大手インターネット会社のGMOが行なっているファクタリングサービスがフリーナンスです。

フリーナンスは大手インターネット会社が取り扱いを行なっているという大きな安心感がありますが、人気の秘密はそれだけではありません。

フリーナンスは個人事業主やフリーランスが抱えている経営上の様々な悩みを資金繰り以外の側面からも解決することができるサービスです。

この記事ではフリーナンス全体の特徴やメリット、そしてフリーナンスのファクタリングサービスである「即日払い」の概要や審査のポイントなどについて詳しく解説していきます。

フリーナンスは特に個人事業主やフリーランスに特化したサービスです。

資金繰りや様々な補償に不安を抱えている個人事業主やフリーランスの方はぜひご覧ください。

フリーナンスとは?フリーナンスの3つの機能

フリーナンスとは?フリーナンスの3つの機能

まずは、フリーナンスとは何かということについて解説していきます。

フリーナンスとは、単にファクタリングをするサービスではなく、以下の3つの機能を同時に提供するサービスです。

  • 振込専用口座の開設
  • あんしん補償
  • 即日払い

他のファクタリング会社は請求書の早期買取しか行なっていませんが、フリーナンスは振込専用口座の解説やあんしん補償というサービスを無料で提供しているという点に大きな特徴があります。

フリーナンスの概要についてまずは詳しく解説していきます。

振込専用口座の開設

フリーナンスにアカウントを作ると、振込専用口座を作成します。

この口座はクライアントからの入金を受けるためだけの専用の口座で、個人事業主であっても屋号などで口座を作成することができるというメリットがあります。

事業資金用の口座というものは、個人口座と異なり簡単には作成することができないので、1社も2社も作成することは簡単ではありません。

フリーナンスであれば、事業に必要な決済用の口座を比較的簡単に作成することができますし、しかも屋号で作成可能です。

また、口座を保有するための年会費等は一切かかりません。

フリーナンスは口座を作成してから後述する2つのサービスを利用することができるようになります。

あんしん補償

フリーナンスでは、個人事業主やフリーランスが「あんしん補償」という保険に加入することができます。

あんしん補償とは、個人事業主やフリーランスが仕事上の賠償責任などと負ったときにその賠償金などを補償してくれるものです。

会社員であれば仕事上の損失やミスによる責任は会社が負ってくれます。

しかし、個人事業主やフリーランスは守ってくれる存在などがいないので、個人でリスクを負って仕事をしていかなければなりません。

フリーナンスに口座を作成することで、充実した補償を無料で受けることができます。

この補償を目当てにフリーナンスにアカウントを作成しているという人も多数存在します。

あんしん補償の補償内容については後ほど詳しく解説していきます。

即日払い

即日払いとは、簡単に言えばファクタリングです。

フリーナンスの振込専用口座を入金先とした請求書を最短即日で買い取ってもらうことができるサービスです。

通常の2社間ファクタリングと異なり、手数料が低く、自社の手間も少ない設計になっています。

フリーナンスが、「振込専用口座」や「あんしん補償」などのサービスを無料で行なっているかと言えば、ファクタリングによる収益を目的としているためです。

そのため、即日払いがフリーナンスのメインのサービスと言えるでしょう。

フリーナンスのファクタリングである「即日払い」については後ほど詳しく解説していきます。

振込専用口座の3つの特徴

振込専用口座の3つの特徴

フリーナンスにアカウントを作成すると、まずは振込専用口座を作成することになります。

フリーナンスの振込専用口座は単にフリーナンスに専用口座を作ることではなく、個人事業主にとっては非常に嬉しい「屋号での口座作成」という特徴の他、以下の特徴があります。

  • 屋号での口座開設ができる
  • 利用料は無料
  • 使うほど信用スコアがアップする

振込専用口座の3つの特徴について詳しく解説していきます。

屋号での口座開設ができる

フリーナンス振込専用口座は、屋号での口座を作成することができるという大きな特徴があります。

飲食店を経営している個人事業主であれば店舗名、サイトを運営しているのであればサイト名というように任意の屋号名義で口座を作成することができます。

銀行で個人事業主やフリーランスが口座を作るときには、個人名義での口座作成となるのが基本です。

そのため、クライアントや顧客は、個人の名義に対して振込をしなければなりません。

事業者に対して支払いを行なっているのに個人の名義の口座にお金を振り込むことに対して、人によっては「怪しい」などの不信感を抱いてしまうこともあるかもしれません。

フリーナンスであれば屋号やサイト名などで口座を持つことができるので、対外的な信用を確保することが可能です。

利用料は無料

フリーナンスで口座を持つことに利用料は一切かかりません。

無料で屋号の口座を持つことができるので、口座目当てにフリーナンスでアカウントを作成する人も少なくありません。

口座作成費用や維持費やすべてがフリーナンスでは無料になります。

使うほど信用スコアがアップする

フリーナンスは振込専用口座を持っている人の信用スコアを自動で判定しています。

口座への入金状況等を自動で確認し、当該事業者のスコアを判定するいわゆるトランザクションレンディングのようなことを行っています。

後述しますが、ここで判定された信用スコアはファクタリングの際の限度額や手数料などに反映されます。

ファクタリングを有利な条件で利用するためには振込専用口座を多数使っておいた方がよいでしょう。

あんしん補償とは

フリーナンスに口座を作成すると、あんしん補償という保険に加入することができます。

こちらも会社からの補償もなく、業務上のリスクを一身に背負っているフリーランスとしては大きなメリットだと言えるでしょう。

あんしん補償の特徴や補償内容について詳しく理解しておきましょう。

保険料は無料

あんしん補償は保険料等は一切かかりません。

フリーナンスに振込専用口座を作るだけで無料で補償を受けることができます。

個人事業主のビジネス上の損失を補填する保険はいくつかありますがそれらには保険料がかかりますし、保険に加入していない個人事業主やフリーランスが大半です。

フリーナンスの場合には無料で個人事業主にとって必要な補償を口座を作成するだけで受けることができるという大きなメリットがあります。

あんしん補償目当てに口座を作成しているという個人事業主やフリーランスも多数です。

充実した補償内容

あんしん補償の補償内容は以下のようになります。

補償内容 例えば 1事故あたりの
補償限度額
期間中の限度額 自己負担額
業務遂行中の補償 ドローン撮影中に選手に
事故を負わせてしまった
5,000万円  なし 0円
仕事の結果(PL責任)の補償 作成した建物の換気設計ミス
によって住人が酸欠で
病院に運ばれた
5,000万円 5億円 0円
受託財物の補償 預かっていた機材を
誤って壊してしまった
500万円 5億円 0円
業務過誤の補償 パソコンにウイルスが侵入し
クライアンの情報が流出した
500万円 5億円 0円

このように、仕事をしていれば起こりうるミスなどによって生じた賠償責任をフリーナンスあんしん補償では補償を受けることができます。

口座を作るだけで無料でこれだけの補償を受けることができるのですから、何も補償がないフリーランスとしては強い力になるでしょう。

これだけでもフリーナンスに口座を作る意味はありそうです。

フリーナンスのファクタリング「即日払い」とは

それでは、フリーナンスのファクタリングサービスである「即日払い」について詳しく解説していきます。

即日払いは審査の方法が他のファクタリングサービスと異なり、フリーナンス側にとってもリスクが非常に少ない形でファクタリングを提供できる仕組みになっています。

そのため、最短即日資金化で手数料が低いということを実現できるようになっています。

フリーナンスの即日払いについて詳しく解説していきます。

即日払いの概要

即日払いの概要

フリーナンス、即日払いの概要は以下の通りです。

手数料 3%〜10%
資金化までの日数 最短即日(平日正午までに審査通過の場合)
ファクタリング形式 2社間ファクタリング

手数料は最低利率3%という非常に低い水準となっており、平日正午までに審査に通過すれば当日中に入金を受けることができます。

また、2社間ファクタリングで行われるので取引先にバレる心配もありません。

信用スコアによって手数料等が決定

前述したようにフリーナンス即日払いは信用スコアによって手数料が決定します。

信用スコアは日々の口座の使用状況によって、コンピューターが自動判定していますので、申し込みをした後に改めて審査をするということではありません。

フリーナンスに口座を持っているというだけで信用スコアはすでに判定されているため、審査には時間がかかりません

他のファクターであれば、申し込みが来てから申し込み企業のスコアを判定しますが、フリーナンスはすでに審査の一部を終えた状態で申し込むことができるというメリットがあります。

フリーナンス振込専用口座を入金先にした債権が対象

フリーナンス即日払いを利用することができる売掛債権は、フリーナンスの振込専用口座を支払先として指定した売掛債権だけです。

現金での支払いや他の銀行口座を支払先として指定している売掛債権などはフリーナンスでファクタリングすることができません。

フリーナンスはフリーナンスの振込専用口座の利用状況によって信用スコアを判定し、そして回収も振込専用口座から行います。

すべてが振込専用口座を中心に回っているため、フリーナンスの即日払いを利用することができるのは、フリーナンスの振込専用口座を支払先として指定している請求書だけになります。

売掛債権期日に振込専用口座からフリーナンスが自動回収

売掛債権期日になると、振込専用口座に入金になった代金をフリーナンスが引き落とし回収します。

フリーナンスは2社間ファクタリングでありながら、売掛債権期日に自社がファクターに対して送金するという手間がかからないのがメリットです。

売掛債権期日に支払いを忘れてしまうリスクも排除できるので、基本的に即日払いで現金化した後にやることはほとんどありません。

これも、フリーナンス振込専用口座を支払い口座として指定することのメリットだと言えるでしょう。

2社間ファクタリングだから売掛先にバレない

フリーナンス即日払いは2社間ファクタリングで行われます。

そのため、売掛先にバレることはありません。

詳しくは後述しますが、フリーナンス即日払いを利用するためには、フリーナンスに請求書を登録すだけですので、フリーナンスと売掛先が契約手続きややりとりをするようなことはありません。

そのため、売掛先がフリーナンスで自社の売掛債権をファクタリングしたことを知ることはありません。

売掛先にファクタリングをしたことがバレると「資金繰りが厳しい危ない企業」というようなネガティブな目線で自社が評価されることがあり、今後の取引に悪影響してしまう可能性もあります。

フリーナンス即日払いであれば、売掛先にバレることはないので自社がネガティブに評価される可能性は低いと言えるでしょう。

即日払いの審査難易度は?

即日払いの審査難易度は?

フリーナンスの即日払いの審査難易度は「振込専用口座をたくさん使っているなら、それほど審査通過は難しくない」ということができるでしょう。

ただし、他のファクタリング会社のように、これまで取引したことがない人が「今日お金が必要」という理由によって即日払いに申し込んだとしても審査に通過することはできません。

継続的にフリーナンスと付き合っていることが大切になります。

フリーナンスの審査難易度や審査のポイントについて詳しく解説します。

スコアが高い方が有利

フリーナンス即日払いは、信用スコアによって審査の可否や手数料が決定します。

そのため、審査ではスコアが高い方が有利になります。

与信スコアとは、フリーナンス内での自信の信用度で1,000点満点で評価されるものです。

自分の信用スコアはFREENANCEマイページの左カラムに表示されているので、定期的に確認してスコアが上がっていないかどうかチェックするようにしましょう。

なお、フリーナンスホームページにはスコアを上げる方法として以下の点が記載されています。

  • 電話インタビューを受ける
  • SNSと連携する
  • Moneytreeと連携する
  • freeeと連携する
  • Misocaと連携する
  • 収入証明書を提出する

フリーナンスからの電話インタビューを受け、FacebookやGoogleなどのSNSとフリーナンスアカウントを連携させ、Moneytree、freee、Misocaなどのクラウドサービスとの連携、さらには確定申告書や収入証明書をフリーナンスに提出することなどによって、信用スコアがアップします。

外部クラウドサービスとの連携以外は簡単にできるものばかりですので、実践してみてはいかがでしょうか?

口座を使っていないと審査には通過できない

フリーナンス即日払いはフリーナンスに口座を持っている人でないと利用することができません。

即日払いは、フリーナンスの振込専用口座での取引実績などに応じて決定するスコアを基に審査を行い、手数料等が決定します。

そのため、今までフリーナンスで取引をしたことがなかった人が、突然フリーナンスの口座を作り、「すぐに即日払いを利用したい」と希望したとしても、すぐに利用することは現実的に難しいでしょう。

フリーナンスは継続的に口座の利用を続けることを前提に、利用できるファクタリングサービスです。

最初からファクタリングを目当てに口座を作成したとしても、すぐにファクタリングを利用することは難しいでしょう。

一定以上の期間フリーナンスの口座を継続利用して、フリーナンスからの信用を得てからファクタリング(即日払い)の利用を希望すべきでしょう。

毎月の取引量が審査を左右する

フリーナンスからの信用スコアをアップさせるためには、フリーナンスの振込専用口座をどの程度の頻度や金額で利用しているのかということが非常に重要です。

毎月数千万円もの入金がクライアントからある人は「安定して売上を確保することができている事業者」というポジティブな評価になります。

一方、売上の入金がある月もあればない月もあるというような不安定な事業者は「業況が不安定」と判断されてスコアが低くなってしまう可能性があります。

このように、フリーナンスは振込専用口座の入金実績という生の情報から信用スコアを判定しています。

振込専用口座の利用実績が何もないということは審査材料が何もないということですので、審査に通過することは難しくなるでしょう。

基本的には振込専用口座の取引量が自社に対する審査の全てということができるので、積極的に振込専用口座へ取引先から入金してもらうようにしましょう。

決算書や確定申告書からは審査しない

フリーナンスは決算書や確定申告書の提出が必須ではありません。

基本的には振込専用口座の取引状況が審査の全てですので、決算書や確定申告書の内容が悪くても審査に通過することができる可能性があります。

例えば、金融機関の融資の審査や大手ファクターの審査では、決算書が赤字と債務超過だった場合には審査に通過することが難しくなります。

しかし、そのような企業でも「今年からは業況が好調」という会社もあるはずですが、直近の決算書の内容が悪ければ、今現在の状態がいくら良好でも審査に通過することが難しくなってしまいます。

しかし、フリーナンスで重視されるのは、決算書などの過去の実績よりも振込専用口座の今の実績です。

そのため、「決算書の内容が悪くて、銀行や大手ファクターの審査に通らない」と、資金調達を諦めていた事業者の方もフリーナンスであれば審査に通過できる可能性があります。

即日払いの申し込みから資金化までの流れ

即日払いの申し込みから資金化までの流れ

フリーナンス即日払いの申し込みから資金化までの流れは非常に簡単で、基本的に自社は請求書を登録するだけです。

基本的には以下の流れで入金が完了します。

  1. クライアントに請求書を送付
  2. フリーナンスに請求書を登録
  3. フリーナンスがファクタリングの審査を行う
  4. 個人口座へ入金される

フリーナンスに申し込みをしてから入金になるまでの流れを詳しく確認していきましょう。

クライアントに請求書を送付

売上が発生したらクライアントに請求書を送付します。

請求書の送付方法は特別な手続きは必要ありません。

郵送や手渡しやメールなど、所定の方法で売上があったら請求書を送付しましょう。

書式や送付方法はどんな方法でも構いませんが、請求書には必ずフリーナンス振込専用口座の口座番号を入金先の口座番号として記載するようにしましょう。

前述したように、フリーナンスで即日買取ができるのは、支払先の口座をフリーナンスの振込専用口座として指定売上債権だけです。

どんな方法で請求しても構いませんが、口座だけはフリーナンスの専用口座とするようにしましょう。

フリーナンスに請求書を登録

請求書を売掛先に対して発行したら、自社でフリーナンスに請求書を登録します。

  • 請求金額
  • 請求日
  • 振込期限
  • 振込口座(フリーナンスの口座)

が必ず記載された請求書をフリーナンスのマイページからアップロードして請求書を登録しましょう。

フリーナンスがファクタリングの審査を行う

請求書の登録を行うと、フリーナンスがファクタリングの審査を行います。

審査と言っても、すでに自社に対する審査は信用スコアの判定によって終わっています。

そのため、フリーナンスの審査では請求書を登録した売掛先の審査がメインになります。

これまで振込専用口座へ期日通りかつ定期的に入金があるような信用がある企業や、売掛先が官公庁や上場企業のような絶対にデフォルトする心配のない売掛債権であれば審査に通過する可能性が高くなります。

反対に、これまで振込専用口座への入金期日に遅れた経験がある企業や、初めて口座へ入金する企業は信用がないので審査に通過する可能性が低くなってしまうかもしれません。

いずれにせよ、フリーナンスの審査は事前に信用スコアの審査を終えているため、審査は早く終了します

個人口座へ入金される

審査に通過すると、フリーナンスの口座ではなく個人用の口座にフリーナンスから入金があります。

フリーナンスは最短即日資金化に対応していますが、即日振込に対応しているのは平日正午までに審査に通過した場合のみです。

正午以降に審査に通過した場合には、翌営業日の振込となるので時間には十分注意しましょう。

フリーナンス即日払いの口コミは?

フリーナンスの口コミには以下のようなものがあります。

フリーナンスのファクタリングよりも、補償に対して喜んでいる人や、補償目当てに口座作成を検討しようとしていることが分かります。

このような良い口コミの一方、悪い口コミもあります。


実際に、フリーナンスが口座作成までに様々な書類の提出を要求し、「手続きが面倒」というのはよく言われていることです。

ただし、一度登録してしまえば、フリーランスには嬉しい補償を得ることができ、いざという時にはファクタリングでの資金調達も可能になるので、面倒がらずに登録を行うようにしましょう。

フリーナンス即日払いのよくある質問

振込専用口座を作るために必要な書類を教えてください。
フリーナンスで個人が口座を作成する際に必要な書類は、写真付きの身分証明書(パスポート、運転免許証、マイナンバーカードなど)と、セルフィー(本人が身分証を手に持った状態での自撮り画像)です。
法人の場合には、この他に商業登記簿謄本の提出が必要になります。
法人でも利用することはできますか?
フリーナンスは法人でも利用することができます。
法人が所有している飲食店、サイトなどのサービス名や屋号などで口座を作成することができます。
特に飲食店などの場合には法人名よりも店舗名などの屋号の方が世間に浸透いることが多いので、取引先に対して安心感を与えることが可能です。
ファクタリングも利用することができるので、法人もフリーナンスの利用を検討してみてはいかがでしょう。
毎月の入金が少ししかないのですが即日払いできますか?
金額は少なくても安定した入金がコンスタントにあるのであれば即日払いを利用できる可能性はあります。
ただし、即日払いは振込専用口座を入金口座として指定した金額までしかファクタリングすることができません。
振込専用口座への入金が少ない場合には、即日払いの金額が少額になってしまうかもしれませんが、だからと言ってファクタリングできないわけでもありません。
即日払いを利用せず、補償だけを受けても問題ないのでしょうか?
全く問題ありません。
あんしん補償は口座を作ればついてくるサービスですので、ファクタリングを利用するかしないかは関係ありません。
補償だけを目当てにフリーナンスに口座を作成しても全く問題ありませんし、実際に多くの経営者が補償だけを目当てにして口座を作成しています。
即日払いの手数料を下げる方法を教えてください
即日払いの手数料はフリーナンスのホームページには、SNSや外部サービスとの連携などが挙げられています。
確かに、これらの方法でも手数料を下げることもあるようですが、フリーナンスで最も重要なのは振込専用口座の利用状況です。
口座を利用していればしているほど毎月の売上実績やキャッシュフローをフリーナンスに示すことができるのでフリーナンスの信用度はどんどん向上していきます。
他の金融機関を振込先金融機関としている売掛先があるのであれば、フリーナンス専用口座へ振り込みを集中させるだけでフリーナンスの自社に対する信用スコアがアップして手数料が低くなる可能性があります。
他の銀行口座記載の請求書は買い取ってもらうことはできませんか?
フリーナンス口座以外の口座を支払先とした請求書は買い取ってもらうことはできません。
フリーナンスは振込口座の利用状況から審査を行い、振込口座からフリーナンスが直接回収を行うという、振込口座ありきのスキームになっています。
そのため、すでに振込専用口座以外の口座を振込先として請求した売掛債権をフリーナンスに買い取ってもらうことはできません。
他のファクタリング会社であれば買い取ってもりうことができる可能性もあるので、そのような債権は他のファクターへ買取を打診してみましょう。

まとめ

フリーナンスはアカウントを登録すると以下の3つのサービスを受けることができます。

  • 屋号名での口座の作成
  • あんしん補償
  • 即日払い

原則個人名でしか口座を作成することができない個人事業者やフリーランスが屋号名やサービス名やサイト名で口座を作ることができるのは大きなメリットです。

また、会社などから守られていない個人事業主やフリーランスが業務上の責任に対して補償を得ることができる「あんしん補償」もフリーナンスの大きなメリットです。

振込専用口座とあんしん補償は無料で利用することができるので、これだけでも大きなメリットがあります。

さらに、フリーナンスの振込専用口座を入金先としている請求書をフリーナンスが買い取るファクタリングサービス「即日払い」も行っています。

即日払いは日々のフリーナンスの口座の利用状況が手数料や審査結果を左右するので、フリーナンスでファクタリングを利用したい場合にはフリーナンス口座をたくさん利用するようにしましょう。

フリーナンスはただのファクタリングサービスではなく、口座や補償などで様々なメリットがあります。

ファクタリングを利用しないという人も口座を作成するだけでもメリットがあるため、検討してみましょう。