現在、請求書買取サービス(ファクタリング)を取り扱う業者は、国内に100社近くあります。

請求書買取サービスを取り扱う業者は、れぞれに得意とする業種、契約方式、独自のアフターフォローなどがあり、ホームページを見比べただけで、自社に合った1社に絞るのは至難の業です。

今回は、「次の売上入金までのつなぎ資金を調達したい」「資金調達だけでなく、資金繰りの支援も受けたい」といった中小企業の経営者、個人事業主の方に、最新のおすすめ優良請求書買取サービス、およびファクタリングサービスをご紹介します。

ぜひ、自社に合ったサービスを選ぶ際の参考になさってください。

請求書買取サービスは3系統のうち「独立系」がおすすめ

請求書を買い取っている業者は、規模や運営会社の違いによって、以下の3つの系統に分けられます。

  • 銀行系・・・メガバンクや地方銀行の系列・グループ会社
  • ノンバンク系・・・証券会社や消費者金融会社の系列・グループ会社
  • 独立系・・・銀行やノンバンクの系列・グループとは独立した中小の会社

3つのうち、中小企業や個人事業主の資金調達におすすめの請求書買取サービスは、「独立系」です。

独立系は最短即日の圧倒的なスピード感があり、数十万円の小口取引から数千万円規模の大口取引まで、幅広く対応できる柔軟性があります。

とくに、売掛先(取引先、クライアント)の同意が不要な「2社間取引(2社間ファクタリング)」の実績が豊富なため、中小企業や個人事業主の緊急性の高い資金調達向きと言えます。

本記事では、独立系の中からおすすめの優良請求書買取サービスをピックアップしてご紹介します。

「対面式」と「非対面式」の異なる2つの契約方式

請求書買取の契約方式には、「対面式」と「非対面式」の2種類があります。

両者の違いは手続きの手間やアフターサービス、引いては手数料にも関わってくるため、どちらの契約方式を選ぶかは、自社に合った請求書買取サービスを見つけるにあたって非常大切な要素となります。

面談で条件交渉が可能な「対面式」

対面式は、請求書を売却したい事業者と、請求書買取サービスの担当者が、面談を行った上で契約を結ぶ方式です。

面談は、事業者が店舗に来店するか、請求書買取サービスの担当者が利用者の会社に出張するかのいずれかで行われます。

事業者は日々の仕事が忙しい中から、面談の時間を確保しなければなりません。

また、請求書買取サービスによっては、担当者の交通費は利用者負担となっています。

一方で、契約前に面談を挟むことで、利用金額や手数料について交渉したうえで、より有利な条件で請求書を売却できる、財務コンサルティングやバックオフィス代行業務などのアフターサービスを受けられるといったメリットがあります。

郵送・オンライン完結の「非対面式」

非対面式は申し込みから入金まで、すべての手続きがネットや郵送で完結する契約方式です。

運営会社は人件費、店舗の家賃等の経費をコストカットできるため、手数料が対面式よりも低く、書類提出と面談の手間を省略したことにより、2社間であればほぼ確実に、最短即日で資金調達ができます。

面談の時間を確保する時間がない、確実に当日中の入金を確認したいという事業者の方におすすめです。

最近では、新型コロナウイルスの感染リスクを避けるため、新たに非対面式を取り入れる業者も増えています。

【対面式】優良請求書買取サービスおすすめ会社ランキング

まずは、従来型の対面式の優良請求書買取サービスを、ランキング形式でご紹介します。

ビートレーディング|第1位

取扱いサービス 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング、医療債権買取、Beトレペイメント
買取手数料 【2社間】5%~

【3社間】2%~

入金スピード 最短即日(2社間)
買取限度額 10万~7億円(過去の実績から)
所在地 【東京本社】東京都港区芝大門一丁目2-18 野依ビル 3F

【仙台支店】宮城県仙台市青葉区本町1-12-7 三共仙台ビル3階

【大阪支店】大阪府大阪市北区堂山町1番5号 三共梅田ビル903号室

【福岡支店】福岡県福岡市博多区博多駅東1-1-33はかた近代ビル8階F号室

ビートレーディングは全国に4拠点を構える事業規模と、豊富な取引件数・債権買取額で、業界トップを走る大手請求書買取サービスです。

業界最安水準の手数料、最短即日入金の「2社間ファクタリング」には定評があり、多くの中小企業や個人事業主に利用されています。

さらに、多彩な資金調達方法の提案や、ファクタリング利用後の資金繰り支援、経営が安定するまでの長期的なサポートなど、アフターフォローも充実しています。

初めてファクタリングを利用する方、長期的な資金繰り改善まで視野に入れている方は、同社のファクタリングサービスを選べば間違いないと言っても過言ではありません。

ベストファクター|第2位

取扱いサービス 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング、医療債権買取
買取手数料 【2社間】5%~

【3社間】2%~

入金スピード 最短即日(2社間)
買取限度額 30万円~1億円
所在地 【東京本社】東京都新宿区山吹町261 トリオタワーノース4F

【大阪支社】大阪府大阪市中央区島之内1丁目13-28 ユラヌス21ビル 1F

ベストファクターは東京・大阪に拠点を置き、全国出張対応の請求書買取サービスを提供するファクタリング会社です。

契約段階では面談が必須となりますが、利用者の来店不要でスタッフが出張するため、首都圏と関西圏の中小企業、個人事業主に幅広く利用されています。

同社は2社間取引に特化したサービスを提供しており、申込みから最短即日~3営業日ほどで資金の受け取りまでが可能です。

過去の実績から、即日振込の実行率は80%前後で、書類提出や審査にかかる手間を極力省いているところからも、対応の迅速さがうかがえます。

さらに、財務コンサルティング、バックオフィス業務代行など、資金繰り改善や事業再生を支援する付帯サービスも充実しています。

緊急性の高い資金調達から自社の経営の立て直しまで、長期的な付き合いを検討されている事業者の方におすすめです。

PMG(ピーエムジー)|第3位

取扱いサービス 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング
買取手数料 3~8%
入金スピード 最短即日
買取限度額 2億円まで(下限なし)
所在地 【東京本社】東京都新宿区新宿2丁目12番8号 ACN新宿ビル7階

【大阪支店】大阪市中央区淡路町4丁目3-5 URBAN CENTER御堂筋5階

PMGは東京・大阪を中心に、中小企業や個人事業主の資金調達支援、資金繰りコンサルティングを提供する請求書買取サービスです。

業界最安水準の2~8%の手数料、下限なしの上限2億円までの現金化が可能と、圧倒的な資金力を強みとしています。

同社の請求書買取サービスは、審査後の面接で簡単なヒアリングが行われ、審査部の最終確認の後に債権の買取が実行されます。即日の振込を希望する場合は、当日の午前中までに申し込みを済ませておく必要があります。

さらに、同社のコンサルティング事業は、会社が資金不足に陥った問題の特定から、利用者に合った資金調達方法を提案しています。

請求書を売却して資金調達をするだけでなく、金融機関との交渉や的確な財務戦略の提案など、資金繰り改善の心強い味方となってくれるでしょう。

アクセルファクター|第4位

取扱いサービス 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング
買取手数料 2%~
入金スピード 最短即日
買取限度額 最大1億円
所在地 【東京本社】東京都新宿区高田馬場2-14-9 アティレビル6F

【仙台営業所】宮城県仙台市青葉区本町一丁目12-12 GMビルディング3F

【名古屋営業所】愛知県名古屋市中区丸の内2-17-13 NK丸の内ビル2F

アクセルファクターは、東京・仙台・名古屋に拠点を置き、主に東日本の中小企業や個人事業主の資金繰りを支援しています。

赤字決算や税金滞納など、金融機関からの借入では不利になる条件の事業者でも柔軟に対応、審査通過率は他社を大きく引き離す93%です。

同社の買取手数料は、100万円までが10%から、101~500万円が5%から、501~1,000万円が2%から、それ以上は応相談としています。

あくまで目安ですので、売掛債権の状況やエビデンス資料、あるいは面談時の交渉にて、より有利な条件を引き出すことも出来るでしょう。

下限金額は一切設定されていないため、緊急に資金が必要になった場合は、数万円からでも相談してみることをおすすめします。

トップ・マネジメント|第5位

取扱いサービス 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング、セロファク、ペイブリッジ
買取手数料 2%~
入金スピード 最短即日
買取限度額 最大1億円
所在地 東京都千代田区鍛冶町1-4-3竹内ビル2F

トップ・マネジメントは、通常の2社間・3社間ファクタリングに加え、助成金申請とファクタリングを同時にスタートできる「ゼロファク」、広告業界限定の支払い代理サービス「ペイブリッジ」など、資金調達に関するさまざまなサービスを提供しています。

同社の買取手数料は2社間で4〜13%、3社間で1〜4%と、非対面式や銀行系ファクタリング並みの水準です。

さらに、昨今の新型コロナウイルスの影響を鑑み、来店不要のリモート面談による「オンライン完結型ファクタリング」も実施しています。

一刻も早い資金調達を希望の場合は、銀行振込から担当者による現金手渡しのデリバリーも利用できます。

リコーリース|第6位

取扱いサービス 介護報酬債権買取
買取手数料 ~20%
入金スピード 最短5営業日~2週間
買取限度額 最大1億円
所在地 東京都千代田区紀尾井町4-1

リコーリースはリコーグループのリース会社として、各種リース、集金代行、介護報酬ファクタリング、メディカルローンなどの事業を幅広く展開しています。

通常、介護事業者が国保連からの入金を受け取るのは、介護サービス提供月の翌々月で、支払いや納税が立て込んでいる時期は死活問題になりかねません。

同社の介護報酬買取サービスを利用すれば、最短5日~1週間で最大80%まで早期の資金回収ができ、通常の介護報酬の支払いサイトを1.5ヶ月短縮することができます。

さらに、新設法人や新規開設事業所、小規模事業者から特養ホームなどの大規模事業者にも対応しています。

介護ソフトの指定もないため、現在利用している介護ソフトをそのまま使い続けることができます。

ジャパンマネジメント|第7位

取扱いサービス 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング、医療報酬債権買取
買取手数料 ~20%
入金スピード 最短即日
買取限度額 20~5,000万円
所在地

【東京オフィス】東京都文京区本郷3-37-8 本郷春木町ビル

【福岡オフィス】福岡市中央区赤坂1丁目14-22 センチュリー赤坂門ビル8F

ジャパンマネジメントは、東京と福岡に拠点を置き、最小20万円から最大5,000万円まで、最短即日で現金化する請求書買取サービスを提供しています。

同社のファクタリングは面談必須ですが、遠方からでもスタッフが出張対応してくれるため、地方在住で東京や福岡に出向く時間がない方にもおすすめです。

赤字決算や税金滞納でも相談次第で対応可能、また、法人との取引、継続した売上があれば、個人事業主であっても利用できます。

ファクタリング東京|第8位

取扱いサービス 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング
買取手数料 ~20%
入金スピード 要確認
買取限度額 要確認
所在地 東京都中央区銀座7-13-6 サガミビル2F

「ファクタリング東京」は、ソフトウェア開発や広告代理業を主な事業とする株式会社ライズジャパンが運営、資金調達から事業再生に至るまで幅広いサポート業務を提供しています。

同社の請求書買取サービスを利用するにあたっては、業種や業態は問われず、法人から個人事業主まで幅広く利用可能です。

手数料や買取限度額が公表されていませんが、独自の信用調査と審査によって、利用金額や手数料が決まる仕組みとなっています。

また、「専門スタッフによる柔軟審査」を掲げており、利用者の経営事情や条件に合わせて、それぞれ個別で対応するため、業績悪化や税金滞納といった相談にも応じてもらえます。

ファクタリングのTRY|第9位

取扱いサービス 2社間ファクタリング
買取手数料 5~20%
入金スピード 最短即日
買取限度額 10万円~
所在地 東京都台東区東上野二丁目21番1号

「ファクタリングのTRY」は、2018年2月からサービスを開始した比較的新しいファクタリング会社ながら、24時間対応可能なホットラインなど、他社との差別化で着実に実績を積み重ねています。

最短即日をうたいながら、入金までに2~3日かかってしまうファクタリングもあるなかで、TRYは24時間対応のスピード対応と、2社間で5%〜という業界最低水準の手数料も実現しているため、急ぎの資金調達が必要なケースでも安心です。

さらに、TRYには専門的な知識を持った経験豊富な担当者が在籍しており、申込みから一貫して親身なサポートが受けられるので、初めてファクタリングを利用する方にもおすすめです。

日経フィナンシャルトライ|第10位

取扱いサービス 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング、医療報酬債権買取
買取手数料 2~8%
入金スピード 最短即日(当日12時までの申し込み要)
買取限度額 50万~2億円(即日は5,000万円まで)
所在地 【本社所在地】東京都千代田区内神田1丁目18番11号

【札幌支店】北海道札幌市中央区北2条西23丁目2-18-3

【仙台支店】宮城県仙台市太白区八木山本町1-5-1

【大阪支店】大阪府大阪市中央区本町橋6-19

日経フィナンシャルトライは東京・大阪・札幌・仙台の4拠点を中心として、年商5,000万円以上の法人を対象に、業界最安水準の手数料で請求書買取サービスを提供しています。

「年商5,000万円以上の法人」という利用条件はあるものの、対象者を限定することにより、請求書買取に付き物のデフォルトリスクや使い込みリスクが低いと判断、2~8%という破格の手数料を実現しています。

さらに、対面式の請求書買取サービスの中では数少ない「出張費無料」からも、同社の請求書買取への絶対的な自信が伺えます。

「近隣に請求書買取サービスはないが、面談でじっくりと交渉したい」という方は、同社の出張費無料のファクタリングサービスがおすすめです。

【非対面式】優良請求書買取サービスおすすめランキング

続いて、非対面式(郵送・オンライン完結)の優良請求書買取サービスを、ランキング形式でご紹介します。

OLTA(オルタ)|第1位

取扱いサービス 2社間ファクタリング
買取手数料 2〜9%
入金スピード 最短即日
買取限度額 無制限
URL https://www.olta.co.jp/

OLTAは2017年の運営開始ながら、独自の「クラウドファクタリング」で実績を重ね、わずか2年で申し込み金額100億円を突破した、いま最も注目を集める請求書買取サービスです。

野村證券やソニー、野村総合研究所等の日本有数の一流企業で、資金調達や経営管理等を経験した優秀な人材が経営陣に名を連ねており、MUFG(三菱UFJフィナンシャル・グループ)や日本郵政キャピタルといった一部上場企業とパートナーシップを結んでいます。

同社のクラウドファクタリングは、オンライン完結型のスピード入金もさることながら、3社間並みの低い手数料がアドバンテージです。

2社間と同じく売掛先への通知は不要、書類提出もオンラインで完結、最短即日で資金調達ができます。

ただし、提出が必要な書類が対面式の請求書買取サービスよりも多めとなっているため、早めに準備しておきましょう。

日本中小企業金融サポート機構|第2位

取扱いサービス 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング、医療報酬債権買取
買取手数料 要確認
入金スピード 2日~
買取限度額 要確認
URL https://www.chushokigyo-support.or.jp/lp02/

日本中小企業金融サポート機構は、ファクタリング業界では珍しい非営利の一般社団法人で、来店や訪問の必要がない「郵送ファクタリング」を提供しています。

請求書買取に関する書類提出や契約などの手続きが、すべて郵送にて行うことが可能なため、時間的負担および交通費などの金銭的な負担を大幅に削減することができます。

郵送ファクタリングの他にも、資金調達の専門家や税理士・弁護士などと提携して、助成金・補助金の紹介、在庫買取や事業再生に関するアドバイザリー業務、コンサルティング業務なども行っています。

同機構を利用すれば、請求書売却による資金調達以外にも、自社の資金繰りや経営改善に役立つ多角的なサポートが受けられるでしょう。

株式会社ウィット|第3位

取扱いサービス 2社間ファクタリング
買取手数料 5%~
入金スピード 最短即日
買取限度額 500万円以下
URL https://witservice.co.jp/index.html

ウィットは、債権額面500万円以下の小口取引を専門に取り扱う請求書買取サービスです。

同社の2社間取引は、売掛先の同意が不要で、すべての手続きがオンラインで完結します。

気になる手数料は相場より低めの5%~で設定されており、過去には最小30万円を95%で買い取った(手数料5%)実績もあります。

さらに、非対面式でありながら財務コンサルティングサービスも提供しているため、利用者は資金調達から経営改善計画の実行まで、幅広いサポートが受けられるでしょう。

売上が入金されるまでの、緊急性の高いつなぎ資金を必要とする方、資金調達後の自社の資金繰りを改善したい方におすすめです。

インボイスPay|第4位

取扱いサービス 2社間ファクタリング
買取手数料 2.5~8%
入金スピード 最短即日
買取限度額 10~1,000万円
URL https://invoice-pay.jp/

インボイスPayの運営会社であるスマートヘッジ株式会社は、2018年設立でありながら、すでに月額買取額が2億円を突破するなど、業界における新進気鋭のベンチャー企業として知られています。

同社はインボイスpayを「ファクタリングを超えた資金調達」と位置づけており、審査の前の見積もり段階で手数料がわかる「見積先行型」の請求書買取サービスを強みとしています。

実際に、インボイスPayの請求書買取サービスは、2社間ファクタリングと同じ仕組みでありながら、手数料8%以下の驚異的な調達コストの低さがメリットです。

ただし、通常のインボイスPayは売掛金300万円以下の小口専門サービスで、300万円以上は「インボイスPayプレミアム」への登録が必要となります。

FREENANCE(フリーナンス)|第5位

取扱いサービス 2社間ファクタリング
買取手数料 3~10%
入金スピード 最短即日
買取限度額 制限なし
URL https://freenance.net/

フリーナンスは、個人事業主やフリーランスに特化した、お金と保険のサービスです。

オンライン完結型の「即日払い」を利用するには、事前に振込専用口座を開設、売掛先からの売上代金はその専用口座へ入金されることになります。

この手続きを経ることにより、従来の2社間ファクタリングが抱えていた「売掛先から入金された売上代金を、利用者がいったん預かり、請求書買取サービスに支払う」というプロセスから発生する使い込みリスクを回避して、フリーナンス側は確実に代金を回収できるため、3社間契約並みの低い手数料が実現できています。

即日払いは形式上の2社間取引にあたり、取引先に通知が行くことはありません。

電子請求書早払い|第6位

取扱いサービス 2社間ファクタリング
買取手数料  1.0~6.0%
入金スピード 最短2営業日
買取限度額 要確認
URL https://go.infomart.co.jp/btobfinance.hayabarai.html

「電子請求書早払い」は、2020年1月30日にBtoBプラットフォームを運営するインフォマートと、決済インフラの大手GMOペイメントゲートウェイが協同リリースした請求書買取サービスです。

手続きの無駄を極力省いたオンライン完結型で、業界最安水準の手数料1.0~6.0%で提供されています。

ただし、2社間の手続きではあるものの、入金までは最短でも2営業日かかるため、即日の資金調達を希望している方は注意が必要です。

リリースからまだ1年未満ですが、上場企業2社が運営をサポートしているサービスなので、請求書買取サービスの利用が初めての事業者でも、安心して利用できます。

電子請求書早払いの口コミ評判(準備中)

MF KESSAI アーリーペイメント|第7位

取扱いサービス 2社間ファクタリング
買取手数料 1.0~10.0%
入金スピード 最短2営業日後
買取限度額 制限なし
URL https://mfkessai.co.jp/lp/factoring/index.html

「MF KESSAI アーリーペイメント」は、会計ソフトなどで知られる、株式会社マネーフォワードの100出資子会社である株式会社MF KESSAIが提供する請求書買取サービスです。

マネーフォワードの会計ソフト等の登録者でなくとも利用でき、マザーズ上場グループ企業の提供するサービスということで、信頼性の高さは言うまでもありません。

同サービスは2019年8月スタートと業界では後発ながら、2社間取引の限界を超える手数料1.0~10.0%で注目を集めています。

ただし、法人のみ利用不可となっており、個人事業主は同サービスを利用できません。

MF KESSAI アーリーペイメントの口コミ評判(準備中)

freee 請求書ファイナンス|第8位

取扱いサービス 2社間ファクタリング
買取手数料 2~9%
入金スピード 最短1営業日以内
買取限度額 要確認
URL https://www.freee.co.jp/finance/invoice-finance/

「freee請求書ファイナンス」は、会計ソフトfreeeを使用している法人、個人事業主が利用できる請求書買取サービスです。

請求書買取の手続きは、まずfreeeに登録されている財務データ、売掛債権データを自動試算、買取可能性の高い売掛債権に対してfreeeが買取オファーを出すので、申し込みを行います。

オファー後の最終申込手続きを経て、最終審査結果(OLTAによる審査)が開示され、利用者が買取価格に同意すれば、契約成立です。

普段からfreeeの会計ソフト等に登録している方であれば、2~9%の低い手数料で請求書の売却が可能ですので、緊急で資金が必要なときに積極的に利用していきましょう。

Freee 請求書ファイナンスの口コミ評判(準備中)

西日本ファクター|第9位

取扱いサービス 2社間ファクタリング
買取手数料 2.8〜15.0%
入金スピード 最短2営業日後
買取限度額 制限なし
URL https://mfkessai.co.jp/lp/factoring/index.html

西日本ファクターは、九州・関西エリアを中心に、中小企業や個人事業主の資金調達を支援する請求書買取サービスです。

従来の対面式の2社間・3社間取引に加え、オンラインで完全非対面のクラウド契約を提供しています。

懸念されるセキュリティー面は、信頼のおける外部クラウド契約サービスに委託されているため、安心して利用できます。

クラウド契約の手数料に関しては、従来の対面取引並みですが、契約ごとに手数料の見直しが行われるため、複数回の利用で必ず手数料が下がる仕組みとなっています。

LENDY(レンディ)|第10位

取扱いサービス 2社間ファクタリング
買取手数料 2%~
入金スピード 最短即日
買取限度額 10万円~
URL https://factoring.lendy.jp/

オンラインで完結する融資サービス「LENDY」を提供する、LENDY株式会社(旧社名:株式会社クレジットエンジン)が、2019年からファクタリング事業に参入、東証一部上場企業や大手税理士事務所などから出資を受け、オンライン完結型ファクタリングとしてリリースしたのが、「LENDYファクタリング」です。

手数料は非対面式の相場より低めの2%から、10万円の売掛債権から利用可能で、もちろん売掛先への通知は必要ありません。

LENDYはファクタリング事業の取引実績こそ少ないですが、既にオンライン融資サービスでは実績を積み重ねてきているので、安心して利用できるでしょう。

LENDYの口コミ評判

優良請求書買取サービス選びに関するQ&A

自社に合った請求書買取サービス選びに関して、よくある質問とその回答をQ&Aにまとめました。

Q.支払期限を過ぎた債権も買い取ってくれる請求書買取サービスはありますか?
A.ありません。請求書買取サービスが買い取る売掛債権は、支払期日と金額が確定している「確定債権」です。支払期日を超過した「不良債権」や、将来的に支払われる予定があるが、期日と金額が確定していない「将来債権」などは買取対象となりません。
Q.請求書買取サービスで売却した売掛債権が貸し倒れになった場合、利用者に買い戻し義務はありますか?
A.売掛先の業績悪化や倒産等による貸し倒れリスクは、債権も含めてファクタリング業者が買い取るため、利用者に買い戻し義務は生じません。これを償還請求権のない「ノンリコース契約」といいます。請求書買取サービスの手数料は、この売掛先の貸し倒れリスクも考慮して計算されています。
Q.個人事業主なのですが、売掛先に知られたくないので2社間取引を利用できますか?
A.個人事業主の方の利用条件は、請求書買取サービスによって異なります。2社間取引は、売掛先の同意が不要な代わりに、請求書買取サービスが確かに債権を譲渡されたということを証明する「債権譲渡登録」が必要です。この債権譲渡登記は法人に限られており、個人事業主は登記ができません。したがって、原則「個人事業主は3社間のみ利用可」ですが、請求書買取サービスの中には、個人事業主でも登記不要の2社間取引可としているものもあります。
Q.他社からの借入や返済状況は、請求書買取サービスの審査に影響しますか?
A.影響しません。請求書買取の審査では、利用者の返済能力や経営状況よりも、売掛先・売掛債権の信用力が重視されます。つまり、赤字決算や債務超過であっても、売掛先・売掛債権の信用力が高いと判断されれば、請求書を売却して資金調達ができます。ただし、税金の滞納については要相談とする請求書買取サービスがほとんどです。
Q.財務コンサルティングでは、具体的にどのような支援が受けられますか?
A.業者にもよりますが、基本的には新たな資金調達方法・資金調達先の提案、銀行リスケの交渉の支援、資金繰り表など金融機関に提出する資料作成のサポートが挙げられます。具体的な支援の中身については、各請求書買取サービスにお問い合わせください。

スピード・手数料など重視するポイントに合わせた会社選びを

対面式・非対面式の2つの契約方式に分けて、おすすめの優良請求書買取サービス・ファクタリングサービスをご紹介しました。

いずれも取引の安全性については問題ない会社をピックアップしており、初めて利用する方でも安心できます。

さらに、スピードや手数料、アフターフォローなど、自社が最も重視するポイントを絞ることも大切です。

本記事のランキングや口コミ評判を参考にしつつ、できれば実際に窓口に問い合わせて、精度の高い情報で請求書買取サービスを選びましょう。