「売上が入金されるまで、1~2ヶ月間のつなぎ資金が必要!」

そんな状況で利用できる資金調達方法のひとつに、ファクタリングがあります。

ファクタリングは、事業者が保有する売掛債権(請求書)を売却、手数料分を控除した現金を受け取ることができるサービスです。

今回は、埼玉県の中小企業、個人事業主の方に利用をおすすめするファクタリング会社をご紹介します。

記事の後半ではファクタリング会社の選び方のポイントについても解説しています。

「個人事業主でも利用できる?」「取引先や取引銀行に秘密で利用できる?」といったファクタリングの基礎知識については、以下の記事をご参考になさってください。

埼玉県のおすすめファクタリング会社一覧はこちら

埼玉県のファクタリング事情

令和2年6月30日に公表された埼玉県経済動向調査(令和2年4月~令和2年5月の指標を中心に)によると、経済概況の総合判断として、前回と同じく「県経済は新型コロナウイルス感染症の影響により、引き続き急速に悪化しており、極めて厳しい状況にある」としています。

参考:https://www.pref.saitama.lg.jp/a0102/keizai/documents/2006getsu.pdf

感染症による影響により、営業自粛や事業縮小を余儀なくされた企業も多く、全体的に生産活動が大幅に減少、個人消費、雇用ともに悪影響が出ています。

県は新型コロナウイルス感染症の影響に伴う、事業者の資金需要に対応するため、当面無利子・保証料ゼロの特別貸付や、経営安定資金、経営あんしん資金、緊急借換資金等を設けています。

あるいは、テレワーク導入支援補助金や商店街再起支援事業補助金など、対応に迫られている事業者に対して、助成金制度・補助金制度が用意されています。

しかし、補助金や助成金は受給要件を満たすための対象事業を行う「先出しの資金」が必要で、新たな借入や給付金を受け取るまで、早ければ2週間程度、通常1~6ヶ月ほどの期間が必要です。

感染症に伴う緊急性の高い資金需要、資金繰り改善には、売掛債権売買のファクタリングが役立ちます。

ファクタリングを利用すれば、回収前の売掛債権(請求書)を売却・現金化することができ、事業の運転資金やつなぎ資金に充てることができます。

では、埼玉県の事業者の方がファクタリングを利用する場合、どのような会社を選べば良いのでしょうか?

当サイトが独自に選んだ、おすすめのファクタリング会社(対面式・非対面式)をご紹介します。

埼玉県のおすすめファクタリング会社|対面式編

売掛債権を売却する事業者とファクタリング会社の担当者が、面談行った上でファクタリングの契約を結ぶ方式が、「対面式」です。

対面式を採用しているファクタリング会社の多くが、全国出張対応しているため、事業者が出向く必要はありません。

面談ではファクタリングの手数料や利用金額について交渉できるほか、資金繰り改善や経営再建を支援するコンサルティング・サービスも受けられます。

ここでは、埼玉県の事業者の方におすすめする対面式のファクタリング会社をご紹介します。

ビートレーディング

取扱いサービス 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング、診療・介護債権買取、Beトレペイメント
ファクタリング手数料 【2社間】5%~

【3社間】2%~

入金スピード 最短即日(2社間)
買取限度額 10万~7億円(過去の実績から)
所在地 東京都港区芝大門一丁目2-18 野依ビル 3F(東京本店)

ビートレーディングは中小事業者との取引実績が豊富で、対応スピード・手数料・信頼性が三拍子揃って評価の高いファクタリング会社です。

さまざまな債権買取サービスを展開している中でも、とくに2社ファクタリングを得意としており、秘密厳守・最短即日・業界最低水準の手数料が、中小企業や個人事業主から高い支持を得ています。

さらに、ファクタリング利用者にはアフターフォローとして、資金繰り改善サポートも提供しています。

緊急の資金調達のみならず、長期的な資金繰り・経営改善の支援を受けたい事業者の方におすすめです。

クレイリッシュ

取扱いサービス 3社間ファクタリング
ファクタリング手数料 1.0~2.8%
入金スピード 要確認
買取限度額 100~5,000 万円
所在地 埼玉県さいたま市見沼区東大宮5-33-12柏洋ビル3階

クレイリッシュは、事業者向けの金融事業、動産のリース事業、売掛債権の売買事業などを取り扱う貸金専門業者です。

2016年には埼玉県の業種別売上高ランキングで第1位(事業者向貸金業専業部門)を獲得するなどの実績があり、多彩な金融取引のノウハウがあることから、同社のファクタリングの信頼性は言うまでもありません。

ただし、同社のファクタリングは売掛先の同意が必須の3社間取引で、債権額100万円以上からが買取対象です。

契約に際しては、事務手数料 5,500 円、送金料770 円、契約書に貼付する収入印紙代などがかかりますが、ファクタリング手数料は相場より低めの1.0~2.8%に設定されています。

 

NO.1

取扱いサービス 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング、医療報酬債権買取
ファクタリング手数料 【2社間】5~15%

【3社間】1%~5%

入金スピード 最短即日
買取限度額 50万円~5000万円
所在地 東京都豊島区池袋4丁目2−11CTビル3F(本社)

株式会社NO.1は、池袋に本社を置き、名古屋や福岡にも展開しているファクタリング会社です。

一般的な2社間・3社間の買取ファクタリング、医療報酬債権(診療・介護)ファクタリング、経営支援コンサルティングを提供しています。

同社の2社間ファクタリングは、業界最低水準の手数料5~15%で、債権額面50万円から買取可能です。

債権譲渡登記ができない個人事業主であっても、同社の2社間取引は「登記留保可能」としているので、登記無しで利用できます。

埼玉県のおすすめファクタリング会社|非対面式編

非対面式とは、ファクタリングの契約に面談を必要とせず、手続きが郵送やオンラインで完結する契約方式です。

面談のプロセスが省略されるため、オフィスや事務所に居ながらにして資金調達ができます。

さらに、対面式と比べて担当者の出張費等の負担がないことから、2社間取引でありながら、3社間並みの低手数料で利用可能です。

ここでは、埼玉県の事業者の方におすすめの非対面式ファクタリング会社をご紹介します。

OLTA(オルタ)

取扱いサービス 2社間ファクタリング
ファクタリング手数料 2〜9%
入金スピード 最短即日
買取限度額 無制限
URL https://www.olta.co.jp/

OLTAのオンライン完結型「クラウドファクタリング」は、通常の2社間ファクタリングと同じ仕組みながら、手数料は3社間並みに安い2~9%で、最短即日の請求書現金化サービスです。

買取限度額も無制限なので、数万円の売掛債権(請求書)から現金化できます。

さらに、取引を継続しているユーザーは、独自の優遇システムにより、さらにお得にファクタリングが利用できます。

優遇システムでは、利用回数を重ねることで顧客としてのグレートが上がっていき、利用金額や手数料の優待を受けることができるようになります。

日本中小企業金融サポート機構

取扱いサービス 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング、医療報酬債権買取
ファクタリング手数料 要確認
入金スピード 2日~
買取限度額 要確認
URL https://www.chushokigyo-support.or.jp/lp02/

日本中小企業金融サポート機構は、一般社団法人のファクタリング業者です。

同機構の郵送で手続きが完結する「郵送ファクタリング」は、非営利だからこそのリーズナブルな手数料、書類提出から契約までが郵送で完結する利便性が強みです。

他にも、事業再生や事業マッチングのサポートなど、多種多様なサービスも提供しています。

資金帳だけでなく、経営改善や事業展開など、トータルでのサポートを希望する事業者の方におすすめです。

ウィット

取扱いサービス 2社間ファクタリング
ファクタリング手数料 5%~
入金スピード 最短即日
買取限度額 500万円以下
URL https://witservice.co.jp/index.html

ウィットは、500万円以下の小口専門だからできる非対面式のファクタリング・サービスを提供しています。

同社の2社間取引は、手数料5%~と相場より低めに設定されており、過去には最小30万円を95%で買い取った(手数料5%)実績もあります。

さらに、ファクタリング利用者は同社の財務コンサルティングも受けられます。

資金調達だけでなく、資金繰り改善や新たな資金調達先の選定など、利用者は幅広いサポートが受けられるでしょう。

 

ビジネスローンとファクタリングの使い分け

資金調達や資金繰り対策として、ビジネスローンを利用される方も多いのではないでしょうか?

ビジネスローンは、最短即日融資が可能、年利5~15%で、売上が入金されるまでの1~2ヶ月間、緊急のつなぎ資金として活用できます。

では、ビジネスローンとファクタリングでは、どちらを選ぶべきでしょうか?

結論から言うと、融資の審査に通るのであれば、ビジネスローンを優先して利用すべきで、審査に落ちた場合には、ファクタリングを検討すべきです。

ビジネスローンの金利は、元本が100万円以上の場合、利息制限法の上限だとしても年利15.0%となります。

一方、対面式の2社間ファクタリングは、初回利用で手数料20%が相場です。

同じ金額を調達するとして、年利と手数料では支払い期間に違いがあるものの、総合的に見るとファクタリングのほうがコストが高いと言えるでしょう。

ただし、ビジネスローンは債務者の信用状況や財務内容で融資条件が決定されるため、赤字決算や他社借入れがある場合、審査の通過が難しくなります。

また、資金繰りが改善した後の事業運転のために、融資枠を温存しておきたいという場合もあるでしょう。

以上のような条件下であれば、売掛先の信用状況が重視されるファクタリングがおすすめです。

ファクタリングは、銀行からの借入が難しい事業者の方でも、信用力のある売掛債権(請求書)があれば、売掛先や取引銀行に知られることなく、最短即日で資金調達ができます。

このように、なるべくコストを抑え、早急に資金調達が必要な場合はビジネスローンを、信用を落とさずに資金調達をしたい場合はファクタリングを、自社の経営状況・信用状況に応じて使い分けることが重要です。

埼玉県のファクタリングに関するQ&A

埼玉県のファクタリングに関して、よくある質問とその回答をQ&A形式でまとめました。

Q.銀行や信用金庫でも、ファクタリングは取り扱っていますか?
A.三菱UFJ銀行系列の三菱UFJファクターや、みずほ銀行系列のみずほファクターなどが該当します。それら銀行系のファクタリング会社は、売掛先の同意が必要な3社間ファクタリングであることが大前提です。さらに、買取金額の下限が数百万~数千万円であること、法人口座を開設していることなどが利用条件となっています。
Q.個人事業主であることを理由に2社間ファクタリングを断られたのですが?
A.売掛先の同意が不要な2社間ファクタリングでは、ファクタリング会社が確かに債権を譲渡されたことを主張するために、債権譲渡の登記が必要です。債権譲渡登記は法人に限られており、個人事業主では登記ができないため、2社間ファクタリングを断られる場合があります。ただし、この債権譲渡登記を「留保可」として、個人事業主に対しても2社間ファクタリングを提供しているファクタリング会社もあります。
Q.対面式と非対面式はどちらがお得ですか?
A.「調達コストの安さ」「確実な即日入金」を重視するのであれば、オンライン完結型の非対面式ファクタリングをおすすめします。一方、面談でじっくりと取引の交渉をしたい場合や、経営支援などの手厚いアフターフォローを受けたい場合は、対面式のファクタリング会社を選びましょう。

埼玉県で緊急性の高い資金調達は「ファクタリング」がおすすめ

今回は、埼玉県の事業者の方におすすめの「対面式」・「非対面式」のファクタリング会社をご紹介しました。

「対面式」と「非対面式」のメリット・デメリットをまとめると、以下のとおりです。

メリット デメリット
対面式
  • 面談で取引の交渉ができる
  • 経営支援など手厚いアフターフォローが受けられる
  • 非対面式より手数料が高め
  • 担当者の交通費を負担しなければならない
  • 面談の時間を確保しておく必要がある
非対面式
  • 対面式より手数料が低め
  • 郵送かオンラインで手続きが完了する
  • 即日入金の確実性が高い
  • 提出書類が対面式より多めな場合がある
  • アカウント作成などの作業が必要

自社がもっとも重視するポイントを明確にしたうえで、自社の課題を解決できそうなサービスを提供するファクタリング会社を選びましょう。