つなぎ資金調達におすすめのビジネスローンTOP3

当サイトが即日融資・低金利・信頼性で選んだ、つなぎ資金の調達におすすめのビジネスローンをご紹介します。

オリックスVIPローンカード BUSINESS

金利 6.0%~17.8%
融資額 50万円~500万円
融資スピード 最短即日
返済方式 新残高スライドリボルビング返済、元利込定額リボルビング返済
返済期間 最長10年2ヶ月・122回

「VIPローンカードBUSINESS」は、オリックス株式会社の完全子会社である「オリックス・クレジット」の法人・個人事業主向けローンカード型ビジネスローンです。

信販会社のカード型ビジネスローンで、即日融資可、個人事業主可というサービスは、VIPローンカード BUSINESSをおいて他にはありません。

即日融資を希望する場合は、WEBからの申し込みで、平日14:30までに手続きを完了させましょう。

また、返済方法には、借入残高に応じて毎月の返済額が変わる「新残高スライドリボルビング返済」と、借入残高にかかわらず毎月一定額を返済する「元利込定額リボルビング返済」があります。

前者は返済によって借入残高が減ると、毎月の返済負担が少なくなり、後者は完済までの期間が短く、利息負担が小さいことがメリットです。

どちらの返済方法を選べばよいかは、売上入金までの期間や自社の資金繰り状況から判断しましょう。

アイフルビジネス・ファイナンスのビジネスローン

金利 3.1%~18.0%
融資額 50万円~1,000万円
融資スピード 最短即日
返済方式 元利均等返済、元金一括返済
返済期間 元利均等返済:最長5年(60回以内)
元金一括返済:最長1年(12回以内)

アイフルビジネス・ファイナンス(旧ビジネクスト)のビジネスローンは、年率3.1~18.0%と高めではあるものの、50万円から1,000万円まで最短即日で融資も可能な事業融資型ローンです。

大手消費者金融会社の完全子会社という安心感があり、法人向けの融資の実績も豊富というところから、中小企業のつなぎ資金の調達に多く利用されています。

契約は申し込みから融資までオンラインで完結するため、あらかじめ提出資料を準備しておけば、最短即日で借入ができます。

プロミス自営者ローン

金利 6.3%~17.8%
融資額 300万円まで
融資スピード 最短即日
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済期間 元利均等返済:最長5年(60回以内)
元金一括返済:最長1年(12回以内)

プロミス自営者ローンは、消費者金融会社大手のプロミスが取り扱う、個人事業主向けのカードローン型ビジネスローンです。

金利6.3%~17.8%で最大300万円までの小口利用に特化、オンライン完結のスピード審査で当日中の融資を可能としています。

また、自営者向けなので、事業性の資金に限らず、生計費などプライベートの資金ニーズにも利用できます。

「残高スライド元利定額リボルビング方式」は、借入時に返済額が決まり、毎月の返済額が一定の返済方式なので、返済プランが立てやすくなっています。

つなぎ資金調達におすすめの不動産担保ローンTOP3

当サイトがスピード融資・低金利・信頼性で選んだ、つなぎ資金の調達におすすめの不動産担保ローンをご紹介します。

ASAX(アサックス)の事業者向け不動産担保ローン

契約利率 2.60%~5.90%(実質年利15.00%以下)
融資額 300万円~10億円まで
融資スピード 最短3日
返済方式 元金一括返済、元利均等返済
返済期間 元金一括返済:期間3ヶ月~30年
元利均等返済:期間12ヶ月~30年 (回数12回~360回)

ASAX(アサックス)は、不動産担保ローン・不動産担保融資の専門業者として、創業50年・年間1000件以上の実績がある老舗です。

同社の「事業者向け不動産担保ローン」は、文字どおり売上入金までのつなぎ融資に特化したローン商品で、、融資額300万円から、金利は2.60%~5.90%(実質年利15.00%以下)で、最短3日のスピード融資を強みとしています。

さらに、毎月、当初の融資金額の1割までは繰り上げ返済手数料がかかりません。余裕のある月に繰り上げて返済をすれば、支払総額を圧縮することができます。

SBIエステートファイナンスの不動産担保ローン

契約利率 2.55%~7.50%(実質年利15.00%以下)
融資額 【長期融資】300万円~5億円
【短期融資】500万円~5億円
融資スピード 最短3日
返済方式 【長期融資】元利均等返済
【短期融資】元金一括返済
返済期間 【長期融資】1年~25年
【短期融資】1ヶ月~18ヶ月

SBIエステートファイナンスは、SBIホールディングスのグループ企業で、年間5,000件以上の相談実績を誇る、不動産担保ローン専門業者です。

ほとんどの不動産担保融資は、長期融資が前提で、繰り上げ返済手数料がかかるケースが多いのですが、同社の不動産担保ローンは1ヶ月~18ヶ月の短期融資として利用できるため、緊急性の高いつなぎ資金のニーズに対応しています。

さらに、同社はスタッフの対応が高く評価されており、不動産売却で相談があった場合は、専属となる担当者が利用者の経営課題や資金繰り事情を汲み取り、確度の高い解決案を提案してくれるでしょう。

セゾンファンデックスの事業者向け不動産担保ローン

契約利率 2.6%~9.9%(実質年利15.00%以内)
融資額 100万円~300億円
融資スピード 最短3日
返済方式 毎月元利均等払い
返済期間 5年~25年/60回~300回

セゾンファンデックスは、「セゾンカード」で知られるクレディセゾングループの不動産担保専門業者です。

全国47都道府県対応で、全国どの事業者でも電話・ネットからの申し込みで、最短即日の審査回答、3~5日後には借り入れができます。

さらに、審査は担保余力を重視する方針であるため、銀行では対応が難しいケースでも、同社の不動産担保ローンであれば審査可決率が高くできるでしょう。

銀行などの金融機関からの 借り換えキャンペーンも実施中なので、すでに銀行からの借り入れがある状況でつなぎ資金が必要な事業者の方も検討の余地があります。

つなぎ資金調達におすすめの手形割引TOP3

当サイトが即日融資・低金利・信頼性で選んだ、つなぎ資金の調達におすすめの手形割引をご紹介します。

日栄倉庫のオンライン完結型手形割引

割引率 3.0%~7.0%
融資額 上限なし
融資スピード 最短即日
必要経費 取立料880円

日栄倉庫は創業60年以上の実績があり、割引料は3.0 ~7.0%、必要経費は取立料880円のみという銀行の手形割引に匹敵する割引率を誇る手形割引業者です。

老舗でありながら、「インターネットサービスNo.1」を掲げるようにサービスのアップデートにも余念がなく、業界初の試みとなる「オンライン完結型手形割引」を提供しています。

同サービスは、スマホカメラで簡単見積もりができ、最短5分で割引可否判断、最短即日資金化ができます。

日本全国どこでも、また初めての方でも、同社のオンライン完結型手形割引は、安心して利用できるサービスと言えるでしょう。

A-Pro(エープロ)の手形割引

割引率 6.8~18.0%
融資額 銘柄による
融資スピード 最短即日
必要経費 なし

A-Pro(エープロ)は、証書貸付、手形貸付、手形割引など、事業者向け融資の実績が豊富な貸金業者です。

同社の手形割引は来店不要で必要書類も少なく、審査も緩いので、銀行から融資を断られた方でも融資が受けられる可能性があります。

あらかじめ必要書類等を用意して午前中までに申し込めば、最短即日の融資も可能です。

日本保証の手形割引

割引率 3.9%~18.0%
融資額 上限なし
融資スピード 最短即日
必要経費 なし

日本保証は、銀行等の金融機関と提携した信用保証業務を中心に、各種金融サービスの提供を行っています。

同社の手形割引は、割引率3.9%~18.0%で手数料は不要、審査結果連絡まで最短60分、当日中の資金化も可能です。

メインサービスは保証業務ですが、不動産担保ローンや有価証券担保ローンなど、事業者向けの金融サービスの豊富な実績があるため、銀行以外の手形割引を利用したことのない方でも安心して取引できるでしょう。

つなぎ資金調達におすすめのファクタリングTOP3

当サイトが即日現金化・手数料の低さ・信頼性で選んだ、つなぎ資金の調達におすすめのファクタリングサービスをご紹介します。

OLTAのクラウドファクタリング

olta(オルタ)

ファクタリング手数料 2%~9%
買取限度額 上限なし
入金スピード 最短即日

OLTAの「クラウドファクタリング」は、面談不要・すべての手続きがWEBで完結するファクタリングサービスです。

通常の2社間ファクタリングの手数料は債権額面の10%~20%が相場ですが、クラウドファクタリングは2社間取引でありながら、手数料は3社間並みの2~9%、最短即日で請求書の現金化ができます。

業種を問わず、また買取限度額も小口から大口まで幅広いため、銀行融資やビジネスローンとは異なる、「借りない」つなぎ資金の調達を目指す方におすすめです。

 

ビートレーディングの2社間ファクタリング

ファクタリング手数料 5%~20%
買取限度額 10万~7億円(過去の実績から)
入金スピード 最短即日

ビートレーディングは、ファクタリング業界のリーディングカンパニー的存在で、サービス内容、取引実績、スタッフ対応の三拍子揃って水準の高いファクタリングサービスを提供しています。

とくに中小事業者向けの2社間ファクタリングの実績が豊富で、最短即日・業界最低水準の手数料により、多くの事業に選ばれています。

同社のファクタリングの利用者は、無償のアフターフォローとして、資金繰り改善サポートも提供しています。

金融機関との交渉サポートや新たな資金調達先の紹介、資金繰り表作成サポートなど、長期的な資金繰り・経営改善の支援が受けられます。

ベストファクターの2社間ファクタリング

ファクタリング手数料 5%~20%
買取限度額 25万~2,500 万円(過去の実績から)
入金スピード 最短即日

ベストファクターは、年間利用社数2,000件以上の豊富な取引実績を持つファクタリング会社です。

同社は中小企業向けの2社間ファクタリングを得意としており、最短即日かつ業界最安水準の手数料で売掛債権を買い取りサービスを提供、中小企業や個人事業主の資金調達を支援しています。

さらに、ファクタリング利用者には無償の財務コンサルティング・サービスも提供しています。

同社のコンサルは、利用会社のキャッシュフロー改善率69.7%、企業価値改善率59.2%という確かな実績があり、長期プランで経営改善および事業の立て直しを図ることができます。

つなぎ資金に関するQ&A

つなぎ資金の調達方法や選び方について、よくある質問とその回答をQ&Aにまとめました。

Q.つなぎ資金としての「ビジネスローン」と「ファクタリング」の使い分けのポイントを教えて下さい。
A.売上入金までの1~2ヶ月のつなぎ資金の調達が目的であれば、なるべく金利・手数料負担が小さいビジネスローンを選ぶべきです。同じ期間のつなぎ資金としてファクタリングを利用すると、ビジネスローンの10倍近い金利・手数料負担を払うことになります。ファクタリングは、ビジネスローンを断られてしまったときや、将来の銀行融資に影響を与えたくないというときに限り利用しましょう。 >>「ビジネスローンとファクタリングの金利・手数料負担」について詳しく見る
Q.信用ブラックでビジネスローンが利用できなかったのですが、ファクタリングなら利用できますか?
A.ファクタリングは融資とは異なる売掛債権売買取引ですので、審査の際に利用者の信用情報が照会されることはありません。信用ブラックで金融機関からの融資を断れていても、信用力の高い取引先の売掛債権があれば、ファクタリングで資金調達ができます。
Q.でんさい(電子記録債権)でも割引はできますか?
A.でんさい割引は、従来の紙の手形の代わりに電子化された金銭債権を、定められた支払期日よりも前に銀行や貸金業者に電子記録債権(でんさい)を譲渡し、割引料などを差し引いて現金化するサービスです。紙の手形とは異なり、必要な分のみ分割して譲渡することもできます。

つなぎ資金の調達は「ビジネスローン」がおすすめ

つなぎ資金の4つの調達方法について、メリット・デメリットやおすすめの優良業者について解説しました。

「将来的に売上や補助金等の入金が予定されている」「1~2ヶ月の短期間のつなぎ資金が必要」という状況においては、紹介した4つの資金調達方法のうち、ビジネスローンが比較的低コストかつ柔軟性の高いサービスと言えます。

ビジネスローンは銀行融資に比べると審査に通りやすいため、資金調達のハードル自体は低めです。

一方で、つなぎ資金の調達方法としては比較的低コストですが、金利が高い点は注意が必要なため、しっかりとした返済計画を立て、売上や補助金等の返済原資を明確にしておく必要があります。

信用状況や借入状況などが原因でビジネスローンが利用できない場合は、不動産担保ローン、手形割引の利用、あるいは融資自体が受けられない場合は、売掛債権譲渡のファクタリングを検討されると良いでしょう。

いずれも、自社のつなぎ資金調達にもっともマッチしたサービスを選ぶこと、サービス内容や取引実績、スタッフ対応から、信頼性の高い優良業者を選ぶことが大切です。