ファクタリング審査にはいくつかの重要なポイントがあります。

「ファクタリングは売掛先の信用があれば、誰でも審査に通るんじゃない?」と思っている人も多いのではないでしょうか?

確かに、売掛先の信用は大切なポイントですが、審査で重視されるのはここだけではありません。

ファクタリングは緊急時に利用されることが一般的です。

しかし審査に落ちてしまったら、支払いまでに資金が間に合わず資金ショートして倒産してしまう可能性は高くなります。

この記事ではファクタリングの審査のポイントと審査落ちを防ぐ方法について解説します。

審査ポイントを理解して、より確実にファクタリングで必要な資金を調達できるようになりましょう。

債権や契約によって異なるファクタリングの審査基準とは?

リスクに比例

ファクタリングの審査は一定の基準ではなく、債権やファクタリングの契約によって基準が異なります。

債権の種類やファクタリングの形によって、ファクターのリスクが異なるためです。

大企業や小規模企業では倒産リスクが大きく違うので、審査も異なります。

ファクタリングの形や債権によって審査難易度さどれくらい異なるのか、詳しく見ていきましょう。

2社間と3社間で審査基準は異なる

ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングという2つの形があり、3社間ファクタリングの方が審査は緩くなる傾向があります。

両者の違いは以下の通りです。

手数料 ファクターへの支払い 売掛先の同意
2社間ファクタリング 10%〜20% 納入企業(自社) 不要
3社間ファクタリング 5%〜10% 売掛先企業 必要

2社間ファクタリングは売掛先への同意が不要で、売掛先から自社へ支払われた売掛債権代金を自社がファクターへ送金するため、ファクターは「納入企業(自社)が代金を持ち逃げしたり、債権を二重譲渡するかもしれない」というリスクに晒されます。

一方、3社間ファクタリングは、売掛債権期日になると売掛先がファクターへ直接支払いをするものです。

そのため、自社に対するリスクは3社間ファクタリングではありません。

2社間ファクタリングの方が自社に対するリスクがあるので審査は厳しくなり、3社間では自社のリスクはないので審査は緩くなります

ただし、3社間ファクタリングでは売掛先の同意が必要なので、売掛先にファクタリングがバレてしまうという点はデメリットです。

売掛債権によって審査難易度が異なる

また、売掛債権によっても審査難易度は大きく異なります。

医療・介護報酬のような売掛先が公的団体で確実に支払われる債権についてはほぼ確実に審査に通過します。

しかし、売掛先が中小企業のような場合には審査難易度は高くなり、審査に落ちることもしばしばです。

どんな種類の債権を売却するのかによって審査での見られ方は大きく異なります

2社間ファクタリングでは売掛先・自社の双方に審査が行われる

2社間ファクタリングにおいては売掛先・自社の両方に対して審査が行われます。

ファクターにとっては売掛先も自社もそれぞれ以下のようなリスクを抱えているからです。

  • 売掛先:債権のデフォルトリスク
  • 自社:資金流用・二重譲渡リスク

詳しくは後述しますが、ファクタリング審査においては売掛先と自社に対して異なる様々な視点から厳しく審査が行われることになります。

個人信用情報はチェックしない

ちなみにファクタリング審査においては個人事業主本人や法人代表者の個人信用情報はチェックしません。

ファクタリングは借入ではないので、ビジネスローンなどでは必ずチェックする個人信用情報の確認をしないのです。

2社間ファクタリングにおいては自社の審査も行われますが、あくまでも審査されるのは自社の業況や資金繰りで、個人信用情報までは確認されません。

そのため、納入企業代表者や個人事業主が信用情報ブラックでも資金調達することができる可能性は大いにあります

支払企業への審査の5つのポイント

支払企業への審査の5つのポイント

ファクタリングでは自社よりも売掛先に対する審査が重視されます。

売掛先はファクターにとっては債務者になるので、審査では「債務者がお金を払えるか、払えないか」が最も重要だからです。

そして、売掛先に対する審査ポイントして以下の5つの点を挙げることができます。

  1. 売掛先の与信状況
  2. 売掛債権の金額
  3. 売掛債権の期間
  4. 差し押さえのリスク
  5. 譲渡できる債権か否か

それぞれのポイントについて、さらに深掘りして解説していきます。

売掛先の業況に問題ないか

 

売掛先企業の与信は審査で最も重要です。

やはりファクタリングにおいて、債務者となるのは売掛先企業ですので、審査では債務者が「代金を支払うことができるかどうか」が最も重視されます。

例えば債務超過になっている企業や、連続で赤字が続いているような企業は審査に通過することが難しくなるでしょう。

ファクターはファクタリングの申し込みがあると、売掛先企業の情報を帝国データバンクや東京商工リサーチなどの情報から詳細に審査し、「支払能力がある企業か」ということを入念に審査します。

審査基準は様々ですが、ここで支払能力に問題があると判断された売掛債権については、審査に通過することが非常に困難です

売掛債権の金額はどの程度か

売掛債権の規模も審査では重要です。

業況がそれほどよくない企業でも、売掛債権の金額が小さければ「支払いに問題ないだろう」と判断され、審査に通過することができる場合があります。

一方、業況がそれほど良好でなく、規模も小さいにも関わらず、売掛債権の規模が大きければ「支払いに問題がある」と判断されて審査に落ちてしまう可能性があります。

確実に審査に通過したいのであれば、金額が小さな必要最小限の売掛債権をファクタリングした方がよいでしょう

ただし、一般的には金額が少額であれば手数料は高くなります。

売掛債権の期間はどのくらいか

売掛債権の期間が長ければ審査は厳しくなり、短い方が審査は緩くなります。

期間の長い売掛債権の方がファクターにとってはリスクが小さいからです。

私たち個人でもそうですが、「1日だけお金を貸して」と言われれば「まぁ1日だったら返ってくるか」と思いますが、「1年先に返済するから貸して」と言われても「本当に大丈夫?」と考えるものではないでしょうか?

先のことは分からないので、ファクターにとっても期間が長い売掛債権の方がリスクが高くなり審査は厳しくなるものです。

さらに期間の長い売掛債権はリスクが高くなることからリスクプレミアムが上昇し、手数料が高くなってしまいます。

差し押さえのリスクはないか

売掛債権が差し押さえされないかどうかも審査では重視されます。

売掛先企業が税金を滞納しているような場合には、売掛債権も差し押さえられてしまう可能性があるためです。

ファクター売掛先企業の資金繰りや不動産の抵当権の設定状況から「税金の滞納がないかどうか」を確認し、滞納がある可能性が高い場合には審査に通過することは難しくなります

ただし、仮差し押さえが行われていないような軽微な滞納であれば問題なく審査に通過できます。

譲渡できる債権か否か

ファクタリングを希望する売掛債権がそもそも譲渡可能な債権かどうかということも審査では重要です。

以下のような債権は法律的な事情によって譲渡することができません。

  • 譲渡禁止特約付債権
  • 個人に対する債権
  • 売掛先に対する売掛金の額よりも、売掛先に対する買掛金の額の方が大きい場合

ただし、2020年4月からの改正民法施行によって、譲渡禁止特約付債権に関してはファクタリングできるようになる見込みです。

いずれにせよ、この点についてはファクタリングに申し込む前に自社で確認することができることですので、あらかじめ「譲渡可能な債権か」ということを確認しておくようにしましょう

納入企業への審査の4つのポイント

納入企業への審査の4つのポイント

売掛先の審査が重視されるファクタリングですが、2社間ファクタリングにおいては自社もある程度の信用がないと審査に通過することはできません。

自社が二重譲渡したり、虚偽申込をする可能性があるためです。

2社間ファクタリングの審査では、具体的に以下の4つの点が自社に対して審査されます。

  1. 二重譲渡の危険性
  2. 自社の資金繰り
  3. 虚偽申込
  4. 人間性や人柄

ほとんどの審査ポイントが事前に配慮することでクリアできるものばかりです。

2社間ファクタリングにおける自社への審査ポイントについて、詳しく見ていきましょう。

二重譲渡の危険性はないか

2社間ファクタリングでは「納入企業(自社)が二重譲渡する危険がないか」ということが自社に対する審査で最も重視されます。

売掛債権には証書や手形のような形がありません。

そのため、納入企業が悪意をもってすでに売却済みの債権を他のファクターに対して二重に譲渡してしまう危険性を孕んでいるためです。

債権譲渡登記を拒否したり、資金繰りがあまりにも悪い場合や、過去にファクターとトラブルを起こしている企業は「二重譲渡の危険性がある」と判断されて審査に落ちてしまう可能があるでしょう。

自社の資金繰りに問題はないか

2社間ファクタリングでは自社の資金繰りも審査で重視されるポイントです。

資金が一度自社を経由する2社間ファクタリングでは、売掛先企業から代金が支払われた時に、資金を自社が使い込んだり持ち逃げしてしまうリスクがあります。

そのため、あまりにも資金繰りが悪い企業は審査に落ちてしまうこともあるのです。

「ファクタリングによって資金繰りが円滑になる」とはどうやっても判断できない企業は審査通過が難しくなってしまうこともあります

虚偽申込をしていないか

虚偽申込が発覚した場合には審査通過は非常に厳しくなると考えておいた方がよいでしょう。

基本的にはファクタリングはファクターと納入企業の信頼関係で成り立っているので、虚偽申込があると「代金を持ち逃げするかもしれない」「二重譲渡されるかもしれない」などと疑われてしまうのです。

意図的な虚偽は間違いなくバレてしまいます。

また、意図的に虚偽を行なったわけでなく、申込内容を間違えただけでも「虚偽」と判断されて審査に落ちてしまうこともあるので、申込時にはよく内容を確認した上で手続きをするようにしてください。

人間性や人柄に問題はないか

納入企業とファクターの関係は信頼関係で成り立っているので、ファクターから「この人なら大丈夫だ」と人間性や人柄を信頼されることも重要です。

ファクターからの質問などには、丁寧かつ親切に答え、できる限りファクターとの信頼関係を構築するように努めましょう

逆に、ファクターの質問にしっかりと答えなかったり、提出を要求された書類の提出が遅れるような人は審査に落ちてしまうこともあります。

ファクタリング審査に落ちないための3つのポイント

ファクタリング審査に落ちないための3つのポイント

ファクタリング審査の通過率を上げるためには以下のようないくつかのポイントをクリアするだけです。

  • できるだけ大企業の債権を売却する
  • 期間の短い債権をファクタリングする
  • 申込内容に間違いがないか確認する

緊急でお金が必要になった時に、ファクタリング審査に落ちてしまうことがないように、審査に落ちないためのポイントをしっかりと理解しておきましょう。

できるだけ大企業の債権を売却する

審査通過のためにはできる限りファクターにとってリスクの低い債権を売却する方がよいでしょう。

手元に大企業や官公庁への売掛債権がある場合には、先にそちらを売却する方が審査通過の可能性は高くなります

期間の短い債権をファクタリングする

また、期間の短い売掛債権の方が審査に通過しやすくなります。

前述したように、期間が長ければファクターのリスクは高くなり、期間が短い方がファクターのリスクが低くなるためです。

手元に月末支払いの売掛債権と、翌月末支払いの売掛債権があるのであれば、月末支払いの売掛債権をファクタリングした方が審査に通過しやすくなります。

審査に落ちたくないのであれば、期間の短い売掛債権を先にファクタリングしましょう

申込内容に間違いがないか確認する

申込時に申込内容に間違いがないかよく確認することも大切です。

申込内容を間違えただけでも「虚偽申込」と判断されて審査に落ちてしまうことはよくありますし、審査落ちまで行かなくとも申込内容に不備があると、ほぼ確実に審査には時間がかかってしまいます。

どんなに時間がなく焦っている時でも、申込内容が正しいかどうかをしっかりと確認してから申込をするようにしてください

ファクタリング審査に関するよくある質問

個人事業主は審査が厳しくなりますか?
ファクターの中には個人事業主へのファクタリングを扱っていない会社も数多く存在します。債権譲渡登記ができない個人事業主はどうしても審査で厳しく見られます。法人よりは個人事業主の方が審査が厳しくなると考えた方がよいでしょう。
自社の与信を向上させる方法を教えてください。
自社が何の業務を営んでいて、外部からどんな評価を得ているかを客観的に証明することが大切です。自社のパンフレットや商品案内、マスコミから取り上げられた記事などをファクターへ提出することでファクターから信頼を獲得できる可能性もあります。
借金が多いとファクタリングの審査には通りませんか?
借金が多くてもファクタリングの審査に通過できる可能性もあります。ファクタリングはあくまでも売掛債権の売却ですので自社の財務状況はそれほど重視されません。しかし、今日にも明日にも資金ショートしそうなほど資金繰りが悪化している場合には審査に通過することができない場合もあります。

まとめ

ファクタリング審査で最も重視されるのは売掛先の業況です。

2社間ファクタリングでは自社も審査されますが、基本的には正しい内容で申込をして、ファクターと信頼関係が構築できていることが最も重要になります。

審査に通過しやすい債権と、審査落ちしやすい債権があるので、ファクタリングに申し込む時には審査に通過しやすい債権を選択するようにしてください。

少しの配慮で審査通過の可能性をあげることができます。

審査で失敗することがないよう、ファクタリング審査のポイントをしっかりと理解しておきましょう。