大手ファクタリング会社のビートレーディングの口コミや評判をご紹介します。

「ファクタリングの利用を検討しているけど、怖い、怪しい」などのネガティブなイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?

ファクタリング会社の実態を知るためにはリアルな評価である口コミや評判を確認するのが最適です。

ビートレーディングの口コミや評判から、ビートレーディングのメリット・デメリットや審査など、利用者から見たビートレーディング の実態を詳しく解説していきます。

ビートレーディングの概要と特徴

ビートレーディング

まずはビートレーディングの基本情報と、主な特徴について解説します。

ビートレーディングのファクタリングの基本情報は以下の通りです。

手数料 1.5%〜
買取限度額 10万円~7億円の実績あり
資金化までのスピード 最短即日
ファクタリング形態 2社間/3社間/診療・介護報酬

ビートレーディングはありとあらゆる買取ファクタリングを取り扱っています。

手数料は1.5%〜となっていますが、1.5%の手数料が適用されるのは、診療報酬ファックタリングなどのリスクがほぼないファクタリングに限られると考えられます。

基本的には、2社間ファクタリングで10%〜20%程度、3社間ファクタリングで3%〜10%程度の手数料が適用されると考えておいた方がよいでしょう。

最高で7億円までの買取実績があると記載されていますが、7億円が限度額というわけではありません。

売掛債権によってはそれを超える買取も可能で、基本的には買取限度額はないと考えておきましょう。

そしてビートレーディングのファクタリングには他のファクタリング会社と比較して以下のような特徴があります。

  • 手数料は高め
  • 担当者の知識が非常に深く資金繰り全般の相談に乗ってくれる
  • 契約には面談が必須
  • 出張も行なってくれる
  • 3社間ファクタリングの取り扱いもあり

ビートレーディングは対面型のファクターですので手数料はそれほど低くありません。

この他、ビートレーディングのファクタリングには多くの特徴があります。

ビートレーディングの主な特徴について詳しく解説していきます。

手数料は高め

ビートレーディングのファクタリングの手数料は2社間ファクタリングの場合には10%〜20%程度で、初めての取引では20%弱程度の手数料が適用されることが一般的なようです。

OLTAやフリーナンスなどのクラウド型のファクタリング会社の手数料が10%を切る設定になっていることと比較するとビートレーディングの手数料は高めであることは間違いありません。

しかし、ビートレーディングのような対面型のファクタリングはどうしてもコストがかかるので、20%弱程度になることが一般的です。

本来であれば平均的な手数料ですが、クラウド型のファクタリングサービスが普及した今となっては、ビートレーディングの手数料は高めであると言えるかもしれません。

担当者の知識が非常に深く資金繰り全般の相談に乗ってくれる

ビートレーディングの大きな特徴の1つが、担当者の知識が非常に深いというところです。

単なる営利目的で「とにかく買い取りたい」というがっついた姿勢ではなく、企業全体の資金繰りにとって何がベストなのかという具体的な相談に乗ってくれます。

ビートレーディングの利用者の中には、担当者を信頼しているから継続的に取引をしているという人も少なくありません。

これは非対面のクラウドファクタリングには絶対にない特徴であり、この点は対面型の優良ファクターの代表格であるビートレーディングの大きな特徴の1つと言えるでしょう。

契約には面談が必須

ビートレーディングの契約には面談が必須です。

重要事項をしっかりと対面で説明を受け理解し同意してからでないと契約をすることができません。

そのため、契約時には原則的にビートレーディングの事務所に赴き契約することにになるので、手間がかかってしまいます。

それだけビートレーディングが丁寧な対応をしているという証拠でもありますが、OLTAやフリーナンスなどの非対面型のファクタリングと比較すると、ビートレーディングの契約は来店が必須という点はデメリットだと言えるかもしれません。

対面して契約してからでないと振込を受けることができないので、ビートレーディングは近くにビートレーディングのオフィスがある企業でないと即日資金化することは難しいでしょう。

出張も行なってくれる

「忙しくで事務所まで言っている時間がない」「ビートレーディングの事務所が遠くて行く時間がない」という人に対してビートレーディングは出張もしてくれます。

自社までビートレーディングの担当者が訪問して契約手続きを進めてくれるので、忙しい人や遠方の人でも確実に契約することが可能です。

ただし出張にかかる経費は利用企業側で負担しなければならないという点には注意しましょう。

3社間ファクタリングの取り扱いもあり

ビートレーディングは2社間ファクタリングだけでなく、3社間ファクタリングや診療報酬ファクタリングの取り扱いも行なっています。

買取ファクタリングであればありとあらゆるファクタリングを取り扱っており、どんな業種の人でもビートレーディングへ相談することができます。

OLTAやフリーナンスでは2社間ファクタリングの取り扱いしかないことと比較すると、ビートレーディングは取り扱いの種類が多く、多くの事業者が申し込みをすることができます

ビートレーディングの口コミ

では、ビートレーディングにはどのような口コミがあるのでしょうか?

ビートレーディングには良い口コミも悪い口コミもあり、それらを平等にご紹介していきます。

数回利用させて頂き信用を重ねれば手数料も安くなると思ってましたが。
他への切り替えで圧倒的に手数料が1割までになりました
信用とかの積み重ねはここにはいらないみたいですね。しかも回を重ねるごとに書類が増える
ふざけてる

参考:Google|ビートレーディングの口コミ

業種的に売掛金の入金サイトが長いため、定期的に依頼してます。
全てを買い取ってはもらえませんがいつも納得の金額です。

参考:Google|ビートレーディングの口コミ

融資を受けられず泣く泣くファクタリングを利用。
今回で2回目ですが、以前に利用した会社とは違って親身に話を聞いてもらえました。
前の会社の担当者が悪かったのかあまり乗り気じゃなかったんですが、ここにお願いして本当に良かったです。

参考:Google|ビートレーディングの口コミ

去年独立して開業した事業の経営が悪化しました。
再建の為の資金が急遽必要になり、売掛金の買収をお願いしました。
おかげ様でなんとか倒産させずにすみそうです。

参考:Google|ビートレーディングの口コミ

売掛先の与信の影響で希望金額満額は調達できませんでしたが、担当の方がとても気さくで安心感があった。

参考:Google|ビートレーディングの口コミ

今回で5回目の利用。担当者とも顔なじみ。
資金繰りが改善されて経営も安定する。今後も利用していきたい。

参考:Google|ビートレーディングの口コミ

診療報酬債権を現金化。
担当者が来てくれたので審査が早い。
また何かあれば依頼しようと思った。

参考:Google|ビートレーディングの口コミ

営業がしつこすぎる

参考:Google|ビートレーディングの口コミ

口コミから分かるポイントは以下の通りです。

  • 手数料が高い
  • 売掛債権の額面全ては買い取ってもらえない
  • 担当者の満足度は高いが、営業がしつこい
  • 開業間も無くでも利用できる
  • 担当者が来店してくれる

これら口コミから分かるビートレーディングのメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

口コミから分かるビートレーディングの審査のポイント

ビートレーディングの口コミからビートレーディングの審査には以下3つのポイントがあることが分かりました。

  • 審査に時間がかかることもある
  • 業績が悪くても審査に通過できる
  • 売掛債権の与信が最重要

ビートレーディングの3つの審査ポイントについて詳しく解説していきます。

審査に時間がかかることもある

ビートレーディングは最短即日審査回答と記載されており、実際に当日中に審査の回答を得られたという人は多数存在します。

しかし、利用者の与信状況によっては審査に時間がかかってしまうこともあるようです。

口コミからも分かるように、与信状態が悪い企業は「利用するたびに必要書類が多くなっていく」というということもあります。

ビートレーディングは申し込んだ企業の業績が悪くなっていると感じたら、様々な書類の提出を要求して信用度を確認します。

ビートレーディングでは必ずしも即日で審査回答を得られるわけではないということを理解しておきましょう。

業績が悪くても審査に通過できる

口コミから「去年独立して開業」した企業に対してもビートレーディングはファクタリングに応じていることが分かります。

開業してから間もない企業は、海のものかも山のものかも分かりませんので、審査に通過することが困難です。

しかしビートレーディングであれば決算書や確定申告書がない開業間も無くの事業者に対しても審査に通過させて売掛債権の買取を行なっています。

自社の与信が悪く、銀行から借入をすることができない企業においてもビートレーディングであれば買取に応じてもらうことができる可能性があります。

売掛債権の与信が最重要

自社の業績が悪くても審査に通過したという口コミが多いのがビートレーディングの特徴です。

それはつまり、ビートレーディングが審査で重視しているのは売掛債権の信用です。

売掛債権が「期日通りに弁済されるだろう」と判断されれば審査に通過できる可能性は非常に高いでしょう。

ビートレーディングは2社間ファクタリングだけでなく、3社間ファクタリングの取り扱いも行なっており、2社間ファクタリングで申し込んだ顧客に対して「3社間ファクタリングなら取り扱いができますよ」と提案してくることもあるようです。

優良な売掛債権さえ持っていれば何らかの形でファクタリングに応じてくれる可能性は高いと言えるでしょう。

口コミから分かるビートレーディングのメリット

口コミから、ビートレーディングのファクタリングには以下の3つのメリットがあることが分かりました。

  • 担当者が親切丁寧
  • 遠方でも出張してくれる
  • ファクタリングの形が豊富

ビートレーディングのファクタリングの3つのメリットについて詳しく見ていきましょう。

担当者が親切丁寧

ビートレーディングの口コミで最も多いのが「担当者が親切で親しみやすい」というものです。

担当者は相談しやすく企業の資金繰り全般について非常に深い知識を持っています。

ファクタリングだけでなく、資金繰り全般の相談をしてみるのもよいでしょう。

分からない点や不明点を相談することができるという点が、OLTAなどのクラウドファクタリングの大きな特徴だと言えるでしょう。

遠方でも出張してくれる

口コミからも分かるようにビートレーディングは遠方でも出張してくれます。

契約には対面が必須ですが、ビートレーディングの事務所が近くにない遠方の事業者は契約するだけでも一苦労です。

ビートレーディングであれば交通費さえ支払えば遠方の事務所まで出張してくれるので、わざわざ船や飛行機や新幹線に乗って出張しなくてもビートレーディングはファクタリング契約をすることができます。

ファクタリングの形が豊富

ビートレーディングはファクタリングの形が豊富です。

2社間ファクタリングだけでなく、3社間ファクタリング、診療報酬ファクタリング、介護報酬ファクタリングなど、あらゆる形態のファクタリングを取り扱っています。

先ほど述べたように、「2社間では無理でも、3社間なら可」という審査結果になることもあり、取り扱うファクタリングの種類が多い分、チャンスも多いという点がメリットです。

口コミから分かるビートレーディングのデメリット

口コミから、ビートレーディングのファクタリングには以下の3つのデメリットがあるということも分かりました。

  • 担当者によって対応が悪いこともある
  • 即日資金化は実はハードルが高い
  • 手数料が高め

ビートレーディングを利用するのであれば、デメリットについてもしっかりと把握しておく必要があります。

ビートレーディングの3つのデメリットについて詳しく解説していきます。

担当者によって対応が悪いこともある

ビートレーディングの対応は担当者によって大きく左右されるようです。

担当者によっては、対応が悪いと感じる顧客もいるようで、前任者はよかったのに今回の人の対応は満足できないということもあるでしょう。

即日資金化は実はハードルが高い

即日資金化するためには即日契約しなければなりません。

しかし、ビートレーディングは対面で契約しなければならないので、即日資金化することができるのは、即日でビートレーディングと対面することができる人だけです。

そのため、東京、仙台、大阪、福岡のビートレーディングのオフィスが近くにない事業者の方は即日で契約手続きをすることが難しいため、即日で資金化することは困難だと考えた方がよいでしょう。

手数料が高め

ビートレーディングの手数料はどうしてもOLTAなどのクラウド型のファクタリングサービスと比較すると高くなってしまいます。

OLTAなどでは10%未満で買い取ってもらうことができる売掛債権もビートレーディングであればその倍くらいの手数料が適用される可能性もあります。

店頭型のファクタリングであるため、仕方がないと言えば仕方がありませんが、ビートレーディングのファクタリングはクラウド型のファクターと比較すると高くなります。

ビートレーディングのファクタリングに対してよくある質問

個人事業主は審査が厳しくなりますか?
個人事業主は債権譲渡登記ができないので、2社間ファクタリングの審査はどうしても厳しくなる可能性があります。とはいえ、信用度がある程度ある個人事業主は問題なく2社間ファクタリングに応じてもらうことができる可能性があります。
信用度が低い個人事業主は3社間ファクタリングでの買い取りに回されてしまう可能性があるでしょう。
対面型のファクタリング会社のメリットを教えてください。
対面型のファクタリング会社は分からない点を確認しながら契約することができるという点が大きなメリットです。
初めてファクタリングをする人は、手数料はどうなるのか、支払期日にはどうすればよいのか、期日に遅れたらどうなるのかといった不明点が多数あります。
ビートレーディングのファクタリングであれば不明点を聞きながら、安心してファクタリングを利用することができます。
手数料を引き下げる方法はありますか?
複数回ビートレーディングを利用することによって、ビートレーディングからの信用が向上し手数料が下がる可能性があります。
また、他社からも見積もりをとることによって、ファクタリング会社同士を競争させれば手数料が下がることもあります。
「手数料が下がりませんか?」と交渉することは何らマイナスではないので積極的に交渉するようにしてください。
審査に落ちたら理由を教えてもらうことはできるのでしょうか?
基本的には審査に落ちた理由を教えてもらうことはできません。
しかし担当者と仲良くなることで「ここを改善したら審査に通過できる可能性が高くなる」程度の一般論であれば教えてもらうことができる可能性はあります。
担当者によって対応は異なりますが、確認する程度は全く問題ないでしょう。
離島の会社ですが即日資金化はできますか?
即日契約することができない限りは難しいでしょう。
ビートレーディングは即日資金化するためには即日で面談にて契約しなければなりません。
審査通過後に離島の人が当日中にビートレーディングのオフィスに訪問して契約することは現実的に不可能です。
また、ビートレーディングの担当者が審査通過の当日に会社まで訪問してくれることも物理的に不可能です。
そのため、あまりにもビートレーディングのオフィスから遠方にある企業が即日で資金化することは難しいでしょう。
他の会社から見積もりをとっても信用を失うことはないでしょうか?
ありません。
悪徳業者を回避するためにも手数料を引き下げるためにも、複数の業者から見積もりをとるということはファクタリングにとっては必要なことです。
積極的に他の業者からも見積もりをとり、安全かつ有利な条件でファクタリングをするようにしましょう。

まとめ

ビートレーディングは対面型のファクタリングとしては担当者の対応が親切な優良ファクタリング会社です。

手数料はクラウドファクタリングよりも高くなってしまいますが、2社間がダメなら3社間でOKなど、多種多様なファクタリングの分だけ審査に通過する可能性も高くなります。

クラウドファクタリングは審査システムが自動で審査を行うため、審査基準に満たない人は問答無用で審査に落とされてしまいますが、ビートレーディングは審査に融通をきかせてくれることもあります。

審査通過に自信がないのであれば、ビートレーディングへの申し込みを検討するのがよいでしょう。