個人事業主や法人が事業資金を即日資金調達する方法としてビジネスローンとファクタリングの2つをあげることができます。

「ビジネスローンとファクタリング」どちらを利用したらよいのか悩むという人も多いと思います。

ビジネスローンとファクタリングは事業資金を即日で調達することができるという点だけは共通していますが、取引内容とメリットやデメリットは全く異なります。

このため、違いを理解して適切に使い分けることが重要です。

状況によってベストな選択肢は異なります。

ビジネスローンとファクタリングの違いや状況別にどちらがおすすめなのかについて解説します。

ビジネスローンとファクタリングの違いをよく理解して、適切な状況下で適切な方法で必要資金を調達することができるようになりましょう。

ビジネスローンとファクタリングの3つの違い

ビジネスローンとファクタリングの3つの違い

まずはビジネスローンとファクタリングの大まかな違いについて解説します。

ビジネスローンとファクタリングは即日で資金調達ができるという点は同じですが、主に以下の点が異なります。

  • 融資か売買か
  • 自社の与信か売掛先の与信か
  • 国への登録が必要か否か

まずはそれぞれの違いについて詳細に理解しておきましょう。

融資か売買かの違い

ビジネスローンはその名の通り融資です。

ビジネスローンは銀行や信用金庫などの金融機関ではないノンバンクからお金を借りることで、一括や極度内貸付(カードローンのように借入枠を作り、枠の範囲内で自由に借入を行う方法)で借り入れをしていきます。

また、借りたお金は返済しなければならないためビジネスローンは一括か分割かいずれかの方法によって返済をしていかなければなりません

一方、ファクタリングは売掛債権の売買です。

ファクタリング会社に売掛債権を譲渡するため、ファクタリング会社への支払原資は売掛先から売掛金の入金ということになり、支払いは一括です。

ビジネスローンは自社を審査し、ファクタリングは売掛先を審査する

ビジネスローンは、自社の信用が審査され、自社の信用によって借入できる金額や金利などの融資条件が決まります。

また、あまりにも自社の与信状態が悪い場合には、審査に通過できずに借りることができないこともあります。

一方、ファクタリングにおいて主に審査されるのは自社ではなく売掛先企業です。

ファクタリングにおいては売掛金期日になった時にファクタリング会社に対して支払いを行うのは売掛先企業ですので、売掛先企業が「支払いができるかどうか」ということが審査で重要になります。

ファクタリングでは自社に信用がなくても売掛先企業に信用があれば資金化することは可能です。

例えば自社の与信が悪く、ビジネスローンの審査に落ちてしまっても売掛先企業の業況に問題なければ審査に通過して資金化することができる可能性もあります。

ファクタリングは登録や許認可不要

ビジネスローンを行うためには、国や都道府県に対して貸金業者という登録を行う必要があります。

登録貸金業者になるためには、国の厳しい基準をクリアしなければならず、業務内容は金融庁によって監督されています。

また、貸金業法を守って業務運営を行う必要があります。

一方、ファクタリングは国への登録や許認可が必要ありません。

このため、どのような業者でもファクタリング業を営むことができるので、中には悪徳業者も混じっています。

さらに、貸金業法のような業務運営の詳細なルールを決めた法律もないので、業者によって手数料などの条件が大きく異なります。

ビジネスローンは登録貸金業者の登録さえ受けてれば基本的にどこから借りても融資内容に大きな問題はありませんが、ファクタリングは優良な業者を自分の目で選定するということが非常に重要になります。

個人事業主が即日資金調達したい時はビジネスローン

個人事業主が即日資金調達したい時はビジネスローン

 

自営業者やフリーランスなどの個人事業主が即日で資金調達をしたい場合にはビジネスローン一択になります。

基本的に個人事業主はファクタリングでは即日資金化することができないためです。

これは法律的な事情によるものです。

なざ、個人事業主がファクタリングでは即日資金調達ができないのか、ビジネスローンで即日融資するためにはどのような方法があるのか解説していきます。

個人事業主はファクタリングで即日資金化できない

個人事業主はファクタリングでは即日資金化することが困難です。

即日資金化できるファクタリングは売掛先企業の同意が不要な、2社間ファクタリングです。

2社間ファクタリングは債権譲渡登記という登記を行うのが原則ですが、債権譲渡登記を行うことができるのは法人だけで、個人は登記することができません。

債権譲渡登記とは、納入企業がファクタリングによって売却した売掛債権を他社などに二重譲渡しようとした時に「それは当社の債権だ」と対抗するために必要なものです。

個人事業主は債権譲渡登記ができないため、ファクタリング会社は対抗要件を得ることができません。

そのため、個人事業主はよほど信頼できる場合以外には2社間ファクタリングを利用することが難しいのです。

ファクタリングで即日資金化することができるのは、基本的に法人だけで個人事業主がファクタリングで即日資金化することは困難であると考えておきましょう。

ビジネスローンは個人事業主に特化したものが多い

一方、ビジネスローンで即日融資に対応している商品はむしろ個人事業主に特化したものの方が多くなっています。

アコムもプロミスもオリックスクレジットも即日融資のビジネスローンを扱っていますが、これらは全て個人事業主か社長個人への専用商品です。

ビジネスローンでは、企業の粉飾決算が大きなリスクです。

しかし個人への融資では決算書ではなく、個人信用情報をもとに審査を行います。

個人信用情報は決算書とは異なり、お金を借りる側が情報を恣意的に書き換えるということができません。

そのため、ビジネスローンでは決算書から審査をしなければならない法人よりも、個人信用情報から審査をすることができる個人の方が早く正確に審査をすることができることになります。

ビジネスローンでは法人よりも個人事業主に特化した商品が多いのはこのような理由です。

個人事業主が即日で資金調達をしなければならない時はビジネスローンを選択しておいた方が無難です。

もちろん、法人でもビジネクストのように即日融資に対応しているビジネスローンも存在します。

自社に信用がない時はファクタリング

自社に信用がない時はファクタリング

自社に信用がない時はファクタリングの方がよいでしょう。

ビジネスローンの審査は銀行よりも緩いですが、やはり自社の業況が審査されます。

一方、ファクタリングで審査されるのは主に売掛先企業ですので、自社に全く信用がなくても審査に通過することができる場合もあるためです。

自社に信用がない場合にはビジネスローンではなくファクタリングを選択する理由について詳しく見ていきましょう。

ファクタリングは売掛先の信用で審査に通る

ファクタリングで主に審査されるのは売掛先企業です。

ファクタリング会社への支払原資となるのは、売掛先企業が売掛金期日に支払う代金だからです。

そのため、自社に信用がなくても手元に優良企業の売掛金さえあれば資金調達することができる可能性は非常に高くなります

特に、売掛金期日になると売掛先企業が直接ファクタリング会社へ支払いを行う3社間ファクタリングでは自社の信用はほとんど審査で考慮されません。

業況が悪化して、銀行などからお金を借りることができない場合でも、優良企業の売掛金さえ持っていればファクタリングで資金調達することができる可能性が高いと言えるでしょう。

また融資では少額しか借りることができない場合でも、ファクタリングであれば、業況に関わらず「売掛債権の金額−手数料」が資金調達可能額になります。

ビジネスローンは自社の信用が審査される

一方、ビジネスローンで審査されるのはあくまでも自社の業況のみです。

債務超過や赤字は続いているような企業はビジネスローンの審査に通過することができないケースも珍しくありません。

また、借りることができたとしてもそれほど高額を借りることは難しいと考えた方がよいでしょう。

担保がある場合はビジネスローン

担保がある場合はビジネスローン

不動産など、担保に入れる資産が会社や代表者にある場合にはビジネスローンの方がおすすめです。

無担保では500万円程度までしか融資に対応していないビジネスローンですが、不動産担保融資であれば数千万円〜1億円程度の融資に応じている場合もあるためです。

一方、ファクタリングではいかに高額な不動産を所有していても意味はありません。

担保がある場合にはビジネスローンを選択すべき理由について詳しく解説していきます。

ファクタリングは売掛金以上の資金を調達できない

ファクタリングは業況が悪くても売掛金の範囲内までならお金を調達できる可能性があります。

しかし、逆に言えば売掛金の範囲内までしかお金を借りることができません。

いかに業況がよくても、有力な担保があってもファクタリングで調達することができるのは、自社が保有している売掛金の範囲内までで、必要資金以上の売掛金を持っていない場合にはファクタリングで必要資金を調達することはできません

ビジネスローンは担保があれば高額融資可能

ビジネスローンは無担保であれば500万円〜1,000万円程度までが限度です。

しかし、ビジネスローンには不動産担保ローンという商品があります。

不動産担保ローンは業況とは別に不動産担保評価額の50%程度であれば借りることができます。

所有する不動産によっては数千万円から1億円程度の資金を借りることもできます

担保にできる不動産を所有していれば、ファクタリングよりもビジネスローンの方が借りやすいと言えるでしょう。

銀行の信頼を確保したいならファクタリング

銀行の信頼を確保したいならファクタリング

銀行や投資家などの外部の人からの信頼を損ねたくないのであればファクタリングがおすすめです。

ファクタリングは決算書に記録されず、貸借対照表のオフバランス化にも寄与する効果があるので外部からの評価は毀損しにくいと言えます。

一方、ビジネスローンの借入は高い確率で外部からの評価を下げることになります。

なぜファクタリングが評価を下げず、ビジネスローンは評価を下げるのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

決算書に記録されないファクタリングは外部にバレない

ファクタリングは借入ではなく売掛金の売却です。

このため、決算書にはファクタリングの内容は記録されません

また、売掛金という資産を現金という資産に換えているだけですので、借入金のように貸借対象表が大きくなってしまうこともありません。

このため、ファクタリングは貸借対象表のオフバランス化につながり、むしろ決算書の見た目はよくなります

決算書に記録されるビジネスローンは外部にバレる

ビジネスローンは借入ですので、貸借対象表には「長期借入金」などと記録されます。

そして、借りた分だけ企業の負債は増えることになるので外部からの評価は悪くなります

一般的に負債が多い企業よりも負債が少ない企業の方が対外的には悪く見られてしまうのでビジネスローンを利用した方がファクタリングよりも自社の外部の評価は下がります。

また、貸借対象表には借入金の明細書が添付されるので、具体的にどこのビジネスローンを利用したのかが知られてしまうことになります。

銀行はビジネスローンを利用している企業に対しては、著しくネガティブな評価を行います。

銀行は「金利の高いビジネスローンを借りているということは相当経営が苦しい」という評価を行うためです。

銀行が融資先企業がビジネスローンを利用していることを知ると、格付けを下げる可能性が高くなり、新規で銀行から融資を受けることが難しくなってしまいます。

このように、ビジネスローンは対外的な信用を落としてしまうというリスクがあります。

ビジネスローンは安心な企業と取引できる

悪徳業者に買い取らせないための4つのポイント

「怖い業者とは取引したくない。安心できる業者と取引したい」という人はファクタリングではなくビジネスローンがよいでしょう。

参入規制がなくどのような業者でも業務運営ができるファクタリングよりも国や都道府県への登録が必要な貸金業者の方が確実に安心して取引ができるためです。

ビジネスローンやファクタリングを安心して利用する方法とともに、ビジネスローンの方がなぜ安心なのか、詳しく解説していきます。

参入規制がないファクタリングはグレーな業者も多い

ファクタリングは国や都道府県への登録や許認可が一切必要ない業種です。

つまりどんな業者でもファクタリング業をすぐに始めることができます。

またファクタリングは貸付以上の高い手数料を得ることができます。

誰でも参入でき、高い収益が見込めるとなれば、悪徳業者が入りやすい条件が全て揃っていることになります。

実際にファクタリング業界には悪徳業者も多数混在しています。

悪徳業者はリスクの低い債権もリスクに見合わないような高い手数料を設定し、時には30%を超えるような高額手数料を設定することもあります。

ファクタリングは業者選びが非常に重要になります。

ビジネスローンは法律遵守の貸金業者からの借入

ビジネスローンは国や都道府県に登録した登録貸金業者しか貸し付けることができません。

また、登録貸金業者は金融庁のホームページから簡単に調べることができますので、取引をしようとしている業者が名前の聞いたことがらない業者の場合には、金融庁のホームページを調べるだけで安全な業者かどうかを簡単に知ることができます。

ビジネスローンには「安全な業者かどうか」の明確な判断基準があるので、ファクタリングよりも安心です。

闇金に注意

ビジネスローンにも相当数闇金が混じっています。

闇金からお金を借りてしまうと、元本返済が不可能なほどの高金利を設定され、支払うことができないと家族や取引先まで巻き込む脅迫が行われ、延々と利息だけを支払っていかなければなりません。

ビジネスローンの場合には闇金かどうかを調べることは簡単ですので、絶対に闇金からお金を借りることがないように注意して下さい。

明日お金が必要なのですが、ビジネスローンとファクタリングのどちらに申し込むべきでしょうか?
どちらにも申し込んでみましょう。どちらか一方だけであれば審査に落ちることや手続きが間に合わないこともあるので、どちらにも申し込み、確実に明日資金が手に入る方法で資金調達しましょう。
銀行融資が降りてくるまでのつなぎ資金が必要な場合はビジネスローンとファクタリングのどちらを使用すべきでしょうか?
数日程度の短期間の利用であれば金利の低いビジネスローンがおすすめです。ビジネスローンは自由に返済することができるので、たった1日の利用であれば1日分の利息しか取られません。数日程度の利用であればビジネスローンにメリットがあります。
売掛先の同意を得られる場合にはビジネスローンとファクタリングのどちらにメリットがありますか?
手数料と金利の比較で言えば、やはりビジネスローンにメリットがあります。3社間ファクタリングでも手数料は5%程度発生し、1ヶ月の利用で5%なら年利は60%です。金利15%のビジネスローンを1ヶ月利用しても、1ヶ月分の金利は1.25%ですのでコスト負担はビジネスローンの方が軽くなります。

状況に適した使い分けを

ビジネスローンもファクタリングも即日資金調達が可能です。

ただし、ビジネスローンは借入で、ファクタリングは売掛債権の売却である以上、メリットとデメリットは正反対です。

自社のニーズや状況に応じて、どちらの資金調達手段が適しているのかを適切に理解して、最適な方法でビジネスローンとファクタリングを使い分けることができるようになりましょう。