ファクタリングは個人事業主でも利用することができ、申込日当日にお金を調達することも可能です。

しかし、個人事業主は2社間ファクタリングでは欠かすことができない債権譲渡登記ができないので申し込むことができる業者が限られています。

そのため、個人が即日でファクタリングで資金化するためには、いくつかポイントがあり、さらに「どこのファクタリング会社へ申し込むか」ということが最も重要になります。

個人が即日でファクタリングを利用する方法と、即日で個人が利用できるファクタリング会社を紹介していきます。

個人事業主でも突然資金が必要になる場面は珍しくありません。

即日で資金調達する手段を把握しておきましょう。

個人が即日ファクタリング利用するための5つのポイント

個人が即日でファクタリングを利用するためには以下の5つのポイントを意識して申し込みをする必要があります。

  • 有力企業の売掛債権を売却する
  • 金額の少ない売掛債権を売却する
  • 期間の短い売掛債権を売却する
  • 取引したことがあるファクタリング会社を利用する
  • 即日資金化に対応したファクタリング会社を利用する

ファクタリングで即日資金調達するためには「どの売掛債権を売却するか」「どこのファクタリング会社に申し込むか」という点が非常に重要になります。

個人が即日ファクタリングで資金調達するポイントについて詳しく解説していきます。

優良企業の売掛債権を売却する

ファクタリングの審査で最も重視されるのは、売掛先の与信状況です。

ファクタリング会社にとっては、買い取った売掛債権が支払われなかったら損失になってしまいます。

そのため「売掛先企業が売掛債権代金を期日通りに支払うことができるかどうか」という点が非常に重視されます。

期日通りに代金を支払うことができると判断できるような規模が大きく業績良好な企業の売掛債権であれば審査に通過しやすくなりますし、規模が小さく経営状態も悪い売掛債権は審査に通過することが難しくなるでしょう。

複数の売掛債権を保有しているのであれば、できる限り規模が大きく、経営状態が安定している企業の売掛債権をファクタリングした方が、スムーズに審査に通過できるので、即日で資金化できる可能性が高くなるでしょう。

金額の少ない売掛債権を売却する

少ない金額の売掛債権をファクタリングした方が即日で資金化できる可能性は高いでしょう。

金額が大きい場合には、万が一貸し倒れが生じた場合には、ファクタリング会社の損失が大きくなってしまいます。

そのため、金額が大きな売掛債権をファクタリングする際の審査は慎重に行うので、審査に時間がかかることが少なくありません。

一方、金額の小さな売掛債権であればファクタリング会社のリスクはそれほど大きくありません。

金額が小さい売掛債権の方が審査に時間がかからないことが多いので、即日で資金化したいのであれば、金額の小さな売掛債権をファクタリングした方がよいでしょう。

期間の短い売掛債権を売却する

即日でファクタリングを利用するためには、売掛債権の期間も重要になります。

ファクタリング会社にとって、売掛債権の期日が長ければリスクが高く、短ければリスクが低くなります。

期間が短いのであれば、短期間のうちに売掛先企業の業況が悪化する可能性が低いため、その債権はリスクの低い債権だと言えます。

しかし、期間が長いのであれば、期日までに売掛先企業の業況が悪化して売掛債権がデフォルトしてしまう可能性は高くなります。

また、そもそも資金繰りに問題があるから、それほど長い期間の設定されている可能性も否定できません。

そのため、リスクの低い期間の短い売掛債権の方がスムーズに審査に通過でき、即日ファクタリングを利用できる可能性があるでしょう。

期間の異なる複数の売掛債権を保有している場合には、できる限り期間の短い売掛債権をファクタリングした方がよいでしょう。

取引したことがあるファクタリング会社を利用する

これまで取引をしたことがあるファクタリング会社を利用した方が、即日資金調達することができる可能性は高くなります。

ファクタリングの審査には自社の審査と売掛先企業の審査があります。

過去の取引によってファクタリング会社は自社のことをよくわかっていますし、前回までの利用で支払いに遅れがないのであれば、ファクタリング会社から一定程度の信頼を獲得することができているため自社の審査に時間がかからないためです。

ただし、過去の取引で支払いに遅れた場合には、当該ファクタリング会社との取引は避けた方がよいでしょう。

過去の取引で期日通りに支払っていた場合には、そのファクタリング会社を利用した方が、即日資金調達できる可能性は高くなるでしょう。

即日資金化に対応したファクタリング会社を利用する

即日ファクタリングを利用するためには、即日資金化に対応したファクタリング会社を選択することが実は最も重要になります。

ファクタリング会社によって審査にかかる時間は異なるため、最低限、申込から審査通過まで24時間以内で完結するファクタリング会社へ申し込まなければなりません。

ファクタリング会社によっては審査通過まで1営業日以上の時間が必要になることもあるので、そのような業者へ申し込んでしまうと、いくら審査に通過しやすい売掛債権の買取を申し込んでも即日のファクタリング利用は確実に不可能になるので注意しましょう。

また、ファクタリング会社との契約方法も重要です。

対面でしか契約できないファクタリング会社は、即日でファクタリング会社のオフィスへ訪問しなければ即日資金調達は不可能です。

ファクタリング会社のオフィスがある首都圏以外にお住まいの方は、非対面で契約することができるクラウドファクタリングなどのファクタリング会社を利用するようにしましょう。

個人が即日利用できるファクタリング会社7選

個人事業主がファクタリングで即日資金調達するためには、個人事業主への買取に対応し、即日で資金化することができるファクタリング会社を選択する必要があります。

ファクタリング会社は多数ありますが、個人に対して即日対応しており評価が高いファクタリング会社は以下の7社です。

  • OLTA
  • フリーナンス
  • PMG
  • ビートレーディング
  • ベストファクター
  • トップマネジメント
  • WIT

ファクタリングで即日資金調達したい個人事業主におすすめのファクタリング会社7社を詳しく解説していきます。

OLTA|クラウドファクタリングの代表格

olta(オルタ)

手数料 2%~9%
資金化までのスピード 最短即日
ファクタリング方式 2社間

OLTAはクラウドファクタリングの代表格の会社として、ファクタリング業界ではNo1の存在です。

申込から契約まですべてwebで完結することができるので、地方や離島などに会社を構える個人事業主でも利用できます。

また、24時間以内に審査回答が行われるので、午前中の早い時間帯に申し込めば即日資金調達ができる可能性があるでしょう。

OLTAのメリット

OLTAのメリットは、2社間ファクタリングでありながら最高手数料が9%と低い点です。

2社間ファクタリングの手数料は20%以上になってしまうことも珍しくありませんが、店舗を持たないOLTAは管理コストがかからないので、低い手数料を実現することができます。

また、OLTAのファクタリングは完全非対面ですので、必要書類をWEBからアップロードするだけです。

契約にかかる手間もかからないというのはOLTAの大きなメリットの1つです。

フリーナンス|GMO提供・フリーランス向け保険特典あり

freenance(フリーナンス)

手数料 3%〜10%
資金化までのスピード 最短即日
ファクタリング方式 2社間

フリーナンスは大手インターネット企業であるGMOが運営するファクタリングサービスです。

まず、フリーナンスに決済用口座を作成し、この口座を支払先としている売掛債権のみファクタリングすることができます。

売掛債権の期日になるとフリーナンス決済用口座へ振り込まれてきた売掛債権代金をフリーナンスが引き落としを行うことによって支払いが完了します。

やはり非対面で契約することができるので、事前にフリーナンス決済用口座を作成しておけば、個人事業主の方が即日資金調達することが可能です。

フリーナンスのメリット

フリーナンスのメリットとして、やはり手数料が低いという点が挙げられます。

2社間ファクタリングでありながら、審査によっては一桁台の手数料が適用されるのは大きなメリットです。

また、フリーナンス決済用口座は屋号やペンネームで口座を作ることができるのもメリットでしょう。

個人事業主は原則として金融機関へ個人名でしか口座を保有することができません。

しかし、フリーナンス決済用口座であれば店舗名などで口座を持つことができるので、対外的な信用度は大きくなるでしょう。

さらに、フリーナンスに口座を作成すると、フリーランスの仕事上のリスクを保証する様々な保険に加入することができます。

個人事業主やフリーランスは会社に所属している時と異なり、仕事上のリスクを全て自分で負わなければなりません。

フリーナンスに口座を持つだけで、仕事上の損失をカバーしてもらうことができる保険に加入できるのは大きなメリットです。

PMG|ZOOM面談で非対応契約可

PMG(Proffesional Management Group)

手数料 3%~8%程度
資金化までのスピード 最短即日
ファクタリング方式 2社間・3社間

PMGはファクタリング会社として十分な実績のあるトップランナーです。

2020年のゼネラルリサーチにおいて、ファクタリング会社部門で顧客イメージ3冠を獲得しており、顧客満足度が非常に高いファクタリング会社だと言えます。

本来は店頭で面談しなければ契約することができませんが、現在はコロナ禍の影響によってZOOMによる面談で非対面での契約をすることができます。

そのため、遠方に居住している人でも、即日でPMGと契約することが可能です。

PMGのメリット

PMGのメリットは、店頭型のファクタリング会社でありながら手数料が低いという点です。

2社間ファクタリングであるのにも関わらず上限8%程度の手数料というのは非常に低いと言えます。

また、PMGはコンサルティング業務も行なっているので、担当者の財務に対する知識が深く専門的な相談ができるというのも特徴です。

ファクタリング以外にも、企業にとって効果的な資金調達方法を提案してもらうことができます。

また、本来店頭型のファクタリング会社は店頭契約が基本ですので、PMGから即日資金調達することができる人は、当日中にPMGへ訪問することができる人だけでした。

しかし、今はPMGはZOOMでの面談を行なってくれるので、遠方の人でも非対面にて即日資金調達することが可能だという点も、他の店頭型のファクタリング会社と比較してメリットだと言えるでしょう。

ビートレーディング|ファクタリング会社のパイオニア的存在

ビートレーディング

手数料 1.5%〜
資金化までのスピード 最短即日
ファクタリング方式 2社間・3社間等

ビートレーディングも店頭型のファクタリング会社の中では最も評価の高いファクタリング会社の1つです。

2社間ファクタリングにも3社間ファクタリングにも対応しており、個人事業主の取り扱いも行っています。

契約には面談が必要ですが、希望すれば出張も行なってくれます。

個人事業主でも、ビートレーディングと当日中に契約することができれば、即日で資金調達することが可能です。

ビートレーディングのメリット

ビートレーディングのメリットは、担当者の知識が深く、対応が非常によいという点です。

ファクタリングだけでなく、資金繰り全般の相談をすることができ、会社の財務における頼れるパートナー的存在です。

ファクタリング会社というと、少し抵抗を感じている人も多いかもしれません。

しかし、ビートレーディングであれば安心して取引することができるのが大きな特徴です。

また、申込から入金まで最短12時間と公表しているので午前中に申し込むことで当日夜に入金を受けることができるので、入金までの速度が非常に早いのが大きな特徴だと言えるでしょう。

ベストファクター|企業イメージ調査で3冠獲得

手数料 2%〜
資金化までのスピード 最短即日
ファクタリング方式 2社間・3社間

ベストファクターもPMGやビートレーディングも並んで利用者の評価が高いファクタリング会社です。

2社間ファクタリングも3社間ファクタリングも取り扱っており、個人事業主も対応可能です。

ビートレーディングと同じく、初回は手数料が高めに設定されることもありますが、信頼できる担当者と安心して取引がしたいという人にはおすすめのファクタリング会社だと言えます。

審査は24時間に完了するので、即日資金化には対応しています。

また、契約手続も非対面での契約に対応しています。

当日中にベストファクターのオフィスに訪問することができない人でも、即日資金調達することが可能です。

ベストファクターのメリット

やはりベストファクターも担当者が専門的な観点から親身になって相談に乗ってくれ、対応がよいというのが評価されている点です。

ファクタリングをごり押しするのではなく、申込企業にとって最適な資金調達方法を資金繰り全体を考慮して提案してくれるので安心して相談をすることができます。

非対面で契約することができるので即日資金化できる可能性が高いですし、面談を希望する人は遠方の会社への出張も行ってくれます。

「忙しくて東京まで行っていられない」という人も、ベストファクターであれば自社にいながら資金調達することが可能です。

トップマネジメント|東京商工会議所会員・補助金対応

トップマネジメント

手数料 1〜13%
資金化までのスピード 最短即日
ファクタリング方式 2社間・3社間

トップマネジメントは、東京商工会議所会員です。

東京商工会議所の会員のファクタリング会社というのは、ファクタリング業界としてはとても珍しく安心できる企業だということが分かります。

個人事業主に対しても2社間ファクタリングと3社間ファクタリングに対応しており、オフィスへ訪問して面談をすることができれば即日で資金調達することができます。

「安心できる企業から即日でファクタリングをしたい」という個人事業主の方は、トップマネジメントの利用を検討するとよいでしょう。

累計で45000件を越える買取実績があり、非常に信頼できるファクタリング会社だということができます。

トップマネジメントのメリット

トップマネジメントは、2社間:4〜13%、3社間:1〜4%と手数料が明記されており、2社間ファクタリングで上限手数料13%というのは低い部類に該当すると言えるでしょう。

また、トップマネジメントには「ゼロファク」という、補助金申請とファクタリング利用を同時に行うプランがあります。

ゼロファクは、補助金や助成金の申請をトップマネジメントが無料で行い、さらにファクタリング手数料が割引されるというものです。

個人事業主でも利用することができる非常にメリットのあるプランだと言えます。

また、トップマネジメントも出張買取を行なっていますが、トップマネジメントは出張旅費をキャッシュバックしてくれます。

他のファクタリング会社は、出張の際にかかる実費は負担しなければならないため、ここはトップマネジメントの大きなメリットの1つだと言えるでしょう。

トップマネジメントは資金化の速さだけでなく、その他の経費を節約することができるという点に大きなメリットがあるファクタリング会社だと言えます。

WIT(ウィット)|少額&即日専門のファクタリング会社

WIT(ウィット

手数料 5%~20%
資金化までのスピード 最短即日
ファクタリング方式 2社間

WITは500万円以下の小口の買取専門のファクタリング会社です。

WITは非対面で契約することができるので、遠方に所在する個人事業主の方も即日で資金調達することができます。

審査も最短2時間で完結するので、急いでお金が必要な時には、他のファクタリング会社と比較して高い確率で即日資金調達することができるでしょう。

WITのメリット

WITのメリットは、完全非対面で契約することができるという点です。

多くの店舗型ファクタリング会社は契約手続には面談が必要ですが、WITは面談が不要であり、さらに審査も最短2時間で終了するので高い確率で即日資金化ができます。

また、少額買取に特化したファクタリング会社ですので、比較的少額の売掛債権を保有している個人事業主にとっては利用しやすいファクタリング会社だと言えるでしょう。

個人の即日ファクタリングについてよくある質問

ファクタリングで必ず必要になる書類を教えてください。
ファクタリングで必ず必要になる書類は、確定申告書や決算書などの決算状況が分かる書類や、住民票や登記簿謄本などの事業者や会社の住所が分かる書類です。
また最も重要なのは売掛債権確認資料です。売掛債権の実在性を証明するために請求書、発注書、振込実績が分かる通帳のコピーなどの提出が必要になります。
これらの書類に1つででも漏れがあると審査に通過することができないので、いつまでたっても資金調達することができません。
必要書類は事前に確認し、漏れのないように書類を用意するようにしてください。
個人に対する売掛債権は買い取ってもらますか?
個人に対する売掛債権をファクタリングによって買い取ってもらうことはできません。
ファクタリングで売却することができるのは法人に対するものだけです。
売掛先が個人事業主で事業者であったとしても法人ではないので買い取ってもらうことはできないので十分に注意してください。
「即日買い取り」と表記されているファクタリング会社は必ず即日資金化できるのでしょうか?
必ず即日資金化することができるファクタリング会社は存在しません。
審査にはケースバイケースである程度の時間がかかるので、審査に通過できるかどうか微妙な案件には当然ながら時間をかけて審査を行いますし、ファクタリング会社の繁忙日には審査に入るまで待たされることになり、審査に時間がかかってしまいます。
確実に即日資金化できる保証はありませんので、できる限り審査に早く通過しやすい優良企業の売掛債権を売却するなど、売却する売掛債権を工夫した方がよいでしょう。

まとめ

個人事業主には債権譲渡登記ができないので、法人と比較して個人事業主が利用できるファクタリング会社は限られてしまい、さらに即日で資金化できる業者はより限られてしまいます。

しかし、以下のようなファクタリング会社であれば、個人事業主でも最短即日で資金化することが可能です。

これらのファクタリング会社へ、以下のような即日資金化できるポイントを満たした売掛債権を売却することで、即日資金化できる可能性は高くなります。

  • 有力企業の売掛債権を売却する
  • 金額の少ない売掛債権を売却する
  • 期間の短い売掛債権を売却する
  • 取引したことがあるファクタリング会社を利用する
  • 即日資金化に対応したファクタリング会社を利用する

個人事業主でも、審査に通りやすい売掛債権を選び、即日資金化に強い安心できる業者へ申し込むことで、ファクタリングで即日資金化することは可能です。

ファクタリングは急に資金が必要になった時の有力な選択肢になり得る資金調達方法ですので、業者名とポイントは頭に入れておきましょう。