「フリーランスや個人事業主という理由だけで、銀行からお金が借りられない」

「コロナの影響で売上が減少しているので、早急に新しい資金調達が必要」

個人事業主やフリーランス、創業間もない小規模法人などは、資金調達が必要になったとき、銀行や公的金融機関は手続きが煩雑で、さらに審査も厳しいというデメリットがあります。

業績は順調で赤字や債務超過もないのに、なかなか融資につながらない……そんな経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

借入以外に資金調達方法をお探しの方は、ぜひ「請求書買取サービス」の利用をご検討ください。

請求書買取サービスは入金前の請求書を売却して、最短即日で買取代金を振り込むサービスです。

今回は請求書買取サービスの仕組みやメリット・注意点、個人事業主やフリーランス、創業間もない小規模法人の方におすすめの請求書買取サービスを解説します。

記事の目次 非表示

請求書買取サービスとは

請求書買取サービスとは、仕事を完了した後に発行する「請求書」をサービス提供会社に売却して、早期の資金調達を実現するサービスで、「ファクタリング」とも呼ばれています。

BtoB取引では、現金取引や先払いになることはまれで、商品・サービスを納入した1ヶ月~2ヶ月後に支払いを受け取る「掛取引」が一般的です。

事業者が後から代金を請求できる権利を「売掛債権」と言い、仕事の内容・個数・決済期日・振込先口座などを記載した請求書を売掛先(取引先、クライアント)あてに発行して、確かに取引が行われたことを証明します。

ファクタリングと請求書買取サービスは請求書を現金化する点で同じサービスですが、請求書買取サービスはフリーランスや個人事業主でも負担の小さい資金調達ができるように、手数料や利用条件が緩和されています。

請求書買取サービスの手数料

請求書買取サービスは売掛先が契約に一切関与せず、利用者とサービス提供会社の2社間で契約が成立します。

さらに、すべての手続きがオンラインで完結するため、サービス提供会社のコストが抑えられ、その分が買取率に還元されています。

一般的な2社間で契約するファクタリングの手数料は10%~20%が相場ですが、請求書買取サービスの手数料はそれよりも安い2%~10%が相場です。

請求書買取サービスの提出書類

請求書買取サービスの運営会社によっ異なりますが、申し込みにあたってはおおむね以下の書類の提出が求められます。

  • 利用者の本人確認書類
  • 売却する対象の請求書
  • 銀行の入出金明細(通帳のコピー)
  • 昨年度の決算書

請求書買取サービスは必要書類をpdfや画像でアップロードすることができるため、紙に出力する手間が省けます。

また、創業したばかりで昨年度の決算書がない利用者は、代替書類の提出が求められる場合があります。

請求書買取サービスを利用するメリット

請求書買取サービス(ファクタリング)には、以下のようなメリットがあります。

請求書の早期資金化が可能|メリット1

通常、仕事を完了してから売上金(報酬)が入金されるまでには、1ヶ月~2ヶ月のタイムラグ(支払いサイト)が生じます。その間に新しい仕事の先出しの費用が発生したり、税金の支払日が到来したりすると、資金繰りが悪化してしまいます。

請求書買取サービスを利用すれば、売上入金までのタイムラグをショートカットして、1週間以内にまとまった資金を調達することができます。

融資のように煩雑な手続きや厳しい審査もないため、請求書買取サービスによっては、申し込み当日の資金調達も可能です。

信用情報や決算書に影響しない|メリット2

請求書買取サービス(ファクタリング)は負債を増やす借入とは異なり、売掛債権という「資産」を売買する債権売買取引です。

利用しても信用情報や決算書に記録が残らないため、将来の融資の審査への影響を気にすることなく資金調達ができます。

売掛先に知られることがない|メリット3

請求書買取サービスの契約方式は、貴社とサービス提供会社の2社間で契約を結ぶ「2社間取引(2社間ファクタリング)」です。

利用するにあたって売掛先が一切関与しないため、「請求書の売却を売掛先に知られたら、今後の取引や経営に支障が出るのではないか?」という心配がありません。

オンラインで完結する|メリット4

請求書買取サービスはすべての手続きがオンラインで完結します。

電話や面談は一切不要、必要書類をpdfか画像でアップロードするだけなので、スマホやパソコンからいつでも・どこでも資金調達ができます。

また、サービス提供会社はオンライン完結にすることで、審査や面談にかかる人件費をカットして、請求書の買取率に還元しています。

このことから、請求書買取サービスの買取手数料は2〜9%と、一般的な2社間ファクタリングよりも低い手数料が実現できるのです。

担保や保証人が不要|メリット5

債権売買取引である請求書買取サービスは、借入と違って担保や保証人を求められることがありません。

銀行融資や公的金融機関の融資制度などの借入では、貴社の信用次第で担保や保証人が求められます。

とくに小規模事業者は、銀行融資を受けることが難しく、担保や保証人をつけるか、信用保証協会の保証を受けるかの二択になることがほとんどです。

請求書買取サービスは売掛先の信用力(請求書の信用力)が買取可否や手数料を左右する要因となるため、担保や保証人を準備できない方でも利用できます。

柔軟審査で赤字決算・債務超過でも利用可|メリット6

貴社の信用情報が重視される借入に比べ、請求書買取サービスは審査基準が緩めに設定されています。

そもそも、サービス提供会社は売掛先が期日どおりに売掛金を支払えなければ、利用者に先払いした代金を回収できません。

したがって、請求書買取サービスの審査は「売掛先の信用力」や「売掛金の支払サイト」、「貴社と売掛先の取引状況」を重視する傾向にあります。

貴社が赤字決算や債務超過、税金滞納など、借入では不利とされる条件があっても、良好な売掛先の請求書があれば、請求書買取サービスで資金調達が可能です。

返済能力や信用情報に問題があって借入が難しい場合は、請求書買取サービスでの資金調達をおすすめします。

売掛先が倒産しても支払い義務が生じない|メリット7

請求書買取サービスの契約後に、売掛先の倒産や廃業が原因で支払不能となっても、貴社に支払い義務は発生しません。

なぜなら、請求書買取サービス(ファクタリング)は償還請求権がない「ノンリコース契約」だからです。

償還請求権とは、売掛先が支払不能となった場合に、サービス提供会社(ファクタリング会社)が貴社に支払いを求めることができる権利を指します。

ノンリコース契約の特徴を応用すれば、倒産が危ぶまれる売掛先の請求書をで早期に資金化、支払い不能リスクに備えるといった保険のような使い方もできます。

ただし、サービス提供会社が償還請求権ありの「ウィズリコース契約」を提案してきた場合は、違法な契約の可能性があるので注意しましょう。

請求書買取サービスの注意点

請求書買取サービスを利用するにあたっては、以下の注意点についても確認しておきましょう。

請求書額面の満額を受け取ることができない|注意点1

請求書買取サービスは、本来1~2ヶ月後に満額支払われる売掛金を、2%~10%の手数料を支払って早期に資金化します。

たとえば、30万円の請求書を10%の買取手数料で売却すると、手数料として3万円が差し引かれ、口座に振り込まれる現金は27万円です。

ギリギリの資金繰りで操業している小規模事業者にとっては、数%の手数料が資金ショートの引き金となる可能性もあります。

請求書買取サービスを利用するにあたっては、経営改善計画をしっかりと立てるようにしましょう。

支払い期日を過ぎた請求書は買い取ってもらえない|注意点2

請求書買取サービスで買い取ってもらえる請求書は、あくまでも入金前の請求書です。

すでに支払期日を過ぎた請求書は不良債権として扱われるため、請求書買取サービスで買い取ってもらうことができません。

悪質な業者も存在する|注意点3

請求書買取サービス(ファクタリング)を事業として行うには、銀行や消費者金融会社のような許可・資格が不要です。

また請求書買取に関する規制自体も、まだまだ緩いと言わざるを得ません。

その間隙をついて、規制の厳しい貸金業からファクタリング業にシフトした闇金業者や悪質業者も存在しています。実際に、ファクタリング業者を装った悪質業者が摘発された事例もあります。

悪質業者は、資金繰りに困っている事業者をターゲットに、「信用ブラックOK」や「低手数料」といった条件を掲げています。

しかし、そのような業者と実際に取引してみたところ、実質的な高利貸しであったというケースや、保証金や手付金といった本来のファクタリングには無い手数料を徴収されたというケースが報告されています。

サービス提供会社が優良か悪質かは、ホームページの運営会社情報や実績、利用者の口コミ・評判で確認するようにしましょう。

電話やメールで問い合わせをして、スタッフの対応を見ることも大切です。

請求書買取サービスの仕組み

請求書買取サービスは、売掛先が一切関与しない「2社間取引」の仕組みが採用されています。

請求書発行から契約終了までの流れは、以下のとおりです。

  1. 請求書を売却する
  2. 請求書の買取代金の支払い
  3. 売掛先から売掛金が支払われる
  4. 回収した売掛金を支払う

取引完了までの流れを追って説明します。

①請求書を売却する(貴社→サービス提供会社)

サービス提供会社の公式サイトから、請求書の買取を申し込みます。

貴社が提出した書類をもとに見積もりおよびオンライン審査が行われます。

申し込んだその日のうちに買取代金を受け取りたい場合は、あらかじめ提出書類を揃えておきましょう。

サービス提供会社によっては、事前審査やアカウントの開設に1~2日かかる場合もあります。

②請求書の買取代金の支払い(サービス提供会社→貴社)

サービス提供会社より、貴社の指定した金融機関の口座に請求書の買取代金が振り込まれます。

買取代金は、売却した請求書の額面から2%~10%の買取手数料を差し引いた金額です。

請求書買取サービスによっては、申し込みをしたその日のうちに買取代金が振り込まれる場合もあります。

急ぎで資金が必要な場合は、事前に申し込みから振込までにかかる時間を調べておきましょう。

③売掛先から売掛金が支払われる(売掛先→貴社)

入金日が到来すると、売掛先から売掛金(報酬)が支払われます。

万が一、売掛先からの売掛金の支払いが遅れる、もしくは支払不能となることがわかったら、すぐにサービス提供会社に連絡しましょう。

④回収した売掛金を支払う(貴社→サービス提供会社)

売掛先から回収した売掛金は、貴社がいったん預かり、指定期日内(通常、1~3営業日以内)にサービス提供会社に支払います。

貴社が自身の資金繰りに売掛金を使い込んだり、別の支払いで自動引き落としされたりした場合は、ただちにサービス提供会社に連絡しましょう。

無断で支払いを遅延し続けると、サービス提供会社から売掛先に連絡が入る場合があるので注意が必要です。

おすすめの請求書買取サービス7選

資金繰りに悩む法人はもちろん、フリーランスや個人事業主でも利用できるおすすめの請求書買取サービスをご紹介します。

OLTA(オルタ)のクラウドファクタリング|手数料のやすさが業界トップクラス

olta(オルタ)

利用条件 OLTAのアカウント登録(事前審査)
必要書類 代表者の本人確認書類
売却する対象の請求書
直近7カ月の入出金明細
昨年度の決算書
ファクタリング手数料 2%~9%
入金スピード 最短即日~翌日
買い取り限度額 制限なし
URL https://www.olta.co.jp/

OLTA(オルタ)の「クラウドファクタリング」は、個人・法人問わず誰でも利用できて買取限度額の制限なし、手数料2%~9%と、請求書買取サービスの中でもトップクラスの好条件で資金調達が可能です。

必要書類を揃えたうえで見積もりを依頼すると、24時間(1営業日)以内に結果がわかり、契約後は即日ないし翌営業日に買取金額が振り込まれます。

ただし、利用条件として、事前審査およびOLTAへのアカウント登録が必要です。初めて利用する場合は事前審査に時間がかかるかかる場合があるため、即日の資金調達は難しくなります。

FREENANCE(フリーナンス)の即日払い|個人事業主・フリーランスにおすすめ

フリーナンスfreenance

利用条件 フリーナンスにユーザー登録
フリーナンス口座の開設
必要書類 買取対象の請求書
ファクタリング手数料 3%~10%
入金スピード 最短即日
買い取り限度額 1万円~
URL https://freenance.net/

FREENANCE(フリーナンス)は、GMOクリエイターズネットワーク株式会社が提供するフリーランス・個人事業主向けの事業支援サービスです。

同社は仕事中の事故を補償する「あんしん補償」、請求書買取サービスの「即日払い」という2つのサービスを取り扱っています。即日払いは1万円の請求書から買取可能、手数料は3%〜10%です。

即日払いを利用するにあたっては、事前にフリーナンスのユーザー登録を行い、請求書の振込先をフリーナンス口座に指定しておく必要があります。

ユーザー登録したばかりの時点で即日払いの手数料は10%に設定されていますが、即日払いの継続利用や、電話インタビューや収入証明書の提出でユーザー与信スコアがアップすると、手数料を下げることができます。

anew(アニュー)のクラウドファクタリング|法人の資金調達におすすめ

anew

利用条件 anewのアカウント登録(事前審査)
法人のみ利用可
必要書類 代表者の本人確認書類
売却する対象の請求書
法人口座の直近7カ月の入出金明細
昨年度の決算書
ファクタリング手数料 2%~9%
入金スピード 最短即日~翌日
買い取り限度額 制限なし
URL https://www.a-new.co.jp/

anew(アニュー)のクラウドファクタリングは、OLTA(オルタ)と新生銀行が提携した法人専門の請求書買取サービスです。

OLTAは個人事業主・フリーランスおよび法人の資金調達サポートを行っていますが、anewは法人専門として高額の請求書買取にも対応しています。

請求書買取の仕組みや条件はOLTAのクラウドファクタリングと同じですが、2%~9%というリーズナブルな手数料はそのままに、1,000万円規模の資金調達を必要とする法人は、anewの利用がおすすめです。

セレスのnugget(ナゲット)|最短60分の業界最速スピード振込

 

nugget(ナゲット)

利用条件 nuggetの会員登録
必要書類 売却する対象の請求書
請求確認メールのスクリーンショット
売掛先からの過去の入金履歴(任意)
押印済みの発注書や契約書(任意)
通帳のコピー3ヶ月分(任意)
ファクタリング手数料 10%
入金スピード 最短60分
買い取り限度額 制限なし
URL https://www.nugget.co.jp/

nugget(ナゲット)は東証一部上場の株式会社セレスが提供する、フリーランス・個人事業主向けの請求書買取サービスです。

上場企業が提供するサービスという安心感に加え、最短60分という振込のスピード、初期費用・月額料不要で申請金額の10%の手数料というリーズナブルさが目を引きます。

手続きに必要な会員登録、請求書アップロード、エビデンスアップロードはすべてWEB完結ですので、自宅や事務所にいながら、スマホ・パソコンから申し込み~資金調達が可能です。

マネーフォワード アーリーペイメント|発注時点での買取にも対応(法人のみ)

利用条件 法人のみ利用可
必要書類 決算書・原契約書等
ファクタリング手数料 1%~10%
入金スピード 初回最短5営業日
(2回め以降は最短2営業日)
買い取り限度額 買取1回あたりの合計金額が100万円以上
URL https://mfkessai.co.jp/ep

「マネーフォワード アーリーペイメント」は、会計ソフトなどで知られるマネーフォワードの100%子会社が提供する法人向けの請求書買取サービスです。

初回利用は最短5営業日、2回め以降は最短2営業日で資金調達ができます。手数料率の目安は1.0%~10.0%と業界最安水準で、その他の費用は発生しません。

さらに、同サービスは発注時点での売掛金(発注書)の買い取りにも対応しています。案件受注から入金までの期間が長く、資金繰りが状態的に苦しいという法人の方におすすめです。

個人事業主やフリーランスの方は、たとえ法人向けの請求書であっても利用できません。

マネーフォワード アーリーペイメントの口コミ(準備中)

yup(ヤップ)の先払い|法人・フリーランス向け報酬即日払いサービス

yup

利用条件 yupのユーザー登録
必要書類 売却対象の請求書
ファクタリング手数料 1%~10%
入金スピード 最短即日
買い取り限度額 初回限度額1万円~10万円まで
URL https://lp.yup.jp/

yupの即払いは売掛先に送った入金前の請求書情報を登録することで、報酬を即日受け取れるサービスです。

事前にユーザー登録を済ませておけば、すぐに即払いサービスを利用できます。正午前に審査が完了した場合、営業日であれば当日中に買取代金が振り込まれます。

基本的には売却対象の請求書をアップロードするだけなので、面倒な書類準備などは必要ありません。

初回利用は売却できる請求書額面が10万円までと制限されており、取引を繰り返すことで限度額がアップしていく仕組みとなっています。

なお、個人向けの請求書も売却することができ、フリーランスや個人事業主の方に限らず、法人の方でも利用できます。

スマートヘッジのインボイスPay|2社間取引の手数料8%以下を実現

 

利用条件 yupのユーザー登録
必要書類 売却対象の請求書
売掛先との取引履歴wo確認できる通帳のコピー
ファクタリング手数料 2.5%~8%
入金スピード 最短即日
買い取り限度額 制限なし
URL https://invoice-pay.jp/

スマートヘッジのインボイスPayは、「ファクタリングを進化させた即日資金調達スキーム」です。

利用にあたっては事前登録などが必要なく、請求書を送付して最短10分回答の事前見積りを行うだけで、買取可否や買取額が判明します。

さらに、最短即日の資金化が可能な2社間でありながら、手数料8%以下という圧倒的な安さを実現しています。

サービス利用後の債権回収(集金方法)については、「スマートヘッジが売掛先から直接集金」と「利用者が集金してスマートヘッジへ送金」の2択です。

どちらの集金方法を選んでも、請求書の買取可否や買取率が変わることはありせん。

請求書買取サービスと借入の使い分け

小規模事業者の資金調達方法には、銀行や公的金融機関、ノンバンクからの「借入」もあります。

ここでは、請求書買取サービスと借入の使い分けについて解説します。

資金調達コストは請求書買取サービスのほうが高い

借入(金銭消費貸借契約)は、借入金額に応じて金利、返済が遅延した場合は遅延損害金がかかり、利息制限法によって貸付額に応じた15%~20%の上限金利が決められています。

一方で、請求書買取サービス(ファクタリング)は債権売買契約ですので、金利ではなく買取手数料がかかります。

請求書買取サービスの手数料を規制する法律はありませんが、原則サービス提供会社が負うリスクに応じて設定され、手数料の相場は請求書の額面に対して2%~10%です。

これを金利(年率)で換算すると、ファクタリングの手数料10%は年率120%もの高金利相当となってしまいます。

借入の金利と請求書買取の手数料を単純に比較することはできませんが、請求書買取サービスは緊急で資金が必要なときに単発での利用がおすすめです。

赤字決算・債務超過・税金滞納がある場合は請求書買取サービス

借入の審査では、貴社の返済能力や信用情報が重視されます。

赤字決算や債務超過、税金滞納中などがあれば返済能力が無いとみなされ、また、信用情報に長期滞納や債務整理といった事故情報の記録があれば、銀行や大手ノンバンクでは審査に落ちてしまいます。

請求書買取サービスは貴社の返済能力や信用情報よりも、売掛先の信用力が重視されます。

貴社が赤字決算・債務超過・税金滞納のいずれかであり、借入の審査に通過するのが難しい場合は、請求書買取サービスの利用がおすすめです。

将来的に銀行融資を計画している場合は請求書買取サービス

ノンバンクからお金を借りて返済中の場合は、銀行から融資がかなり難しくなります。

なぜなら、ノンバンクからの借り入れおよび返済の事実が決算書に記載されるからです。

高金利の融資を受けていることが銀行の融資担当者に判明すれば、基本的にプロパー融資を受けることはできないと考えましょう。

一方、請求書買取サービスは信用情報や決算書に一切影響がありません。

将来的に銀行融資で運転資金や設備資金を借りたいとお考えの方は、ノンバンクで高金利の融資を受けるよりも、請求書買取サービスの利用がおすすめです。

請求書買取サービスに関するQ&A

請求書買取サービスに関して、よくある質問とその回答をQ&Aにまとめました。

請求書買取サービスの仕組みやメリット・注意点、個人事業主やフリーランス、創業間もない小規模法人の方におすすめの請求書買取サービスを解説します。請求書買取サービスは入金前の請求書を売却して、最短即日で買取代金を振り込むサービスです。業績は順調で赤字や債務超過もないのに、なかなか融資につながらない……そんな経験をされた方はぜひご参考ください。
A.請求書買取サービスとファクタリングはどちらも同じ請求書の早期資金化サービスで、違いはありません。ただし、一般的には、2社間ファクタリング、3社間ファクタリング、医療報酬債権ファクタリング、一括ファクタリング、国際ファクタリングといったさまざまな取引形態のファクタリングをまとめて「ファクタリング」と呼んでいます。また、請求書買取サービスと言うときは、オンライン完結型の2社間ファクタリングのことを指します。
Q.買い取ってもらえる請求書の種類を教えて下さい。
A.原則として「法人または官公庁向けの売掛債権」であり、なおかつ支払期日と金額が確定している「確定債権」である必要があります。サービス提供会社のなかには個人向けの請求書を買い取るところもありますが、あまり数は多くありません。また、決済期日を過ぎた不良債権、入金日が確定していない将来債権の請求書は買い取ってもらえません。
Q.仕事を受注したときの注文書(発注書)は買い取ってもらえますか?
A.一部のファクタリング会社が注文書の買い取りに対応しています。ただし、まだ仕事が完了していない時点での売掛債権の買い取りということから、請求書買取サービスよりも手数料が高めです。

請求書買取サービスは資金調達の新しい選択肢

請求書買取サービスは、貴社の返済能力や信用情報よりも、売掛先の信用力や売掛金回収の確実性が重視されるため、赤字決算や債務超過、税金滞納といった条件で借入が難しい小規模法人、個人事業主、フリーランスでも資金調達が可能です。

さらに、法人向けの一般的な2社間ファクタリングに比べて利用条件が緩和されており、買取手数料も低めに設定されています。

これまで、金融機関からの借入が難しく、資金調達に悩んでいた小規模事業者の方は、ぜひ請求書買取サービスを資金調達の新しい選択肢に取り入れてみてください。

今回の記事で解説した請求書買取サービスの仕組みやメリット・デメリットを確認した上で、貴社の資金繰り状況に合ったサービスを選びましょう。