電子記録債権は、メガバンクをはじめとして多くの銀行が導入を初めているサービスで、これまでは不可能だった売掛金の譲渡などを行うことができる画期的な仕組みです。

売掛金を期日前に譲渡することができる方法としてファクタリングを連想する人も多いかと思いますが、電子記録債権とファクタリングは似たようなものですが、全く異なるものです。

電子記録債権とファクタリングの違いを理解し、適切に使い分けることで、企業の資金繰りはさらに円滑化させることも可能です。

電子記録債権の概要や、ファクタリングとの違い、おすすめ使い分け方法などについて詳しく解説していきます。

電子記録債権って何?

電子記録債権って何?

まずは電子記録債権の解説から行なっていきます。

電子記録債権とは、これまで請求書や帳簿ベースでしか管理できなかった売掛金のデメリットを劇的に改善するものです。

支払期日が来るまでには資金化も支払いもできなかった売掛金が電子記録債権になることによって、圧倒的に流動的になります。

電子記録債権の概要やメリットとデメリットについて解説していきます。

売掛金の電子化

売掛金は請求書や帳簿ベースで債権者と債務者双方で管理して、期日になったら支払いを行うものです。このため、「期日前に売却できない」「手形の裏書譲渡のように他社への決済に使用できない」「管理が面倒」などのデメリットがあります。

電子記録債権では売掛金を電子化し、銀行の「全銀電子債権ネットワーク」(でんさいネット)上で管理、決済することができるものです。

要するに、売掛金のデータを全銀協のでんさいネット上で管理し、取引先への譲渡を行うことができ、これまで取引先同士で決済した売掛金がでんさいネットで管理できるので、売掛金の回収リスクを低くすることができるものです。

電子記録債権のメリット

電子記録債権のメリットは以下の通りです。

  • 売掛金の期日が来たら、債権者の口座へ自動送金される
  • 債権の譲渡が可能
  • 債権のうち一部の譲渡が可能

でんさいネットに登録された売掛金は、期日になると紐つけされた口座から自動的に支払先へ送金が行われます。このため、売掛金の決済でよくある「売掛金の期日になったのに、月末が忙しくて支払いができなかった」などというトラブルを解消することができます。

また、手形と異なり、売掛金は自社の取引先などへ決済のために譲渡するということもできませんでしたが、電子記録債権にすることで第3者への譲渡が可能になります。

また、電子記録債権は1部だけの譲渡を行うことも可能です。

例えば、100万円の売掛債権のうち、40万円を取引先への支払いのための譲渡するということも可能です。

手形の譲渡であれば全額譲渡することしかできないことを鑑みれば、電子記録債権は手形よりも流動性が高いということができます。

また、電子記録債権はでんさいネット上で管理することができるので、これまでのように取引先ごとに売掛金台帳を作り、入金と残高を管理するという非常に面倒な手間を効率化することもできます。

電子記録債権のデメリット

このように、これまでの売掛金に生じてきた不都合を大幅に改善することができる電子記録債権ですが、1つだけ大きなデメリットがあります。

それは、電子記録債権は、でんさいネットに加盟している会社同士でないと取引することができないという点です。

例えば、自社がでんさいネットに加盟しているから電子記録債権で取引先に支払いをしようとしても、取引先がでんさいネットに加盟していなければ、電子記録債権で支払うことはできません。

でんさいネットは始まってからまだ10年程度しか期間が経過していない制度で、加盟している企業もそれほど多くありません。

電子記録債権を利用しようと思っても、利用することができない取り先の方が多い可能性があるという点はデメリットでしょう。

また、でんさいネットによって、売掛金の期日前に決済手段として他社へ譲渡することは可能でも、期日前に現金化することは、従来の売掛金同様に不可能です。

電子記録債権の取引の流れ

でんさいとは

では、電子記録債権によって取引をする場合には、どのような流れで支払いや入金が発生するのか見ていきましょう。

この例では、B社から商品を購入したA社がB社に対して電子記録債権で支払いを行い、B社は取引先C社にその売掛債権を譲渡することで支払いを行なったという例で考えましょう。

①A社がB社から商品を購入し取引発生

A社が B社から商品を購入すると取引が発生し、支払い行わなければなりません。

A社は B社に対して、「翌月末に電子記録債権で支払いを行う」とします。

この後、買った方か売った方のどちらかが、でんさいネットの発生記録請求を行います。

ここではA社がでんさいネットに買掛金の発生記録請求を行なった場合を考えていきます。

②A社がでんさいネットに通知

商品を購入したら、A社はでんさいネットに対して買掛金の発生記録請求を行います。

発生記録請求とは、でんさいネットに対して、「売掛金(買掛金)が発生しました」と申告をするようなイメージです。

前述したように、発生記録請求はどちらが行なってもよく、例えば「A社がでんさいネットに対して買掛金の発生記録請求を行う」または「B社がでんさいネットに対して売掛金の発生記録請求を行う」といういずれかの方法で発生記録の請求を行うことができます。

③でんさいネットがB社に通知

A社が発生記録請求を行うと、でんさいネットがB社に対してA社から発生記録請求があったことの通知を行います。

④B社に売掛債権が発生

これで、B社にはでんさいネット上に売上債権が発生し、A社には買掛金が発生することになります。

このまま売掛金の期日になると、自動的にA社口座から売掛金の金額が引き落とされ、B社口座に自動送金されます。

⑤債権譲渡する場合には譲渡記録請求を行う

前述したように、電子記録債権は譲渡することができます。

B社が売掛債権を取引先C社へ譲渡する場合、B社がでんさいネットに対して譲渡記録請求を行います。要するに「譲渡します」とでんさいネットに申し出ているようなイメージです。

この通知はA社にもC社にも通知されますので、債務者であるA社は「C社に債権が譲渡された」ということを知ることができますし、C社は「A社から入金がある」ということを知ることができます。

⑥期日がきたらA社がC社へ支払い

売掛金の期日が来たら、A社の口座からC社に対して売掛債権の金額が自動送金されて、決済は完了します。

このように、電子記録債権は、期日になったら自動送金されるのでわざわざ支払いに行くことがなく、他社へ譲渡することもできるので、従来の売掛金よりも圧倒的に利便性が向上し、流動性が高くなったということができるのです。

ファクタリングと電子記録債権の違い

ファクタリングと電子記録債権の違い

このように電子記録債権は手形のように他の取引先に譲渡することもできますし、債権の一部だけを譲渡することができるという点で手形よりも優れています。

しかし、ファクタリングも売掛債権の期日前に資金化することができるという点で似ているようにも感じます。

ファクタリングと電子記録債権の違いはどのような点にあるのでしょうか?

ファクタリングは売掛債権の買い取り

ファクタリングとは期日前の売掛金などの売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうことです。

ファクタリングを利用することで、期日を待たずに売掛金を現金化することができるのです。

電子記録債権は債権譲渡を行い、売掛金の期日を待たずに他社への決済手段として支払いを行うことはできますが、現金化することはできません。

電子記録債権はファクタリングのような売買ではないということが、両者に決定的な違いをもたらすことになります。

この違いはどのようなものなのでしょうか?

ファクタリングは回収リスクから免れることができる

ファクタリングは売掛債権の売買です。

そのため、原則として売掛債権がデフォルトした場合のリスクはすべてファクタリング会社が負うことになります。

例えば B社がA社が売掛先となる売掛債権100万円をファクタリングし、その後A社が倒産した場合でも、自社に責任は及びません。

ファクタリングは売掛債権の売却であるため、売掛金がデフォルトした場合のリスクも一緒にファクタリング会社へ売却しているためです。

しかし、債権譲渡の場合には  B社がC社に譲渡した後に、売掛金の支払人A社が倒産した場合には、 B社はC社に対して損害を補填しなければなりません。

債権がデフォルトした後の責任が及ぶかどうかという点が、ファクタリングと電子記録債権の最も大きな違いです。

ファクタリングは取引先に秘密で売却できる

前述したように、電子記録債権を譲渡するときには譲渡先にも売掛先にも通知がいく仕組みになっているので、売掛先に譲渡したことが知られてしまいます

しかし、ファクタリングは、2社間ファクタリングであれば、売掛先に知られることなく売掛債権の資金化を行うことができます

取引先に売掛債権を譲渡したり、資金化したりしたことを知られてしまうと「あの会社は資金繰りが苦しいのかもしれない」と思われて、今後の取引に支障が出る場合もありますが、ファクタリングであればそのような心配はありません。

ファクタリングは期日前に資金化できる

ファクタリングは売掛金の期日前に資金化することです。

また、最短即日で資金化ができるファクタリング会社も存在します。

電子記録債権は期日前に譲渡することはできますが、資金化することはできません。

ここもファクタリングと電子記録債権の大きな違いです。

でんさいは口座開設不要

ファクタリングはファクタリング会社との個別の取引になりますので、ファクタリングの都度ファクタリング会社との契約が必要になります。

しかし、電子記録債権は、取引のある金融期間ででんさいネットに加盟してしまえば、その後はでんさいネットであらゆる金融期間と取引をすることが可能です。

でんさいネットに最初に加盟すること時の手続きは少々面倒ですが、一度手続きさえ行ってしまえば、その後は面倒な手続き一切不要で、電子記録債権を利用することができます。

でんさいは割引料や高額な手数料がかからない

ファクタリングでは2社間の場合には、売掛債権金額の10%〜20%程度の手数料が必要になり、借入よりも高額な費用が必要になります。

しかし、電子記録債権は発生記録や送金の際に数百円程度の手数料がかかるだけで、その他に大きな費用は必要ありません

コストという面だけで見れば、間違いなくファクタリングよりも電子記録債権の方が安くなります

でんさいとファクタリングどちらを使うべき?

でんさいとファクタリングどちらを使うべき?

ファクタリングと電子記録債権は似ているようで全く異なる資金調達方法であることが分かりました。

では、どのようなタイミングでファクタリングと電子記録債権は使い分けるべきなのでしょうか?

急いでお金が必要な時はファクタリング

前述したように、電子記録債権は期日前に決済手段として他社へ譲渡することはできます。

しかし、期日前に現金化することはできません。

これまで売掛金ではできなかった他社への支払い手段に活用できるので、資金繰り改善には電子記録債権は寄与するかもしれませんが、借入金返済のためのお金がないなど、現金が必要な場面では活用することができません。

「とにかく急いで現金が必要になった」という場合には電子記録債権ではなく、ファクタリングの方がメリットがあるでしょう。

秘密で資金化したい場合にはファクタリング

取引先に秘密で資金化したい場合もファクタリングしか利用できません

電子記録債権の譲渡では、売掛先にも通知が行くためです。

期日前の売掛債権を、売掛先に秘密で資金調達したい場合にはファクタリングを利用しましょう。

売掛金の管理事務を簡素化したいだけならでんさい

ファクタリングは回収リスクを背負うことなく、短期間で資金化が可能です。

しかしファクタリングは手数料が高いのがデメリットです。

ファクタリングを「売掛金回収事務のアウトソーシング」と捉えて利用している企業も少なくありませんが、これだけの理由であれば電子記録債権の利用で十分です。

電子記録債権では、売掛金管理を電子化することができ、期日になれば自動送金されるので、売掛先からの入金の確認事務などがかなり楽になります。

「期日前に資金化したい」というニーズがない限りば高い手数料を支払って、ファクタリングをする必然性はそれほどないでしょう。

でんさいネットに加入したい時はどうすればよいですか?
でんさいネットに加入したい銀行へ申し込みをしましょう。基本的には全ての銀行がでんさいに加盟していますので、取引銀行へ申し出れば問題ありません。
でんさいと一括ファクタリングの違いを教えてください。
一括ファクタリングとは、一括ファクタリングシステム上で支払企業が納入企業へ売掛債権を支払い、納入企業はいつでも資金化することができるという仕組みです。最も大きな違いは、でんさいは期日前に資金化することができるが、でんさいは期日前に資金化することは不可能という点です。
電子記録債権はファクタリングすることはできますか?
電子記録債権はファクタリングが可能です。でんさいネット上でファクターに対する譲渡請求を行えば、手数料を差し引いた金額だけ振込をしてくれるファクターも存在します。現金化できないでんさいですが、ファクターへ売却することによって期日前の資金化が可能です。

まとめ

電子記録債権とファクタリングは質としては全くの別物です。

そのため、一概にどちらがよいと言うことはできません。

それぞれの特徴をしっかりと理解して、上手に使い分けることが重要です。

ファクタリングは手数料が高いので、突然お金が必要になった時に臨時的に利用するようにしたほうがよいでしょう。

電子記録債権は期日前の譲渡ができるので、ファクタリングをしなくても資金繰りば多少なりとも円滑化するできますので、電子記録債権とファクタリングのどちはが適切なのか、状況に応じて使い分けることが大切です。