新型コロナウイルス感染症拡大で営業自粛や売上減少を余儀なくされ、一時的に事業の運転資金が不足した場合には、ファクタリングによる資金調達がおすすめです。

ファクタリングを利用するにあたっては所定の手数料がかかりますが、入金前の請求書(売掛債権)を最短即日で現金化できます。

調達した資金は不足している事業の運転資金として、また給付金・補助金が交付されるまでのつなぎ資金として、事業性資金に自由に利用可能です。

今回は、福井県の中小企業、個人事業主の方に利用をおすすめするファクタリング会社をご紹介します。

「ファクタリングの手数料は高い?」「融資との違いは?」といったファクタリングの基礎知識については、以下の記事もご参考になさってください。

福井県のおすすめファクタリング会社一覧はこちら

福井県のファクタリング事情

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、営業自粛や事業縮小で売上が減少したり、感染防止対策やテレワーク準備などの追加費用が発生したりして、資金不足を感じている事業者の方も多いのではないでしょうか?

国や自治体からは持続化給付金、各種助成金・補助金などが打ち出されていますが、申請してから支給されるまでには2週間から1ヶ月、長ければ半年~1年ほどの期間を要します。

そこで、中小企業や個人事業主の方のつなぎ資金や資金繰り改善の一手として、入金前の請求書を最短即日で現金化するファクタリングの利用をおすすめします。

ファクタリングは入金前の請求書をファクタリング会社が買い取り、所定の手数料を差し引いた買取代金を振り込む(先払い)サービスです。

入金まで1ヶ月後~半年後の請求書でも、ファクタリングなら最短即日で運転資金に使える現金を手にすることができます。

では、福井県の事業者の方がファクタリングを利用する場合、どのような会社を選べば良いのでしょうか?

自社に合ったファクタリング会社の選び方や、参考となるおすすめのファクタリング会社をご紹介します。

福井県でファクタリング会社を選ぶときの重要ポイント

現在、福井県内および隣県に店舗を置くファクタリング会社はありません。

福井県内の事業者の方がファクタリングを利用するにあたっては、全国対応のファクタリング会社に出張してもらうか、オンライン完結型のファクタリングサービスを利用するかの二択となります。

ファクタリング会社を選ぶ際に着目すべきポイントは以下の4つです。

  • ファクタリング手数料
  • 入金までのスピード
  • 経営支援の内容
  • ファクタリング会社の信頼性

ファクタリングは債権売買契約を結ぶにあたり、売掛先(取引先、クライアント)の同意が必要か否かにより、「3社間取引」と「2社間取引」に分けられます。

また初回契約に限り、申し込みをした事業者とファクタリング会社の担当者による面談が必須の「対面式」と、面談不要・オンライン契約の「非対面式」の2パターンがあります。

手数料を低さで選ぶなら「3社間取引」か「非対面式」

3社間取引と2社間取引の手数料相場は、以下のとおりです。

  • 3社間取引・・・(債権の買取額面に対して)2~9%
  • 2社間取引・・・(債権の買取額面に対して)5~20%

ファクタリングの手数料はファクタリング会社のリスクに応じて決められます。

売却する請求書が大手企業や国の機関など信用力の高い取引相手のものであれば、ファクタリング会社の回収不能リスクがきわめて低いため、手数料が大幅に抑えられます。

さらに、ファクタリングの債権売買契約が3社間取引によるものか、2社間取引によるものかでも手数料が異なります。

3社間取引は自社(ファクタリング利用者)、ファクタリング会社、売掛先の3社の同意のもと債権売買契約を結びます。債権回収は自社に代わってファクタリング会社が行います。

一方の2社間取引は、自社とファクタリング会社の合意があれば売掛先の同意なしで債権売買契約を結ぶことができます。債権回収は通常どおり自社が行い、回収した資金は他の用途に使わず、ただちにファクタリング会社に支払わなければなりません。

このように3社間取引と2社間取引とでは、3社間取引のほうがファクタリング会社のリスクが低いため、手数料が抑えられているのです。

ただし、面談が不要ですべての手続きがオンラインで完結する非対面式は、2社間取引でも10%以下の手数料でファクタリングが利用できます。

非対面式はファクタリング会社側の面談に要する時間的コストや人件費がカットされるため、2社間取引であっても3社間並みに低い手数料を実現しています。

入金スピードで選ぶなら「2社間取引」か「非対面式」

2社間取引は売掛先の承諾が不要なため、ファクタリング会社の審査に通過後、ただちに請求書を現金化できます。

ただし、2社間取引でも面談が必要な対面式で最短即日の現金化を希望する場合は、あらかじめ提出書類を揃えておき、当日の午前中までに申し込みを済ませておきましょう。

非対面式は紙の書類提出が不要(画像データ送信でOK)、面談も不要なため、対面式よりも素早く請求書を現金化できます。

対面式のファクタリング会社は経営支援が充実

対面式のファクタリングは非対面式よりも手数料が高めですが、その代わり無償の経営支援が充実しています。

経営支援には、たとえば経営改善計画策定や実行のサポート、銀行リスケ交渉、バックオフィス業務代行などが挙げられます。

つまり、ファクタリングで資金調達ができるだけでなく、経営支援によって自社の資金繰りの課題を根本的に解決、本業の立て直しができるのです。

信頼性は実績や口コミ評判で確認する

日本におけるファクタリングは融資に比べてまだまだ知名度が低く、なかにはファクタリングを装って高利貸しを営むような悪質な業者も見受けられます。

事業者にとって大切な請求書を売却するにあたっては、手数料の安さや入金スピードだけで選ぶのではなく、信頼の置けるファクタリング会社を選ぶことが最重要です。

ファクタリング会社の信頼性を確認するには、公式サイトの実績や利用者の口コミ評判が参考になります。

さらには直接問い合わせてスタッフの対応で判断することも大切です。

福井県のおすすめファクタリング会社

福井県の事業者の方におすすめするファクタリング会社をご紹介します。

OLTA(オルタ)

olta(オルタ)

契約方式 非対面
取扱いサービス 2社間ファクタリング
ファクタリング手数料 2%~9%
入金スピード 最短即日
買い取り限度額 無制限
URL https://www.olta.co.jp/

OLTAの「クラウドファクタリング」は、オンライン完結型で最短即日の請求書現金化が可能なサービスです。

AIによる審査とオンライン手続きにより、2社間取引で2%~9%という圧倒的に安い手数料を実現しています。

クラウドファクタリングを利用するにあたって、まずはOLTAへの会員登録が必要です。

会員登録後に必要な書類をオンラインでアップロードして申込み、OLTA独自のAI審査で買取可否が審査されます。

見積り結果は24時間以内(1営業日)にメールにて送信され、買取額と手数料に納得できれば即時契約、当日中の振込が可能です。

インボイスPay

契約方式 非対面
取扱いサービス 2社間ファクタリング
ファクタリング手数料 2.5%~8.0%
入金スピード 最短即日
買い取り限度額 無制限
URL https://www.a-new.co.jp/

インボイスPayはオンラインの2社間取引で手数料8.0%以下を実現、最短即日の現金化を可能とするサービスです。

LINE、FAX、Webのいずれかを使って請求書をアップロードすれば、最短10分で見積もりが送られてきます。

買取可能金額と手数料に納得できれば、通帳の履歴を送って本審査を行い、審査に問題がなければ最短で即日の契約、現金化が可能です。

さらに、インボイスPayでは集金方法を「自社が通常どおり集金」か「インボイスPayが自社に代わって集金」のどちらか選ぶことができます。

どちらの集金方法を選んでも買取率や買取手数料に変動はありません。

日本中小企業金融サポート機構

契約方式 非対面
取扱いサービス 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング
ファクタリング手数料 1.5%~10.0%
入金スピード 最短即日
買い取り限度額 要確認
URL https://www.chushokigyo-support.or.jp/lp04/0b/

日本中小企業金融サポート機構は非営利の一般社団法人です。

オンラインだからこその最短即日のスピード感に加え、2社間取引でも10%以下という低手数料を強みとしています。

さらに、ファクタリングに留まらず、事業再生やM&Aといった経営支援も取り扱っています。

業績不振や債務超過などといった状態にある事業者の方は、同機構のファクタリングサービスに加え、事業再生やM&がで経営課題の解決に導く手助けとなるでしょう。

ウィット

契約方式 非対面
取り扱いサービス 2社間ファクタリング
ファクタリング手数料 5%~
入金スピード 最短即日
買い取り限度額 500万円以下
URL https://witservice.co.jp/gyomunaiyou.html

ウィットは電話一本で申し込みができ、買取額500万円以下の小口専門ファクタリングを提供しています。

申込みから入金まで最短2時間というスピード感、オンラインならではの手数料の低さが魅力です。過去には30万円の請求書を買取率95%(手数料5%)で買い取ったという実績があります。

さらに、同社は資金調達の提案や中長期の経営計画の策定から経営改善の実行までサポートするコンサルティング事業も展開しています。

資金調達だけでなく、経営改善に向けたトータルサポートを受けたい事業者の方におすすめです。

株式会社NO.1

契約方式 対面式(オンラインも可)
取扱いサービス 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング、診療・介護報酬債権ファクタリング、経営支援コンサルティング
ファクタリング手数料 【2社間】5%~15%
【3社間】1%~5%
入金スピード 最短即日(2社間)
買取限度額 50万円~5,000万円
最寄りの支店 愛知県名古屋市中村区則武2-3-2 サン・オフィス名古屋3F

株式会社NO.1は東京、名古屋、福岡に拠点を置くファクタリング会社です。

公式ページからスピード査定依頼で申し込むと、すぐに査定結果が送られてきます。査定方法は同社スタッフの出張・訪問のほか、完全オンラインでの契約もできます。

さらに、一流コンサルタントが多数在籍していることも同社の強みです。

ファクタリングによる早期の資金調達に加え、資金繰りや業績不振の悩みについても支援が受けられます。

株式会社JTC

契約方式 対面式
取扱いサービス 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング、経営コンサルティング
ファクタリング手数料 【2社間】5%~10%
【3社間】事前審査にて算出
入金スピード 最短即日(2社間)
買取限度額 100万円~上限なし
最寄りの支店 愛知県名古屋市中区錦2-17-28 CK15伏見ビル5F

JTCは名古屋をはじめとして全国対応の入金前払いシステム(ファクタリング)の専門会社です。

福井県の事業者の方にとっては、最寄りの名古屋支店から出張対応してくれるため、あらかじめ提出書類の準備をして申し込みをすれば、最短即日で請求書の現金化ができます。

年商7,000万円以上の事業者、債権額面100万円以上からという利用条件のハードルはあるものの、利用者はファクタリングによる資金調達から経営コンサルティングによる事業再建までトータルでサポートが受けられます。

福井県のファクタリングに関するQ&A

福井県のファクタリングに関して、よくある質問とその回答をQ&A形式でまとめました。

Q.会社を設立したばかりで1年めの決算も終わっていませんが、ファクタリングは利用可能ですか?
A.入金前の請求書があれば、法人1期目でもファクタリングで資金調達が可能です。銀行融資の場合、会社設立間もないときは信用力や実績がないと判断されてしまいますが、ファクタリングは売掛先の信用力が重視されるため、自社の信用力や社歴は問われません。
Q.つなぎ資金の調達はファクタリングとビジネスローンのどちらを検討すべきでしょうか?
A.現在の自社の経営状況や借入状況で判断しましょう。ビジネスローンは通常の銀行融資と比べて金利が高いため、返済原資(返済金のあて)と返済計画が明確であることを前提として、短期間の利用がおすすめです。一方のファクタリングは、ビジネスローンの金利よりも手数料が高くなる場合があります。したがって、借入枠がいっぱいで融資を受けられないときや、売上入金の遅さが自社の資金繰り悪化を招いているときの資金調達におすすめです。
Q.ファクタリングを利用することで将来的に銀行融資が不利になりませんか?
A.ファクタリングはビジネスローンと異なり、信用情報に一切の影響がないサービスです。むしろファクタリングで資産(売掛債権)を現金化することで自己資本比率の向上につながり、銀行からの企業評価が高まります。

福井県で早期の資金調達は「ファクタリング」がおすすめ

今回は福井県の中小企業、個人事業主の方を対象に、ファクタリングという資金調達方法の基礎知識、およびおすすめのファクタリング会社をご紹介しました。

本記事の内容を参考に、自社の資金調達や経営課題の解決にもっともマッチするファクタリング会社を選びましょう。

また、ここでは紹介しきれなかった他の優良ファクタリング会社は、以下の記事にてご覧ください。

優良ファクタリング会社はこちら