NECキャピタルソリューションの口コミ・評判|審査・必要書類と手数料

口コミスコア

0

東京都港区港南二丁目15番3号(品川インターシティC棟)

NECキャピタルソリューションは一般企業に向けて、個別銘柄ごとに買い取る個別ファクタリングと、複数の売掛債権をファクターに一括譲渡後に回収代行する一括ファクタリングを提供しています。また支払企業がNECグループ企業であれば、電子記録債権ファクタリングを行うことも可能です。

買取金額
-
最低
-
最高
-
手数料
-
2社間
-
3社間
-
SERVICE INFORMATION

対応している債権の種類

  • でんさい割引
  • 給料前払い
  • POファイナンス
  • 請求書買取
  • 注文書買取
  • 電子記録債権
  • 介護報酬債権譲渡
  • 将来債権譲渡
  • 不良債権買取
  • 診療報酬債権

対応している契約方法

  • 2社間契約 取引先への通知:不要
    入金スピード:早い
  • 3社間契約 取引先への通知:必要
    手数料:低い

必要書類

-

その他の詳細条件

  • 赤字決算
  • 初回特典あり
  • 個人事業主
  • 登記不要
  • 確定申告なし
  • 税金滞納
  • 差し押さえ中
  • 現金取引
  • 他社登記中
  • 二重譲渡OK
  • 即日買取
  • 出張契約
  • 郵送契約
  • オンライン契約

貸金業登録番号

-

所在地

東京都港区港南二丁目15番3号(品川インターシティC棟)

営業時間

-

休業曜日

-

Reputation research

NECキャピタルソリューションの会社情報

NECキャピタルソリューション株式会社は、東京都港区にあるNEC(日本電気)グループに所属するリース・金融会社です

1967年に設立された日本サテライトテレコミュニケーションズ株式会社を前身に持ち、1978年にはリース事業への業態変更をきっかけに、日本電気リース株式会社へと社名を変更しています。この時期は主にNEC製品のリース事業やメンテナンスリース事業を取り扱っており、その後も順調に売上を伸ばし、現在に至るまでメーカー系リース会社として業界における地位を確立しています。

2002年にはNECリース株式会社へと社名を変え、2003年には成長戦略の迅化やリース業界全体における統廃合などを受け、三井住友銀リース株式会社の持分法適用会社となっています。

以降は金融・ICT(情報通信技術)サービスへと事業分野を広、2006年には東証1部上場を果たしています。

創業30周年となる2008年には、リースを中心としたビジネスモデルからの脱却を図るため、現在のNECキャピタルソリューション株式会社へと社名が変更されました。これには経営資源(Capital)を中心とする課題に対し、解決策(Solution)を提供する、という企業理念が込められており、社名からあえてリースを外すことによって新たな方向性を明確にしています

翌2009年には金融企業である株式会社リサ・パートナーズと業務提携を行い、海外事業の展開や投資ファンドを開始するなど、事業の多角化を推し進めています。

東京都港区に会社移転を行った2013年以降は、主要事業であるリースを中心としつつも、エネルギーやヘルスケア、農業や観光に至るまで、様々な分野で新事業を打ち出してきました。

ファイナンス事業では、企業向けに融資とファクタリンを行っています。ファクタリングが開始されたのは1983と事業歴は古く、2020年の段階でファイナンス事業における契約実行高の約6割を占めるなど、事業の中核を担っています。

NECキャピタルソリューションのファクタリングの特徴

一般企業に向けて個別ファクタリングと一括ファクタリングを提供しています。

対象債は金額と回収期日が定められた売掛債権で、都合に応じて債権の一部譲渡のみも可能です。

個別ファクタリングとは、納入企業が保有する売掛債権を、個別銘柄ごとにファクター(NECキャピタルソリューション)が直接買い取る方式です。

なおNECキャピタルソリューションの個別ファクタリングを業種別に見ると、製造業を中心に広く活されています。

一括ファクタリングとは、納入企業が保有する複数の売掛債権をファクターに一括譲渡し、ファクターが債権回収業務を代行する方式です。

一括ファクタリングでは、納入企業にとっては資金の効率化、支払企業にとっては事務手続きの効率化などのメリットがあります。

また信用力の高い企業であることが利用条件であるため、支払企業にとっては信用力の高さを対外的に示すことができ、イメージアップを図ることが可能となります。

一括ファクタリングを利用する場合は、支払企業がNECグループ企業であることが条件です。

また支払企業がNECグループ企業であれば、電子記録債権のファクタリングを行うことも可能となります。

2011年に開始した電子記録債権の取り扱いは、三井住友銀行の子会社であるSMBC電子債権記録株式会社からの支援を得て、大企業から中小企業までを対象に開始されました。

事業法人系ファイナンス会社による電子記録債権の活用は、当時日本初の試みで、かねてより資金調達手段の拡充を目指してきた姿勢が伺えます。

USER REVIEW
TOTAL SCORE

0

0件の口コミより算出

審査の通りやすさ

0

入金までのスピード

0

スタッフの対応

0

手数料など条件の満足度

0

見積もり比較で手数料が安くなる

複数のサービスから、最適なファクタリング会社が見つかります

見積もり比較で手数料が安くなる

無料一括見積もりをはじめる

見積もり比較で手数料が安くなる

条件を指定して検索

閉じる

債権の種類

⚠債権の種類について

契約方法

2社間・3社間契約の違いとは? »

その他の条件

または

もどる