銀行系のファクタリングについて解説します。

ファクタリングについて「悪徳業者が多い」「怖い」などのイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?

確かにファクターの中には、法外な手数料を設定する悪徳業者も存在しますが、そのような人には安心して取引ができる銀行系のファクタリング会社がおすすめです。

ただし、銀行系のファクタリング会社は安心ですが、民間のファクターと比較して使い勝手が悪いというデメリットもあります。

銀行系のファクタリング会社の特徴やメリット・デメリットについて解説します。

ファクタリングに対して不安を感じている人は、銀行系のファクタリングという選択肢もあるということを理解しておきましょう。

銀行系のファクタリングとは?

銀行系のファクタリングとは?

銀行系のファクタリング会社には以下の特徴があります。

  • 銀行の子会社が運営しているファクター
  • 保証ファクタリングや国際ファクタリングも取り扱う
  • 貸金者登録を行なっている

銀行の子会社が運営し、貸金業者登録を行なっている安心感があると同時に、一般のファクターでは取り扱っていない種類のファクタリングという特徴があります。

銀行系ファクタリング会社の特徴について詳しく解説します。

銀行の子会社が運営しているファクター

銀行系ファクタリングとは、主に銀行の子会社が運営するファクタリングサービスのことです。

銀行にはでんさいとよく似た一括ファクタリングサービスというサービスを取り扱っているところもありますが、売掛債権の買取を行う買取ファクタリングは銀行が直接は運営していません。

そのため、ファクタリング会社を子会社として設立して、その子会社が売掛債権の買取を行うサービスを展開しています。

一般的に、銀行系ファクタリングとは、銀行の子会社や銀行の持ち株会社が出資した子会社のファクタリングだと理解しておきましょう。

保証ファクタリングや国際ファクタリングも取り扱う

銀行系ファクタリングが扱うのは、買取ファクタリングだけではありません。

売掛債権の保証を行う保証ファクタリングや、国を跨いだ決済を保証する国際ファクタリングなども取り扱っています。

保証ファクタリングは企業の審査ノウハウを持っていないとリスク管理が困難ですし、国際ファクタリングは世界のトップクラスの金融機関が加盟するFCIに加盟していないと取り扱うことができません。

保証ファクタリングや国際ファクタリングなど銀行でなければ取り扱いが難しいファクタリングを銀行系ファクターは取り扱っているという特徴があります。

貸金者登録を行なっている

銀行系ファクタリング会社は貸金業者登録を行なっているというのも大きな特徴です。

ファクタリングには必ずしも貸金業者登録は必要ありませんが、「ファクタリングは実質的な貸付と同じでは?」という意見もあるのは事実です。

貸付であるのであれば貸金業者登録をしなければ営業することはできないので、銀行系ファクターは予防的に貸金業者登録を行なっています。

そのため、手数料は利息制限法の範囲内となっており、低い手数料でファクタリングをすることができるという特徴があります。

貸金業者登録をするためには、国家資格である貸金業務取扱主任者が常駐しなければならず、国家資格を持った人に相談できるという安心感があるのも銀行系ファクターの特徴です。

銀行系ファクタリングと一般のファクタリングの違い

銀行系のファクタリングとは?

銀行系ファクタリング会社と一般のファクターの違いは主に以下の3つです。

  • 銀行系は3社間のみ
  • 銀行系は取り扱いの種類が多い
  • 資本金が大きい

銀行系は3社間ファクタリングしか取り扱っていないという大きな特徴があります。

その他、取り扱うファクリングの種類が多いことや資本金が大きい点が、一般のファクターとの主な違いです。

銀行系と一般のファクターの3つの違いをさらに詳しく見ていきましょう。

銀行系は3社間のみ

銀行系ファクタリング会社が取り扱っているのは3社間ファクタリングのみです。

2社間ファクタリングは「実質的な融資」という指摘があるので、コンプライアンス重視の銀行系は利息制限法の範囲内でしかファクタリングを行いません。

さらに2社間ファクタリングはリスクが高いので、利息制限法の範囲内でファクタリングしてしまったらリスクをカバーしきれないのです。

そのため、銀行系ファクターは2社間ファクタリングは取り扱わず3社間ファクタリングのみの取り扱いとなります。

一般的なファクタリング会社は2社間ファクタリングメインで取り扱っていることに対して、銀行系ファクターは3社間ファクタリングしか取り扱いがありません。

銀行系は取り扱いの種類が多い

銀行系ファクタリング会社は、保証ファクタリング、国際ファクタリング、診療報酬ファクタリングなど、特殊なファクタリングを数多く扱っています。

一般的なファクタリング会社が買取ファクタリングしか取り扱いがないことが多いことと比較すると、銀行系ファクターは資金繰りに困った企業だけでなく、新規取引先が多い企業や、貿易関係の企業など様々な企業のニーズをファクタリングで満たすことができます。

資本金が大きい

銀行系ファクターは、一般的なファクタリング会社と比較して資本金の金額が圧倒的に大きくなります。

銀行という巨大企業が出資した会社ですので、資本金100億円以上を超える場合も多数あります。

規模が大きいため高額の債権買取にも対応しており、大きな企業もファクタリングによって資金調達が可能です。

一般的なファクターは資本金が多くても1億円程度ですので、億を超える買取には対応していません。

銀行系ファクタリングのメリット

銀行系ファクタリングのメリット

銀行系ファクタリングのメリットは主に以下の4つです。

  • 手数料が低い
  • 安心して取引できる
  • 保証ファクタリングや国際ファクタリングも利用できる
  • 数億円単位の買取にも対応

低い手数料で安心して取引ができるという点が最大のメリットです。

また、保証ファクタリングや国際ファクタリングや高額のファクタリングなど、銀行系でしか取り扱うことができないファクタリングが多いという点もメリットとしてあげることができるでしょう。

銀行系ファクタリング会社の4つのメリットについて詳しく解説していきます。

手数料が低い

先ほど説明したように、銀行系ファクターはコンプライアンス重視のために、ファクタリングであっても手数料が利息制限法の上限金利を超えることはありません。

一般的なファクタリング会社が1ヶ月で10%〜20%もの手数料が発生することと比較すると銀行系ファクタリングはその10分の1程度の手数料負担です。

ファクタリングでありながら融資と同じ程度の手数料負担で資金調達できるのは銀行系ファクタリングのメリットです。

安心して取引できる

銀行系ファクタリングは安心して取引することができるというのも大きなメリットです。

親会社が銀行という信頼できる企業である上、貸金業者登録によって国から認められた会社であるためです。

ファクタリング会社の中には悪徳業者も混じっているため、銀行系ファクターの安心感はファクタリングに不安を感じている人にとっては大きなメリットです。

保証ファクタリングや国際ファクタリングも利用できる

前述したように、銀行系ファクターは保証ファクタリングや国際ファクタリングも取り扱っています。

特に国債ファクタリングは世界の大手金融機関しか加盟できないネットワークに入っていないと利用することはできません。

一般のファクターには利用できないファクタリングを取り扱っているのは、銀行系ファクタリング会社のメリットです。

数億円単位の買取にも対応

資本金が大きな銀行系ファクタリング会社は、金額が大きすぎて一般のファクタリング会社では取り扱うことができない規模の大きな売掛債権の買い取りにも対応しています。

一般的なファクターの買取限度額は1億円程度で、基本的には数百万円単位の買い取りしか取り扱っていません。

しかし、資本金が膨大な銀行系ファクタリング会社は数億円単位の高額買い取りにも対応することができます。

数億円の売掛債権が発生する中規模以上の企業でも銀行系ファクタリング会社であれば資金調達することが可能です。

銀行系ファクタリングのデメリット

銀行系ファクタリングのデメリット

安心して低い手数料でファクタリングができる銀行系ですが、中小企業にとっては実用性が低いと言えます。

銀行系ファクタリングには以下の5つのデメリットがあるからです。

  • 3社間しか取り扱いがない
  • 資金化までに時間がかかる
  • 審査が厳しい
  • 少額だと相手にされない
  • 窓口へ訪問の必要がある

急ぎの資金には対応できませんし、少額であれば相手にされないこともあります。

銀行系ファクタリングの5つのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

3社間しか取り扱いがない

銀行系ファクタリング会社は3社間ファクタリングしか取り扱っていません。

2社間ファクタリングはリスクが大きすぎて、利息制限法の範囲内の手数料率では対応できないためです。

ファクタリングを利用する多くの企業が、「ファクタリングについて取引先に秘密にしたい」と考えています。

しかし、3社間ファクタリングでは必ず売掛先の同意が必要になるので、銀行系のファクターでは売掛先に秘密にすることはできません。

銀行系ファクタリングでは2社間ファクタリングを利用することができないのは、一般のファクターと比較して大きなデメリットと言えるでしょう。

資金化までに時間がかかる

銀行系のファクタリング会社は資金化までに時間がかかってしまい、急いでお金が必要な場合に対応することができません。

銀行系ファクタリング会社は以下の2つの理由によって資金化までに時間がかかります。

  • 3社間ファクタリング
  • 審査に時間がかかる

3社間ファクタリングでは売掛先の同意を得るまでに1週間程度の時間がかかるのですぐに資金化することは不可能です。

また、そもそも銀行系ファクターは審査のプロセスが複雑になっているので審査自体にも1週間程度かかります。

これらの理由によって、銀行系ファクタリング会社で申し込みから資金化できるまでの時間は2週間程度必要になり、急いでお金が必要なときには対応することができません。

一般のファクターの多くが最短即日資金化に対応していることと比較するとこの点はデメリットです。

審査が厳しい

銀行系のファクタリング会社は審査が厳しいのもデメリットです。

銀行は融資によって「事業活動が継続し企業を発展させていく」という公共的な使命を背負っています。

その傘下である銀行系ファクターも同じような価値観で審査を行なっています。

そのため、ファクタリングに応じても事業継続が困難であると判断できるような、赤字が継続している企業や、債務超過回収が困難な企業は審査には通過できません。

ファクタリングを利用する多くの企業が赤字や債務超過で資金繰りが厳しい企業です。

しかしこのような企業ほど、銀行系のファクタリング会社は利用することが難しいというジレンマがあります。

一般のファクタリング会社は赤字や債務超過でも利用できることと比較するとこの点は大きなデメリットと言えます。

少額だと相手にされない

銀行系ファクターに100万円前後の売掛債権のファクタリングを依頼されても相手にされずに断られてしまうというケースが多々あります。

数億円規模のファクタリングを得意としている銀行系ファクタリング会社は、小規模のファクタリングの取り扱いは原則として行なっていません。

中小企業が100万円前後の売掛債権のファクタリングを依頼しても相手にされずに断られてしまうことになるでしょう。

この点でも銀行系ファクタリング会社は中小企業にとっては実用性が乏しいと言え、一般のファクタリング会社が少額でも買い取ってくれることと比較すると明らかなデメリットです。

窓口へ訪問の必要がある

銀行系ファクタリング会社は対面で契約をしなければなりません。

これは一般のファクタリング会社でも同じケースが多いですが、一般のファクタリング会社の中には出張してくれる会社も多数あります。

銀行系ファクタリング会社は、よほど規模の大きな企業でない限り出張は行わないので、中小企業の場合にはほぼ確実に窓口への来店を求められます。

近くに銀行系ファクタリング会社の店舗がない企業にとっては、これだけで時間的・金銭的な大きな負担になります。

出張してくれる一般のファクターと比較して、この点も大きなデメリットだと言えるでしょう。

銀行系ファクター3選

大手銀行は大抵ファクタリング会社を持っていますが、メガバンク3行は傘下に以下のようなファクターをそれぞれ持っています。

  • 三菱UFJファクター
  • みずほファクター
  • SMBCファイナンスファクター

メガバンク傘下の大手ファクター3社の特徴や、取り扱うファクタリングの種類になどについて詳しく解説していきます。

三菱UFJファクター

三菱UFJファクターは三菱UFJグループのファクタリング会社です。

資本金は約20億円で、取り扱っているファクタリングは以下の通りです。

  • 保証ファクタリング
  • 国際ファクタリング
  • 買取ファクタリング

この他代金回収サービスも行なっています。

日本最大の銀行グループのファクターとして、国際ファクタリングを扱っていますので、貿易企業にとっては利便性が高いファクターということができます。

みずほファクター

みずほファクターはみずほグループのファクタリング会社で、「2019年度アジア・パシフィック地域の最優秀輸出入ファクター賞」を受賞した国際ファクタリングでは信頼と実績が高く評価されている会社です。

資本金は10億円で、取り扱っているファクタリングの種類は以下の通りです。

  • 保証ファクタリング
  • 国際ファクタリング

買取ファクタリングは行なっていないので、資金繰りに困窮している中小企業はそもそも利用する用途はありません。

国際ファクタリングには大きな強みを持っているので貿易企業は利用を検討してもよいかもしれません。

SMBCファイナンスサービス

SMBCファイナンスサービスは三井住友グループのファクタリング会社です。

資本金は717億円と非常に規模が大きく、ファクタリングよりも決済サービスをメインにしている会社です。

SMBCファイナンスサービスが取り扱うファクタリングは以下の通りです。

  • 保証ファクタリング
  • 国際ファクタリング

こちらも買取ファクタリングは取り扱っていません。

では、保証ファクタリングでは建設債権保証を行なっているので、工期が長い建設業が連鎖倒産を防止するために利用するとよいでしょう。

中小企業が資金繰りにために申し込むことはできません。

銀行系ファクタリングのよくある質問

個人事業主は銀行系ファクターを利用できませんか?
利用できないことはありません。
しかし、規模の小さな個人事業主の場合には、銀行系ファクタリング会社へ申し込みをしても断られてしまいます。
1,000万円を超えるくらいの規模の大きな売掛債権を持ってない限りは個人事業主や中小企業が銀行系ファクタリングを利用するのは難しいと言えるでしょう。
近くにファクターの窓口がありません。訪問が必要ですか?
銀行系ファクターのほとんどが出張には対応していないので、基本的には訪問が必要であると考えた方がよいでしょう。
ただし、出張はしないというルールはないので、金額が大きければ遠方でも出張してくれる可能性はあります。
どうしても窓口へ訪問できない事情があるのであれば、まずはファクターの担当者へ相談してみましょう。
100万円以下で銀行系ファクターを利用できますか?
少額のファクタリングが必ずしも不可能というわけではありません。
しかし、一般的には銀行系ファクターは100万円以下の少額の売掛債権の買取は行っていないので、銀行からの紹介がない一見客などはファクタリングを断られてしまう可能性があります。
どうしても銀行系の低い手数料でファクタリングしたいとのことであれば、まずはファクターへ相談するようにしましょう。
突然銀行系ファクターの窓口に相談に行ってもよいでしょうか?
ファクターの担当者が空いているのであれば突然訪問してもすぐに対応はしてもらえます。
しかし、担当者が繁忙であれば待たされてしまうことが多いので、できれば事前に電話でアポをとってから窓口へ相談に行った方がよいでしょう。
この際には自社の決算書3期分と、売掛債権の請求書を持参するようにしてください。
母体銀行と取引がなくても取引可能ですか?
母体銀行と取引がなくても取引をすることが可能です。
ただし、母体銀行から紹介があった方がファクターも審査がしやすく、ファクターからの信頼度も向上します。
ファクターと取引がなくても申し込みや審査に通過することは可能ですが、母体銀行から紹介があった方がさらに審査に通過しやすくなります。
メガバンクなどと取引がある企業は、銀行へ紹介を依頼してみましょう。

まとめ

銀行系のファクタリング会社は手数料が低く信頼度が抜群で、取り扱いが少ない保証ファクタリングや国際ファクタリングの取り扱いもあります。

ただし、以下のような致命的なデメリットがあるので中小企業にとっては利用しにくいのが実情です。

  • 3社間ファクタリングのみ
  • 審査が厳しい
  • 少額のファクタリングは難しい
  • 資金化までに時間がかかる

大企業や貿易をするような企業であれば利用価値が高いと言えますが、資金繰りに困った中小企業が急いで資金調達したいような場合には、利便性は圧倒的に低くなってしまいます。

銀行系ファクタリングはメリットとデメリットがはっきり分かれていますので、一般のファクターとの違いを理解して賢く使い分けるようにしましょう。