請求書買取サービスを利用すれば、最短即日で資金を調達することができます。

「請求書買取サービスとはどのようなサービスなのだろう?」

「いくらの現金が手に入るのだろう?」

となどと疑問に思っている人も多いのではないでしょうか?

請求書買取サービスとはいわゆるファクタリングのことです。

ファクタリングとは、未払いの売掛金(債権)の割引買取を行うサービスですが、「売掛金の発生≒請求書の発行」と、これらはほぼ同じ事であることから、私たちに馴染みのある言葉で表したものが『請求書買取サービス』ということになります。

請求書買取サービスを利用することで、請求書は最短即日で現金に変えることができ、銀行融資を待っている時間がない時やすぐにお金が必要な場合に重宝します。

しかし、請求書買取サービスは法律の詳細なルールが定まっていない分野です。

そのため、即日資金化するポイントやできる限り高く買い取ってももらう方法を熟知するとともに、悪徳業者に引っかからないように注意することも重要です。

請求書買取サービスで即日資金化する方法と注意点について解説します。

銀行融資以外の資金調達手段として理解しておき、いざという時に役立てるようにしておきましょう。

請求書を買取サービスはファクタリングだけ

売掛金の買取を行う2つの業者

請求書を買い取るとは、売掛金を買い取るということです。

そして請求書を買い取ってくれるサービスはファクタリングだけです。

同じく売掛金を買い取ってくれるサービスとしてサービサーを利用するという方法がありますが、サービサーでは一般的な請求書を買い取ってもらうことができないので注意しましょう。

請求書を買い取ってくれるのはファクタリングだけ

ファクタリングとは売掛金などの売掛債権の買取を行うサービスです。

そして、売掛金には手形のような形がありません。

そのため、売掛金を売却するときにはファクタリング会社に売掛先に対して発行済みの請求書を売却することになります。

ファクタリングだけが期日前の請求書を資金化することができるのです。

サービサーは請求書を買い取らない

売掛金を買い取ってもらうことができる会社として、サービサーと呼ばれる債権回収会社が存在します。

しかし、サービサーは正常な請求書の買取は行っていません。

サービサーが買い取るのは、支払期日を過ぎても支払がない不良債権だけです。

このため、取引先に対して発行した正常な請求書を請求書の期日前に資金化することができるのはファクタリングだけになります。

  • サービサーが買い取る債権:支払期日を過ぎた不良債権
  • ファクタリングが買い取る債権:支払期日前の正常な債権

サービサーとファクタリングは、売掛金の買い取りを行ってくれるという点は同じですが、買い取る請求書の内容は正反対で、即日資金化したいのであれば、ファクタリング会社へ期日に遅れていない請求書を売却することが最も確実な方法です。

請求書買取サービスで即日資金化するために

2社間ファクタリング

請求書買取サービスは申込日当日に資金化することもでき、急いでお金が必要な場合には重宝します。

しかし、どんなファクタリングに申し込みをしても請求書を即日で買い取ってもらうことができるわけではありません。

即日資金化するためには選択しなければならないファクタリングが決まっています。

また、申込時の間違いなどにも十分に注意しなければなりません。

請求書買取サービスを利用して即日資金化するポイントについて詳しく見ていきましょう。

2社間ファクタリングを選択する

即日で請求書を資金化するためには2社間ファクタリングを選択しましょう。

請求書の買取を行うファクタリングサービスには、売掛先の同意が必要な3社間ファクタリングと、売掛先の同意が不要な2社間ファクタリングが存在します。

3社間ファクタリングでは、売掛先の同意が必要になるため、この同意を得るために1週間程度の時間が必要になってしまいます。

一方、2社間ファクタリングでは、売掛先企業と納入企業である自社の審査を行えばすぐに請求書を買い取ってもらうことがらできます。

2社間ファクタリングでは審査から振り込みまで最短即日で対応してくれる会社も存在します

即日で請求書の買取を希望する場合には2社間ファクタリングを取り扱う会社を選択するようにしてください。

申込書の記入を正確に行う

ファクタリングの申込書の記入や、申込フォームの入力は正確に行う必要があります。

申込内容を間違えてしまうと、審査担当から電話での確認があったり、最初から申込作業をやり直さなければならないこともあり、審査完了までに時間がかかってしまいます

また、自社の売上や利益を間違えてしまうと、虚偽申込と判断されて審査に落ちてしまうこともあります。

急いでいるからと言って焦って申し込むのではなく、申込は正確に時間をかけて行うことが請求書を早期資金化するための近道です。

できるだけ高く請求書を買取してもらうには

売掛金を即日買取する2つのポイント

請求書買取サービスを利用するためには手数料を支払う必要があります

2社間ファクタリングでは10%〜20%程度の貸付よりも高額な手数料が発生します。

そして手数料は審査によって主に売掛先のリスクを判定した上で決定します。

売掛先のリスクが低いと判断されれば手数料は低くなりますし、売掛先のリスクが高いと判断されれば手数料は高くなります。

より高く請求書を買い取ってもらうためにはリスクの低い売掛債権をファクタリングする必要があります。

また、リスクの低い請求書ほど審査が早く終了する傾向があるので、早期資金化したい場合にもリスクの低い請求書を売却することが有効です。

では、リスクの低い売掛債権とはどのようなものなのでしょうか?

期間の短いものをファクタリングする

売掛金は支払いまでの期日が様々です。

このうち、期間の長いものの方がファクタリング会社のリスクは高くなり、期間の短いものの方がファクタリング会社のリスクは低くなります。

支払いまでの期間が短ければ売掛先企業の業況が大きく変化する可能性は低いですが、期間が長い場合にはその期間の間に業況悪化する可能性が高いためです。

そして、リスクの高い請求書の方が手数料が高くなり、審査に時間がかかります。

低い手数料で、より即日資金化の可能性を高めたいのであれば、期間の短いものからファクタリングするようにしましょう

大きな企業への請求書を売却する

売掛先の規模によってもリスクは異なります。

売掛先の規模が大きく、上場企業や官公庁であれば、一般的に「デフォルトの可能性は低いだろう」と判断できるので、低い手数料ですぐに請求書を買い取ってくれる可能性が高くなります。

一方、売掛先企業が中小企業や個人事業主の場合には、「規模が小さく支払うことができるかどうかが不透明」という判断になるので、手数料が高くなり審査には時間がかかってしまうこともあります。

このように、大きな企業への請求書の方がリスクが低いので審査は早く終了し、審査には時間がかかりません。

複数の請求書を持っている場合には、規模の大きな請求書を先に売却した方が手数料負担を抑えられ即日資金化の可能性は高くなります

請求書買取の際にやってはいけない2つのこと

請求書買取の際にやってはいけない2つのこと

急いでお金が必要な時というのは精神的に追い込まれていることが多くなります。

このような時はついつい魔が差して悪いことをしてしまう可能性があるものです。

ファクタリングでありがちな行為として以下の2つがあります。

  • 虚偽申し込み
  • 架空請求書の売却

請求書買取サービスを利用する時は、やろうと思えば違法行為に手を染めてしまうことができますが、違法行為は絶対にやってはいけません。

「お金が必要」というその思いがどんなに強くても以下の行為だけは絶対にやってはいけません。

虚偽申し込み

いくらお金に困っているからと言っても申込内容について虚偽で申告してはなりません。

そもそも虚偽申込はほぼ確実にバレるようになっています。

自社の決算状況については決算書の提出によって裏を取りますし、売掛先企業の業況も自社の業況も帝国データバンクや東京商工リサーチのデータから真偽を確認しています。

虚偽申込がバレてしまうと審査に落とされてしまいますし、仮に虚偽申込で審査に通ったとしても、後からバレると売掛先に「本当に売掛金があったのか」を確認され、売掛先にもファクタリングをしたことや、虚偽申込をしたことがバレてしまいます

また、最悪のケースとして刑事告訴される可能性もあります

虚偽申込は基本的には効果がないばかりかリスクの高い行為ですので絶対にしてはなりません。

架空の請求書を作成する

架空の請求書作成は絶対にしてはいけません。

架空の請求書作成自体はどんな企業も非常に簡単に行うことができます。

しかし、架空の請求書を買取サービスへ売却してしまったらそれは詐欺行為です

請求書の期日になった時に支払いができないと、架空の請求先にファクタリング会社から問い合わせが行くことになりますし、詐欺罪として刑事告訴される可能性も高くなります。

実際には売掛金がなくても請求書を偽造すれば買取に応じてくれる業者もいるかもしれません。

しかし、それはリスクが非常に大きな行為ですので、絶対にこのような犯罪行為に手を染めてはなりません。

悪徳業者の買取に要注意

請求書買取サービスは銀行業務を規定した銀行法や消費者金融の業務を規定した貸金業法のような法律がありません。

また業務を営むにあたって国や都道府県への登録が許認可が不要です。

業務を規定した法律がなく、参入規制が実質的にない状態ですので、悪徳業者が相当数混じっています

急いでお金が必要な人は悪徳業者のカモになりがちです。

悪徳業者の手口をしっかりと理解して、悪徳業者には決して引っかからないように注意してください。

高額な手数料を請求される

悪徳業者は高額な手数料設定を行うのが基本的な手口です。

安全な業者に請求書を買い取ってもらえば低い手数料で買取してもらうことができるような優良取引先の請求書でも、悪徳業者は30%以上の高額手数料を設定する場合もあります。

請求書買取サービスは、当事者間の合意があり、ファクターの回収リスクに見合ったリスクプレミアムとして手数料が設定されているのであれば、どんな手数料でも契約は基本的に合法に成立してしまいます。

つまり、悪徳業者は納入企業の無知につけ込んで法外な手数料設定を行なってきますので、利用前に手数料相場を理解しておくことは非常に重要です。

2社間ファクタリングであれば10%〜20%

3社間ファクタリングであれば5%〜10%程度がファクタリング手数料の相場です。

ファクターが回収リスクを背負わない

ファクタリングを偽装して実質的には貸付と判断される取引にも要注意です。

契約時には請求者代金の一部だけ内金として支払い、残りは代金回収後に支払うような契約の場合、ファクタリング会社が回収リスクを背負っているとは言えません。

また、分割することができない売掛金であるにもかかわらず、ファクタリング会社にとって都合の良い一部の代金しか買取に応じない取引もファクタリング会社が回収リスクを負っているとは言えません。

請求書買取サービスの基本は、買取代金は一括前払いで、請求書は全て買い取るのが基本です。

回収リスクを背負わない偽装ファクタリングと呼ばれる悪徳業者にも十分に注意しましょう。

個人への請求書も買い取ってもらえますか?
個人への請求書を買い取ってもらうことは基本的に不可能です。買い取ってもらえるのは法人への請求書だけです。
期日をすぎた請求書も買い取ってもらえますか?
ファクタリングで買い取ってもらうことができるのは正常な売掛債権だけです。期日を過ぎた債権を買い取ってもらうことは不可能です。
買取が不可能な債権の種類はありますか?
法律によって特別に譲渡が不可能と定められている債権以外は基本的に全て売却することができます。
赤字・債務超過の会社でも請求書を買い取ってもらえますか?
売掛先の与信を審査されるファクタリングでは、納入企業の信用力はあまり重視されません。赤字・債務超過の企業でも優良な売掛債権があれば審査に通過できる可能性があります。

まとめ

請求書はファクタリングサービスを利用することによって買い取ってもらうことができます。

2社間ファクタリングを利用すれば即日で資金化することも可能です。

急いでお金が必要なときは、申込内容を間違えたり、悪徳業者に引っかかってしまうことなどが起こりがちです。

急ぎの時ほど申込手続きと業者選びは慎重に行いましょう。

また、虚偽申込と架空請求書での買取サービスの利用は絶対にしないようにしてください。