最短即日でまとまった事業資金を調達するなら、「ファクタリング」をおすすめします。

ファクタリングは、入金前の請求書をファクタリング会社に売却して早期に資金化する資金調達スキームです。

銀行融資やビジネスローンとは異なり、赤字決算や債務超過でも利用でき、信用情報には一切影響がありません。

今回は、秋田県の中小企業、フリーランス・個人事業主の方に利用をおすすめするファクタリング会社をご紹介します。

記事の後半ではファクタリング会社の選び方のポイントについても解説しています。

「取引先に知られずにファクタリングできる?」「ファクタリングの手数料っていくら?」といったファクタリングの基礎知識については、以下の記事をご参考になさってください。

秋田県のおすすめファクタリング会社一覧はこちら

秋田県のファクタリング事情

秋田財務事務所の2020年4月報告の概要によると、秋田県内の経済は、「新型コロナウイルス感染症の影響により、経済活動が抑制されるなか、足下で大きく下押しされており、厳しい状況にある」としています。

前回の報告(2019年11月~2020年1月期)の「持ち直している」から、4年9ヶ月ぶりの下方修正となり、個人消費、生産活動、雇用情勢も全て下方修正されている状況です。

県は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた、県の休業要請等に協力した中小企業者等を支援する「県休業協力金」を実施、さまざまな施策を通じて県内の事業者の資金繰り支援を拡充しています。

5月からは休業要請を大幅に解除し、感染対策に努めながら営業を再開する店舗が出始めていますが、コロナ禍前の客足が戻るのはまだまだ先になりそうです。

そんななか、借りない資金調達方法であるファクタリングは、秋田県の事業者の資金調達方法として、今後さらなる需要が見込まれます。

秋田県の事業者の方がファクタリングを利用する場合、どのような業者を選べば良いのでしょうか?

当サイトが独自に選んだ、おすすめのファクタリング会社(対面式、非対面式)をご紹介します。

秋田県のおすすめファクタリング会社|対面式編

対面式では、利用者がファクタリング会社に来店するか、ファクタリング会社の担当者が利用者の会社を訪問するかして、面談を行った上で契約を結びます。

秋田県内に店舗を構えるファクタリング会社がないため、新幹線で3時間ほどかかる仙台市の会社に来店するか、あるいは全国出張対応の会社を選ぶことになるでしょう。

対面式は、面談のスケジュールを確保したり、出張の交通費を負担したり(会社による)しなければなりませんが、面談で利用金額や手数料について交渉したうえで、より有利な条件でファクタリングを利用できる可能性があります。

ここでは、秋田県の事業者の方におすすめする対面式のファクタリング会社をご紹介します。

アクセルファクター

取扱いサービス 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング、医療報酬債権買取
ファクタリング手数料 【2社間】5%~

【3社間】2%~

入金スピード 最短即日
買取限度額 最大1億円
所在地 宮城県仙台市青葉区本町一丁目12-12GMビルディング3階(仙台営業所)

アクセルファクターは東京と仙台に店舗を構え、最大1億円の事業資金を即日調達できるファクタリング会社です。

同社のサービスは資金調達までのスピードに定評があり、即日入金を原則とする経営方針はもちろん、緊急性が高いと判断した場合、オンラインで取引を完結させるなど柔軟性も兼ね備えています。

さらに、手数料は2社間で5%~、3社間で2%~と業界最安水準にあり、スピードと調達コストの低さの2段構えのファクタリングで、資金繰り改善を目的とする事業者にとって嬉しい内容となっています。

売掛債権の買取限度額は下限金額が設定されていないため、ちょっとしたつなぎ資金のための少額利用も可能です。

ビートレーディング

取扱いサービス 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング、診療・介護債権買取、Beトレペイメント
ファクタリング手数料 【2社間】5%~

【3社間】2%~

入金スピード 最短即日(2社間)
買取限度額 10万~7億円(過去の実績から)
所在地 宮城県仙台市青葉区本町1-12-7 三共仙台ビル3階(仙台支店)

ビートレーディングは全国4拠点に店舗を構え、業界トップクラスの契約数・申込金額がある大手ファクタリング会社です。

同社の2社間ファクタリングは実績が豊富にあり、銀行からの借入が難しい中小企業・個人事業主であっても、良質な売掛債権があれば、業界最安水準の手数料で、最短即日の資金調達ができます。

もちろん、秘密厳守が徹底されていますので、クライアントや取引金融機関など、第三者への情報流出を心配する必要はありません。

秋田県の事業者の方が同社を利用する場合、最寄りの仙台支店を利用することになるでしょう。

仙台から秋田までは新幹線で3時間程かかりますので、当日中の資金調達を希望する場合は、担当者が来社する時間を考慮して、あらかじめ提出書類を揃え、午前中までに申し込んでおく必要があります。

 

 

日経フィナンシャルトライ

取扱いサービス 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング、医療報酬債権買取
ファクタリング手数料 2~8%
入金スピード 最短即日(当日12時までの申し込み要)
買取限度額 50万~2億円(即日は5,000万円まで)
所在地 宮城県仙台市太白区八木山本町1-5-1-206号(仙台支店)

日経フィナンシャルトライは、「年商5,000万円以上の法人」を対象に、2社間・3社間・医療報酬債権買取サービスを提供しています。

同社のファクタリングを利用できる事業者は限られますが、裏を返せば、「5,000万円までであれば、即日の資金調達に絶対の自信がある」ということに他なりません。

実際に、業界最安クラスの手数料2~8%、対面式のファクタリング会社の中では数少ない「出張費無料」なので、他社よりも大幅に調達コストを抑えられます。

秋田県内で事業をしていて、東京などの首都圏まで足を運ぶ時間はないが、担当者と面談してじっくりと交渉を行いたいという経営者の方におすすめです。

秋田のおすすめファクタリング会社|非対面式編

本業が忙しくて面談の時間を確保できない、なるべく手続きの煩雑さを回避したいという事業者の方は、非対面で契約できるファクタリング会社がおすすめです。

非対面式は申し込みから契約まで、すべてネットや郵送で完結するため、手数料が対面式よりも抑えられ、2社間であればほぼ確実に、最短即日で資金調達ができます。

ここでは、秋田県の事業者の方におすすめの非対面式ファクタリング会社をご紹介します。

OLTA(オルタ)

取扱いサービス 2社間ファクタリング
ファクタリング手数料 2〜9%
入金スピード 最短即日
買取限度額 無制限
URL https://www.olta.co.jp/

2社間ファクタリングは、手数料相場が10~20%と高めに設定されているのがネックですが、OLTA(オルタ)が提供するオンライン型の「クラウドファクタリング」は、クライアントの同意が不要な2社間契約であるにも関わらず、3社間並の手数料2~9%を実現しています。

一般的な2社間契約よりも提出すべき書類は多めですが、前もって準備しておけば、すべての手続きがオンラインで完結するため、最短即日の資金調達も可能です。

さらに、同社のサービスは、継続して使い続けることでユーザーとしてのランクが上がっていく優待システムもあり、初めてファクタリングを利用する方も安心して、お得に利用できるでしょう。

株式会社ウィット

取扱いサービス 2社間ファクタリング
ファクタリング手数料 5%~
入金スピード 最短即日
買取限度額 500万円以下
URL https://witservice.co.jp/index.html

ウィットのファクタリングは、500万円以下の小口専門、電話一本の非対面で資金調達が可能です。

最小30万円を95%(手数料5%)の買取実績、最短2時間で資金調達の実績が示すように、同社のファクタリングは手数料の安さやスピードでも高い評価を受けています。

さらに、ファクタリング利用者に対して財務コンサルティングも提供しており、同社が持つ幅広い人脈を活かした資金調達の提案、資金繰りの安定化から経営改善の実行サポートなど、経営に関する幅広い支援が受けられるでしょう。

 

インボイスPay

取扱いサービス 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング
ファクタリング手数料 2.5~8%
入金スピード 最短即日
買取限度額 制限なし
URL https://invoice-pay.jp/

インボイスPayは、「ファクタリングを進化させた即日資金調達スキーム」を掲げ、手数料2.5~8%の圧倒的な調達コストの安さ、最短10分の圧倒的スピード感を実現しています。

申し込みは電話、FAX、Web、LINEの4つの方法があり、請求書をスマホのカメラで撮影すれば、すぐに見積もりが出る手軽さが話題を読んでいます。もちろん、取引はすべてオンライン完結です。

通常のインボイスPayは売掛金300万円以下の小口専門サービスで、300万円以上は「インボイスPayプレミアム」への登録が必要となります。

融資とファクタリングはどのように違う?

ファクタリングを利用したことがない事業者の方は、「ファクタリングは、融資とどのように違うの?」という疑問をお持ちではないでしょうか?

ファクタリングは売掛債権の売買取引であり、金融機関からお金を借り入れる融資とは別物です。

両者の違いをまとめると、以下の表のようになります。

融資 ファクタリング
契約の種類 金銭消費貸借契約 債権譲渡契約
取引対象 お金 売掛債権(代金を請求する権利)
業者 銀行、貸金業者 ファクタリング会社(貸金業登録は不要)
審査のポイント 申込者の返済能力、信用情報 売掛先の信用力
法的根拠 出資法、貸金業法、利息制限法 民法

ファクタリングは赤字決算や債務超過など、融資の審査を通過することが厳しく、売上はあるのに手元に資金がない場合に活用が推奨されます。

一方で、融資は自社の経営状況に大きな問題がなく、長期運転資金や設備資金に充てたい場合に有効なスキームです。

ファクタリングと融資は、「どちらが優れた資金調達スキームか」ではなく、自社の資金調達目的や経営状況に応じて使い分けることが重要です。

秋田県のファクタリングに関するQ&A

秋田県のファクタリングに関して、よくある質問とその回答をQ&A形式でまとめました。

Q.支払期日を過ぎた請求書は、ファクタリング会社に買い取ってもらえますか?
A.支払期日を過ぎた請求書は、ファクタリング会社の買取対象となりません。ファクタリング会社が買い取る債権は、支払期日と金額が確定している「確定債権」で、入金前であることが前提です。支払期日を過ぎた請求書は「不良債権」となり、ファクタリング会社では買い取れません。
Q.請求書がなくてもファクタリングは利用できますか?
A.請求書がなくても、代替の資料を提出すれば、債権を買い取ってくれるファクタリング会社は存在します。ただし、請求書は確かに入金前の売掛金が存在することを証明する「証憑」ですので、ファクタリングの取引には必須です。安全にファクタリングを利用するなら、必ず請求書の提出が必須のファクタリング会社を選びましょう。 
Q.買い取ってもらった請求書の取引先が倒産した場合、買い戻しの必要はありますか?
A.買い戻しは必要ありません。ファクタリングは手形割引とは異なり、万が一、売掛先の倒産等で売掛金の支払いが実行されなくても、利用者には買い戻しの義務がないノンリコース契約です。つまり、売掛金の貸し倒れリスクを回避する用途として、ファクタリングが活用できます。

秋田県で「借りない」資金調達ならファクタリングを

ファクタリングは、売掛債権という資産を活用した資金調達方法です。

赤字決算や債務超過で銀行等から借入ができない事業者の方でも、入金前の請求書があれば、ファクタリングで資金調達ができます。

ファクタリングは、買取債権の額面に対して、2~20%の手数料こそかかりますが、長期にわたる返済負担はなく、早期に資金繰り改善が可能です。

秋田県の中小企業の経営者、フリーランス・個人事業主の方で、「借りる」以外の資金調達スキームをお探しであれば、ぜひファクタリングをご活用ください。

ファクタリングは、会社選びのプロセスが重要です。

本記事もご参考になりながら、手数料やスピード、資金繰り支援など、自社がもっとも重視するポイントを明確にして、ベストパートナーとなり得るファクタリング会社を選びましょう。