「業績の悪化を理由に、取引銀行から融資を打ち切られた」

「借り入れ以外の資金調達方法を知りたい

資金繰りに悩む宮崎県の事業者の方に、「ファクタリング」という新たな資金調達方法をご紹介します。

ファクタリングは、請求書発行から1ヶ月~2ヶ月後に入金される売掛債権(=売掛金)をファクタリング会社が買い取り、入金日よりも前に買取代金を振り込むサービスです。

借金ではないため負債を増やすことなく、事業資金に充てられる資金を早期に確保することができます。

資金調達や資金繰りでお悩みの宮崎県の中小企業・個人事業主の方は、ぜひ本記事をご参考になさってください。

宮崎県のおすすめファクタリング会社一覧はこちら

 

宮崎県のファクタリング事情

2021年の日本経済は、昨年から引き続く新型コロナウイルスの感染症の影響により、幅広い業界が打撃を受けています。

宮崎県でも緊急事態宣言や営業時間短縮要請が出されており、いわゆる「コロナ倒産」により小規模事業や中小企業の苦しい状況が継続中です。

国や県による資金繰り支援も出尽くした感があり、支援が受けられず倒産ギリギリの状況で踏ん張っているという事業者の方も多いのではないでしょうか?

そこで、宮崎県の事業者の方が早期に事業資金を確保する手段として、入金前の売掛債権(売掛金)を最短即日で現金化する「ファクタリング」の利用をおすすめします。

ファクタリングは銀行融資やビジネスローンのような「借金」ではなく、入金前の売掛債権(=資産)を売却して、その代金を受け取る「債権売買」です。

借金とは異なる金融サービスですので、将来の返済負担を心配する必要がありません。調達した資金は売上入金までのつなぎとして、感染予防の備品購入費として、さまざまな用途に活用できます。

ファクタリングを利用するにあたっては、貴社の資金ニーズと資金繰り状況に合ったサービスを提供するファクタリング会社を選ぶことが大切です。

次の章では、ファクタリング会社を選ぶときのポイントについて解説します。

宮崎県でファクタリング会社を選ぶときのポイント

以下の5項目は、初めてファクタリングを利用される方からの問い合わせで多い内容です。これらの問い合わせに対する回答が、すなわちファクタリング会社を選ぶときのポイントとなります。

  1. 売掛先に知られないためには → 2社間ファクタリングを選ぶ
  2. 手数料を下げるには → ファクタリング会社のリスクを下げる
  3. 最短即日で資金調達するには → 2社間ファクタリング・非対面契約にする
  4. 資金繰りを改善するには → 財務コンサルティングサービスを利用する
  5. ファクタリングは本当に安全なのか → 口コミの評価が高いファクタリング会社を選ぶ

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

①売掛先に知られないためには

売掛先(取引先、元請け)の承諾なしで契約ができる「2社間ファクタリング」を選びましょう。

2社間ファクタリングは、貴社とファクタリング会社の2社間のみで契約します。売掛先に債権売却の事実を知られることがないため、「あそこは銀行から借入ができないほど経営が危ういのか」といった信用不安を招く心配もありません。

ただし、2社間ファクタリングは売掛先の承諾が不要な代わりに、法務局で債権譲渡登記という公的な手続きが必要となります。債権譲渡登記は申請すればだれでも閲覧できますが、ファクタリング会社によってはその債権譲渡登記も省略可能です。

この2社間ファクタリングに対して、貴社・ファクタリング会社・売掛先の3社間で契約するファクタリングを「3社間ファクタリング」と言います。こちらは売掛先の承諾が必須な代わりに、手数料が低めに設定されています。

②手数料を下げるには

ファクタリングの手数料は、ファクタリング会社のリスクに応じて上がったり下がったりします。

すなわち、ファクタリング会社のリスクが低くなれば、手数料も下がります。

ファクタリング契約が以下の条件にあてはまる場合、ファクタリング会社のリスクが下がるため、手数料も下がる可能性があります。

  • 売掛先の信用力が高い
  • 3社間ファクタリングで契約する
  • 非対面契約をする
  • 債権譲渡登記を行う

それぞれの条件について詳しく見ていきましょう。

売掛先の信用力が高いと手数料が下がる

売掛先が期日どおりに売掛金を支払えなければ、ファクタリング会社は貴社に先払いした代金を回収できません。

そのため、ファクタリング会社は売掛先が売掛金を確実に支払えるかどうか、「信用力の高さ」で審査します。

売掛先や売掛債権が以下の条件に当てはまる場合、契約後に倒産や廃業のリスクが低く、確実に支払いができると判断されるため、手数料が下がる傾向にあります。

  • 売掛先が倒産のリスクが極めて低い上場企業や官公庁など
  • 売掛先と貴社が長年にわたって良好な取引実績を積んでいる(支払い遅れがない)
  • 売掛金の支払期日が近い(45日以内)

なお、個人や個人事業主あての売掛債権は、信用力にかかわらず買い取りできません。

3社間ファクタリングで契約すると手数料が下がる

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの手数料の相場は、以下のとおり大きく異なります。

両者の手数料が大きく異なる理由は、売掛先の承諾の要・不要売掛金の回収手段の違いがあるからです。

ファクタリング契約 2社間ファクタリング 3社間ファクタリング
手数料の相場 5%~20% 2%~9%
売掛先の承諾 不要 必要
売掛金の回収 貴社(利用者)が回収する ファクタリング会社が回収する

2社間ファクタリングは売掛先の承諾が不要なため、売掛金は貴社が売掛先から通常どおり回収して、ただちにファクタリング会社に弁済します。

しかし、貴社が売掛先から回収した売掛金を自身の資金繰りに流用してしまう「使い込みリスク」が懸念されます。ファクタリング会社は手数料を上げて使い込みリスクに対応します。

一方の3社間ファクタリングは、売掛先の承諾を得てから契約します。売掛金はファクタリング会社が売掛先から直接回収、ファクタリング会社は使い込みリスクに備える必要がなくなるため、手数料は下がります。

非対面契約をすると手数料が下がる

ファクタリングには、貴社とファクタリング会社の担当者が面談(初回のみ)したうえで契約を結ぶ「対面契約」と、面談をせずに契約を結ぶ「非対面契約」があります。

ファクタリング契約 対面契約 非対面契約
面談 あり なし
2社間の手数料の相場 5%~20% 2%~9%

非対面契約のファクタリングは、オンライン完結型の2社間ファクタリングです。面談がない非対面契約のほうが、ファクタリング会社のコストが削減されるため、下記の表のようにファクタリングの手数料が下がります。

さらに、非対面契約は売掛先の承諾が不要、債権譲渡登記も不要です。

手続きを簡素化したい方や、低手数料の2社間取引を希望する方は、非対面契約のファクタリングをおすすめします。

債権譲渡登記を行うと手数料が下がる

債権譲渡登記とは、債権がだれからだれに対し、いつ譲渡されたものかを公的に証明する手続きを指します。

売掛先の承諾が不要な2社間ファクタリングでは、すでに他の業者に売却されている売掛債権を買い取ってしまう「二重譲渡リスク」や、売掛金の使い込みリスクに備える「対抗要件の具備」のために、原則として債権譲渡登記が必要です。

債権譲渡登記には登記費用や印紙代がかかりますが、ファクタリング手数料は登記を行わない場合よりも下がります。

しかし、法務局で概要記録事項証明書の交付請求をすると、だれでも登記情報を閲覧できてしまうため、債権売却の事実を完全に秘密にすることはできません。

ファクタリング会社の中には、手数料を引き上げて諸々のリスクに備える代わりに、債権譲渡登記の手続きを省略可とするところもあります。

2社間取引を検討する際は、債権譲渡登記を行って手数料を下げるか、あるいは登記を行わずに徹底してファクタリングを秘密にするかの二択となります。

③即日で資金調達するには

即日で資金調達するための最低条件は以下のとおりです。

  • 事前に提出書類を全て揃え、午前中までに申し込む
  • 2社間ファクタリングに申し込む
  • 債権譲渡登記を省略する

即日の資金調達は、2社間ファクタリングを利用することが第一条件です。

3社間ファクタリングは「売掛先の承諾を得る」というプロセスがある以上、早くても2~3日はかかってしまいます。

また2社間取引であっても面談や債権譲渡登記を行う場合は、登記が完了するまでに時間を要します。

非対面契約のファクタリングサービスは、「2社間取引で面談不要、債権譲渡登記も不要」という条件で契約するため、即日の資金調達の確実性が高まります

いずれにせよ、即日の資金調達を実現するには、事前に提出書類をすべて揃えておき、午前中までに申し込みを済ませることが最低条件です。

④資金繰りを改善するには

貴社の資金繰りを改善したいときは、ファクタリングによる早期の資金調達に加え、ファクタリング会社の経営支援をご検討ください。

対面契約方式のファクタリング会社の多くは、利用期間中の経営支援サービスを無料で提供しています。貴社に合った資金繰り改善プランの提案や新たな資金調達先の紹介など、さまざまなサポートが受けられます。

「借金に頼らない経営をしたい」「資金繰り計画表の作り方を知りたい」といった要望のある事業者の方は、ファクタリング会社に経営支援の相談をおすすめします。

⑤ファクタリングは本当に安全なのか

「売掛債権を売買する」というファクタリングの取引そのものに、違法性は一切ありません。

しかし、過去にはファクタリング業者を装ってヤミ金融を営業していた業者が摘発されており、悪質なファクタリング契約を持ちかけてくる業者は存在します。

悪質な業者に騙されないためにも、ファクタリング会社のホームページで過去の買取実績や会社概要、利用者の口コミ等を必ず確認しましょう。

事前にファクタリング会社に問い合わせ、スタッフの対応で信頼できるかどうかを確認することも大切です。

宮崎県のおすすめファクタリング会社

2021年2月現在、宮崎県内にファクタリング会社の営業所はありません。

宮崎県の事業者の方は全国出張対応のファクタリング会社を利用するか、オンライン完結のファクタリングサービスを利用するかのどちらかを選ぶことになります。

ここでは、宮崎県の事業者の方に利用をおすすめするファクタリング会社をご紹介します。

スピードや手数料、経営支援サービス等を比較して、経営課題に合ったファクタリング会社を選びましょう。

ベストファクター|業界最安水準の手数料2%~

ベストファクター

契約方式 対面・初回要面談
取り扱いサービス 2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
診療・介護報酬債権ファクタリング
財務コンサルティング
ファクタリング手数料 2%~
入金スピード 最短即日
買い取り限度額 25万円~2,500万円(過去の実績から)
URL https://bestfactor.jp/

ベストファクターのファクタリングサービスは、平均買取率92.2%の柔軟審査が強みです。手数料は2%~と業界最安水準、即日振込実行率77.8%のスピード対応と、中小企業や個人事業主に対しても良心的なサービスを提供しています。

さらに、同社は完全秘密の2社間ファクタリングの実績が豊富です。取引先や金融機関に一切知られる心配がないため、新規契約の方でも安心して利用できます。

ただし、初回は面談が必要となります。当日中に資金調達したい場合は提出書類を揃えたうえ、なるべく午前中までに申込みを済ませましょう。宮崎県の事業者の方の申し込みには、大阪支店の担当者が対応します。

ビートレーディング|申し込みから最短12時間でスピード振込

ビートレーディング

契約方式 対面・初回要面談
取り扱いサービス 2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
診療・介護報酬債権ファクタリング
Beペイメント
経営コンサルティング
ファクタリング手数料 【2社間】5%~20%
【3社間】2%~
入金スピード 最短即日
買い取り限度額 10万円~7億円(過去の実績から)
URL https://betrading.jp/

ビートレーディングは2021年で設立10年目を迎えたファクタリング業界の老舗です。

2社間、3社間、診療報酬、介護報酬、Beトレペイメントなど、利用者のニーズに合わせた5つのファクタリングサービスが用意されており、審査通過率98%の柔軟性があります。申し込みから最短12時間のスピード振込、業界最安水準の手数料2%~も大きな強みと言えるでしょう。

さらに、2020年11月からは「注文書ファクタリング」も取り扱っています。通常のファクタリングは仕事完了後に資金調達が可能となりますが、注文書ファクタリングは仕事の受注段階での注文書(発注書)で資金調達が可能です。

WIT(ウィット)|500万円以下の小口専門で非対面契約OK

WIT(ウィット

契約方式 非対面
取り扱いサービス 2社間ファクタリング
コンサルティング業務
ファクタリング手数料 5%~
入金スピード 最短即日
買い取り限度額 500万円以下
URL https://fackomi.com/factor/wit/

ウィットは中小企業、個人事業主の資金調達支援に特化したファクタリング会社です。

通常、少額利用のファクタリングは手数料が高めになりがちですが、同社は非対面契約と徹底したコスト削減で業界最安水準の手数料を実現しています。スピードに関しては完全非対面手続きを採用しているため、スマホやPCから申し込み、最短2時間で資金調達が可能です。

さらに、同社はファクタリング利用者に対して、資金調達に特化したコンサルティングを無料で提供しています。

「現在の経営状況に不安がある」「どう資金調達したらよいかわからない」といった悩みを抱えている事業者の方は、コンサルティングによって事業の再建に取り組むことができます。

OLTA(オルタ)|オンライン完結型ファクタリングのパイオニア

olta(オルタ)

契約方式 非対面
取り扱いサービス 2社間ファクタリング
ファクタリング手数料 2%~9%
入金スピード 最短即日~翌日
買い取り限度額 制限なし
URL https://www.olta.co.jp/

OLTAは、業界でいち早くオンライン完結型のファクタリングサービスを取り入れたパイオニア的存在です。

同社のクラウドファクタリングはオンライン上で請求書を買い取り、即日資金化します。売掛先の承諾が不要な2社間取引かつ債権譲渡登記も不要ですので、だれでも気軽にファクタリングで資金調達が可能です。しかもファクタリング手続きのコストを徹底的に削減しており、2社間取引でありながら3社間並みに安い手数料2~9%を実現しています。

クラウドファクタリングを利用するにあたっては、OLTAの事前審査に通過した上で、アカウント登録が必要となります。

事前審査の結果が出るまでに時間がかかる場合があるので、初めての方は時間に余裕を持って申し込みましょう。

日本中小企業金融サポート機構|認定支援機関として全国の中小企業を支援

契約方式 非対面
取り扱いサービス 2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
事業再生サポート
ファクタリング手数料 1.5%~
入金スピード 最短即日
買い取り限度額 要見積もり
URL https://www.chushokigyo-support.or.jp/lp04/0b/

日本中小企業金融サポート機構は徹底したコスト削減により、業界でも類を見ない手数料1.5%~のファクタリングサービスを提供しています。審査通過率95%と非常に柔軟な対応に定評があり、非対面契約ならではのスピードも強みです。

さらに、同機構は財務局および経済産業局が認定する「経営革新等支援機関」でもあります。認定機関は中小企業者に対して専門性の高い支援を行うための体制を整備しており、事業計画作成や計画実行に必要な支援・助言を行います。

経営状況の改善や業績回復を図りたい事業者の方は、ファクタリングによる資金調達と併せて相談されると良いでしょう。

宮崎県のファクタリングに関するQ&A

宮崎県のファクタリングに関して、よくある質問とその回答をQ&A形式でまとめました。

Q.ファクタリング契約後に売掛先が倒産したら、自社に買い戻し義務が生じますか?
A.ファクタリングは売掛先が倒産しても、利用者に買い戻し義務が発生しません。これを償還請求権なしの「ノンリコース契約」と言います。ファクタリング会社は債権売買のときに、売掛先が倒産したことによる債務不履行リスク(デフォルトリスク)ごと買い取ります。一方、手形割引や売掛債権担保融資のように、買い戻し義務が発生する契約を「ウィズリコース契約」といいます。
Q.ファクタリングで今日中に現金を調達することはできますか?
A.提出書類を揃えたうえで、最短即日振込の実績が豊富なファクタリング会社に依頼しましょう。また最短即日の確実性が高い「2社間ファクタリング」で契約することが即日調達の大前提となります。近隣にファクタリング会社の営業所がない場合は、オンライン完結型の非対面契約に申し込みましょう。
>>「即日で資金調達するポイント」について詳しく見る

宮崎県で早期の資金調達は「ファクタリング」がおすすめ

今回は宮崎県の中小企業や個人事業主の方に、借金とは異なる資金調達手段として、ファクタリングをご紹介しました。

本記事の内容を参考に、貴社の資金ニーズや経営課題の解決に即したファクタリング会社を選びましょう。

また、ここでは紹介しきれなかった他の優良ファクタリング会社は、以下の記事をご参照ください。

優良ファクタリング会社はこちら