ファクタリングは売掛金を売却して資金化する、借入以外の資金調達手段として最近注目されている方法です。

しかし、ファクタリングをすると言っても業者もファクタリングの形も様々ですので、ファクタリング業者の選び方に悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

ファクタリングをするのであれば、自社の資金調達ニーズに最も合う形で資金化すべきです。

また、ファクターの中には悪徳業者も混在しているので手数料やファクタリングの形の合法性にも注意を払う必要があります。

ファクタリングを安全かつ有用に行うためには業者選びが重要です。

ここでは、ファクタリング業者の選び方を詳しく解説していきます。

自社に最適なファクタリングを行い、最適な資金調達を安全に行うことができるようになりましょう。

契約当事者が2社間か3社間か

ファクタリング説明図

ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングという2つの種類のファクタリングがあります。

手数料 資金化までの時間 売掛先の同意
2社間ファクタリング 10%〜20%程度 最短即日 不要
3社間ファクリング 5%〜10%程度 1週間程度 必要

このように2社間と3社間の違いは手数料と資金化までのスピード、そして売掛先の同意があるか否かです。

ファクターを選ぶ時には

  • どのくらいの手数料を負担できるか
  • いつまでに資金が必要か
  • 売掛先に知られてもよいか

という3つの視点から最適な資金化方法を選択し、2社間ファクタリングか3社間ファクタリングかを選択するようにしましょう。

ファクタリング手数料が相場より高くないかどうか

手数料の違い

ファクタリングには手数料が発生します。

安全かつ効率的にファクタリングするためには手数料の相場を知っておく必要がありますし、手数料相場を知っておくことによって、悪徳業者を見極めることにも寄与します。

ファクタリングの手数料を知り、取引をしようとしているファクターが提示する手数料が健全なものかどうかを判断できるようになりましょう。

2社間の手数料相場

2社間ファクタリングの手数料相場は10%〜20%程度です。

2社間ファクタリングは売掛金の期日になったら、売掛先が自社に資金を支払い、自社がファクターに送金するという流れで資金の回収が行われます。

自社に資金が経由するので、自社がお金を持ち逃げしてしまうリスクがあります。

このため、2社間ファクタリングはファクターのリスクが高くなり、リスクプレミアムとして設定される手数料が結果的に消費者金融からの借入金よりも高くなってしまう場合があります。

3社間の手数料相場

3社間ファクタリングの手数料相場は5%〜10%程度です。

3社間ファクタリングは売掛先の同意を得て行うファクタリングですので、売掛金期日になると売掛先がファクターへ直接代金を支払います。

2社間ファクタリングのように、納入企業がお金を持ち逃げしてしまうリスクがないので2社間ファクタリングよりもリスクが低いと言えます。

そのため、手数料は10%を切ることもよくあり、場合によっては3%程度の低い手数料が設定されることもあります。

このように、ファクタリングの手数料は2社間か3社間かによって相場が異なります。

ファクターから提示された手数料が相場よりもあまりにも高いのであれば、他の業者を利用することも検討すべきかもしれません。

必要なタイミングに資金が間に合うか

必要なタイミングに資金が間に合うか

ファクタリングを利用する企業の多くが、「急いで資金が必要」という理由でファクタリングを利用しています。

ファクタリングは即日資金化することができるため、融資までに最短1週間かかる銀行融資を待っている時間がない時などに活用することができるのです。

しかし、即日資金化することができるファクタリングの形は限られており、ファクタリングの形によっては銀行融資と同じくらいの時間がかかってしまうことがあります。

自社が必要とするタイミングに資金が間に合うかどうかもファクタリング業者選び方として重要なポイントです。

2社間なら即日資金化可能

2社間ファクタリングであれば、申込日当日に資金化することが可能です。

2社間ファクタリングは売掛先の同意が不要であるため、審査さえ完了すれば即日買取に応じてくれるファクターも存在するのです。

「月末の支払資金がない」「今日中にお金を用意しないと手形が不渡りになってしまう」というような場合には、2社間ファクタリングを選択すべきです。

最短即日資金化に対応している審査が早いファクターへ選択するようにしましょう。

3社間は1週間程度の時間がかかる

3社間ファクタリングは即日資金化は不可能です。

3社間ファクタリングは資金化までに1週間程度の時間が必要になります。

3社間ファクタリングは売掛先の同意が必要なファクタリングです。

売掛先の同意を得るまでに時間がかかるので、この手続きに1週間程度の時間がかかってしまうものと考えておいた方がよいでしょう。

3社間ファクタリングは売掛先の同意があるからこそ手数料が安いですが、その反面、資金化までに時間がかかります。

3社間ファクタリングは急ぎの時には不向きなファクタリングの形だと言うことができます。

自社の与信に自信があるか

ファクタリングを利用する企業の中には「銀行から資金調達することができない」という理由でファクタリングを利用している会社も多数あります。

しかし、ファクタリングの形によって自社の与信が審査で重視される場合とされない場合があります。

自社の与信に自信があるかどうかで選択すべきファクタリングの形は変わります。

3社間は自社の与信が審査されない

3社間ファクタリングの審査

3社間ファクタリングでは、自社の信用はそれほど審査されません。

売掛先がファクターに対して直接支払いを行う3社間ファクタリングでは、2社間のように自社が売掛金代金を使い込んだり持ち逃げするリスクがないためです。

自社の信用力が低く銀行やビジネスローンで借入ができない場合でも、3社間であれば審査に通過して資金調達することができる可能性が高いと言えます。

自社の与信に自信がないときには早めに3社間ファクタリングへ申し込みをするようにしましょう。

2社間は自社の与信も重視される

2社間ファクタリングの審査

一方、2社間ファクタリングでは自社の与信も重視されます。

前述したように、2社間ファクタリングでは、資金が1度自社を経由するので、売掛金代金を自社が使い込んだり、持ち逃げしてしまうリスクがあるためです。

自社の業況があまりにも悪く、今日にも明日にも資金ショートしそうな場合には、2社間ファクタリングの審査に通過することは難しくなってしまいます

とは言え、ファクターへ支払う資金の原資はあくまでも売掛先からの売掛金の支払いですので、自社の審査よりも売掛先に対する審査の方が重視され、銀行融資よりは2社間ファクタリングの方が審査は緩くなります。

安心できる業者か?

実質的な融資と判断されれば利息制限法が適用される

ファクタリング業者の中には悪徳業者も相当数混じっています。

悪徳業者は実質的な貸付であるにも関わらず、「ファクタリング」という名目のもとに法外な手数料を設定しています。

最後にファクタリングにおける悪徳業者の見極め方を紹介していきます。

下記に該当する業者とは基本的に取引しない方が無難でしょう。

償還請求権があるのに手数料が高い

ファクタリングの基本は「償還請求権なし」です。

償還請求権とは、売掛債権がデフォルトした場合の損失をファクターが納入企業へ請求する権利です。

例えば、すでにファクタリングによってファクターへ売却した売掛債権100万円が、売掛先のデフォルトによって回収不能になった場合、「償還請求権あり」の場合には、自社がファクターに対して売掛債権の代金100万円を保証しなければなりません。

ファクタリングの基本は「償還請求権なし」ですので、ファクターは売掛債権の回収リスクまで負うことになります。

つまりファクタリングではファクターが売掛債権の回収リスクを背負うリスクプレミアムとして高い手数料を設定することができるのです。

しかし、「償還請求権あり」になっている場合には、ファクターが回収リスクを負っていないということです。

回収リスクを負っていないにも関わらず高い手数料を設定しているということは、手数料設定の根拠がないと言うことができ、ファクターはリスクに見合わないような高額手数料を設定している悪徳業者ということができます。

手数料が回収リスクに見合ったものかどうか、複数の業者から見積もりを取って検証し、あまりにも手数料が高い悪徳業者とは取引をしないようにしましょう。

実質的な貸付になっていないか?

償還請求権があるということは、ファクターが債権の保全を図っているということです。

つまり、償還請求権ありのファクタリングは実質的な貸付と同じです。

この他にも実質的な貸付を行いながらも高額な手数料を設定している業者が存在します。

実質的な貸付と判断されるケースとして以下のようなものがあります。

  • 代金全額を譲渡時に支払わない

債権を譲渡した時には内金として債権金額の一部しか支払わずに、残金は売掛債権回収後に支払う契約もファクターが売掛債権の回収リスクを負っているとは言えないため、実質的な貸付と同じです。

  • 売掛債権の一部しか買取に応じない

売掛債権の一部しか買い取らないというのもファクターが売掛債権の回収リスクを背負っているとは言えないので、実質的には貸付になります。

実質的に貸付であるにも関わらず、高額な手数料を設定している業者は悪徳業者です。

ファクタリングの定義は、ファクターが売掛債権を買い取り、買取時には売掛債権の回収リスクも買い取るというものです。

だからこそ、リスクプレミアムとして高額な手数料を設定することができるのです。

回収リスクがないのであれば、リスクプレミアムも必要ないことになるので、債権の保全を図っているにも関わらず高額な手数料設定の業者とは取引をしないようにしましょう。

不安な場合には複数業者からの見積もりを

⑤悪徳業者に引っかかるリスク

悪徳業者を判別するためには、複数の業者から見積もりを取るのがベストです。

ファクタリングの手数料はリスクプレミアムとして設定されるので、優良業者はリスクが低い売掛債権のファクタリングには低い手数料を設定します。

一方、悪徳業者はリスク以上の手数料を設定するので、リスクの低い優良業者の債権でも高い手数料を設定します。

複数の業者から見積もりを取ることによって、リスク以上の高額手数料を設定している悪徳業者を炙り出すことができます

ファクタリングは登録も許認可も必要ない業種であるため、悪徳業者を見極めるための客観的なベンチマークがありません。

そのため、名前の聞いたことがない初めて取引する業者と契約する前に、複数の業者から見積もりを取った方がよいでしょう。

ファクタリング業者の選び方に関するよくある質問

個人事業主は2社間ファクタリングで即日資金調達できますか?
個人事業主は2社間ファクタリングを基本的に利用できません。法人しか債権譲渡登記を行うことができないためです。ファクターによっては個人事業主への取り扱いを行なっている場合もあるので、個人事業主でファクタリングを利用したい人はまずはファクターへ相談するようにしましょう。
ホームページに「貸付ではないので利息は一切かからない」という記載を見つけました。費用がかからないファクタリングは存在するのでしょうか?
ファクタリングには絶対に手数料がかかります。貸付ではないので利息はかかりませんが手数料はかかります。「利息はかからない」と表記している業者は、顧客を誤認させるために意図的に悪意ある表記をしている可能性がありますので、このような業者とは取引をしない方がよいでしょう。
闇金がファクターを装っていることはありますか?
闇金がファクターを装うケースは多々あります。闇金はファクタリングを利用するお金に困った人を狙っていますので、取引の前には絶対に借入なのか、ファクタリングなのかということを明確にしておくようにしましょう。

まとめ

ファクタリング業者の選び方は、自社がどのような形で資金調達したいかによって異なります。

早期に資金化したいとか、売掛先に秘密にしたいのであれば2社間、審査に自信がなく、手数料を低く抑えたいのであれば3社間などというように、ニーズに応じて最適なファクターを選びましょう

また、ファクタリング業者の中には実質的な貸付を行う業者や、リスクプレミアム以上の法外な手数料を設定する悪徳業者も相当数混じっていますので、このような業者を選んではなりません。

優良なファクターを選びたいのであれば、複数業者から見積もりを取り、手数料が異常に高い業者とは取引をしないようにしましょう